2009年12月18日

海外の反応 - 日本式「オナラから逃げる方法」-

日曜出勤。Mac突然の故障。天井から水漏れ→照明死亡。玄関開けたら1秒で刑事→近所で事件があった模様。と、なにかもう、わたくしのふだんの地味な暮らしを揺るがすイベント多発の12月。

とは言いつつも、ずっと考えていたゲーム用Windowsパソコン購入の覚悟が一瞬でついたので、結果オーライでございます。しかも、税送料込み49000円なのに、全然はやいー…。びっくりですわー…。

……と、まあ、どうでもいい無駄口を叩いたところで、本日の記事です。人生、ついてないときほど笑いは必要ということで。


How to escape a fart. Another Japanese show


再生回数、 128,634回。コメント数、95件。この動画の人気が最も高い地域はこちら↓。
fartchart.png


■爆笑。(+13)

■すげえ、おかしすぎるよ。(+5)

■こいつは、素晴らしい!(+9)

■日本 −変な国。(-6)

■これ、見るたびに死ぬほど笑う。日本人、大好き!(+6)

■笑えるものっていえば、日本が一番だ。いつだってくだらなさすぎて、おかしい!!!! ハハハ。(+5)

■これ、試す価値はある。でも、成功させるには、広いスペースが必要だな。混んだエレベーターとかじゃ、あきらかに使えん。その場合は、エレベーターで一番、不潔そうなやつを責めて、罪をなすりつけるしかない。(+7)

■日本人っておっかしいよなあ。(+8)

■↑確かに(笑!(+3)

■気持ちが落ち込んだらいつも、この動画を見ることにしてる…。すぐに立ち直るからね!(+4)

■秀逸。面白い。ハハハハハ。(+5)

■アハハハ。親父がオレにこの動画の存在を教えてくれたんだけど、実際こうやって見るまで信じてなかったんだよね!(+5)

■オナラはオレの人生。(+4)

■ハハ。解説者の「なるほど、なるほど」っていう言い方が好き。(+1)

■なんじゃ、こりゃ(笑。(+2)

■最初の部分は、変な感じ。でも、最後のとこの、科学的裏づけを見せて実演するところで、この動画は金賞受賞だわ。(+4)

■…アホだ。ハハハハ。

■最後で、横飛びしながら去ってくのが、最高に笑える。

■僕は、流体力学専攻中なんですが、彼らが言ってることは真実です。(+5)

■0:38のとこが最高だと思うんだ。

■マッチで火をつけるんだ!(+1)

■実は、この動画の中の1つを実際やってみたんだが。周囲の人に殴られた。たぶん、大騒ぎしすぎだったのと、匂いが強烈すぎたんだな…。(+1)

■くだらなすぎるわ………でも、笑った。(+3)

■深呼吸のとこが最高だろ。(+1)

■昨日、学校でこれを見ててさ、……やられた、笑ったよ。(+3)

■ハハハハハ。……僕、日本人の精神構造が好きになりそうだ。(+4)

■やつら、いったい何を食べてるんだよ?!?!?!?!

■で、これは。オナラが見える特別なレンズ・フィルターを使用してるの?それとも、ただのCGI?

■↑たぶん、黄色い粉を肛門に詰めて、それからオナラをしてる。そうすると、外側へ雲が吐き出されてくる、と。(-4)

■0:31が一番好き。屁踊りってとこだな。観客も笑ってたし。こいつら、ホントに面白いよ!

■↑あれは、志村けんが作ったヒゲダンスってやつで、人気あるんだよ。

■0:53のとこ。吸うだけか。吐き出さないのか。

■やってみた。確かに効いた。(+1)

■最高におかしいのは、ただのオナラで5万人の人(訳注:おそらくコメント当時の再生回数)を楽しませることができるってこと。(+3)

■この番組ぜんぶ見たいんだけど、どっかにないのかな。

■男性諸氏、この情報は心に留められたし。まだ女性は、この古代の、計り知れないほど貴重な秘儀…か何かだと思うが……をまだ知らないはずだ。(+1)

■クォリティ高いわ(笑。(+1)

■ハハハハハ。クール。

■Youtube史上最高に笑える1本。(+7)

■オーマイガ。なんってクリエイティブな人たちなんだろう!!(+6)

■オナラがぜんぶ毎回同じ音なんだけどさ(笑………どうやればあんなにオナラできるんだよ?。(-2)

■↑まず豆だ。それから、豆と、豆、あと豆もね。………あ、オレ、豆はもう言ったっけ?

■笑いすぎて、胸のあたりが痛い。

■あれって、本物のオナラに見せてる作り物だよな?CGとかそういうんだよな?

■いやもう!オナラですら、空気力学的に解説するってなに!!(笑

■0:40が最高だと思うが、こいつら頭、変だって(笑。

■素晴らしいアイディア!

■アハハハハハハ。オナラのサウンド・エフェクトがたまらん!アハハハハハ!!!!

