2009年11月24日

海外の反応 - 衝突事故防止のために開発された自動車 -

本日の動画は、事故防止のために作られた(オチが)素晴らしい車なのですが、ソースがわかりません。番組名、また当該車の背景(番組のために作ったのか、あるいは実在するのか)をご存知のかたがいらっしゃったらお教えください。

<追記>『投稿!特ホウ王国』からの動画だそうです。コメントでお教えいただきました。ありがとうございました。

New Japan Funny Car


再生回数、32万回。コメント数、215件。この動画の人気が最も高い地域:はこちら↓。
splitcarchart.png


■面白え!ドライバーは2人いるんだよな、もちろん!

■これ、1960年代に、Allan Funtがホストのアメリカの『Candid Camera』っていう番組でまったく同じやつ、やったよ。

■こういう車を開発できるやつがいるとしたら、それは日本人だろうな。(+1)

■これはだね、運転中にとなりで妻がしゃべるのをやめない場合に、大変に役立つ。言葉は要らない。プシュッ、バイバ〜イってわけだ。(+5)

■日本のテレビ番組がこっち(イギリス)でも見れたらいいのに。だってはるかに面白いもんね。こっちの番組はクソ。(+1)

■↑面白いこと言う。アメリカじゃみんな、アメリカの番組はクズ、イギリスの番組のほうが良いってんで、イギリス番組を見たがる。でも、イギリス人は日本の番組のほうがいいって言う。で、日本人は、日本の番組より良いって言って、アメリカの番組を見たがる、と。

カナダ人はなにが見たいんだろうな。たぶん、なんでもいんだろうな。だって、カナダにはテレビ局は3つぐらいしかないし。(+4)

■↑オレ、ノルウェーに住んでるけど、こっちの番組もクソだよ。信じられないほど薄っぺらいリアリティ・ショウばっかりよ。ほとんどの国はこの風潮に毒されてると思う。日本もしかり。

■オレはいつも、日本人がロボットだとかそんなもんに金を浪費するのを非難してきた。…でも、これはすげえ。…友達と車に乗ってて、赤信号で止まるとする。信号が緑に変わる。オレは右へ、友達はすわったまま直進。…これはドリームだよ…。

■こりゃ、シートベルトを忘れたら、危ないことになるな。(+3)

■爆笑!!!(+1)

■なんつー、使えなさ。(+1)

■日本人は素晴らしいね。面白い。(+4)

■アハハハ、面白え、…日本人ってイイ。(+3)

■この車、欲しいよ…。(+2)

■笑った。真っ二つに割れる車は、『マルコム』っていうB級オーストラリア映画に出てくるよ。(+1)

■日本の番組が見てえ!今!(+6)

■↑『風雲たけし城』でも見ろ。

■日本人ってのは恐ろしくクレイジーな人たちだ。この世界の妙なものの87%は日本産だ。これ、常識だから!!!

■偽物。(-7)

■これ、偽物じゃないよ。車の形のバイク、2台なの。クールなアイディアだよな、すげえクール!!(+11)

■ジャップってやつぁ!最高だな!(+14)

■みんなの前で走って、真っ二つってやれたら、最高だろうな。(+9)

■あのとき、ビルにこれができてたらなあ、飛行機がぶつかることもなかったろうに…(+9)

■↑どんだけだよ…(+7)

■チキショー。日本はオレたちのはるか先だ。オレは引っ越しを考えるべきかもわからん。(+4)

■日本人は、手間ひまかけて、こういうくだらねえもん、つくるんだよなあ(笑。(+3)

■↑そうだな。僕たちはこの手の新しいテクノロジーを見る側で、日本は、できない僕たちを笑ってるだけなんだよ。(+4)

■……一言。なぜに?

■↑なぜに? 日本人にはそれができるから。(+7)

■こういうテレビ番組で、日本人ってしょっちゅう悲鳴あげてるよな…(+9)

■クールだ。…こう考えてみてくれ。車を真っ二つにして、34秒の動画で笑えるものを彼らは作なきゃならなかった。……すげえな、日本人ってのはよく働くってことだ。自殺するやつが多いのもうなずけるだろ(笑。(+2)

■日本のテレビ番組って怖いわ…(+7)

■日本人ってのは面白いもんを考えつく。(+3)

■これが何の役にたつってのよ?

