2009年11月21日

北米10月ゲーム売上チャート:日本ゲーム8本、『Demon's Souls』が15万本。

NPD(北米の市場調査会社)の10月の北米ゲーム売上チャートが発表されました。
ブルータル・レジェンド』『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』、『鉄拳6』と注目作がリリースされた10月ですが、なかでも気になるのは、やはり『Demon's Souls』の売上です。

以前のエントリで、北米でハイスコア・レビューを連発したこと、予想外のスマッシュヒットとなり、供給数が足りずに大変な品薄になったことをお伝えしましたが、蓋を開けてみれば、『Demon's Souls』、大健闘です。『ブルータル・レジェンド』より売れてしまいました。

NPDの発表では売上数を明記されているのはトップ10のみ。『Demon's Souls』は惜しくも11位でしたが、Gamasutraはこれに、すでに明らかになっている『ブルータル・レジェンド』等の売上を追加して記事にしています。

1. 『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』(PS3)ソニー/537,000
2. 『Wiiフィット プラス』(Wii)任天堂/441,000
3. 『Borderlands』(Xbox360)Take 2/418,000
4. 『Wiiスポーツ リゾート』(Wii)任天堂/314,000
5. 『NBA 2010』(Xbox360)Take2/311,000
6. 『ヘイロー3: ODST』(Xbox360)マイクロソフト/271,000
7. 『NBA 2010』(PS3)Take2/213,000
8. 『フォルツァ モータースポーツ3』(Xbox360)マイクロソフト/175,000

アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団 Wiiフィット プラス(ソフト単品) Wiiスポーツ リゾート(「Wiiモーションプラス(シロ)」1個同梱) Halo 3(ヘイロー3): ODST(通常版) Forza Motorsport 3(フォルツァ モータースポーツ 3)(通常版)(特典無し)

9. 『キングダム ハーツ 358/2 Days』(DS)スクエニ/169,000
10. 『FIFA 10 ワールドクラス サッカー』(Xbox360)マイクロソフト/156,000
11. 『Demon's Souls』(PS3)アトラス/---
12. 『ブルータル・レジェンド』(PS3)EA/150,000
13. 『FIFA 10 ワールドクラス サッカー』(PS3)EA/---
14. 『マリオ&ルイージRPG3!!!』(DS)任天堂/---

キングダム ハーツ 358/2 Days(スリー ファイブ エイト デイズ オーバー ツー) FIFA 10 ワールドクラス サッカー Demon's Souls(デモンズソウル) FIFA 10 ワールドクラス サッカー マリオ&ルイージRPG3!!!

15. 『WWE Smackdown vs. Raw 2010』(Xbox360)THQ/---
16. 『鉄拳6』(PS3)ナムコ・バンダイ/---
17. 『Borderlands』(PS3)Take2/113,000
18. 『マッデンNFL10』(Xbox360)EA/---
19. 『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』(DS)任天堂/---
20. 『マリオカートWii』(Wii)任天堂/---

鉄拳6(通常版)(特典無し) ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊 マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)

10位の『FIFA 10 ワールドクラス サッカー』が156,000本、『ブルータル・レジェンド』が150,000本。となると、『Demon's Soul』は15万超えは確かなところ。

チャート全体としては、トップ20に日本産ゲームが8本とまだまだ強いなあという印象。それから、マルチの『Borderlands』や『FIFA 10 ワールドクラス サッカー』がいずれもXbox360版が売上が上なのに対して、『鉄拳6』がPS3版しかランクインしてないのが面白いところです。


それでは、さっそくGamasutraの記事から。

NPDによる10月のトップ20チャート。『Demon's Souls』が印象的な成果を上げる。

11月12日に発表された最新のゲーム機売上のデータに続いて、NPDグループが2009年10月の北米ゲームソフト売上トップ20を発表した。

PS3の『Demon's Soul』はトップ10をぴったりと追って11位、15万本以上の売上。フロムソフトが制作し、日本ではソニーが販売したこのゲームは、その手強さで名を馳せたRPGであり、米国ではアトラスが販売している。

PS3のタイトルは他に3本、13位の『FIFA 10 ワールドクラス サッカー』、16位の『鉄拳6』、それに17位のTake 2の『Borderlands』だ。『FIFA 10 ワールドクラス サッカー』と『Borderlands』のXbox360版は、それぞれ2位と10位。いずれもPS3版を上回った。