■マーシャル・アーツやってる人ならわかると思うけど、0:40のとこ、それ、受身だから!(爆笑。オレ的には、クロールで逃げるのが一番効くと思うね。(+6)

■日本よ………キミはどうしてそこまで普通じゃないんだ。5つ星!(+8)

■解説によるとね、まっすぐ前に歩くと、効果がないんだって。空気の流れから言って。オナラを切り離す一番効果的方法は、お尻を叩きながら横向きに歩くことみたい。(+5)

■オナラを深呼吸で吸いきるとか、まさに英雄的行動じゃないか!(+8)

■↑ただの、アホだと思います。(-2)

■解決法がすごいわ(笑。(+2)

■お前ら、年、いくつだ?え?大丈夫か?(-5)

■↑いくつになったかって?オナラっていうのは、いくつになっても、おかしいもんなんだよ。(+12)

■これが、僕が日本を愛する、もう1つの理由!(+7)

■日本を愛する理由は、『リング』とこれ。

■オレも今日、ずっとオナラばっかりしてた。(+1)

■日本、マジ最高!(+10)

■3歳児並みだよ、日本って。バカげてる。(-9)

■知ってよかった!(笑(+1)

■深呼吸のとこ、全部吸い込んだな、これは効果的だろ(笑。めちゃめちゃ気持ち悪くなると思うが。(+1)

■空気力学が、マジで最高だった。笑いが止まらない。(+2)

■最後の方法が、一番効果的な逃避方法だな!!! 覚えておくよ。でも、あまりにやり方が派手すぎて、みんなにオナラをしたのは自分です!って宣言してるようなもんだと思うのは、オレだけ?(+4)

■これだから、日本人って大好き。



解説のかたが「…野茂」ってつぶやくところで、爆笑しました。
くだらないことを真面目にやるというのは、日本人が得意なものの1つかもしれませんな。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

<予告>ファイナルファンタジーXIII』。この記事がアップされる頃には、皆様の中にはもうプレイされてるかたもいらっしゃることでしょう。私も手元に届いていると思います。うほほ。そんなわけで、明日は『FF XIII』。


(しばらくは、面白い記事がある限り『FF XIII』を優先して取り上げることが多くなると思います…。興味のないかたには、まことに申し訳ないかぎりでございますが、しばしの間、ご容赦ください。)


   
posted by gyanko at 19:00 | Comment(50) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

海外の反応 -『おしん』、大好き!!! -

本日は『おしん』。1983年4月〜84年3月末まで放映された伝説の朝の連続ドラマです。原作・脚本、『渡る世間は鬼ばかり』の橋田壽賀子。

平均視聴率は52.6%、最高視聴率は62.9%。後にスリランカ、インドネシア、台湾、香港、アフガニスタン、シンガポール、エジプト、イランなど世界63ヶ国で放映され、主に中東やアジア圏を中心に大好評を博しました。
エジプトでは、放映時間に停電が発生、怒った民衆の暴動となり、電力会社やテレビ局が投石や放火を受けるという事件まで起きています(当時の政府が再放送を約束して収束)。

『おしん』は幼少時代の苦労譚がしばしば取り上げられますが、実のところは女性のサクセス・ストーリーでございまして、ヤオハンの創業者、和田カツをモデルにしたという説もあるようです(Wikipedia)。


埋め込み無効に設定されているため、こちらからどうぞ。
再生回数、 122,790回。コメント数、128件。この動画の人気が最も高い地域はこちら↓。なかなか面白い分布図となっております。
oshinchart.png

当時のお茶の間の涙を絞りとった幼少時代編はこちら↓。
Oshin - Episode 29 (Part 1) - Japanese Subtitles



コメントは動画を数本またいでお送りいたします。

■イランのテレビでいっつも放送してた。…テーマ曲を聴くだけで思い出が蘇ってくる。

■このドラマのDVDはどこで買えるのか教えてくれ。オンラインで注文できる?

■オーマイガ!!! ジャマイカで見てたよ、昔。子供の頃。DVDないの?誰も知らないのか?

■おー、泣くかと思った。4歳か5歳の頃、見てたの覚えてるよ。イランで。大好きなドラマの一つだったなあ…このドラマを見て、日本人になりたいって思ったもんだよ。

■↑オレとまったく同じ。

■ベトナムで大人気だったんだよ。「oshin」って言葉がメイドを意味する言葉になったぐらい。ベトナムでは、まだこの言葉を使ってるし、このドラマのことは今でも話題になる。放映当時、僕はたった2歳だったから、すごくこのドラマに興味があるんだよね。

■貧しい村で生まれた少女が、家族を助けるために奉公に出る。彼女は、性格が良くて、働き者で、自分自身を磨く意志をもってる。それが彼女の周りの人々の心を動かしてく。
雇い主が彼女を学校に行かせてくれて、やがて彼女は職をさまざまに変えながら、日本にアメリカ式のスーパーを導入するパイオニアの一人になっていくんだ。障害にもめげず、ビジネスを成長させ、ついには男性優位社会で成功したキャリアウーマンになるんだよ。

■このドラマを見て、午後中、泣いてた。ものすごく懐かしい。(+1)

■なんてこった。これはね、若かりし頃、大好きだったドラマ。…これを見て、日本に行きたいって思いつめるようになった。字幕付で全エピソードをどこかで見れないかな。(+1)

