2009年09月14日

海外の反応 - 合気道の神様、塩田郷三 -

合気道の神様と呼ばれる塩田剛三です。まずは、『超偉人伝説』から。大変コンパクトに要領良くまとめられているので、下拵え代わりにご覧ください。(1〜2まで)


超偉人伝説 神様と呼ばれた男 合気道塩田剛三伝 その1



その2はこちら


合気道は植芝盛平が昭和初期に創始した、比較的新しい現代武道。とはいえ、戦時中から軍部からの要請で陸軍中野学校や海軍大学校などで合気道の指導が行なわれ、現在も機動隊などで研修が行われています。国際的にも大変普及が進んでいて、特にアメリカ、フランスの合気道人口は日本より多いようです。(Wikipedia


この動画についたコメントです。
この手の動画は、あまりに技が鮮やかすぎるせいか、「作ってる」だとか「投げられるほうが仕込みだ」とかいう意見は必ず出るのですが、これも例外ではございませんので、心づもりしつつお読みください。


■信じられん。

■クレイジーだなあ。

■合気道習ってるやつ!実戦でこれを見せてくれ。話はそれからだ。

■合気道はちがうんだ。合気道を経験すれば、人生で一度の最大の驚きになるよ。合気道はスポーツじゃないんだよ。禅の心だ。少林寺といっしょだ。この動画は騙しじゃない。真の合気道の達人は、どんな格闘技のアスリートやファイターにも負けない。合気道の達人に勝ちたいなら銃を使え。ナイフじゃダメだ。(+4)

■彼がうまいのは間違いない。でも、生徒が完全に、投げられようと一生懸命だよ。日本のこの類いの動画では同じことがよくある。ケネディのボディガードを組み伏せたときは、ただ相手が握手のために手を差し出したときだったんだろ。負けたいって言ってるようなもんだ。

■投げられようとしてるわけじゃないよ。怪我しないようにしてるんだ。柔道でも同じことをやる。「受け身」っていうんだ。(+1)

■偽物だって言ってるんじゃない。ただ、生徒が洗脳されてるってこと。ある意味、大先生に向かって反抗なんかできないだろう。彼がみんなが言うように凄い人だったとしても、実際に他の流派の対戦相手が必死で彼に立ち向かったら、もっと厳しい戦いになると僕は確信してるけど。

■上の意見は正しいよ。生徒は「投げられようと一生懸命」になってはいない。むしろ、流れに歯向かわず、怪我を避けようと最善を尽くしてるんだ。受け身でひっくり返るのはだからだよ。実戦のときのように、やられたことに逆らえば、骨を折ることになる。

■そうかもしれない。でも、そうなら、僕の意見も正しい。たぶん、彼らが先生に対して本気で歯向かわないのは怖いからだろう。でも、結果は同じだ。つまり、本気で反抗してはいないってこと。

■怖がってはいないって…。オレの言うことを理解するには、合気道をやるしかないんだろうなあ。それか合気道家のところへ行って、本気で抵抗して、どうなるか試すかね。

■誰かも言ってたけど、真剣にキミは「本気で抵抗」してみればいいと思うよ。たぶん、どうにもならない。できないから。先生に触れることが怖いっていうのは正しい。みんな、ちょっとした抵抗でどういうことになるか知ってるからね。直接、力をかければかけるほど、酷いことになる。

■合気道で手首を締められたことがないのね。…私を信じて。組み伏せられるほかないんだから。抜け出せるように相手が加減してくれてれば、やっと起き上がれる。信じて。私がやられたときは、ものすっごい痛かった。ストリートで(実戦)で、技に歯向かったら、前腕がバラバラになる危険だってあるのよ。…全然楽しくないから。

■78歳かよ!!

■大先生(訳注:植芝盛平)に直接習った加藤先生にセミナーで一度、三教(訳注:相手の手首を取り、爪先立ちにさせた後、腹這いにさせ抑える)をかけられたことがある。つま先で立ちたくないのに、そうなってしまう。そしたら、今度は二教(訳注:相手の手首を取り小手をひねり、ひざまづかせた後、腹這いにさせ抑える)をかけられた。膝をつきたくないのについてしまうんだ。合気道を知ってる人に手首か指を締めらない限り、うがった見方をする人はいるもんだ(+1)

■超強者~!!!!
識武術的人會明白的
強得太變態了
(訳注:エキサイト翻訳。強者を超えます。武術を知っている人は分かることができます。強く変態すぎますか? )

■覚えてるのは、楢山先生のセミナー。オレは1級で5級の相手と組んでた。ある手首締めのやり方を教えるのに困って、先生を呼んだんだ。で、見本を見せてほしいって頼んだ。オレの手首でやってもらうように言ったんだが、先生はオレを見て、「馬鹿者」みたいなことを言って、それから5級の相手に手首締めがどれだけ効果的で、簡単に相手を抑えつけられるものなのかを、正確に見せてくれたよ。

■完全に作り物。(-4)

■合気道はこの手のことをほとんど、生徒にしかやらない。つまり、やってることのほとんどは本物じゃないってことさ!! (-1)

■これについて本に書いたケネディに聞いてみろ。日本の武士道は神の力を使う。清い魂によってのみ発動する力だ。汚れた魂では無理。嘘つきや野卑な人間には無理。

■作り物? ちがうよ。(+1)

■Genial video. Hermosas demostraciones. Saludos!! (訳注:エキサイト翻訳:素晴らしいビデオ。美しいデモンストレーション)

■これが全部嘘だって言ってるやつらが可笑しいよ。もし偽物だって言うなら、信じないやつが誰か、達人相手に1対1でやったビデオを投稿して、名声を得てみたらどうだい? ごちゃごちゃ言う前に、見るだけじゃなく、経験してみろって。(+1)

■この動画で立ち向かってる人たちは、どうやれば怪我をせずにすむかわかってる。それが合気道の重要な部分なんだろ?相手が倒されてもスムーズに立て直せるから、動画を見た人は嘘だって思うんだろうな。日本人は、演武で「メンツを保つ」ってことをどのぐらい考えてるんだろうね。2:48秒のところは、あきらかに相手が足を地に投げ出してる。どうして? 効果的に着地するため? 達人の技の見栄えをよくするため? いずれわかると自分的には思ってる。っていうのは、オレ、9月から合気道を始めるから!

