2009年12月05日

海外ゲーマーの反応 - 日本の「クソゲー・オブ・ザ販売店」トップ10 -

本日の元ネタはゲームは一日○時間さん。転載先がこちら

元記事と多少、ニュアンスが異なる部分もあるので、元記事サイトさんを参照なさりつつ、どうぞ。


日本の「クソゲー・オブ・ザ販売店」トップ10

とある日本のゲーム店が、2009年の期待はずれゲームのトップ10を発表した。バグだらけだとか、内容の悪いゲームという話ではない。期待ほど売れなかったゲームだ。

つまり、販売目標を達成できなかったゲームのリストである。

10. 『ペルソナ
小売店の期待は高かったが、出足が遅く、盛り返しがなかった。

9. 『たまごっちのなりきりチャンネル
これも好調な売上になると思われていたが、これまでのところ酷い。

8. 『ドラゴンボール 天下一大冒険
ドラゴンボール』という名前だけでは、もはやみんなワクワクはしないようだね。

7. 『真・三國無双5 Special
「これは『三國無双』神話の終焉の始まりです(笑」

6. 『グランツーリスモ
ソニーの看板タイトルなだけに、期待は高かったが、結果は赤字。

ペルソナ たまごっちのなりきりチャンネル 特典 なりきり手帳☆プロフ帳付き ドラゴンボール 天下一大冒険 真・三國無双5 Special グランツーリスモ

5. 『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック Wii
売れ足が、大変に鈍い。

4. 『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピックDS
特にDS版は売れない。店主は、年末に売上が爆発することを祈っている。

3. 『太鼓の達人Wii ドドーンと2代目
まだ諦めてはいない。だが、現在のところ、芳しくはない。在庫が動かないので、場所を大変にとる。

2. 『モンスターハンター3
他タイトル同様、これも期待は大きかった。が、カプコンの詐欺的出荷方法のせいで、ゲームは売れても赤字となった。小売の利益といえば、50本ゲームを売って、たった45USドル。「アホらしくなってきました!」

1. 『ブラッド オブ バハムート
「『ドラクエ』に完全に喰われちゃったソフトです」。店主はまた、スクウェア・エニックスの販促も弱く、(訳注:『ドラクエ』の)混乱の中に消えたと言う。迷子になったといったところか。●


マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック 太鼓の達人Wii ドドーンと2代目!(専用太鼓コントローラ「太鼓とバチ」同梱)モンスターハンター3(トライ)(通常版) 特典 モンスターヘッドフィギュア付き ブラッド オブ バハムート

この記事についたコメントです↓。


■50本売って、利益45USドルって。マジか。大げさに言ってるだけ?

■あー、『ブラッド オブ バハムート』ね。去年、えらく宣伝してたよな。すっかり忘れてた!良いの?誰か知ってる?

■『ペルソナ』はもっと売れるべき。すごく良いのに。

■↑今年、『ペルソナ3』と『ペルソナ4』をプレイしたんだけど、どっちも数百時間やったよ。『ペルソナ』に関しては、入り込みにくかったことを言いたい。ゲームをやりはじめてから、面白くなりそうだとは思ったけど、まだクリアはしてない。無理に進めようとは思ってないし。

悪魔との会話で悪魔の欲求がなにかを考えるのが、オレがすごく下手だからだろうなあ。パーティ・メンバーも嫌い。ゲーム中ずっとこだわる相手をとっておけないんだよね。ストーリーが分岐するのも好きじゃないな。

■Wow。偉大なゲームなのに、「記念碑的失敗作」として扱われてしまうゲームがあるもんだ。
唯一の希望の兆しは、『ドラゴンボール 天下一大冒険』が売れなかったこと。今後5年内で、もう鳥山のキャラ・デザのゲームを見ることはなくなっていくんだろうな。鳥山っぽい、デコっぱちのキャラ・デザのゲームの終わりだ。