■↑同じく!このドラマで日本とアジア、そうしてアジアの女の子に恋をしたんだ。子供時代の夢物語。

■もっとアップしてほしい。…お願い。大好きなんだ。どこにもDVDがない。売ってないんだ…。

■このドラマ、大好きだ。アメリカに住んでるから、ここと近い場所なんて住んだこともないんだけど、すごく理解できる。すごく。

■エチオピアで見てたよ。信じられない。まだ、テーマ曲を覚えてたよ。(+4)

■イランじゃ、何年も放映されてたな。大好きだった。(+4)

■これ、バングラディッシュの超大ヒットドラマ。(+2)

■誰か、おしんが、子供に食べさせようと自分の腕から肉を切り落とそうとするエピソード、覚えてる人いない?スペイン語版もどっかにないか、誰か教えて。

■大好きだったなあ。見たのはずいぶん昔だけど。まだ小さい頃だから。ペルーで見たの。今は25歳。スペイン語版があるなら、ぜひ買いたい。(+1)

■人生で一番好きなドラマ。大好き。オレの国、インドネシアでは、みんなのお気に入りだよ。80年代が蘇ってくるわー…(+3)

■インドネシアで見た最初の日本のドラマ。…小学生だった。80年代だね、たぶん。(+1)

■最高のドラマ・シリーズの一つだね。すごく美しい音楽!(+1)

■↑うん。マジで。

■いい思い出だ…見てた頃は小さかった。ものすっごく泣いたなあ…うううう。いいよ。美しい。

■↑僕は泣かなかったけど、お婆ちゃんが、そらもう、たいっへんだったよ(笑。

■おしん。…なんて美しいんだ。(+1)

■オーマイガ。見てたのがもう20年も前だなんて信じられない。…家族といっしょに、夕食のテーブルの準備済ませて、それから見てた。ああああ。懐かしい。すごく。言葉は理解できなかったけど、字幕を読みながら、おしんと自分を重ね合わせてた。彼女が苦難に陥ると、泣いたりもしたよ。…懐かしい、本当に。

■子供の頃、全部見たよ。大好き。最高だよね。たくさん思い出がある。(+2)

■この音楽、覚えてる……あああ。(+6)

■英語字幕でこのドラマのエピソードを見れるなんて。Youtubeで全編見れたらいいんだけど。おしん、大好きだったよ。数年前、香港で再放送されたばっかり。英語字幕でもう一度見たい。このドラマを作ってくれたテレビ局には本当に、ありがとうと言いたい。これから先も多くの世代に、家族で見てほしいドラマ。世界中に、オレと同じファンがいるんだな、みんな楽しんでくれ。

■おしん、愛してるよ。…Yuko-san(訳注:成人してからのおしん役、田中裕子)は今、どうしてるの。ずいぶん時が経ったけど、今でも僕はあなたが大好きだよ。…心から。会ったことはないけれど、僕はずっと君の恋人だから。(+1)

■ずっと探してたんだよ!! サウジアラビアで見てたんだ。あの頃、僕も人生の苦難のときでね…。

■感謝の気持ちを伝えるためだけに来ました。おしんは、中国では『阿信』って言ったんだ。このドラマを作ってくれた人たちすべてに、深く感謝したい。(+1)

■お母さんといっしょに見てたよ。インドでね。まだ小さかったけど。おしんが必死に闘ってたことは忘れないよ。(+1)

■↑インド国営放送で90年代に放映してたと思うんだけど。私もお母さんといっしょに見てた。確か、『Celeste』って名前で吹き替え版もやってたと思う。覚えてない?

■『おしん』は90年代のスリランカで最も人気があったドラマの一つ。いまだにスリランカ人はこのドラマ大好き。今は、シンハラ語の吹き替えもある。(+1)

■あああ…オレのお父さんが、おしんに惚れてさあ…。(+1)

■日本の、あるウェブサイトによると、このドラマ、世界57ヶ国で放送されたんだって。NHKのサイトによれば、最も有名な日本人の名前はおしん。何人であろうと、どこに住んでいようと、みんな、このドラマから何かを学んだよね?でしょ?(+3)

■キューバにいた頃、見てたなあ。8歳だった!!! 誰かこのシリーズどこで手に入れられるか、知ってたら教えて。見たいんだ!!。(+2)

■あああ。古き良き時代…。(+1)

■こんなに多くの国の人たちがこのドラマを見てたなんて、本当にびっくりしてる。私は、カリフォルニアでお母さんと見てた。日本人の家族が住む地域なの。これが世界的に放映されてたなんて思ってもみなかった。それと、そう、私もこのオープニング、覚えてるわ!(+1)

■インドだけど、家族全員ですわって見てたよ。今は日本で一人で見てる。

■オーマイガ!!! このオープニング曲!!! メキシコでお母さんとおばあちゃんといっしょに見てたもんよ。ずうううっと昔だけど。アップしてくれてありがとう。(+1)

■『桜蘭高校ホスト部』の漫画を読んでたら、注意書きに『おしん』が出てきたから、調べたらこの動画を見つけたの。環が『おしん』の再放送を見てたって言うシーンがあったから、知りたかったの!(+1)

■大好きなドラマ。素晴らしい思い出がこのドラマにはあるんだ…。(+1)

■おしん、最愛の人だよ!(+1)

