2009年12月23日

海外ゲーマーの反応 『FF XIII』、初日売上100万本!-

初週150万本突破、PS3の販売台数も引き上げた『FF XIII』。歳月と経費をかけた大作だけに、とりあえずの目標は達成といったところでしょうか。本日の記事はこちらから。

参考までに、『ファイナル・ファンタジー』のこれまでの国内売上。

『FFI』  52万本(FC)
『FFII』  76万本(FC)
『FFIII』  140万本(FC) 
『FFIV』  144万本(SFC) 
『FFV』  245万本(SFC) 
『FFVI』  255万本(SFC) 
『FFVII』 369万本(PS)
『FFVIII』  323万本(PS) 
『FFIX』  282万本(PS2)
『FFX』  291万本(PS2)
『FFXI』 ---------------------
『FFXII』  238万本(PS2)



ファイナルファンタジーXIII』、100万本売上。
スクウェア・エニックスの話題作が、日本でPS3最速で100万本を達成。


17日、スクウェア・エニックスは『FF XIII』が180万本を初期出荷したことを発表した。これは確かに大変な数字だが、実際の実売はどのぐらいだったのだろう。

18日、同社が公表したところによれば、『FF XIII』は17日の発売初日だけで、100万本という膨大な売上を上げていた。

この数字は、先週の時点でPS3の日本国内累計販売台数がたった400万台だったことを考えれば、余計に感動的だ。発売初日にPS3を購入した人がどれほどいたのかは不明だが、同時に購入した人の率は高いだろう。

この『FF XIII』の数字は、日本ではPS3史上最高のものだ。以前、100万本を達成できたのは、『メタルギア ソリッド4』、1本のみ。

この100万本には、限定ライトニングPS3の同梱版は含まれていない。また、初日のみの売上だ。来週の売上チャートでは、金曜、土曜、日曜を含めた週間売上が出る。

おそらく、初週の合計売上は、スクウェア・エニックスの初期出荷数(訳注:180万本)にほぼ近いのではないだろうか。●


■これで、シリーズ続行が約束されたな。

■昨日のことなのに、ゲームがどれだけ売れたのかわかるスクエニがすげえよ(訳注:米国では売上データの集計がすぐには出ません)。どうやったらわかるの?しかも、かっきり100万本って。「どうするかな、キリのいいところで100万本にしとくか、初日は」ってことなんじゃないの?

■まあ、確かに奇妙だよな。『モダンウォーフェア2』だって、すぐには数字が出なかったのに。数日から一週間はかかった。スクエニの社員が、小売店に出かけてって数えてんのかね。

■↑日本は、アメリカほど国が広くないんだよ。

■『モダンウォーフェア2』より売れると、スクエニが思ってても不思議じゃないよ。日本の売上だけじゃなく、今現時点でどれだけ世界中で予約を抱えてることか。

ついでに、日本は世界一のテクノロジー支配の国だ。間違いなく、店舗はネットワークでつながってて、リアルタイムで売上データが見れるはず。

『モダンウォーフェア2』の場合は、ほぼ全世界同時発売だったろ。アメリカの店舗だけじゃなく、言語の異なる国の、時差もいろいろな場所の店舗からデータを集計しなきゃならなかった。…複雑さは比じゃないって。

■素晴らしい分析。でも、一つ見落としてるね。客層の違いだよ。オレはどっちのゲームもファンだけど、米国ではシューティングがRPGより主流だし、人気がある。日本は逆。RPGがキングだ。GIマガジンが、米国と日本のトップ10チャートを載せてたけど、米国のリストにRPGは1本だけ。日本は3、4本入ってた。

でも、PS3は日本では人気のあるシステムじゃないっていう事実は残る。そういう意味では、やっぱり凄い数字だ。米国でだって、売れるだろう。オレなんて8月に予約しちゃったしね。

でも、米国では『モダンウォーフェア2』ほどは売れないと思うけどなあ。日本で、『モダンウォーフェア2』が『FF XIII』ほど売れないように。たぶん、米国、イギリス合計で300万本ってとこ。

■たった400万って…。空のように高い数字だろ。哀れなXbox360の数字のことも考えてやれよ。PS3の『FF XIII』で、Xbox360は完全にトドメだ。もう笑えないよ。

■PS3こそが、本物のJRPG専用機だってことが確認されたわけだ。

■ホットなニュース。『FF XIII』、火がついたな。

■そりゃ、『FF XIII』のほうが『モダンウォーフェア2』より売れるだろ。

■誰も、ゲームが凄いってことには異議はないわけ?まあ、あってもオレは気にしないけどさ。だって、凄いって知ってるから。

■凄い?いや、みんなが『FF XIII』に頭を下げるのさ。

■アメリカじゃ、初日どのぐらい売れんだろうね。

■日本だけで、100万本か、良い数字だ。世界発売されたら、また数字が上がるだろうし。

FPS(シューティング)は確かにアメリカじゃ一番人気がある。でも、シューティングが大好きって人は、『FF』だって大好きだって。好きなRPGは『FF』だけってXbox Live上の友達、何人かいるもん。

■素晴らしいね。初日だけなのに!日本だけで200万本は行くんじゃない?世界中でどれだけ売れることか、早く知りたい。

■『FF XIII』の翻訳に3ヶ月かよ。ただのバカだな。

■↑翻訳は終わってる。どうして日本側が世界同時発売をしないのかがわからん。バカだし、怠け者だよ。

■↑遅れてるのは、米国版に追加コンテンツをいろいろ入れるため。『FF VII』からの伝統だろ。で、その米国版を日本でインターナショナル版として1、2年後に発売して稼ぐ、と。たった3ヶ月なんだから、喜ぶべき。