■↑道のど真ん中でアジア人のレポーターを轢きそうになったときに役に立つんだよ!(+6)

■↑子供を死ぬほど怖がらせたいときとか。(+1)

■↑割れて2台になった分、事故が増えるじゃねえか。(+2)

■↑アメリカじゃ役に立たないね、実際。子供がデブすぎて、轢き殺すこともできねえ。(+8)

■↑メキシコもだよ。デブ、世界第2位だ。(+2)

■日本人は、手先でこちゃこちゃやることに時間をかけすぎる。でも、最高に面白いもんを作る。そのままがんばってくれ。(+5)

■クールだが、ファイブ・シーターじゃないのが残念。(+11)

■時間の無駄。(-6)

■飲酒運転しても、もう歩行者には危害はないな!(+3)

■歩行者の死亡率は下がるだろうがね、……心臓マヒが増える。(+6)

■天才ですな。さしずめ、離婚車か。同じ車で別々のところへ行けるってわけだ。(+14)



途中、「どうして日本人の番組には悲鳴挙げたり、大声を出すゲイのアナウンサーがいつもいつも出てくるんだ?」というコメントが発端で、
「どうしてYoutubeには、くだらねえコメントをするゲイのアメリカ人がいつもいつも出てくるんだ?」と応酬されて、アメリカ対ルーマニアというめったにない組み合わせの大喧嘩になっていました。参考までに、ほんの一部をご紹介。

■おいおい、ルーマニア人、そう悔しがるなや。…なんつー負け犬。まあ、オレは良い暮らしをしてるが、キミはさぞや苦しい状況なんだろう。(-6)

■(ルーマニア)↑悔しがる? 悔しがってなどいない。実際、面白いね。去年、僕はラグビー連盟に加盟した。ランクはパワーリフターだ。大学生だが、良いバイトもしてる。経済的にも肉体的にも苦しい状況にはいない。ラグビーの試合で米国に行ったことがあるが、こっちより酷い暮らしの人たちが大勢いたよ。何が言いたいかわかるか?(+5)

■(アメリカ)↑英語のスペルぐらいちゃんと覚えろよ。ルーマニア。(-6)

■(ルーマニア)↑おおおおお、申し訳ないね。第2言語で小さなミスをしてしまったよ。嫌らしい指摘をありがとう。これだから、アメリカ人はみんなに愛されるんだよな。(+3)

■(アメリカ)F**k you! 第三世界へ帰れ。文明化されてないネズミめ。(-6)

■(ルーマニア)プロレス以外に能がなく、神を冒涜する言葉を僕に向かって吐くキミのような人に、文明なんて話をされたくないね。そんなことしてる暇があったら、どうしてEUの経済全体を見ようとしない?アメリカなんかよりデカいし、もっと経済的に安定してる。(+3)

■(アメリカ)↑夢見てろ。無駄なあがき。お前は所詮、アメリカ嫌いのアホの一人にすぎない。他国を叩く以外にやれることがない。最初に叩いたのはお前だ。覚えてるか?お前のような人間はそうそう役には立たない。下品で憎悪に満ちたお前の態度に罰があたって、心臓麻痺で死んでくれるといい。そしたら、オレはお前の墓の上で大喜びで踊ってやるよ。(-6)

■(ルーマニア)↑日本人のアナウンサーがゲイだと言ったのは、アメリカ人だろ。キミほど汚い物言いを僕はまったくしていない。…あれ、キミのページのプロレスの動画、消したの?気を使ってくれてありがとう。(+2)

■↑(アメリカ)忌々しい共産主義者め。今更、民主化か。民主主義の概念がどこから来たのかわかってるのか、お前の偉大なる祖国、ルーマニアは。(-6)

■(ルーマニア)↑ギリシャ人のプラトーだね。民主主義を発明したのは。(+2)

■(アメリカ)↑宇宙に最初に行った人類は誰だ?電球を発明したのは?近代飛行機は?自動車は?電話は?パソコンは?お前が大喜びでコメントしてるYoutubeだってつくったのは誰だ?全部、アメリカ人だ。最近、ルーマニアは何をしたっけ?……ふーむ。すまんね、書くことがない。(-6)

■(ルーマニア)↑宇宙に最初に行ったのはロシア。自動車を発明したのはドイツ。最初に電気通信を発明したのはイタリア。Youtubeの創立者にはアメリカ人は一人だけ、他の二人は台湾人とドイツ人。

僕たちの国は、最初のジェットエンジン飛行機を発明してるし、パラシュート搭載の最初のチューブ型飛行機も僕たち。あ、万年筆もね。書くことがないのは、キミがバカだからだよ。(+5)



ルーマニアの人には同情は感じます。嫌いだけれど、先進国であるアメリカ。上からモノを言われれば、反論しつつもどこかでそれを認めねばならない悲哀。だからこそ、引っ込みがつかない。

……そうして、アメリカ人のほうは、めったに見ないぐらいのアホです。このアホと同レベルになって闘わねばならんほどに、ルーマニアのかたが意地にならざるをえなかったのだろうと思います。このあたりは、微妙に哀しい…。


とはいえ、です。どっちもしつこい…。
そんなわけで、「チョン」と「ネトウヨ」がNGワードとなりました。よろしくお願いいたします。ジョンとかキョンとか、「お父さん? 今? 起きとらん。寝とうよ♪」by博多ッ子とか、他にいろいろ言葉はあるのでそっちをお使いください。サムッ。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

   
タグ:YouTube 日本車
posted by gyanko at 21:05 | Comment(96) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。