■『おしん』を見たのはずいぶん昔だ。1991年、僕は小さな子供だった。スペイン語版だったな。ペルーじゃ、マジで大ヒット作だよ。みんながみんな、この日本のドラマを愛した。本当に歴史的ですばらしい作品。NHKの最高傑作。(+1)

■すごくかわいくて、無垢な少女。いつも誠実で人に優しい。貧乏で、生活は悲惨なのに、それでも前向きなんだ。人生には良い日だってある。悪いことをせずに、挑戦しつづけていれば良い日がくる。自分が誇れることをやるんだ。そう、この少女はオレに教えてくれた。子供だったオレにね。すべてのエピソードにメッセージがある。だから、見ていると、みんな泣き出してしまうんだ…。日本はこんなにも素晴らしいドラマを送り出してくれた。このドラマは、どこに住んでいようと、みんなの心を一つにするんだよ。(+3)

■学校から逃げ出したがる子供は多い。でも、この少女は、学校へ行くかわりに、昼ごはんを取り上げられてもいいって決心するんだよな。素晴らしいよ!

■パナマで見てた。1993年。…すごく身に染みる話なんだよ!

■おしんは、日本人の不屈のチャレンジ精神を反映してる。日本の若い世代は、これを見れば、自分たちの上の世代が戦後、大変な苦労をしてきて、そのおかげで今の日本があるんだってことがわかる。

■(動画を投稿したインドネシアの人から)みんな、ごめんね。僕は、ダイヤルアップで接続がすごく遅いんだ。だから、シリーズをたくさんはアップできないんだよ。

■子供のとき、イランで見てたんだけど、このドラマを見てから、みんな、木で手製の箸を作って、それでご飯食べはじめちゃってさ(笑。あと、お母さんに、酢漬けの魚(訳注:おそらく寿司)を作ってくれって頼んでみたりもしたな。イランでは変なことなんだけど。でも、結局、誰も酢漬けの魚が何なのか知らなかったんだよなあ…

■大好きだった。彼女が成長して、大人へと旅をしていくのが最高だった。

■英語字幕で全編、買いたいわ。(+1)

■↑もし見つけたら、ぜーーーーーーーったいに私に教えてちょうだい。子供の頃見てて、大好きだったの!

■前に英語字幕版でフルセットをもってる人と知り合えたんだけど、残念ながら売ってくれなかった。どんな値段でもいやだって。どこで手に入れたのかも教えてくれなかったし。金銭目的で配信したりはしないって言ってたけど。…逆にがっかりしたよ、わかるだろ。

■ものすごい大ファンだった。悲しみとは何か、幸せとは何かをこのドラマで学んだよ。おしんには、ものすごい感情移入したなあ…。(+1)

■お母さんと、毎週木曜と土曜の5時、『おしん』が始まるのを待ったのを思い出す。かわいいおしんが苦しむたびに、泣きながら見たこともあった。このドラマ、英語で吹き替えられて、80年代にインドネシアで放映されたんだよ。ドラマを元にした本まで2冊、出版された。どっちも買った。今、国営放送で再放送中で、昔の思い出に浸りながら見てるよ。

■最高の日本のドラマの1つ。カンボジアで見てたの思い出す。素晴らしいよ!素晴らしい!(+3)

■これを見て育った。土曜の夜のイランの最高人気番組。テヘランじゃ、『おしん』が始まると、街から人が消えたんだからな。(+2)

■12か13歳の頃、ジャマイカで見てた。教会から急いで帰って、『おしん』を見たもんさ。素晴らしいシリーズだったね。曲を聴きながら、彼女の顔を見るだけで、涙が流れたよ。大変な人生を生きた人だ。

ググったら、英語版がフルセットであるんだけど、2000USドルなんだよ。金があったら、買いたいよ!(+3)

■おしん……この名前だけで、心に響く。インドだよ。オレは幼かったし、ものがわかる年齢じゃなかったが、この少女が大好きだったし、直面していた苦難はわかった。痛みがわかったんだ。…今、日本にいて、このドラマを探してるとこ。素晴らしかったよね…

■小さい頃、この女の子に似てて、ママから「おしん」って呼ばれてたわ。(+1)

■1983年に見た。まだ6歳。このドラマは永遠だよ。シンガポールより。

■Hi! みんな!僕はアフガニスタンから。昔、このドラマを見てた。素晴らしい、ファンタスティックなシリーズだったね。子供だったけど、今でも覚えてるよ。

■↑オレもアフガニスタン人だよ。これを見ていたのはイランだけど。毎週かかさず見てたね(笑。どんな場面も見逃してないよ。素晴らしかったもの。大好き。君はアフガニスタンで見てたんだよね?

■オレはコスタリカでこのドラマを見てた。今は、エクアドルにいるけど。(+1)

■このドラマすごく好きなのに、中国語字幕のDVDがないんだよ。

■ああああああ、大好きだったーーー。また見たいよ。(+1)

■英語字幕、全297話ぜんぶもってるよ。メールくれたら、買った場所教えるよ。

■↑全297話!! マジか!24話ぐらいかと思ってた。長え!長すぎる!一月に1話ずつ見てたら24年!一週間に1話でも5〜6年!オーマイガ!でも全部見るよ!メールするよ!買った場所知りたい!