■翻訳は通常半年かかる。声優のテキストの量がハンパないから。
『FF XIII』は本当に大プロジェクト。キャラだけで20時間分以上のテキストの翻訳、それ以外にもNPCの台詞だってある。

『FF』のテキストは膨大なんだよ。今回は、それを制作と同時進行で片付けて、ローカライズの時間を短縮した。

それに加えて、すべてのムービーが、口の動きに合わせて作り変えられた。英語の台詞にあわせてね。最新の英語版のトレイラーを見てみろ。

これは簡単なことじゃない。開発の初期段階でローカライズを同時進行させる決断をしたのは立派。

『FF XII』だってPS2でかなりの努力はした。ディスクの容量も小さかったのに。でも、こうだ。
日本発売:2006年3月16日
海外発売:2007年2月23日

ほぼ1年だぜ!オレは『FF XIII』に関して、どんな不平も聞きたくない。なんてことだ、三ヶ月もかよ!どうして同時発売じゃないんだ!うーあああーーー、とか、やめろ!

■『FF XII』の北米発売は2006年10月31日。7ヶ月だよ。

■↑すまんね、オーストラリア発売日を使わせてもらった。いつから、アメリカが世界でただ1つの国になったんだっけ?

■PS3をいっしょに買った人の割合が、ものすごいことになってるよ。

■なんでそんなびっくりすんの?数年ぶりの『FF』だよ?今世代コンソール初だよ?

■デラックス・コレクター版がほしい。まあ、ボックスアートがクソみたいな出来になるんだろうけど。

■PS3、買うぞ!このために!
オレも、どうしてみんなが驚くのかがわからない一人。だって、『FF』じゃん。話題の『FF』。まあ、ここはIGNだし、Xbox360寄りのサイトなのは知ってるけどね、…とにかく、Xbox360版のせいで、北米リリースが遅れたっていうのは聞いてるよ。そればっかが理由じゃないだろうけど、でも、1つの要因だとはオレは考えてる。

■PS3はディスク1枚、Xbox360版3〜5枚になるらしいな。

■スクウェア・エニックスが、PS3のほうがいいって言ってるんだ。まずPS3版をあげてから、Xbox360版を仕上げた。『FF XIII』はPS3のために作られたんだから。

■↑スクエニはそんなこと言ってないよ。どっちのバージョンがも同じって言ってる。馬鹿なことばっか言うなって。

■↑クォリティが同じわけないだろう。Xbox360版は、圧縮してある音声と映像を数枚のディスクに展開してるんだ。開発だって、PS3版に時間をかけてる。ちょっとはわかれ、事実に目を向けろ。

■数枚のディスクを換えるだけだってのに、面倒くさがってるやつらが問題なんだろ。

■↑1枚のほうがいいと思うよ。ディスクが止まったり、壊れたときに、見つけやすいし。それに、1枚のディスクのゲームを数枚に分けるほうが無理がある。

■PS3版のほうがいいのは知ってるよ。それでも、僕はXbox360版のリリースがうれしい。だって、PS3を買うお金がないから。Xbox360版が出なかったら、買えないまま落ち込んでたとこだったもの。

■PS3のエンジンは、ホワイトエンジンって言って、PS3環境で作られたもの。つまり、PS3で最高のパフォーマンスになるってこと。マルチのゲームはたいがい、移植が楽って理由でXbox360ベースで作られるのは事実ではあるけどね。

でもさ、僕たちは、この素晴らしいゲームが可能なかぎりのプラットフォームをカバーしようとしたことを喜ぶべきじゃないのか?PS3ファンは、今回は移植される側じゃないから、最高のゲーム経験ができる。一方で、Xbox360ファンは、完全に同じクォリティではないが、したいゲームができるわけだし、(いつもとは逆の)急場しのぎで作られたゲームがどういうものかも味わえる。

どっちがいいかなんてことより、プレイできるってことを喜ぼうぜ、単純に。な?

■スクウェア・エニックスはXbox360でそんなに経験がないからなあ。Xbox360版に時間をかけてほしい、むしろ。

■日本じゃ、25%がPS3を同時に買ったって。すげえ!なんつう数字。『FF XIII』は日本でPS3に加速度をつけてくれそうだな。来年の3月が待ちきれない!

■はああ…。またゲーム機の話してんのかよ?Xbox360版だってすごいってば。Xbox360のおかげで、より多くの人がこのグレートなゲームを楽しめるんだぞ。PS3ファンだって、『FF』ファンだって、多くの人がこのゲームを楽しむからってなにか困ることでもあるのか?世界の終末みたいに騒ぎやがって。

ま、オレ的には、Xbox360独占の良質のゲームがPS3にくるように祈ってるよ。Xbox360を買う金ないからな!

■どっちのコンソールももってるけどさ、どれって言われたら、PCが一番いいよ、そりゃ。

■『FF XIII』を本当に経験するためにPS3を買う!

■ささいな差をごちゃごちゃ言うなって。いろんなゲームを楽しめるってことを喜べ。

■ファンボーイ以外は差なんか気にしちゃいないよ。ゲームプレイがよければ、小さな差なんてかき消されるさ。どっちも同じ。これって、理解するのがそんなに難しいことか?



海外は、来年3月にXbox360版とPS3版の同時発売。まだまだ興味は、「どっちを買うか」。
『FF XIII』の発売が近づくにつれて、Xbox360とPS3のファンボーイの戦いも激烈になりそうです…。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

   


posted by gyanko at 19:00 | Comment(53) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。