2009年08月20日

外国人による - 大好き!『風雲!たけし城』

風雲!たけし城』です。

放映は、1986年5月〜1989年4月。ビートたけしが城主をつとめる、難攻不落の「たけし城」を討ち落とすため、毎回約100人の一般応募者からなる攻撃軍が数々の難関(ゲーム)を攻略するという番組です(Wikipedia)。
私も当時、毎週、楽しみにして見ておりました。ドリフもそうですが、この手の「天井からタライが降ってくる」風味のものはたまらんです。

日本、海外ともに大ヒットした番組ですので、Youtubeの動画をご覧になっているかたも多かろうとは思いますが、まずはイギリス版を↓。



再生回数124万、コメント数1014件。えらい数字です。
ちなみに、この動画の人気が高い地域↓。

chart.gif

一目瞭然でドイツとイギリスでの人気が突出してますが、……ちょっと面白い記述がWikipediaにありました。
海外での放映では、米国が、全く異なるナレーションをつけたうえに(詳細はWikipediaで)、カットして編集。
一方、ドイツでは音声も日本語のまま、ドイツ語の実況付き。イギリスでは、番組をそのまま英語に吹き替えて、忠実に再現。

『風雲!たけし城』を改変せずに放映した国で、この動画の人気が高いというのは面白いなあ、と。


さて、コメントです。マイナス評価が重なりデフォルトで非表示になっているものは、原則、飛ばしております。
(と言いますか、ログインしてオプションで選択保存しても、うちではマイナス評価が5つ以上ついたコメントが表示されません。Macのせいか、他のせいか。不明。なので、飛ばさざるを得ないのでございます。ご了承ください。)


■この番組、ずっと見たかったんだよ。ありがとう!雪崩(訳注:坂から岩が転がってくるステージ)、最高!(+4)

■フィリピンでも観てるわ。すごくバカバカしいの(笑(+1)

■この番組に挑戦してみたかったなあ。(+1)

■↑オレも。

■『たけし城』って何チャンネルでいつ?

■↑イギリスでSky放送に入ってるなら、125チャンネル。他の国は知らない。時間は、毎日7:00am〜7:30amと5:00pm〜5:30pm。週末は、8:00am〜8:30am。(+1)

■ここフィンランドでは、この番組名は『クレイジーな日本の人たち』("Crazy Japanese People")っていうんだ。フィンランド語では、Hullut Japanilaisetね。変だろ(笑。(+1)

■この番組はマジですげえ。オレはこれが大好きなんだけど、朝の4時からだから、眠れないんだよな。(+4)

■眠れてたって、お前は見るよ、この番組を。だって、こいつは、めちゃめちゃ最高の番組だからな!(+2)

■これは、日本の良品だな、ありがとう!(+1)

■ハハハ。大好きだ。…ホントに独創的だよ。…いつもマレーシアTVで観てる。(+2)

■爆笑。大好き。すっごいおかしい。(+3)

■なあ、これはテレビ史上最高の番組と言わざるをえないよ。本当に、生きてるスーパーマリオなんだもん。
この番組を見るために朝の4時まで起きてたのが一度じゃないって認めるのは恥ずかしいけどさ(笑。(+3)

■↑Virgin放送の1チャンネルだな? 大丈夫だ、オレもだから。

■アカデミー賞級の日本のおバカ番組。(+5)

■なんで今、アメリカで放映されないの?

■↑アメリカには『Wipe Out(全滅)』(訳注:TBSが米国のABC放送を提訴中)っていうアメリカ版があるから。でも、『たけし城』のほうがぜんぜん上。(+2)

■↑同意だね。大きな違いは、出てくる人々なんだよな。アメリカ人は、木じゃなくて紙でできてるかもしれないドアに全力疾走なんかしないだろ。ハハ。日本人の出場者は、何にだって全力で立ち向かう。これが「全滅」をすっごく面白いものに、そうして忘れられないものにしてるっていう事実だよ。(+2)

■↑米国でも、MXC(訳注:Most Extreme Elimination Challenge(究極の生き残りチャレンジ))っていう名前で、Spike TVでしばらくやってたよ。

■MXCはこの番組の吹き替え版じゃないよ。『たけし城』の版権を買ったとこが作って、まったく違う内容の音声をつけたんだ。……ま、でも、あれも爆笑ものだけど。

■いつも思うんだけど、雪崩ってほぼ不可能に近くない?