■↑デコっぱちって…。静かに笑わせてもらったよ。

■↑それって希望の兆し?鳥山のアート・スタイルはゲーム文化にしっかりと定着してると僕は思うけど。

■↑『ドラゴンボール』はいまだにホットケーキ並みに売れるよ。彼の絵だから売れる。

■↑キミは認めるべきだね。鳥山のアート(『One Piece』の人もだけど)はクリーンだし、配慮が行き届いてる。

■鳥山のアートはグレイト。確かにバラエティはないかもしれないけど、それこそが鳥山らしさの一部でもある。鳥山の絵は、見ればすぐに鳥山だってわかる。これは彼が才能があるってことだよ。他の漫画家に同じことは言えないだろ。

■『ドラゴンクエスト』はうまく言ってるじゃん。鳥山のキャラデザはどこでも通用する。

■鳥山の絵はかなり不細工。売れるのは、鳥山のスタイルがかなりデフォルメされてて、キャラに子供が好む、あか抜けなさがあるから。ストーリー以前に、『One Piece』がどうしてこれほど人気があるかっていう理由でもある。

■正直、マリオ&ソニックでもダメだってことにも驚かなくなってる。

■↑どうダメ?去年のやつは売れたろ。これが売れないなんて想定外だよ…。

■『グランツーリスモ』を買う理由は、車のリアルさだと思うんだ。PSP版は、PS2の『グランツーリスモ4』より見栄えが悪い。…たぶん、売れなかったのはそれじゃないの?駄作だから買わないんだとか言わないでよ?これは日本の状況。日本じゃ、『ガンダム無双』だって数十万本売れるんだから。

■↑PS2の『グランツーリスモ4』よりは良いって。

■↑グラフィックが売れない理由かどうかはわかんないけど、まあ、『グランツーリスモ』のシリーズはいつも、グラフィックに依るところが大きいってのはある。
PSPを勝った人たちは、PS2ぐらいのグラフィクを期待して買ったんだろうな、愚かにも。据え置き並みの質を、携帯型に期待したんだよ。
でも、ゲームが売れないってことは、期待に沿えなかったってことじゃないの?

■売れなかったのは、キャリアモードがないからだと思う。ゲームには目標がないとな。過去の『グランツーリスモ』でライセンス取得にあれほど必死になったのに、他に理由があるか?

■2位の『モンスターハンター3』についてもう少し説明がほしいんだが。「詐欺的な出荷方法」ってなによ?

■『ブラッド オブ バハムート』は本当にすごくクールなゲームなんだよ。オレは哀しいよ。

■ふーむ。…オレは、この中の半数を買う予定でいるんだけど。『ベルソナ』が売れないなんて残念。どうしてだろう。Wiiの『太鼓の達人』も、売れない理由がわからん。ヒントをくれ!

■↑『モンスターハンター』、『ファイナルファンタジー』、『ガンダム』以外のゲームは、PSPでは売れない。PSPがそこそこ日本で売れてるにしても、日本人の携帯型ゲーム市場を占拠してるのはDSだからね。DSで出たら売れたかも。

■日本の人たちは、ほとんどがもう『ペルソナ』をプレイしてるんだよ。それがどんなゲームかわかってるし、完全版をもうもってる。ざっくり言って、移植の改良点がたいしたことないんだよ。かなりの部分、以前のまま。

■日本でPSPを売ったのは『モンスターハンター』だよ。

■たまごっちって、まだあっったの?!

■『ブラッド オブ バハムート』、リリースされた頃は評判良かったのになあ。でも、みんな『ドラクエIX』に文句言うのに忙しかったみたいだね。

それとさ。最初のマリオ&ソニックのゲームって、バカ売れしたんじゃなかったっけ?みんな続編をほしがると思うよ。初作を楽しんだ人たちが続編を買うだろうって希望的観測で売るよか、たぶん、リリースを実際の冬季オリンピックに合せるべきだったんだろうな。もともと、こんなもん、ゲーム内容で買うタイトルじゃないんだし。

■↑だな。どうせ、マリオはソニックに競技で勝てるか?とかそんなんだろ。

■『モンスターハンタ−3』は、Wii独占がカプコンの判断としては失敗だったっていう見本かな?