■セルビア出身だけど合気道を本当に愛してる。(+2)

■僕はこの人たちの技は疑わないよ。でも、組んだ相手の倒れ方がなんか間違ってる。わざと倒れてるように見えるんだ。たとえば、のど仏を殴られたら、倒れる前に飛び上がらないか?

■↑そうしなきゃ、怪我するんだって。養神館の合気道の創立者は、どんなビデオに出ても過小評価されるなあ。本物なのに。信じろ。メッドランドの先生の一人に手首に小手返しをされて、オレはひっくり返らなかったせいで、手首が折れたかと思った。



コメントにもありましたが、こればっかりは経験してみないことには、簡単に信じられるものではないのかもしれません。面白かったのは、中国や台湾のかたの肯定的なコメントがいくつかあがっていたこと(エキサイト翻訳でわかる範囲内ではございますが)。さすがにあちらでは武術が盛んなだけあって、理解も容易いのだろうと思われます。


さて、今日の本題、こちらです。かなり本格的かつ初心者向けに塩田剛三ご本人が、技を実演しつつ解説している動画です。

再生回数 372,914 回、コメント数359件




↓参考までに、この動画の人気が最も高い地域。ロシア…。

chartaikido.gif


■塩田郷三は最も素晴らしい合気道の達人の一人。(+1)

■なんてこった。合気道、くだらねえ。こいつらが米国にいたらなあ。何千人ものやつらが行列を作って、こいつらを叩きのめすだろうよ。(-6)

■↑見識の狭いやつだ。(+1)

■塩田先生はヤクザや武装した連中と闘ったこともある。でも、塩田先生自身は天寿を全うした。(+1)

■↑ヤクザと闘ったことなんかあるわけないだろ、ボケ。そんなのはただの神話だ。お前は、アホだ。(-6)

■↑キミの考えが狭いのが残念だな。単純にキミの狭い定義の現実にそぐわないってだけで、知識を拒むのは損だよ。他流派を罵って批判したところで何にもならない。それより、多くの場所や流派から知識と知恵を得たほうが実がある。(+1)

■並びたいなら並べ、アメリカ人。彼はそいつらを3秒で殺す。まあ、そいつらがそこそこやるなら、5秒か。(+1)

■サーカスだな。(-5)

■合気道が嘘なら、どうして東京の機動隊がみんな合気道の初段(黒帯)をとるように決められてるんだ?(+5)

■実際に合気道をやったことがあるのか? 一流の指導者と訓練して投げ技を体感したことがあるのか?もしあるなら、お前はあきらかに一流の指導者だ。もしないなら、罵る前に試せ。ここにいる人の多くは、館長先生のダイナミックな合気道を見たくて検索してきたんだ。罵るためにこの動画をみているようだが、知識もないのに罵倒するな。意味がない。お前は成長すべきだし、事実無根の意見は自分の胸だけにしまっておけ。(+4)

■オレは空手3段の黒帯だが、この老人とはやりたくない。どんなマーシャルアーツを選んでも、それに精通してくれば、これが嘘ではないことは一瞬でわかるものだ。この動画はデモンストレーションで、もちろんストリート・ファイトではないが、それに近い。注意して、塩田センセイがどれほど正確な角度で力を加えているかを見ろ。彼は、自分に対する相手の動きを利用してる。(+8)

■ここにいるマーシャルアーツの人たちは、「オレがやってるマーシャル・アーツだけが良いんだ。あとはクソだ」って視点じゃないんだな。(+6)

■内的なマーシャル・アーツは、素人には通常、見極めがむずかしい。八卦掌や太極拳も同じなんだ。良い中国武術の流派を見つけるのは難しいが、ここカナダには素晴らしい養神館道場がたくさんあるからね!(+5)

■オレはテコンドーと剛柔流空手を2、3年やってたんだが、太極拳に興味が出た。信じられないかもしれないが、太極拳をやると気分が良いんだ。体の内側からリラックスできる。で、最近は、大学の合気道の道場で毎日2時間練習してる。インターネットだから、場所の名前は言えないけど、seikeikan.comで探してみてくれ。ただ、一番大事なのは、自分で教室を体験してみないとだめってこと。そこの先生が好きになれるかどうか。良い合気道の先生は、柔和で辛抱強くて完全主義者だ。彼らは、キミが間違ってやっていることを指摘してくれるはずだし、お互いに怪我をしないよう柔らかくやるように教えてくれる。

■信じたくないとか、信じられないっていうなら、やってみればいい。これは宗教じゃない。マーシャル・アーツだ。気にくわないって言うなら、道場の門を叩いて達人たちと闘え。(+2)

■あきらかに演技力がない。(-9)

■↑お前はあきらかに馬鹿だ。(+1)

■相手が弱いときしか通用しないよ。ゴミだ……ムエタイのファイターと闘うところが見たいもんだね。コテンパンだろう。(-4)

■↑なんだそりゃ。何を言ってんだ、いったい。これはデモンストレーションだ。もちろんストリートじゃこうは行かないだろう。こういうもんだと信じてるなら、お前は医者に行ったほうがいい。折れた手首や骨を演武で見せられるわけないだろう。

■養神館合気道をやってる。この動画の中の技も練習するよ。合気道は特殊な武術ですごく面白いんだ。他の武術をやってて混合武術に興味があるなら、合気道はいろいろと実になる凄いものがあるよ。12年武術をやってる経験上から言ってる。合気道は空手とは正反対だ。戦闘はないからね。対立的な武術じゃないんだ。キックもパンチもない。あるのは、技と素晴らしいソフトな感触だ。

■申し訳ないが、これはくだらない。相手が下手すぎる。あのチビな老人は実戦じゃやられちまうよ。リハーサルでの話だ。実戦はリハーサルじゃない。(-6)