■もう!子供の頃から今まで、この番組はオレの一番のB級お笑いなんだよ。次が『アブソリュートリー・ファビュラス』(英国のシチュエーション・コメディ。観客の笑い声が入ってるようなコメディ・ドラマ)ね。

■なんていう……最も信じられないテレビ番組の1つ。

■またやってくれ!オレたちは『たけし城』を愛してるんだ。

■映画監督、武。知事、東国原。メジャーリーガー、アニマル・レスリー。この番組は凄い人たちを出したよな。(+1)

■膝や肘のプロテクターが見えないな。アメリカ版の『Wipe Out』じゃ、出場者はロボコップみたいに装備してんのになあ…ハハハハ。女々しい奴らめ。(+1)

■↑いつだったか覚えてないけど、足や腕、肋骨を折ったり、歯がなくなったりした人がいっぱいいたって番組で言ってたよ。歯を折った人は、1万人とかそんな感じ。記憶が確かじゃないけど。

■『たけし城』ってのは、見てると、いきなり不意打ちで、変になるんじゃないかってぐらい爆笑させられるんだよ、いつも。で、思うんだ。神と日本人に感謝って。(+9)

■勝ち残った人を見たことないよ!!! 買ったらなにかもらえんの?

■☟同じく。数人、勝ったのを見ただけ。賞品が画面に出たりはしなかったけど、…そうだよな、賞品は!!??

■↑100万円もらえます。

■勝ち抜いたのは4人だけ。

■昨日、Virginの1チャンネルで勝者が出た回を見たんだけどさ、Craig Charlesの解説がさあ。「信じられない!勝者が出ました!で、彼への賞品はなんだ? なんにもなし!皆無!じゃ、グッナイ!!」。もう笑ったよ。

■米国にこういうのがあったらなあ。オレたちが考えつくことっていったら、『Wipe Out』みたいなものぐらいだもんな。(+1)

■Craig Charlesは吹き替えしてるとき、自分で笑っちゃってんだもん、そのせいで余計に面白いんだよな。(+1)

■『風雲たけし城』。それは、エロすらつまらなく感じさせたテレビ番組。(+15)

■↑愛してる、お前はオレの英雄だよ。(+1)

■『たけし城』、まじで最高。(+6)

■この番組大好きだけど、なんだってこの人たちはこんなことするのかしら。わからないわ。(+2)

■人はときときリスクを冒す。なぜなら、テレビに出たいからである。(+2)

■この番組は、テレビがこうあるべきって姿だよ。(+2)

■大好き。毎朝見てるの。Craig Charlesの解説がまた笑えるのよ。(+8)

■大好きな番組!けど、雪崩のとこで、ヘルメットもしないで落ちてたやつ、ちょっとやりすぎだよなあ。(+3)

■なんて面白い番組だろ。こういうのイギリスでもできたらなあ。ま、テレビで『たけし城』を放映するのが関の山だろうな。

■朝4時。今、Virginの1ちゃんねるで視聴中。

■毎日見てる、オレも。

■オレも。大学行く前に見るんだ。

■マジで? オレも大学に行く前に見る。家で毎日見ることにしてる番組なんだよね。

■夜勤なんだけどさ。これは止められない夜の楽しみ。腹がよじれるほど笑うよ。(+3)

■日本人に神の祝福がありますように。(+4)

■もう何年もこのシリーズを見てなかったよ。ありがとう。爆笑した思い出が蘇ってきたよ。(+4)

■おそらく史上最もおかしい番組の1つだろうな。(+4)

■神よ、この番組に出たかった!(+1)

■『たけし城』は、これまでで最高の日本の番組!(+7)

■なんてことだ……あまりにも!おかしー!ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ。(+1)

■この番組はスゴいよ。英国でも米国でも、他のどこでも、誰もこんなことしなかった。なぜか? なぜならばだ、全員がクレームをつけるだろうから。それと、この番組が金に無縁だから。(+6)

■…それと保険の問題だろうな。BBCとかが、こんな番組作るために保険に入るとか想像できないもんな。(+1)

■米国版のMXCは、オリジナルと比較するとダサいよ。英国版だけが、この番組の素人っぽいバカバカしさを完全にとらえてるね。(+3)

■日本、愛してるよ……100人の人間が、面白いからって理由で、ボランティアで参加して、半死半生の目に遭うなんて。これこそがコメディ。こいつらは、スゴイよ……(笑(+6)

■似た番組あるよ、イギリスにも。『Total Wipeout』っていうんだ。

■↑『Total Wipeout』は『たけし城』とはぜんぜん関係ない!! これは究極の伝説の番組なの!(+2)

■本当に大好き、この番組。日本がまたこの番組の新シリーズを作ってくれたらいいなあ。

■日本人は、面白い番組作るよなあ。(+9)

■たけしの番組、すんごい好きだった。何年か前、DSB(ドイツ)でぜんぶ見た。DVDになってるかどうか知ってる人いる?(+1)