本当に世界各国で放映されていたんですなあ。スペイン語のコメントも大変多かったです。
全巻で2000ドルというコメントもあり、値段も高いようですし、手軽に買えない海外の人のために、NHKのサイトで安価で有料配信でもしたら、ヒットしそうな感じです。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ


   
posted by gyanko at 19:00 | Comment(92) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

海外ゲーマーの反応 ニューマリWii vs.モダンウォーフェア2

ついに明後日、発売。せっかくの『ファイナルファンタジーXIII』リリース・ウィーク、目新しいトピックがある限り、『FF XIII』をお送りしようと思っていますが、どっと記事が出るのはリリース後かなと思います。

そんなわけで本日は、こちらから。


NPD売上データ競争:マリオ vs.『モダンウォーフェア2
レジー・フィーザメィ(訳注:米国任天堂COO)は賭けに勝てるのか。ここで検証しよう。



ゲーム機戦争の火花を散らす闘いとはまた別に、ゲーム業界のあのVIPが決闘を申し込み、売上競争に打って出たのだから、これはぜひともデータをチェックせざるをえないところだろう。レジー・フィーザメィがこのホリディ・シーズンに『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』が『コール・オブ・デューティ:モダンウォーフェア2』より売れると予測した例の件だ。昨夜、NPDによるゲーム売上チャートの第1弾が発表されたばかり、この闘いの戦況を見るには頃合いだ。

フィーザメィは自身のコメントにいくつか但し書きをつけている。売上は、『モダンウォーフェア2』のXbox360版のみとの比較であることと、勝敗を決するのは、1月末までのデータを集計したNPDのチャートによることだ。つまり、最終的な判断は2月の半ばまでわからない。とはいえ、フィーザメィはまさにはっきりと断言したし、彼の発言が大胆不敵なことには変わりはない。

11月、『モダンウォーフェア2』は、Xbox360版もPS3版も、一人勝ちだった。Xbox360版は、420万本という途方もない数字を叩き出し、これは139万本を売った『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』のほぼ三倍だ。だが、これは驚くにはあたらない。よもやこれほどまでとは思っていなかったとはいえ、積極的な宣伝攻勢、ファンの煽りの嵐を受けて、このシューティング・ゲームはスタートから独走することが予測されていたのだから。

この闘いでの任天堂の強みは持久力だろう。今月のNPDの発表でもなお、11月以前にリリースされた任天堂作品が3タイトルもランクインしている。任天堂がNPDのトップ10の1/3を占めているうえに、完全新作は1本のみなのだ。

持久力が強みだとは言いながら、今回の競争では期間が制限されているため、任天堂の恩恵は多くはないかもしれない。フィーザメィが断言したのは、『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』が1月分までの売上のNPDのデータで勝つということだった。『モダンウォーフェア2』に追いつき、追い超すまでには2月しかない。その差、すでに300万本。もしもう少し賭けの期間が長ければ、フィーザメィの予測はほぼ当たったことだろう。

EEDAR(訳注:米国の調査会社。Electronic Entertainment Design and Research)のアナリスト、Jesse Divnichは、「1月末までに『モダンウォーフェア2』のXbox360版を抜くとなると、オッズは『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』に明らかに不利に思えるます」と語る。「でも、レジーの肩を持つなら、『モダンウォーフェア2』の3週間でXbox360版だけで400万本超えという数字があまりに法外すぎますよね。これは本当の売上数字なんでしょうかね?一ヶ月で400万本はかつてどんなゲームも達し得なかった数字だと思いますが」。

実際の売上数字という意味では、『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』は『モダンウォーフェア2』に、少なくとも1月にはかなり迫っているのではないかとDivnichは考えている。「Xbox360版の『モダンウォーフェア2』のほうは、12月に120〜140万本、1月に25万本ほど数字を上乗せしているかもしれません。米国でのトータル売上となると、1月末で565万本〜585万本といったところでしょう。一方、『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』はすでに140万本を売上、12月にさらに250万本、1月末となると50万本でしょうか。このあたりが最高値かもしれません。合計すると、『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』が440万本、『モダンウォーフェア2』が570万本になりますね」。

1月の見通しが良くないとはいっても、おそらく『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』のほうが寿命が長いのは見えている。春には、ハードコア・ゲーマーたちは次のホットなタイトルに移っているだろうが(ホットなタイトルは数多い)、『マリオ』のほうはたぶんゆっくりと燃えつづける。Divnichは『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』がさらに驚きの展開になるかもしれないとも指摘している。「公式な発表までは2週間ありますので、それまで待つつもりですが」。そうDivnichは言う。

『モダンウォーフェア2』は、前代未聞の数字を出しはしたが、シーズンが終わる前に失速する可能性はある。Xbox360の普及台数は(Wiiに比べれば)小さく、明らかに飽和状態に達するリスクがより高いからだ。これからの数ヶ月、売上がどう推移しているのか見守らねばならない。