■↑あああ………そんなクソなコメントをする前にマシな脳みそをつけろ。当然、これはリハーサルだ。デモンストレーションなんだから。実戦っていうのは、骨折ってことだ。骨折したら直すのに何週間かかるかしってるのか?お前の脳みそで考えられるか?(+1)

■お前、どれだけ実戦の経験があるんだ?本物のストリート・ファイトは、同じような訓練をしたファイターが二人いるムエタイの試合みたいなもんだと思ってるのか?現実的になれ。本物の喧嘩ってのは、くだらないパンチとつかみあいだ。毎晩、バーで起こってんだろ?それが現実ってもんだ。(+4)

■やつに構うな。明らかに合気道はやったことがない。合気道をマスターするのは長い時間がかかる。でも、一度身につけば、この世界で最も素晴らしいものの1つになる。(+1)

■この動画に字幕がほしい。彼が何を言って、みんながどうして笑ってるのか知りたい。(+2)

■合気道はめちゃめちゃクールだ。習おうかと考えてるところ。相手がどう構えてるか、相手の勢いを使って相手を組み伏せる方法に関して、いろいろと理解はしてる。でも、デモンストレーションを見る限りでは、相手が常にこっちに向かって走ってきてる。それじゃ、投げるのは簡単だ。合気道で動かない相手を前にしたらどうするのか、投げるかパンチ?実生活で、たくさんの人が自分に向かって走ってくるなんてことないだろ?(+1)

■↑正しい。相手がこっちに向かって突進してくるときだけ使えるんだ。相手が激しく攻撃してくればくるほど、攻撃した相手のほうがそれだけ酷い目にあうってことさ。ソフトに攻撃すれば、ソフトに負ける。相手が動かず、自分も動かず、突進もしない場合は、守る必要もないんだよ。歩き去るだけ。誰も傷つかずにすむ理想的状況だ。……理想世界だね。(+1)

■誰か、この動画の57秒のところの技を論理的に教えてくれないか。どうして、この人は塩田先生から手をはずすことができないの? 手が塩田先生にくっついているみたいだ。なにが起こってる?

■↑正確にはわからないんだけど。………先生自身が手首を、受け側の手に押し付けてるみたいだ。手をああいうふうに「閉じた」状態のまま力をかけてる。正確にはわからない。…試してみるか、先生の誰かに聞かないと。……とにかく、えっらいクールだ。

■受け側の手を自分の体のほうへどうひっぱってるかを見ろよ。

■この技は死ぬほど痛いんだよ。たぶん、動画ではわからない。オレの経験から言えることだ。マジで傷つく。傷つきたくないなら、体を地面でよじったまま動かないことだ。

■逆らったときの痛みは、投げられたときの痛みよりスゴいんだよ。それに、あの技をやられたら、反応としては受け身のままでいるのが自然。もう倒れるか、身をよじったまま叫ぶしかないんだからね。

■哀れな、哀れな、騙されやすい大バカ野郎たちだ。こんな動画を持ち上げてる人がいっぱいいるってのが信じられない。なんてことだよ。古くさい日本の流派じゃないか。マジで大丈夫か?それともオレが変な薬でもやってんのか?こういう引っぱる動きでガードが本気で下がって、無防備になるなんて。こんなの完璧に実行できなきゃ意味ないし、ほとんど人間離れした反射神経だよ。実際にはほとんど効果がないよ。…あまりにも夢を見過ぎだね。もし本気で自分を傷つけようとする誰かに対してやったら、自分が怪我するだけだって保証する。(-3)

■↑お前、なにか武術をやったことあるのか?オレが立証してやるよ。効果があるって。お前が学ばねばならないのは、他人を尊敬する気持ちだ。(+1)

■↑ボクシングと詠春拳をやってきたよ。でも、もっと重要なのは、オレを馬鹿にしたやつのことはみんな叩きのめしてきたってことだ。何度も何度もな。オレはなにが効くのかわかってるし、何が効かないかも必死で勉強してきた。体は小さいが、飛び抜けて強いんだ。100kgのやつを倒したこともある。

■↑お前が言ってることが、塩田が合気道の先生と会う前に言ってたことと同じってのがおかしいよ。塩田は柔道と剣道を小さい頃から習ってた。16歳ですでに3段の黒帯だった。18歳のとき、彼は鼻高々になって面倒を起こすようになったから、彼の高校の校長が合気道の道場に彼を連れていくことにした。彼に規律ってものを教えるためにね。それが彼と合気道の創始者、植芝盛平との出会いだ。

■↑口でごちゃごちゃ言うより、実際に挑戦しろよ。特にインターネットなんかじゃ。言葉<行動。

■倒れ方は知っておかないないとだめなんだよ。じゃなきゃ、10秒後には病院だ。嘘みたいに思えるだろうが、マジで彼にめちゃめちゃにされるよ。(+2)

■武術はどんなものでも実戦的なものなんだよ。武術を理解し、実践している人たちが、この武術はくだらない、あれはいかしてるなんて口にすることがどれほどくだらないことか。(+3)

■合気道の大きな目的は闘うことではない。護身術だ。キミが攻撃しない限りは、合気道の生徒と闘うことには絶対にならない。これが、合気道の他の武術の最も大きな違いだ。
もしキミが6段、あるいは真剣にやってる生徒を本気で攻撃したら、彼らは即座にキミの手首か腕を折るだろう。この動画はただのデモンストレーションだ。達人が遠慮せずに本物の力で報復したら、目にも見えないよ。間違った形の武術で戦いたいって言うなら、どうぞ。合気道は平和であり、戦争ではないんだよ。(+2)

■武術はおのれの肉体的健康を促進するための手段だ。人を殺したいなら、銃を使え。(+1)

■感動したよ。あの老人が好きだ。彼は相手をハンバーガーみたいに投げてたな。なんの苦労もせず。そのうえ、そうしながら冗談をいう暇すらあった。合気道っていいな。挑発的じゃないところが。こういうアプローチを現実生活に取り入れたら(喧嘩じゃなくてね)、素晴らしいだろう。シンプルで、とってもスマート。人生で一番素晴らしいものっていうのは、常にとってもシンプルなんだよね。