■↑いや。ゲームそのものは200万本に向けて、まだ売れてる。売れ方は、据え置きで発売された『モンハン』では最高だしね。PS3で出たところでこれ以上の結果は出なかったろう。携帯型なら売れるって考えたがるコア層は置いといて。
覚えておいてほしいのは、PSP版だって300万本しか売れてないってことね。

■↑オレの記憶じゃ、『モンハン3』はメディア・クリエイトのチャートで90万本かそこらだったと思うんだが。だから、最高でも100万本。

■↑『モンハン』はPSでリリースすべきっていう意見の的確なとこ。それはオンラインだよ。カプコンはもうちょっとWiiの有料オンラインのサポートに手をいれなきゃだめだ。PSNでだって、本当に同じレベルのグラフィックじゃなかったぐらいだし。まずオンラインを良くしろって。

■スクエニの販促が弱いって記事にあったね。
まあ、オレは日本に住んではいないけど、『ブラッド オブ バハムート』が日本で発売されたことすら知らなかったことに、ちょっと驚いてる。これって、(公式サイトで)カウントダウンやってたよね。このサイトをしょっちゅう読むのに、発売日すら知らなかったなんて。

他の日本のゲームの情報は十分にあるし、メジャーなゲームだと発売日だって知ってる。『ブラッド オブ バハムート』って、大メジャーになるタイトルだと思ってたよ。なのに、スクエニは、こんな、他のゲームの影に隠れてしまうような売り方をしたんだな。自分たちのゲームなのに。ビジネスの決断として褒められたものではないと思うな…。

『ペルソナ』のリメイクはイギリスにくるかな?絶対、売れると思う、こっちなら。…オレたちの一部にだけど。…カモン!『ペルソナ』!お前の親友はオレたちだ!出たら、初日に買うから!頼むよ!

■昔、『デュープリズム』が北米でリリースされたとき、同じことがあったよ。『クロノ・クロス』と同じ夏発売でかぶった。夏の販促品だったと思うんだが、スクエニはそれをやらなかったんだよ。

■『太鼓の達人』、期待してたのに。PS2版、大好きだった。最近出たDS版もめっちゃ楽しい。日本版のWiiをもってたら、これも買ってたとこ。

■『ブラッド オブ バハムート』は、DSだったのが良くなかったね。携帯型で出したかったのなら、PSPにすべきだったと思う。DSだと、このゲームの戦闘システムの感触やグラフィックを十分に引き出せない。スーファミで『ワンダと巨像』をやるようなもん。

マルチプレイヤー・モードはこのゲームの輝いてるとこだね。一度しか僕はやってないけど。みんなでデカい敵を倒すってのはオレには魅力的。

■『太鼓の達人』シリーズは、プレステから任天堂に移るべきじゃなかったな。プレステから任天堂ってのは、ゲームを劣化させるだけ。

■↑DS版は完璧だよ。『太鼓の達人』らしい。楽しい時間つぶし。PS3かXbox360でDLCが出たらファンタスティック。すぐに輸入するよ。



ブラッド オブ バハムート』は『モンスターハンター3』の以前のエントリで、発売早々にワゴン入りしたことがちらりと話題になっていたのですが、こんなことになっていたんですなあ。


参考までに。ゲームは一日○時間さんの最新記事では、数店舗のゲーム店のスタッフの方へのアンケートを集計した「クソゲーオブザ販売店」の結果も発表されています。こちらで、カプコンの「詐欺的出荷」についても、おおよそ推測ができます。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

↓今現在のアマゾン・ゲームのベストセラー、1〜4位。

   


posted by gyanko at 19:00 | Comment(45) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。