最後に、ここで忘れてはならない大事なことは、どちらのゲームもハイ・クオリティで素晴らしい売上を達成しているということ。賭けなど関係なしに、これは誰にとっても素敵なことだ。1月末というのは、あまりに大志を抱きすぎる目標かもしれないが、『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』は完全に負け込んでいるわけではない。Divnichはこう語っている。『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』は長期戦なら勝ちますよ。これは間違いあありません。アクティビジョン(訳注:『モダンウォーフェア2』の制作会社)が長期戦用特殊能力でも発動させないかぎりは」。●



レジー・フィーザメィはときおり扇動的な発言をしますが、耳目を引くのが巧いかただなあとも思います。500万本の売上で話題をさらった『モダンウォーフェア2』に挑戦状を叩き付け、『モダンウォーフェア2』の話題性に乗っかるあたり、さすがでございます。

この記事についたコメントです↓。


■マリオにチャンスはないってオレは言うね。残念、マリオ!マリオを作るのをやめる日っていつなんだろうな。みんな、マイクロソフトは『ヘイロー』からうまい汁を吸ってるって言うけど、任天堂が『マリオ』や『ポケモン』からうまい汁を吸ってることは叩かないんだよな。

■レジーは、『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』(以下、NSMB Wii)が『モダンウォーフェア2』のXbox360版かPS3版のどちらかに勝つって言ってるのであって、Xbox360版と特定しているんじゃないと思う。PS3版の『モダンウォーフェア2』の売上が見たいなあ。だって、『NSMB Wii』のほうが売れてるなら、レジーはまた勝利宣言ってことになるもんね。

■↑インタビューでは、レジーはどっちかのプラットフォームと言ってた。インタビュワーのGeoff Keighleyがどちらかと言うのは360版もか?と尋ねたら、レジーは「どちらか一方」って繰り返して、話題を変えた。だから、レジー自身が言ったというより、インタビュワーが聞いて、レジーは答えただけ。

■マリオを作るのをやめる日?そりゃ、みんながマリオを買うのをやめる日のことだな。つまり、永遠にそんな日はこない。

■どっちも、理由があってファンに愛されてるゲームだ。うまい汁を吸ってるって話じゃないよ。あきらかにマリオのほうが歴史がある。まあ、深いとは言えないけど、配管工とお姫様の話だし。どっちもグレート。制作をやめる日がくるなんて思えない。オレは、『ヘイロー77』だって、『マリオ・ギャラクシー2079』だって、Xiiだって待ち遠しいよ!

■レジーはマジで実態をわかってないし、思ったほどこの賭けの中身を知らないよね。自社ゲームを盛り上げたいのはわかるけど、予測が大胆すぎて、結局レジーが恥をかくだけになっちゃうんじゃないかと思う。『NSMB Wii』、そこまでは売れてないって。

■『NSMB Wii』をプレイしてから、同じ質問をしてくれよ。オレは両方買ったけど、『NSMB Wii』は今年のGame of the Yearだって本気で考えてる。こんな面白いゲーム、数年ぶり。シングル・プレイヤーも良いけど、4人のマルチプレイが素晴らしいのなんの。オレの家でこれをプレイしたやつは全員、大笑いして、純粋に最高の時間を過ごしたよ。『モダンウォーフェア2』に関しては、凄いグラフィックだし、オンラインもグレート。でも、『NSMB Wii』はゲームが楽しかった時代を思い出させてくれた。素晴らしいゲーム、みんな買うべき。

■ほとんどのゲーム・シリーズが「うまい汁」なんだよ。くだらなこと言ってんなよ。マリオはいつだって黄金のスタンダード。『スーパーマリオギャラクシー』なんて2008年、最高に評価されたゲームだしね。任天堂が居眠りでもしない限り、マリオはいつだってトップ!

■時間が経てばわかるさ。『モダンウォーフェア2』は永遠に値下がりしないよ……このゲームのほうが相当売れてる。

■レジーは負けたよ。でも、それがなにか?『NSMB Wii』は偉大なゲームだし、Wiiの寿命が尽きるまで山ほど売れつづける。マリオは止まらない。どうしてか?だって、みんなマリオ好きだもの。マリオは、みんなが触れられるみんなのヒーロー。
ところで、アメリカ人は、ジョージ・ワシントン関連からうまい汁を吸うのをいつやめるんだろうな?

■PS3版って言えばよかったのに。レジー、何を考えてんだろ。データを見れば、誰だって、西欧のゲームがマルチで出たらPS3版が一番弱いってわかる。特に、シューターは。

■『マリオ・ギャラクシー2』が出るまで待てばよかったんだよ。

■『NSMB Wii』は凄いよ。…でも、『モダンウォーフェア2』には追いつけないって。……多分、日本でなら…。この記事でファンボーイ同士の戦闘に火をつけようとしてるわけじゃないけど、……マジで数字を見ろってば。
Wiiをハードコア・ゲームのホームとはもう考えてない人たちが、あまりにも多い。難易度の高い、大人向けのゲームを好きなやつらは、他のコンソールに行く。

■『モダンウォーフェア2』が『NSMB Wii』に勝つって考えるなんて、アホだわ。嫌みじゃないよ。
どっちもファンタスティックなゲーム。でも、WiiのゲームはカバーにWii○○って書いてあるか、マリオって書いてあれば、売れるってことをすでに証明してる。一年中売れる。