■これが、僕が合気道を高く評価するところなんだよ。この老人は何年も訓練をしてきた。単純な動きなのに結果は、ああだ。しかもああも軽々と。相手を叫ばせたり、蹴ったりもしないんだから。品格があるよ。

■凄い……強烈だな。(+1)

■ここでガキどもがどの武術がより良いかを口論しているのを聞くのにうんざりしてるよ。武術が何かじゃない。個々の訓練の問題だ。UFC(訳注:Ultimate Fighting Championship)はアスレチック競技会だ。護身じゃない。演武は演武だ。演武は現実世界の話じゃない。現実的な状況で練習する武術はないんだ。UFCですらちがう。
オレは何年も合気道を訓練してきた。刑務所の警備、警官なんかの訓練もやってきた。仕事で毎日、合気道を使うような人たちの訓練だ。他の武術を批判するってこと自体が、現実世界では、確実に(ものを知らない)負け犬のやることだ。(+4)

■古代の武術は、古い伝承であり、ほとんど何年も戦場で実践されてない。だが、多くの人間が技の効果を試して死に、何千回も繰り返されて今に至っているんだぞ?他のスポーツっぽい規律は喧嘩じゃ効果的だろうが、武術家に対して何のプライオリティもない。護身は、武術の技の訓練の結果であり、心と体の平和こそがすべての武術が主目的として探求している目標だ。(+5)

■近所に養神館合気道を教えてくれる人をみつけた。楽しみにしてる。

■塩田先生は素晴らしいな。でも、受けてる側もかなりだ。これまで見た中でも最高の受け身がいくつかあった。(+1)

■素晴らしい!!!……なんていう力だ。合気道が本物じゃないって考えてる人たちにはなあ……。



未経験の人たちの懐疑的かつ否定的コメントに経験者が応戦するという図式でした。逆に言えば、素人目には嘘にしか思えないほど技が鮮やかであるということなのでしょう。
個人的には、外国人の「否定的」反応がむしろ面白かったと言いますか、「…そう思うだろうなあ」と。いっそ踊りに見えるぐらいのスムーズさですもんねえ。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

<補記>コメントの国籍を付記してほしいというリクエストがあったのですが、なかなか難しいものがございます。たとえば、今日の場合、しょっぱなは「日本」ですが、ご本人がアップされているご本人出演の動画では、尺八を吹いている外国人です。あきらかに右翼系の日本人と思われる発言の主は、フィリピン共和国だったりいたします。……Youtubeの統計チャート地図を載せたので参考になさってみてください。


   
posted by gyanko at 21:00 | Comment(64) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

海外ゲーマーの反応 - 『スッキリ!!』放映の『FF XIII』最新トレイラー

日テレの『爽快情報バラエティー スッキリ!!』で紹介された『ファイナルファンタジーXIII』のトレイラーの触りが早速、記事になって伝えられました。もうどんなネタでも来ますね、『FF XIII』なら。




『ファイナルファンタジーXIII』最新トレイラーの触りを見よう。

『ファイナルファンタジーXIII』のプレミア・パーティで、スクウェア・エニックスは東京ゲームショウ用のトレイラーを公開した。トレイラーの撮影することはスクウェア・エニックス側から許可が出ていなかったので、我々はこれを文章で解説するよりなかった。
だが、日本の朝のテレビ番組が来た。ライトニング、ホープ、スノウ、そしてサラの短い数シーンがある。ゲームプレイも見れる。●


■ゲームプレイのところがすごく少ないけど、可愛い女の子が唄ってるとこはたくさん。僕的には文句はない。

■…なんていう……スィート。CGIがゴーーーージャス!でも、浮かないで調和するのか?

■『マトリックス』の中にいるみたいだなあ。…ちょっとしばらく待ってたらキアヌーが出てきて助けてくれるんじゃないか。

■日本のテレビ番組はなんでいっつも小さい枠で顔を抜くんだ?

■有名人のリアクションをみんな見たいんだろ。…(米国の番組でよく使われる)録音の笑い声みたいなもんだと思えばいい。

■日本を含む東アジアの国では、番組中、出演者の顔をああやって見せるのが普通なんだよ。たぶん見てる人を引き込むため。好きだろうが嫌いだろうが、「ちがう」ってことさ。

■ありゃなんだ?空に浮くバイクで彼女を攻撃するのか?

■あれがセラか。可愛い!ヴァニラみたいにウザったくない。こうなると、スノウが嫌いになるな。列に並んで一発殴らせてもらいたいね。

■セラがまだ学生じゃないことを祈る。もしそうなら、僕は彼女の周り500フィートには入れないから。

■ピンクの髪の女の子の容姿が確実に良くなってるよ。最初に見たときはウザいって思ったけど、今回の動画では素晴らしい。それに、細部が常規を逸してるよ。髪の1本1本とか驚異的!

■日本人の出演者がゲームを見て興奮してたな。ゲームで興奮してたんじゃないなら、カメラマンが脱いでたか。

■なんだよ、もう、あの草の質感。酷い…。

■↑50時間のRPGだ。『ファイナルファンタジー クライシスコア』ぐらいのレベルのテクスチャを想像してたのか? 総合的に見れば、このゲームは、今世代、これまでリリースされた他のどんなゲームより鮮明なグラフィックをもってる。視覚的美学においては何にも負けないものだと思うよ。色彩の量だけだって、アンリアルエンジン(訳注:Epic Gamesが開発したゲーム・エンジン)みたいな精選された最高級のものを含めても、他のゲームはどれも勝てない。草の質感に文句を言い続けていればいいよ。どのゲームを考慮したって、現時点ではどれも(これに比べたら)しみったれてる。



記事のアップから間がなく、さしてコメントは集まっていなかったのですが、同じ動画がYoutubeにもあがっていて、すでに再生回数10万7000回以上。こちらもご紹介しておきます。


■これは、……これは来る!(+1)

■『FF』はいつも『FF』だ。凄い。ブラジルのファンより。

■これまで見たキャラクターの中ではセラがお気に入り。

■↑なんで?スノウの婚約者って以外なんにも情報ないじゃん。

■↑ライトニングの妹だよ。

■↑デザインが良い。背景情報の話じゃない。(+3)

■ライトニングのほうがいいよ。(+1)

■ひょっとしたら、これまで見た中で一番美しい映像のゲームかも。(+5)

■↑キミが見たもののほとんどはCGだってことを忘れるな。実際のゲームプレイじゃない。でも、そうだな、ゲームは凄そうだ。(-5)

■スクエニにはいつも、創造力と斬新さで驚かされるよ。斬新だけど、真実味もあるし。とにかくスゴい。北米リリースはいつだ??!