トップ10圏内でのXbox360の強さは圏外でも同様で、他に『ブルータル・レジェンド』、EAの『マッデンNFL10』が12位と18位。THQの『WWE Smackdown vs. Raw 2010』が15位。

トップ20を締めくくるのは、任天堂の3本。『マリオ&ルイージRPG3!!!』、『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』。どちらもDS。そして、Wiiの『マリオカートWii』である。

2009年10月のトップ20は9社がタイトルを送り込んできた。任天堂は据え置き、携帯で5本と、群を抜いた成果を出した。Take 2とEAは4本ずつ。マイクロソフトは2本。他は、アトラス、ナムコ・バンダイ、ソニー、スクエニ、THQがそれぞれ1本ずつ。

Activision Blizzardがトップ20に入っていないのが特筆点だが、11月のチャートは『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』で彼らに期待したいところだ。●


コメントはこの記事についたものと、GAMESPOTの記事からコメントをお送りいたします。


Gamasutra記事のコメント

■米国SCEは、(『Demon's Souls』の)販売を自分たちでやらなかったことを後悔してるんじゃないかなあ。

■アトラスがトップ20に入るなんて!Wow! がんばれ!アトラス!

■『ブルータル・レジェンド』の15万本、12位はがっかりと思わざるえないよね。EAがあんなに宣伝うったのに。プレスの高評価だってやまほどあったのに。トップ5は行けるって思ってたよ。

■『Demon's Souls』に関して言えば、すごいゲームってこと。成功するのは当然。

■ナムコは間違いなく自爆したね。『鉄拳6』がPS3独占だったら、もっと上手く行ったはず。だって、Xbox360のゲーマーはこのゲーム、興味ないんだから。『ファイナルファンタジーXIII』にも同じことが言える。

■『Demon's Souls』がトップ20なんてすっごいうれしいよ。とてもハードコアなゲームだけど、たぶん今シーズン最高作だね。『ブルータル・レジェンド』もスゴイと思う。先に出たデモも最高だった。ゲームのスピリットがちゃんと入ってた。
『鉄拳6』に関しては、もう『ストリート ファイター IV』とか『BlazBlue』みたいなゲームがこのジャンルを刷新してるんだ、『鉄拳6』は新鮮さがない。過去にやってないことを出してこなきゃ。オンライン・モードが他のゲームほどスムーズじゃないって不満も売上に影響してるのは確実。

GAMESPOT記事のコメント

■『Borderlands』、売れたなあ。(+7)

■『Demon's Souls』、おおおおお!(+10)

■『アンチャーテッド2』は傑作。この売上だけの価値はあるよ。(+13)

■『鉄拳6』は健闘したと思うね。ジャケットのおかげもあるんじゃない(笑。(+1)

■『アンチャーテッド2』、よくやった。単純にこのゲームはスゴいよ。今年のGame of the Yearは楽勝じゃないの。(+12)

■最大の讃辞は『Demon's Souls』だね…。アトラスは米国市場になんとか切り込もうと努力し続けてきた小さなエンジンみたいなものだった。過去5年間、ずっと逆風の中にいたオレたちのJRPGの不遇っぷりを正そうとがんばってきた。こんなふうに考えてみてくれ。もしこういうスタイルのアクション戦闘ゲームをアトラスがうまく成功させることができるなら、50時間のストーリーのRPGだって来るんだぞ。『ペルソナ5』もよろしくね、アトラス!(+3)

■『Demon's Souls』のおかげで『アンチャーテッド2』をまだやってないという!
『Demon's Souls』はアトラスが販売で、実際の制作責任はフロムソフト。でも、アトラスにやらせてやってくれ。アトラスは公式のフォーラムでゲーマーたちに、どんなゲームをローカライズしてほしいか聞くような会社なんだ。販売会社として、すっごいクールなんだよ…。(+9)

■みんな『マリオカートWii』をまだ買ってんのかよ。くだらねえな。でも、子供たちが大勢、ママに買ってってねだるんだろうな。で、買ったら、ものの一時間で飽きるっていう事実に泣くわけだ。(+1)

