2009年09月22日

世界の『クレヨンしんちゃん』

いろいろと文章を考えましたが、思いつかず、……本日は、粛々と『クレヨンしんちゃん』の米国Wikipedia米国アマゾンのカスタマー・レビューをお送りしたいと思います。

しんちゃんの世界での人気は皆様、周知のことと思います。米国では、マンガは、以前はComicOne、現在はCMX Mangaから英訳版が出ています。アニメは、米国ではAdult Swim、英国ではJetixとPopが放映。

まずは、米国Wikipediaによる「しんちゃんと世界の国々」から。


『クレヨンしんちゃん』は(米英以外の)の多くの国々でも大人気である。特に東アジアの国々では、ジョークの多くが翻訳可能である(検閲がない場合はそのまま)。

インドでは、『しんちゃん』は2006年の6月19日にHungama TVで最初に放映された。第1期は、米国での放映ではFUNimation(訳注:米国のコンテンツ配給会社、ドラゴンボールの配信で急成長)が取り上げなかったマンガとアニメの混合版を流した。最近は、Space Toon Kids Indiaでも放送が始まっている。

しんちゃんの名声は、インドでは急速に大きくなっている。Hungama TVの他番組を宣伝するために、ちょうど『クレヨンしんちゃん』の前に放映されている『ドラエもん』のような番組を、しんちゃんがパロディにするものもある。

ヒンディ語へ吹き替えられているため、日本の歌は人気のあるインド映画の曲に差し替えられているが、インド版『クレヨンしんちゃん』は、新しいものになるにつれ、ほとんどか、まったく検閲がないため、オリジナルに大変近いものの1つである。
が、最近の回ではビールがジュースに直されてはいる。また、しんちゃんが裸になる場合は、股間をぼかすか、画面を他所へズームさせたりすることで裸を排除している。猥褻なもの、成人向けなもの、無礼な言葉、女の子をナンパする場面等もカットされている。
2009年の6月22日から新エピソードを放映予定。


韓国では、アニメ、マンガともに絶大な人気を誇る。しんちゃんの名前は「Sin Jjanggu」に変更されており、これはオリジナルの日本名と韓国語の「Jjanggu」(前に突き出した顎)からの造語である。

韓国の『クレヨンしんちゃん』は、オリジナルの日本版に比べれば、厳しく検閲されている。しんちゃん関連の多くの玩具やネットゲームがあることと、しんちゃんが韓国では子供の娯楽を代表するアイコンであるため、ほとんどの韓国人はこれを子供向けアニメと考えている。そのため、しんちゃんが股間を露わにする場面にはほぼ検閲がかかる。
例外は、露出が必然的である場合の数場面のみで、しんちゃんがお尻を出している場面のみ。
成人向の要素がはっきりと映るせいで検閲された場面もあるし、オリジナルの日本版の大人向ジョークはすべて、韓国におけるこの番組の主要視聴者層である子供に適切な番組を制作する意図で、韓国のG指定ジョークに吹き替えられている。

マンガのほうは、19歳以上の指定はあるが、ほとんど検閲はない。


中国でのタイトルは『La Bi Xiao Xin』。ほとんど検閲がなく、また翻訳の出来も良いものが、ローカル局で視聴できる。合法的なDVDセットやマンガ本が発売されているという事実にもかかわらず、中国で売られているマンガや映像のほとんどは、しんちゃん製品の海賊版である。この「しんちゃん製品」は十代の若者の間で特に人気があり、しばしばアクセサリーとして使われている(例:携帯ストラップ)。しんちゃんの顔は、DVDショップや玩具屋で、『ドラエもん』、『ガーフィールド』、『ポケモン』、『ディズニー』などのキャラクターの隣に並べられている。


台湾における『クレヨンしんちゃん』の発売元はOng Li Comicsである。アニメは、中国語字幕版が、1992年の4月13日にETTVで台湾初放映された。


ベトナムでの『クレヨンしんちゃん』は、『Cậu bé bút chì』の題名で1990年代に初めて出版された。だが、出版元のKim Dongは、著作権侵害と下品な言葉のために、このマンガ・シリーズの出版を停止した。