■↑言えてる。北米は2010年の春って言われてる。

■ベルトは?ジッパーは?スパイキーヘアは?素晴らしいCGは?ありえないぐらい可愛い女の子は?………チキショー。スクエアは客をよく知ってるよ。これにノーなんか言えない。

■メキシコからの挨拶。待つことはできません。(原文ママ)(+3)

■オーマイガッ。信じられない。jklfsdajkñlfadñklfsa

■CGが凄い。アニメ映画見てるみたい。(+2)

■サラ……きれいだ(涙(+1)

■あああ!!!! これをプレイするのが待ちきれない。なんてエキサイティング!あの女の子はライトニングの妹?アメリカは2010年の5月か。…チキショー…。(+1)

■↑2009年の12月に出る日本版を買って、PS3でプレイしろ。

■日本人の解説者が面白かったね。ゲームは大成功するように思える。(+6)

■ライトニングはスノウの義姉。彼に怒ったのは、スノウがセラを守れなかったから。サッズは息子を聖府に捕虜にとられてて、それを救わないといけないとか?
スクエニは、前作より、脚本とキャラクターで多元的に良い仕事をしてるように思える。これ、かなり好きだ。(+5)

■セラ、かわいいけど、すっごく若いね。スノウが20代なかばに見えるのに、セラはかろうじて15歳だよ。

■↑まね、これは日本のゲームですから。15歳に見えるってことは25歳ってことですよ。

■25歳は疑うなあ。

■19歳ぐらいには見えるよね。(+1)

■グラフィックが凄過ぎるよ……『ファイナルファンタジー』が現実になったみたいだ。セラはすっごいホット!!!!(ファンボーイみたいに絶叫)

■↑言えてるよ。(+1)

■や〜め〜て〜!!!!!! ライトニングとスノウはずっといっしょなのよ。セラのバカ(泣。このゲームが楽しみじゃなくなったわ。本当にスノウとライトニングの関係を楽しみにしてたのに。サラといっしょになるなんて。……(-1)

■↑ライトニングは一匹狼なんだ。彼女に安っぽい恋愛ストーリーは不要。(+2)

■グラフィックが尋常じゃないよ。映画かなにかみたい。



「ヤバクない?」……いや、ヤバいと思いました、わたくしも。……正式公開の東京ゲームショウがめちゃめちゃ楽しみになってまいりました。ムービーよりゲームプレイの画面がもっと見たいところです。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

   
posted by gyanko at 21:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

海外ゲーマーの反応 -『FF XIII』、12月17日、日本発売決定 -

12月17日発売決定、歳末商戦の目玉になるであろう『ファイナルファンタジーXIII』。前回、お伝えしたGAME SPOTの記事についたコメントをお届けいたします。

前回のエントリのコメントでお教えいただいたのですが、アマゾンで予約が過去最高の勢いだとか。今、確認したところ、アマゾンのTVゲーム・ランキングですでに1位でした。さすがでございます。

では、まずは多少重複いたしますが、当該の記事の全訳から。


『ファイナルファンタジーXIII』12月17日に日本発売。
JRPGの超級タイトルが、PS3のバンドル版とともに日本でようやく出る。スクエニの発表では、北米、欧州は来春の予定。


『FF XIII』を手に入れたいと熱望していたゲーマーには拷問と言えるほどの長い待ち時間が続いている。欧州と北米では2010年春までは出ることがない『FF XIII』。日本人ゲーマーだけが、このスクエニの最高のRPGが年内に出ることを楽しみにしていられる。

今日、東京で催された特別イベントでスクウェア・エニックスは『FF XIII』が日本でPS3独占タイトルとして12月17日に発売されることを公表した。価格は税抜き8800円(95ドル/58ポンド)。発売日と価格はどちらも日本の公式サイトでも確定している。

また、日本のゲーマーには新型PS3スリムのバンドル版もふるまわれる。価格の詳細は発表されていない。『FF VII』のPS3バンドル版のときのようなカスタマイズが、特別バンドル版のPS3に施されるのかも不明だ。

残念ながら、スクエニは西欧市場での正確な発売日を明言しなかった。言ったのは、以前にも口にした2010年の春を目指すということだけである。

「まだ特定の日付を公表することはできません」。『FF XIII』エクゼクティブ・プロデューサー、北瀬佳範はイベントでそう語り、「過去、海外でのゲームのリリースには半年から1年かかりました。ですが、今回は、春には世界リリースをしたいと目指しています」と続けた(訳注:他サイトはほぼ「和田社長の発言」としているのですが…)。

『FF XIII』は北米、欧州では同時発売、またXbox360とPS3双方で発売される。スクウェア・エニックスはローカライズを急ぐと以前約束しているにもかかわらず、リリースは2010年春だ。

またイベントでは、SCEの平井社長がPSと『ファイナルファンタジー』の長きに亘る協力関係を謳い、『FF XIII』の主題歌とドリンク新製品『FF XIII・エリクサ』も披露された。●


この記事についたコメント数は301件。()内はコメント評価数です。

■待ちきれないよ!! 早くしてくれ!(+2)

■もうすぐだけど、まだ先だ。ローカライズを早めようとして、脚本の翻訳に支障が出たり、台詞が酷いことにならないように祈ろう。(+2)

■状況が進んでるってわかってうれしいよ。日本のゲーマーたちは発売日の決定をどう思ってるんだろ。聞けたら面白いだろうなあ。(+1)