■↑MXCっていう米国版しかないんだよ。お笑いっぽい解説が当ててある。

■日曜日、ミサの後、いっつも見てたなあ。(+1)

■朝食を食べて、学校へ行く準備をした直後の時間にだよ、この番組を見てた人が百万人いたとしたらどう? そんなこと誰も考えもしなかったろうね。マジで、僕は判断を誤ってた。これほどたくさんの人がこの番組を愛してたなんて。

■誰か死んだりしなかったのかな…。(+4)

■↑誰も。でも、頭蓋骨を骨折した人は2人かそこらいた。負傷者は多数。

■ああああああ。子供の頃、見てたんだよ、また見たいなあ。(+6)

■↑キミだけじゃないんだよ。(+5)

■日本人がいなかったら、僕たちはどうなるんだろうね。連中、クレイジーだけど、僕たちは日本人が大好きだ!(+4)

■なんて懐かしい。お父さんと見てたよ。子供の頃。(+13)

■日本人ってのは、すごく面白いな。やつら、本当に楽しんでるんだもんな。(+3)

■アメリカ版の番組は、訴えられることを極度に恐がりすぎてるんだよ。日本人はあんま心配してない。で、お笑いに重点を置いてる。だから、面白いんだよなあ。(+4)

■↑アメリカ人は、怪我したら金を要求する。裁判で大金を稼げるシステムだからさ。

■イギリス版の『Wipeout』は、『たけし城』の才覚に比べれば、面白くもない中途半端なクソ番組なんだよ。けど、ホストがリチャード・ハモンドなんだよね、イエイ。(訳注:BBCの人気自動車番組『トップ・ギア』の司会者の一人)(+1)

■我々に日本に引っ越そうと思わせるたくさんのものの1つ。(+1)

■半分まででもいいから、やってみたいって思わせる番組だよな。けど、こういうのって日本にしかないんだよ、残念ながら。(+5)

■日本人の娯楽のセンスってのは実に素晴らしいもんがあるよ。ちょっとマゾな展開もあるけどさ。(+9)

■この番組、やっとオランダにきたよ!イエイ。(+1)

■↑やっと? 何年か前やってたぞ。

■申し訳ないが、英国版の『たけし城』はよくない。ドイツ版のほうが断然いいんだよ。DSFチャンネルで1999〜2001年に放映した45分の番組。イントロもいいし、解説もいいしね。またやってくれないかなあ。(-1)

■↑その通り!!

■ドイツでは、ナルトの後、毎週金曜16時からドイツ放送、2チャンネルだ。楽しめ!

■ギリシャもいいとこだけど、日本はマジで面白い国だよ。(+1)

■これこそが、史上初のリアリティ番組だ!!(+3)

■世界中で最も偉大な笑える番組!!!!!(+4)

■日本人は、ゲーム番組の作り方を実にわかってる。(+3)

■英国版と米国版の違いは、異国っぽさだよ。英国版のほうが、海外の番組って感じが出てる。やっぱり、みんな外国のもののほうが良いんだって思ってるからさ。

一方、アメリカ人ってのは、海外のものを奇妙だとか遅れてるって思うんだよね。たとえば、アメリカのテレビ局って英国のテレビ番組をほとんど流さないだろ。言葉の壁があるわけでもないのにさ。で、しょっちゅう、英国の番組の劣化版を作るんだよな。英国のテレビ局は、アメリカの番組はそのままもってくるよ。番組中の拍手まで。これはこれで残念な感じだけど。(+10)



『風雲たけし城』、まさに今も全世界巡業中のようです。面白かったもんなあ…。

イギリス版の解説は、けなす声も褒める声もどちらもありました。…「彼女は今、灰の中から立ち上がったのです!そうあたかも、括約筋のように!」とか「なんという強さ、なんという決意、なんという……非合法!」みたいな解説です。私が訳すと面白くもなんともないですが。

途中、イギリス版の解説がどうの米国版がどうのと何度か喧嘩になってましたが、割愛しました。なんかもう、デブとか、ハンバーガーばっか食いやがってとか、そういう流れになってたので。


アメリカ人とイギリス人って、たまにネットでも物凄く子供っぽい喧嘩してますよね。なんのかんの言いつつ、多少、同族意識があって気安いのかもなあと思うことがあります。


追記(2009.8.21):皆様、おはようございます。Youtubeの非表示コメント、返信をクリックで無事、見れました。なんという…。これまで何度かオプションを力入れて長押ししたりしてましたが、努力のベクトルがまったくちがいました。ありがとうございます。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ


   
posted by gyanko at 21:00 | Comment(28) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。