2006年7〜8月、シリーズ1〜6巻までが、幼稚園向け指定で再発行された。その後すぐ、『クレヨンしんちゃん』は、マンガの中の無作法な数場面、特に性に関係したエピソードが極めて子供に不適切なものだとして、ベトナム社会から悪評をかってしまう(Workers Newspaper誌の記事が端緒だった)。VTV(ベトナム全土をカバーする放送局の1つ)でさえ、メインのニュース番組でこのシリーズを批判した。ベドナムの子供がしんちゃんのような悪い振る舞いを覚えてしまうと考えたのである。この社会からの強い風当たりのせいで、Kim Dong出版社(ベトナムの『クレヨンしんちゃん』配給元)はシリーズの出版を諦めざるを得なかった。特に十代の、多くの読者がこの決定に反対したにもかかわらずである。


『クレヨンしんちゃん』は、インドネシアでは最も人気のあるアニメ・キャラクターの一人だ。しんちゃんの声をあてているインドネシア人俳優(遺伝的事情で20歳だが12歳ぐらいに見える)、Ony Syahriaは何枚もレコードをリリースしており、しんちゃんに似ているとまで言われている。アニメは異常なまでの人気だったが、同時に物議もかもした。BO(米国のPG指定に相当)指定の初のアニメにもなったが、アニメの吹き替え声優はすべて、『クレヨンしんちゃん』のおかげで成功している。


スペインでは、『クレヨンしんちゃん』は2000年の初放映以来ずっと素晴らしい成功をおさめている。自主運営局から始まり、スペイン全土へと放映が広がり、スペインの公用語すべてに吹き替えられた。これは、大変良く出来たローカライズも一役買っていると思われる。

こうした成功とは裏腹に、番組最大の視聴者である子供に適切ではないとする親たちの会からの苦情によって、番組を夜へ移動させなければならなかったり、完全に終了させたりせざるをえない局もあった。

だが、臼井儀人が、マンガのカタルーニャでの再発売を宣伝するために、2004年にバルセロナを訪問したときには、『クレヨンしんちゃん』はすでにTV3で4年間にわたって放映されており、ほぼスペイン全土に流れていた。臼井はこのしんちゃんの人気に大変感銘を受け、感謝の印として、バルセロナ(スペイン)を舞台にしたエピソードを作ることを決めた。

このエピソードは実際のバルセロナの暮らしに非常に忠実なもので、これがエピソードを極めて面白いものにしていることは興味深い事実だ(タクシーも、バルセロナで実際に見れるものと同じ特有のカラーリング)。スペインは、日本以外で、『クレヨンしんちゃん』のキャラクターに基づいたゲーム・ボーイ・アドバンスのゲームがリリースされた唯一の国である(2005年、発売元Atari)。2006年の第3四半期には続編も出た。


オランダでも『クレヨンしんちゃん』は大変な人気を誇っている。2003年にローカル局、Fox Kids / Jetixで放映が始まってからというもの、最初は6〜12歳の子供を中心に人気が出て、しばらくすると、十代はおろかヤング・アダルト層からも絶大な人気を得た。
が、多くの性的ジョーク、裸のお尻(編集されたり、ときには検閲を受けたにもかかわらず)のために、主に子供向け番組を放送していたFox Kids / Jetixは、親たちからの苦情を受けはじめることになる。

『クレヨンしんちゃん』がほとんど完全に(当初の)ターゲットと異なる層にアピールしたことと、親たちからの多数の苦情を考え合わせ、放送局は番組放送枠を週1、2度へ、そうしてついには週に一度、エピソードを1つだけ(10分)にまで減らし、そうして完全に廃止した。
『クレヨンしんちゃん』の人気はそれでも残っている。だが、大人や十代向けの放送局には、シリーズの放映に対していまだ及び腰だ。というのは、オランダ文化では、その中に性的な内容があろうとなかろうと、マンガというのは「子供だけ」という評価があるためである。


マレーシアでは『クレヨンしんちゃん』のマンガは『Dik Cerdas』というタイトルである。大雑把に訳せば、「素晴らしい子供」。アニメ版のマレー語のしんちゃんの声には15歳の声が当てられている。韓国同様、しんちゃんの股間を描いた絵はすべて検閲で削除。だが、北京語版の検閲はさほど厳しくはない。稀ではあるが、中国語を話す割合が高い地域でのみ見られるケースである。