■日本人を妬む気持ちが大きくなったとしか言えない。(+2)

■待てないよ!日本発売から北米発売までの間にデモを出してほしい。(+9)

■日本人への嫉妬は昔ほどじゃないと思ってたのに。チキショー。(+2)

■英語字幕をオプションでつけるってのはどうだ。……PS3はリージョン・フリーだし、そしたら輸入を考えるかも。(+4)

■ゲームに95ドル?無理。米国で65ドルになるまで待つつもりだ。そのぐらいはがんばらないとな。けど、『FF XIII』が出たら、日本でPS3の売上はWiiを絶対に上回ると思うね。(+8)

■おそらく、今世代最高のコンソールで出る最高のゲームの1つだろう。興奮しないでいられるやつがいるのか?(-1)

■95ドルなんて南アフリカのゲーム価格に比べたら安いんだよ!こっちじゃ1本120ドルなんてざらなのに。(+2)

■新型PS3スリムを買おうかなとも思うけど、下位互換がある80GBモデルにすごく満足してるからなあ……。PSやPS2のゲームが動く80GBのモデルはまだ価値があるから、eBayやアマゾンに出せば、いくらか儲かるんだろうけどさ…。(+1)

■日本語版を手に入れるやつはどのぐらいいるんだ?(-3)(訳注:←蛇足ですが、これはもう「日本語わかんないの!キーッ!」っていう-3だと思います。)

■こんなゲーム待てねえよ、バカ。(-1)

■↑RPGはキミのお気に入りじゃあないのかもな。でもな、キミがもしゲームというのはすべて『FF VII』ぐらいに素晴らしいものであってほしいと思ってるなら、そりゃ最初からがっかりする準備をしてるのと同じだよ。……つまりだ、「バンドなんてどれもビートルズのレベルじゃないから、ロックなんか聴かない」って言ってるようなもんだってこと。(+1)

■95ドルってことは、60ドルになるってことだよ。……少なくとも日本では。今、50ドルのゲームが80ドル近かったのを知ってるし、……『テイルズ オブ ヴェスペリア』はこっちでは30ドルだしな。(日本ではまだ 80ドルか新品価格だよ)。(+2)

■『ヴェスペリア』は最高なんだよ。その値段の価値がある。(+1)

■ローカライズを急いでくれよ。さっさと頼む。日本じゃPS3独占か。ソニーは今回はうまいことやったな。(+2)

■オレはむしろローカライズに時間と手間をかけてほしい。急いだせいで、妙な台詞になったり、ジョークがなくなったりしないように。このゲームがこっちで出るまでに、時間をつぶせるだけの良いゲームがたくさんあるんだしさ。(+8)

■ローカライズってのがムカつくんだよ、すごく。英語の字幕と文章を入れて日本語版で出せばいいんだ。6ヶ月も待たされたあげく、ヘタクソな英語吹き替えを聞くぐらいなら、音声を消すってやつらだってオレたちの中にはいるんだ。望んでもいないもののために待たされるようなもんだよ。(+2)

■日本のゲーマーは幸運だな。年内にできるのか。僕は待ちきれない。できるだけ早く英語版を出してほしい。日本語ができたらなあ。(+2)

■ヒャホー!日本に住んでるんだ。…でも、マジで高いな。『ストリートファイターIV』には7800円払ったよ。予想外の値段だった。(-2)

■輸入する。

■オレの誕生日の翌日だ。ちょっとクールって思っちゃった。この発売日がアメリカのだったら良かったんだけど。

■まだ『ファイナルファンタジーXII』が終わってないんだ…(+8)

■待たないし、もうこのゲームのことは気にしない。オレが、期待したのは『FF XII』が最後。神様、ありがとう。あのときもう買う必要はないって決めたんだ。20ドルだったけど、嫌い。そのうちクリアすることもあるかもしれないけど。ヴァンがあんな負け犬っぽくなければね。(+1)

■Wow、8800円って高すぎだよ。だからって、輸入するのはやめないけどね。(-1)

■素晴らしいニュースだよ。輸入する予定はないけど。西欧版がもうすぐ出るってわかったからね!(+5)

■これに備えて、また『ファイナルファンタジーVII』をやり直したんだよ。…待つ価値があるすばらしいものになると思う。(+2)

■58ポンド?……開発に金がかかってるからなあ。通常のPS3や360の小売価格より18ポンドも高い値段にしなきゃならなかったんだな。

■360版の『FF XIII』を楽しみにしてた。でも、PS3スリムとバンドルで出すっていうなら、たぶんそっちを買うよ。360版はいつか。オレ、『ファイナルファンタジー』をプレイするときの達成感がすっごく好きなんだよ。

■オレはアニメは字幕で見るんだけど、どうしてかというと、英語吹き替えがアホで下手だからなんだよ。いっつもゲッソリする。字幕できてくれ!(+1)

■スクウェア・エニックスはローカライズで首を絞めてるよ。ヘタなローカライズで巨大な市場を逆に狭めてる、いっつも。北米と欧州でクリスマス商戦に乗っけられるはずなのに、しくじってるんだから。バカだ、スクエニはホントにバカだ。
字幕に日本人声優の声が入ることはないよ。360版に入らないから、平等をはかるためになくなった。スクエニ、PS3オーナーをバカにしてくれてありがとう。オレが言うことを信じないなら、この記事を読め。スクエニは、ディスク交換をなくすために、ゲーム中のステージやサイド・クエストだってカットするかもしれない。バカだ、バカだ、バカだ……(+3)(訳注:リンク先の記事は、360がDVD、PS3がブルー・レイということで、PS3側が360に合わせたという内容)

■↑同意できない。ローカライズを急いで未完成なものを出してまでクリスマス商戦に間に合わせるより、きちんとしたものを出そうっていう賢い決断だと思うよ。僕だって、できてないものよりちゃんとしたものがほしいもの。(+6)