『モダンウォーフェア2』はハードコア・ゲーム。ほしがっていた連中はもうみんな買ってる。『NSMB Wii』みたいな持久力はない。たぶん、今月で終わり。一方、『NSMB Wii』はこのためにWiiを買わせる力があるゲーム。来年の7月だって、もっと先だって、まだ売れてるよ。

マリオはすべてのライバルをなぎ倒してくんだ。それがすべて。『モダン・ウォーフェア2』を悪く言ってるわけじゃない。でも、これはマリオなんだ。誰もマリオ相手に賭けには勝てない。

■PS3版なら勝つだろうなー。

■ウサギと亀だよ。『モダン・ウォーフェア2』みたいなゲームはリリース時に膨大な数が動く。そして、数ヶ月で完全に消える。一方で、任天堂のゲームは何ヶ月もチャートに居座る。数年居座ることすらある。『マリオカートDS』を見ろよ。2004年のリリースなのに、ここ数年10数回トップ10に入ってる。同じ事をPS3やXbox360のゲームはできない。

『モダン・ウォーフェア2』は2009年最高売上の1本だし、420万本はものすごい数字。でも、3月の終わりまでトップ10にいるとは思えない。Xboxのファンボーイを怒らす前に言っておく。悪く言ってるんじゃないからね。凄いゲームだよ。今回ばかりはレジーは口を閉じておくべきだった。それか、もう少し期間を広げるか。でも、売上を見ればわかる。『NSMB Wii』は楽勝で『モダン・ウォーフェア2』を抜く。5〜6ヶ月後に。『モダンウォーフェア3』が出ても、まだ売れてるだろうね。来年もその先も。

■レジーは、少なくとも2回、どっちかのプラットフォームって言ってるよ。Xbox360って言葉は一言も言ってない。Keightleyは何度も、レジーにXbox360版だって言わせようとしたけど、レジーは「どっちかに勝つ。そう僕は信じてる」って言ってる。

■『モダンウォーフェア2』は素晴らしいよ。否定しない。でも、すごく特定のプレイヤー層なんだよ。FPSとしては僕はそんなに好きじゃない。そこが尊敬するところでもあるけど、テクニカルすぎる。見た目もリアルすぎるし。平坦な白っぽい建物見るの、もう飽きた。地形が正直、面白くない。リアリズムが問題の1つだと思うね。もっとがんばって、面白い世界観を見せてほしいよ。

『NSMB Wii』は、ほとんどみんなが大好きになるゲーム。僕は友達とこればっかり、アホみたいに数日、ずっとやってた。全員、『モダン・ウォーフェア2』もやってるし、一人は『ストリートファイターIV』、妹は4歳だけど、『どうぶつの森』、『シムズ』、『牧場物語』なんかやってるのに、みんないっしょに同時にプレイして、全員が信じられないぐらいに楽しんだ。死んでばっかいるときでも、失敗のしかたがおかしかったり、死に方が面白かったり。入り込むと、マリオはめちゃめちゃハードだよ。特に4人だと。それぞれ自分の考えがあってプレイしてるもんだから、大爆笑になるんだよ。

■確かに、『モダンウォーフェア2』の数字は非現実的だよね。ほとんどのゲームは、全機種で出たとしても、累計でだってそんなに売れない。とにかく、私はレジーを応援してる。どれだけ自分が任天堂のファンガールか確認にもなるし。まあ、負ける気はするけどね。勝率は低いよ。

■どちらかって限定してるんだから、レジーは2機種トータルの数字には挑戦したくないんだろうね。かなり不条理なチャレンジだもんな。
個人的には、レジーはこの賭けの条件を修正しようとしたんじゃないかと思う。『モダンウォーフェア2』の売上はすべての人の想像を超えてた。レジーの挑戦の勝率は下がってる。レジーはあえてリスクを冒すことを恐れる人間じゃないけど、いずれ「あ、あれね、PS3版のことだから」って言い直すんじゃないかな。

■『NSMB Wii』が200万超えしたって読んだよ。賭けは1月までだろ。『NSMB Wii』はなんとかXbox360版の『モダンウォーフェア2』を抜けるんじゃないのかな。そう願う。暴力的なFPSには、僕は耐えられないもの。

■レジーが「どちらか一方」って言ったのは、Xbox360とPS3でこれほど差が開くとは思ってなかったからだよ。アクティビジョンとマイクロソフト、それにBestBuyが組んでキャンペーンを打ったから、『モダンウォーフェア2』ってXbox360独占みたいな印象になっちゃったし。Xbox360版とPS3版でほぼ4:1だもんなあ。Xbox360版に追いつくのはきついよ。

将来的には近づくだろうとは思うよ。Xbox360版ってロードがかなり長いってのがあるし、『NSMB Wii』のほうは、11月は2週間だけの売上ってことを考えると、12月は11月より売れるだろうし、1月は11月と同じぐらいには売れるだろ。追い越す可能性はある。最終的には、プラットフォームすべてを合わせた『モダンウォーフェア2』の累計も超えるんじゃない?DSの『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』の数字とかを見ても、ね。