フィリピンのアニメ版『クレヨンしんちゃん』は検閲なしで吹き替えられ、放映された。しんちゃんの声は、挑発的な歌詞で悪名が高いラッパーのAndrew E。みさえの名前はカルメンに、ひろしの名前はバートに、シロはプティ(白の意味)に変更された。


ラテン・アメリカでは当初、Fox Kids / Jetixが2003年に放映したが、その後、2005年の半ばに当時の新しい放送局、Animaxへ移動になった。Animaxでは、英語版に吹き替えをしたものが、平日に1日3〜4回放映されている。

ポーランドでは、ポーランド語吹き替えでFox Kids / Jetixが夜11時から放送した。ポーランド語版は米国版を元にしているが検閲はされていない。●



米国アマゾンのカスタマーレビューです↓。


評価:★★★★ 爆笑、大好き。(デンバー、コロラド)
僕はしんちゃんのアニメが大好きだ。マンガもアニメと違いはないよ(みさえの描き方がわずかにちがうのを置けば)。僕がしんちゃんのマンガを読んだのはこれが初めてだ。しばらく前にComicsone(訳注:米国の出版社)から出たものを流し読みはしたが(この本より先にしんちゃんを翻訳していたが、しんちゃんがしんちゃんらしくない)、あまり好きではななかった。オリジナルの内容が検閲されている箇所があったから。僕は、オリジナルが改竄されるのが好きじゃないんだ。けれど、この本、CMX版(DC Comicのマンガ部門)では、検閲は全くない。そうして、キャラクターの印象もまったく変わっていない。このあたりは心配無用。内容に不適切な表現があるというシールが表紙に貼られているのを見たときは少し危惧したけれど、内容は完全に、思っていた通り、アニメで見たもののままだった。しんちゃんのパンツがずり下がる数場面までそのまま、爆笑したよ。

僕がこの本に5つ星ではなく4つ星を与えたのには、二、三、わけがある。
1、たった119頁だということ。これはしんちゃんだから許せることだ。
2、表紙にキャラクターが描かれている、アマゾンの画像の版は手に入らないこと。手に入るのは、表紙にデカい赤のParental Advisory(親への勧告 - 露骨な内容)のシールが貼られた、英語が書かれた表紙のやつ。

全体として見れば、しんちゃんのアニメのファンなら、考える必要はないよ。買おう。●


評価:★★★★★ すぐ買おう。
このマンガは凄いよ。一冊の中にいろんな場面が入ってる。ここが僕が好きなところ。数頁はカラーだし、これはマンガでは珍しいよね!キャラクターはファンタスティック(特にしんちゃんとみさえ)。この本には、あらゆるマンガの中でも最高のユーモアが入ってる。唯一の不満は、本が薄いこと。読み終わりたくなかったよ!アニメを見たことがあるなら、それと同じぐらい好きになれると思うよ。●


評価:★★★★★ しんちゃん。
このアニメには本当にはまった。それで今度は、マンガを手に取ってみたんだけど、これも本当にいい。1つだけ、マンガはアニメより次期設定が前で、妹も犬もいない。つまり、哀しいことに、半ケツフラダンスの見せ場はないってこと。それでも、やっぱり良い読み物だけどね。
第1巻はほとんどしんちゃんとみさえの話だ。二人とも描かれ方が今と違ってるよ!みさえの描き方は、しんちゃんほど良くはないかな。


評価:★★★★★ しんちゃん。
しんちゃんのアニメが大好き。マンガは素晴らしいよ。何度も何度も読んだよ。ユーモアがあまりにグレートで機知に富んでるんだ。読めば読むほど良い。最初に読むには最高の一冊。強く薦めるよ。しんちゃんとみさえのやりとりで生まれる化学反応が大好きなんだ。彼ら2人ならではのユーモアだよ。5点満点。



残念な気持ちでいっぱいです。ご冥福をお祈りいたします。
posted by gyanko at 21:57 | Comment(39) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。