■日本がオレたちよりこんなに早く手に入れられるなんて信じられないよ。……来年まで待たないとならないってのか……

■PS3は、スリムが出てもまだ、値段って意味ではまだ贅沢品だよ。ソニーは、自分基準で業界を揺るがすよなあ。(+3)

■神よ、ここにいる者たちは誰ひとりこれ以上の忍耐はないのです……(+3)

■日本のゲーム開発は、僕たちが求めてるものをわかってないと思う。日本語の声に英語と欧州言語の字幕さえあればいいんだって。(+1)

■こういうことを言うからって、PS3のファンボーイだって決めつけないでほしい。でも、僕はスクエニには何も感謝できない。Xbox版とPS3版を両方、北米と欧州で同時に出すなんて決定がなかったら、もっと早くにこのゲームを手に入れられたんだ。(+1)

■『FF XIII』を6月に出してくれたら、夏休み中、共同研究の心配もせずに、罪悪感なしでプレイできるんだけど。だめっぽいな。ゲームは、すごそうなのに。(+2)

■ローカライズのチームが開発チームと別枠だっていうのがバカげてるんだよ。ゲームの脚本が出来たと同時に、数日で翻訳、声優に声を入れさせるんだ(日本版ではそうなってるはず)。ファンサブのグループは一時間がそこらで20分のアニメを翻訳するんだよ。ローカライズを早められないのが、品質管理のせいだとか、理由にならないって。バグも問題じゃない。多く見積もっても、翻訳の時間に数週間プラスするだけでいいはず。開発の初期でもっと早めにゲームの翻訳関連を始めるだけで、日米同時リリースは可能なんだよ。

そんなの無理って思ってるなら、オレはこう言う。無理じゃない!スクエニは『FF XIV』はMMOで作ろうとしてる。NPCにもフルボイスのムービーで、日本、北米、欧州同時発売だ。『FF XIV』でできることが、なんで『FF XIII』のチームにはできないんだ?(+9)

■ああ、………日本人すべてが文字通りうらやましい。(+1)

■初期からのスクエア・ファンなんだけど、がっかりしたと言わざるをえないよ。いまだに世界同時発売ができないんだから。北米はまた冷や飯を食べなきゃいけない。スクエニには、太平洋のこっち側の人々への愛はないの?(+5)

■↑くだらないコメントだ。開発側を信じて、黙ってゲームをやれよ。それでゲームがクソだったら不平を言えばいい。(+3)

■日本と同時発売じゃないことに疑問を持つ人がどうしてこんなに多いのか。『FF』やスクエニのファンなら、いつも日本が北米や欧州より先だってわかってるだろう。驚くようなことじゃないし、スクエニは、『FF』のファンはなにがあろうとも買うって知ってる。どんなに不平を言ったって買うんだから。(+6)

■やっぱりソニーが日本じゃ一番だな……(+7)

■元々の制作者がもうスクエアにいないのががっかり。彼なら『FF XII』をもっと良くできたろうし、『FF XIII』もあんなじゃなくもっと良かったと思うよ。(+3)

■良いね!『ファイナルファンタジー ヴェルサス XIII』のムービーも見せてくれ!(PS3独占だぞ!)(+5)

■字幕だけつけてくれ。今やりたいんだよ!!!!

■スーパー、スペシャル、すごいよ!クリスマスには輸入だぜ!!! 言語は英語だと思うよ。日本語の字幕付き。(-5)

■輸入するときが来たね。私、我慢が効かないから。(+7)

■このゲームに何を期待していいのかわからない。前世代のスクエアは大きな層のファンにアピールしてたし、古い『FF』の公式を変え続けてきた。『FF』は保証書付きの質の高いタイトルだった。でも、今はもう売れるかどうかは運次第だ。(+1)

■待ち遠しい。95ドルはちょっと高い。けど、60ドルのゲームを3、4本合わせたぐらいのものをくれるよ。(+2)

■95ドル税抜き?なんとまあ、日本のゲーム市場ってのは高くつくんだなあ。(+2)

■どうして日本で生まれなかったのか。欧州のセルビアに来るまで待たないといけないなんて。(-1)

■我慢できない!みんな12月17日のリリースを求めてるでしょ!(+1)

■他の『ファイナルファンタジー』のゲームと同じだよ。日本発売の数ヶ月後に北米やPALの地域で発売になる。『ファイナルファンタジーVIII』(7ヶ月後)、『ファイナルファンタジーIX』(4ヶ月後)、『ファイナルファンタジーX』(5ヶ月後)、『ファイナルファンタジーX-2』(8ヶ月後)、『FF XII』(7ヶ月後)といっしょ。『FF VII』一番タイムラグがなくて2ヶ月だった。日本と北米リリースの差はこんなもんだよ。PAL地域は北米よりさらに遅れる。

Xbox360でのリリースをどうしてみんなそう嫌がるの。360に比べたら、そりゃPS3のほうが有利だよ。ブルーレイとDVDじゃね。でも、映像的にはほとんど互角だろ。(はいはい、細かいところでは質感のレベルはちがうし、ポリゴンの総数だってそりゃちがうよ。でも、細かい技術はいいんだよ)。個人的には、ディスクが複数になるのも心配してないよ。だって、昔、PSの時代、FFのゲームをどうやってプレイしてた? FFがXbox360に来て、質が下がるだろうなんて全然思ってない。それに、PS3のファンボーイはほとんどがXboxは故障率50%だって信じ切ってる。そんな確率でこわれるなら、実際に、こわれたハードでもゲームができてる人がいっぱいいるんだから怖がることはないだろ。個人的には360版を買うつもりだよ。友達といつもパーティ・チャットで話してるから、それができないのはいやなんだ。PS3でゲームだけやるってのもね。(+11)

■このゲームはPS3で膨大な量を売るよ。(+8)

■春か。イエイ、思ってたより早い。(+4)

■幸運にも日本語が話せるなら、数ヶ月先にプレイできるんだろうけど。ブルーレイのタイトルはリージョン・ロックがないから。北米が先に発売になったとしても、(言語圏が同じ)英国やオーストラリアはアマゾンかどっかから買えるはず。ローカルリリースを待つなんて長過ぎる。(+3)

