2009年11月13日

海外の反応 - ROBO-ONE大会のリアル・トランスフォーマー

本日の動画は、2002年から半年ごとに開催されているROBO-ONEでお目見えした「リアル・トランスフォーマー」です。

ROBO-ONEは、二足歩行ロボットによる格闘を中心とする競技会。予選は、2分間のデモンストレーションで規定演技(第16回は「どんな道でも歩く」、「二足歩行ロボットがまだやったことがないこと」)を含めたロボットの自由アピール、決勝トーナメントは3分1ラウンド3ノックダウン制ロボット同士の格闘試合です(Wikipedia)。
この動画は予選のデモンストレーションからのものと思われます。

再生回数、653万回。コメント数3290件。この動画の人気が最も高い地域はこちら↓。

roboonechart.png


Real Transformer



■次はなんだ?ガンダムか?ゴジラか?キングコングか?パワー・レンジャーとかってやつか?

■ほとんど映画だな。

■日本人を怒らせるなよ。そんなことしたら、やつら、ガンダム作って世界を乗っ取るぞ。(+1)

■これを30フィートの身長にして、Peter Cullen(訳注:『トランスフォーマー』の声優)の声だったら…(+1)

■日本には気をつけろ。あいつら、グレンダイザー作る気だ!(+1)

■あまりにも細部が本物っぽいから、お前らバカは騙されるんだな。

■偽物。(-9)

■これのどこが偽物なんだよ?動きが信じられないほど凄すぎるから本物じゃないって?(+2)

■見た目以上だな!(+2)

■「高度に進化したロボット技術だ。日本製にちがいない」- サム・ウィトウィッキー、映画『トランスフォーマー』より。(+5)

■↑確かに(笑。

■すげえ。(+3)

■歩くと、なんかゾンビっぽいな。(+5)

■あのクレイジーな日本人がまたやらかしたのか。(+1)

■日本の科学って、マンガに影響されてる感じ。(+6)

■↑アートとは人生を模倣したもの。人生とはアートを模倣したもの(訳注:こちらだけオスカー・ワイルドの言葉)。なんて言葉もある。(+2)

■このロボットが巨大化するのも時間の問題だろうな。そうなれば、アニメのロボットとはお別れだ。(+1)

■日本人は、クールなもんはなんでももってる。(+8)

■↑あいつら、等身大のガンダムももってんだよ。次はゴジラやるんじゃないか。

■どうしたらオレたちもこういうタイプのロボットを作れるの?作ってみたいんだけど。(-1)

■↑日本人に聞けば。

■↑利口になれば作れる。

■このロボットは病気かなにか?なんであんな歩き方するんだよ?(-2)

■↑人間の歩行ってのは、考えてるよりずっと複雑なんだよ。だから、僕は大進化ってのを信じてない。

■もちろん、日本人。(+3)

■…誰か教えてくれ。どうしてジャップはこんな利用価値のない玩具を作りつづける?なんでだ?なんの目的で?ちょっとは使えるものを作れって。(-5)

■↑まず、日本人は使えるものを実際作ってる。次に、芽生えたばかりの技術分野では、この手のものを作るのは珍しくない。特定の能力を試したり、技術を掴んだりするためにね。たとえば、光ピンセットは粒子ダンスのためだ。

■↑あるエンジニアたちのグループが、自分たちに「トランフォーマー・ロボットを作る」ていう課題を課す。それから、彼らは他のチームと、どこが最も進化したものを作るかっていう競争をする。勝者は金を得て、テクノロジーは進化してくのさ。

■(笑)……これほしいわ。夫ができないことを全部してほしい……(-2)

■こりゃ、オレたちはそろそろ死ぬな!(-2)

■凄い。Youtubeで見た最も偉大なもの。(+1)

■すげえクールだ。たぶん、『オプティマスプライム』のミニチュア版を手にできるのもすぐだな。(+1)

■日本人(笑。(+1)

■すげえな。本当にテクノロジーってのは進化してるんだな。そのうち、そのへんをロボットが歩き回ることになるのか。(+2)

■未来の戦争だ。軍隊は、これに銃や装甲を取り付けたやつをもっと速く動かすことを考えてんじゃないの。(-1)

■↑数人のアジア人がやってる科学プロジェクトだよ。軍には今のところまったく関係がない。

■↑言ってみただけだって。こんなクレイジーなロボットを使った違法なプロジェクトは絶対あると思うけど。

■玩具の未来だな。(+5)

■かわいい。(+2)

■これに筐体を作れば、もう本物の車に見えるよ。そのあと、デカいのを作ればいい。(+1)

■黒人は猿から出てきた。白人は火星からきた。日本人はどっから来たんだ?(-4)

■↑『超時空要塞マクロス』から来たのは明らか。ゼントラーディ人だな。彼らはそれぞれ違ってて、男はゼルトラン、女はメルトランだ。

■↑セイバートロン星(訳注:トランスフォーマーシリーズに登場する架空の惑星)だろ。

■↑日本人はアニメから生まれた。(+2)

■↑どういうこっちゃ。

■素晴らしい。小さい頃にこれを見てたら、絶対に欲しいと思ったろうな。日本人はロボット、大好きだね。本当に大好きで、夢を本当にしたんだ。

■始まったな…(+5)

■また日本人だ。…彼らには毎日、驚かされる。(+7)

■『メダロット』の始まり?(+3)

■これは、本物のトランスフォーマーへの偉大な一歩。次は車がくると思う。

■これから数十年内に、こいつらフルスケールになって街を破壊するだろうよ!アジア人はスーパーロボットを作る。一方でアメリカ人は石油を掘ってる。目を覚ませ、アメリカ人!気を使う方向が間違ってる!