■『アンチャーテッド2』はそこら中で売られまくってたからなあ。久しぶりに本当に顎が外れそうなほど驚いた。『Demon's Souls』があんなに高い順位につけたのは良いねえ。確実に賞賛に値するゲームだもの。万人向けではないけどね。(+9)

■『鉄拳6』のPS3版がXbox360版より売れるとは。クール。(+18)

■『アンチャーテッド2』はGame of the Yearだろ。すべてを備えてるのはこのゲームだけだ。(+21)

■『鉄拳』はもうしばらくこっちでは出ないだろうな。この売上の酷さを見てると。格闘ゲームは、PSやドリームキャスト時代ほどもう人気ないんだな。少なくとも、日本以外では。(+1)

■↑アメリカ人は『鉄拳』のプレイのしかたがわからないんだよ。格闘ゲームもね。……シューティングが米国を占拠してるからさ。(+1)

■『鉄拳6』、ダメだったみたいだね。…だから、PS3独占にしろというのに!(+10)

■……ナムコ、ソニーについていけ…

■ナムコはXbox360ユーザーがたくさん買ってくれると見込んでたんだろ。で、それが間違いだったと知った。Xbox360のDパッドも多少は貢献したろうけど…(+14)

■PS3は新モデルが出てから他の2機種よりはるかに良い売上を上げてる。『アンチャーテッド2』はソニーの素晴らしいゲーム時代の幕開けに過ぎない。オレはPC派で、アホなファンボーイとはちがう。PS3が値下げ以来、どんどん上向きになってるのは明白。オレですら買おうかと思ってるぐらいだ。独占ゲームやりたいからね。(+11)

■『Demon's Souls』はずいぶん高いとこまで行ったねえ、うれしいよ。(+2)

■来月は競争にすらならんだろうなあ。……『モダンウォーフェア2』。(+3)

■新鮮なチャートだなあ。品質ゲームがトップっていうのはいい。『Wii フィット』だの『Wii リゾート』だのじゃなくて(醜い、ゲームのふりをして人を騙すような、流行モノのゲームなのに、まだチャートにいる)。

僕はゲーマーとして(みんなもそう思ってること願ってる)売上が品質と共にあることを願ってる。僕は『モダンウォーフェア2』が記録的な売上を叩き出したことに驚きもしなかった。だって、あのゲームはピーチ姫がどうしたこうしたなんて代物じゃないからな。

『Demon's Souls』がランクインしたのはうれしい!他のビッグタイトルの中で埋もれちゃうかもしれないって思ってたから。(+6)

■もうすぐ『アンチャーテッド2』をクリアするところ。スゴいゲームだよ。次は『Demon's Souls』と『Dragon Age』をプレイするつもり。本当に『Demon's Souls』には良いコメントが多いよね。早くやりたい。(+4)



『鉄拳6』の不振がかなり話題になっていました。PS3独占にすべきだった、マルチにするよりゲームをもっと練り込むべき、格闘ゲームは下火……などなどさまざま意見が飛び交っておりました。


マリオをくさすコメントもありましたが……。
経験を積めば、面白いと感じるゲームは変わっていくものだと思います。最初は簡単で誰でもできるものから、徐々に自分の趣味や嗜好、操作スキルのレベルに応じて、プレイするゲームも様変わりしていく。ストーリーもしかり。年齢や経験に応じて、好みは変わっていきます。

市場というのは、どんなフェイズにいるユーザーにも楽しめるものを提供できるだけの規模と多彩さをもつのが理想だろうと思います。
でも、コアなゲーマーは、自分がかつて遊んだマリオは忘れてしまうんでしょうなあ…。


そして、また『Wiiフィット』や『Wiiスポーツ』。これもまた日本でも西欧でも、何かと言うと誹られますが、個人的にはものすごく画期的な市場開拓だったのになあ…と。砂漠を畑にしたぐらいの開拓。そこはもしかしたら正確にはゲーム市場ではなくなっているのかもしれませんが、……どんなふうに成長してくのか見ていたいなあとは思います。


<訂正>
『ヘイロー3』→『ヘイロー3: ODST』。毎度、ご指摘ありがとうございます。


↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

   
posted by gyanko at 19:00 | Comment(47) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。