■トンネルの終わりにやっと明かりが見え始めたね。『FF VII』や『FF X』と並ぶ最高のゲームでありますように。(+3)

■少なくとも、輸入するつもりのファンたちにとっては12月17日ってのは良いね。『FF XIIIヴェルサス』がPS3ってのが残念だけど。(+1)

■どうしてみんな同じ言葉じゃないんだろう。同じ言葉だったら、翻訳のせいで待つ必要もなかったのに。(-5)

■↑なんで日本語、勉強しないんだよ?(+1)

■うー。このニュースで背筋がゾクゾクっとした。日本発売日か。ああ。ついに来たね。世界発売もすぐだ。2010年の中旬かな?(+2)

■さて、みんなわかってるだろう。PS3版と360b版のたった一つの違いについて。それは、ディスクの枚数だ(PS3は1枚、360は3枚)。グラフィックに違いはない。360とPS3の映像パワー出力はほぼ互角だって事実に気づこう。360のほうがちょっとだけパワフルだと言ってもいい。僕の意見としては、両方とも同じようなものなんだよ。ゲーム自体にたいした差はない。みんな360が『FF』を台無しにしたって言ってるけど、頼むよ、そういうこと言うのやめてくれ。(+13)

■翻訳やあっちこっち調整するのに必要な時間だっていうなら、それでいい。でも、モノは仕上がってるのに、興奮を煽ったり、日本人を誰よりも先に楽しませたいだけだったら、ちょっとなあ………。

このゲームは欲しいよ。でも、なに?!95ドル?!?!?!?!!? マジか。それとも、スクエニは値段設定を間違ったのかな。たぶん、スクエニはみんながどれほどこのゲームが欲しいかわかってるんだろうな。値段はたいしたことじゃないって。うーん、60ドルぐらいになって米国に来てほしいなあと思うけど。(+6)

■買うゲームってことでは、Xboxのファンかもしれないけど、『FF』に関してはPS3を買おうって真剣に考えてるとこ。(+2)

■春か。長ええええええええ。(+2)

■不公平だよ……。ほとんどの北米のゲーム(欧州のも)は北米、欧州、日本同時発売じゃないか。…でも日本のゲームだけはいっつも日本が先だ。北米と欧州は待たされる。………北米と欧州を2番手に扱うならこのゲーム買わないって言えればいいんだけど、言えない。買うのを我慢なんかできないもの。(-7)

■年内に買えるなら95ドル払いますとも。取引しないか?(+3)

■(PS3とXboxでは)ロード回数やフレームレイトはちがうと思うんだけど、実際に出たらみんななんて言うか、そのときになったらわかるだろ。(+2)

■ああ、ここが今日本だったら。(+2)

■このゲームで何時間も遊べるなら、金は払おう。僕的には価格にはなんの問題もない。とにかく、だらだら長くない、素晴らしいゲームでありますように。(+1)

■ゲーム自体には影響はない。ただ、PS3のプレイヤーにとっては、手に入るまでの時間が長引いたんだよ。360版が出なかったら、長引かなかった。個人的には360版が出るのはうれしいよ。PS3じゃなくて360を買うつもりだし。でも、PSユーザーには、360のせいで待たなきゃならないっていうのが本当にムカつくんだろう。(+9)

■360はもってるけど、このゲームにはPS3を買うよ。ついに購入だ。『FF XIII』も『ヴェルサス』も同じコンソールで遊びたいからね。コンソール1点主義っていうのは同意できない。ブランドを理由にコンソールは1つだけっていうのはいまだにわからないし。自分が買えて、今やりたいゲームが多いのをオレは買う。(+4)

■高いって不満言ってる人たち。日本は米国よりなんでも高くつんだよ。換金のことも計算に入れろ。つねに変動してるんだ。現在、円はドルより高い。安心しろ、アメリカじゃたぶん60ドルだ。(+6)

■お願い、お願い、お願い。どうか米国にもPS3のバンドル版をもってきてくれますように。新型に買い替える十分すぎるぐらいの理由になる。(+3)

■さあ、日本語を学ぶときがきたぞ。(+10)

■『FF XIII』が Xbox360でどれだけ売れるか興味深いところだな。ま、今オレたちにできることは日本語を勉強して、 PS3を買うことだな。(+3)

■スクウェア・エニックス日本>スクウェア・エニックス米国(+6)

■北米版に字幕オプションがありますように。(+6)

■バンドル版は北米にはこないよ、残念ながら。ま、とにかくPS3を買おう。(+1)

■これを見てるPS3のファンボーイとXboxのファンボーイへ。団結すべきだ。いっしょに喜ぼう。日本版で発覚したバグや問題が、北米、欧州のPS3とXbox版では修正されるんだから。(+4)

■素晴らしいクリスマスの最後のファンタジー(ファイナルファンタジー)!!!(+2)

■はあああ。日本人は幸運だよ。このゲームは俺にとって夢みたいなもんなんだ。(+2)

■Wow、これでクリスマスシーズンはPS3のものだな。『FF XIII』、『Uncharted 2』、それにたぶん『GTA5』もか、新型PS3にくる。ソニーは順調だ。こういう競争は大好きだよ。360も良いシーズンになるだろうし。Wiiがいまだにすべての上に君臨してるのは周知のことだけどね。(+6)

■PS3の年がきたな!!!!……な、日本???(+7)



大別しますと、1) ローカライズ長過ぎ。字幕だけでいいから早く発売して。お願い。2) Xbox版がPS3版より劣ってるなんてことはないし、Xboxのせいでローカライズが遅れたわけでもない。3) でも、PS3買うから。4) 高い。5) ファンボーイがウザい。これのヘビーローテーションでした。

それでも、日本発売日が決まったということで、かなり目先が明るくなってきた感じがあるのか、素直に喜ぶ声も多かったのが印象的でした。PS3購入を宣言する声も少なくなく、PS3普及の起爆剤に本当になりそうな予感です。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

↓アマゾンのゲーム・ベストセラーランキング1〜4位。

   
posted by gyanko at 21:00 | Comment(11) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。