■↑石油、掘ってもいいだろ。必要な人たちがいるんだし。

■あとは10フィートにするだけだな。(+10)

■アメリカ人は「鉄人の軍隊」を作り、日本人は「トランスフォーマー軍」を作る、と。日本をアメリカの敵に回さないようにしような!(+1)

■オプティマス・プライム?それとも、偽物?(+10)

■これで、日本人が軍の武器庫にガンダム大のロボットをもってるってことがわかったぜ。Woo hoo!

■10年後はどうなるんだ?怖いよ。

■プラスティックの玩具じゃなくて、これを次のトランスフォーマーとしてリリースしたら、めちゃめちゃ売れるよ。 (+9)

■日本人って頭いいよなあ。(+4)

■これ、作るの信じられないぐらい難しいはず。こういうのって安定しないんだよ。でも、彼らはちゃんとバランスを取ってやってる。これを作ったチームに讃辞を贈りたい。10点満点。

■いろいろ凄いものは見てきたけど、これ、ダルい。 (-2)

■↑キミの14年の人生ではそうかもな。これがどれほど難しいものかあきらかに全くわかってない。

■↑難しそうには見えるけど、楽しくないもん。 (-5)

■↑楽しむ必要はない。こういう作品に求められてるのは、リスペクトだよ。 (+2)

■50年後、こういうロボットがオレたちの生活を支配してるんだろう。哀しいことだ。 (+4)

■↑見たことあるみたいな言い方だな。…お前、SF映画の見過ぎ。

■2006年製か。クソ。ってことは、もう今頃はこれに50本のミニガンを取り付けたデカいやつが出来上がってる計算だ。…ヤバい。掩蔽壕へ逃げろ!(+7)

■40フィートにしてレーザーをつけてくれ。…日本、すげえ。(+5)

■↑それとシンセ音もほしいところだ。そうすると良い感じになる。(+3)

■わかるか。これが、なぜ日本がクールなものをぜんぶもってるかっていう理由だ。なにか凄いものがあって、できそうだとなると、彼らはそこへまっしぐらだ。出来上がるまでクレイジーに働く。(+2)

■100年内に、日本人がこれにロケットやチェーンガンをつけた馬鹿デカいやつを中国に落としても驚かんなあ。そうすれば、第二次世界大戦で失敗した彼らの目的もついに達成だ。『トランスフォーマ−3』はそういう内容になりそうだな(笑。(+2)

■Only in Japan。本当にクール。オランダはいつになったらこれが出来るようになる?いっつも日本ばかりだ…。

■日本人はなんだって考えつく。(+2)

■↑ちがう。日本はまだ人工知能の分野ではアメリカに遅れをとってる。アメリカ人がリードしてるんだ。(-5)

■↑悪く思わないでくれ。僕は愛国主義者だが、テクノロジーでは一般に日本人のほうが先を行ってるよ。低燃費車、より良い人工知能、より良いテレビ。(+4)

■彼らが玩具を作りだしたら、えらいカッコいいだろうな。(+3)

■アメリカ人がクレイジーなアイディアを思いつき、日本人がそれを現実にする。(+8)

■いつだって日本人。(+2)

■日本人はなにも発明しない。できないから。いつも他のテクノロジーをコピーしてる。(-7)

■↑なにを言ってるかわかってるか?テクノロジーと機械では、日本は他国より先んじてる。彼らはテクノロジーのコピーなどしてない。実際、米国やその他の国がグローバリゼーションを通じて日本のテクノロジーをコピーしてる。日本は大変に発展してる国だ。悪く言うのはやめろ。子供は学校へ戻れってこった。(+3)

■日本のロボットとともに、世界に終末が近づいてるんだな。(+4)



絶賛される一方で、軍事目的に使われることを揶揄したり、ロボットに生活を支配されるのではと恐れる声もありました。このへんは、日本人にはピンとこない感覚です。ええー…っていう。

やっかみ半分の誹りもときおり入っていましたが、マイナス評価が重なっているものがほとんどだったので、割愛いたしました。まあ、毎度のことでもあるので。


それにしても、こういう市井のロボット好きな人たちのレベルを見るだけでも、日本人のロボットへの愛と技術の高さを思いますなあ…。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

<FF XIII>北米発売3月9日。大騒ぎです。

   
posted by gyanko at 19:00 | Comment(103) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。