■史上最も売れたゲームのトップ20(同梱版含まず)。
1.『はじめてのWii』(Wii – 2443万本)
2. 『Wiiフィット』 (Wii – 225万本)
3. Nintendogs (DS – 2227万本、5バージョン合計)
4. 『ポケットモンスター赤・青・緑』 (ゲームボーイ – 約2008万本: 1023万本(日本)/985万本(米国))
5. 『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』(DS – 1994万本)
6. 『マリオカートWii』(Wii – 1836万本)
7. 『スーパーマリオブラザーズ3』(ファミコン – 1800万本)
8. 『脳を鍛える大人のDSトレーニング』(DS – 1741万本)
9. 『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』(PS2 - 1733万本)
10. 『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』(DS – 1681万本)
11. 『マリオカート』(DS – 1609万本)
12. 『グランツーリスモ3 Aspec』(PS2 – 1489万本出荷)
13. 『ポケットモンスター金/銀』(ゲームボーイカラー – 約1451万本:760万本(米国) 691万本(日本)
14. 『スーパーマリオランド』(ゲームボーイ – 1400万本)
15. 『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』(DS – 1371万本)
16. 『ポケットモンスター ルビー/サファイア』(GBA – 1300万本)
17. 『ポケットモンスター ファイアレッド/リーフグリーン』(GBA – 1182万本)
18. 『スーパーマリオ64』(N64 – 1100万本)
19. 『グランツーリスモ』(PS1 – 1085万本出荷)
20. 『おいでよ どうぶつの森』(DS – 1079万本)
(訳注:リストの売上数字はWikipedia等が挙げているものと同一ですが、『Wii Sports』の5054万本等、見落としもあるようです。)

■DSの『NSMB』は1994万本だぞ。ほぼ2000万本だ。そのうえ、GameStopの中古コーナーにもあんまり出ない。中古が出ないから新規の売り上げが落ちなかった。Wii版だって同じだよ。

■レジーは、米国でXbox360よりWiiのほうが普及してるってわかってる。だから、この賭けはリスキーでも、無謀でもない。Wiiが普及しているだけ、このゲームは売れる。『モダンウォーフェア2』はXbox360だけじゃ、戦えないよ。公正を期すなら、モダンウォーフェア2』はXbox360版とPS3版両方の累計にすべき。そうすれば、普及台数はほぼ対等になる。

『NSMB Wii』は楽しかったけど、素晴らしいというほどのものはないな。数週間前にクリアして、もうやってない。

■まあ、世界一ハンバーガーを売ってる店が世界一うまいわけじゃないからねえ。

■Wiiを愛して、Wiiのためにゲームを制作してるメジャーな会社に挑戦状を叩きつけるなんて、ばかばかしい。『Call of Duty: Modern Warfare: Reflex』はこれまでのWii最高のシューティングだし、評価も高かったろ。どうしてWiiの代表作を作ってくれたサード・パーティにケンカを売りたいんだよ。もう…。

■『NSMB Wii』→最高のゲーム。『モダンウォーフェア2』→最高の売上。でも、ファミコンで出た最初のマリオ(1985年だっけ?)みたいにみんなが遊べば、売上も最後には追いつくし、追い越すね。

■PS3版は1月にはもっと売れるって信じてる。でも、長期戦になれば、マリオが、PC版も含めた『モダンウォーフェア2』の累計数字すら追い越すだろうな。

■PS3版の『モダンウォーフェア2』、来月は70%ぐい数字が落ちるんじゃないかな。マリオのほうは30%ってとこ。だから、1月末にはこうなる。
PS3版『モダンウォーフェア2』: 187万本 + 56万本 + 16万本 = 259万本
『NSMB Wii』:139万本 + 97万本 + 68万本 = 304万本
『マリオ・ギャラクシー2』が3月か4月に出るまでは、売れ続けるよ。『マリオ・ギャラクシー2』で、『NSMB Wii』の勢いはなくなる。それか、最悪、ここでマリオは飽和状態だな。

他の仮説としては、だ。
PS3ユーザーは、『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』っていう浮気どころもあるし、ソニーのファンボーイなら、『モダンウォーフェア2』を買うより先に、『キルゾーン』やら『レジスタンス』もある。

マリオの場合、カジュアル・ゲーマーもハードコア・ゲーマーも、ファンボーイも若い世代も、マリオならほしい。そのうえ、ホリディ・シーズンは、全年齢層が集まってマルチプレイを楽しむには格好の口実だよな。おばあちゃんも、興奮して、思わず購入、そうして1月までには、そんなゲームがあったことすら忘れる。実際、それがWiiの前線で起こってる大きな流れだよ。どっちにせよ、マリオの売上は拍車がかかるだろうけどね。

■レジー、バカなこと言うのはやめてくれよ。オレがWiiを買ったことを後悔させないでくれ。オレを育ててくれたゲームがプレイできるコンソールなんだからさ、Wiiは。



相変わらず、ファンボーイの言い争いになっていましたが、割愛させていただきました。


それにしても、『ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii』は本当に評判がすこぶる良いです。正月前に買って、家にもって帰ってみようかなあと思っています。コメントを読んでいると、あまりに面白そうなので、マルチプレイをやってみたいのであります。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ


   
posted by gyanko at 23:03 | Comment(33) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。