2010年02月06日

NPD発表、過去15年間で、最も売れたゲームのトップ10

NPDといえば、ゲームに限らず、さまざまな市場で商品のトラッキング調査を行っているマーケティング会社。北米、欧州のゲーム売上と言えば、最も信頼できるソースとして引用されることもしばしばでございます。

そのNPDが、2010年の節目に過去15年間で最も売れたゲームトップ10を発表いたしました。

記事はこちらから。


NPDが明らかにした、過去15年のゲーム売上トップ10

コンソールやゲームの売上ランキングを毎月、発表しているNPDが、ここにきて、彼らが調査を始めた1995年からの歴史を振り返り、この15年間のゲーム売上ランキングを公表した。

ランキングを制したのは、任天堂のコントローラーにバンドルされた『はじめてのWii』。あとは、Wiiのゲームと『コール オブ デューティ』シリーズのタイトルの大洪水。こうしたゲームを制作したクリエイターたちの成功は喜ばしいことだが、僕に言わせたら、『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』を除けば、このランキングは本当に、ほんっとーにつまらない。
このトップ10でわかるのは、大衆はゲーム選びにもっとバラエティをもつべきだってことだな。

1. はじめてのWii
2. ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック
3. グランド・セフト・オート・サンアンドレアス
4. コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

はじめてのWiiパック(Wiiリモコン同梱) ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック(ギターヒーロー3専用「レスポールコントローラー」同梱) グランド・セフト・オート・サンアンドレアス Best Price!【CEROレーティング「Z」】 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

5. Wiiフィット プラス
6. マリオカートWii
7. コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア
8. MADDEN NFL 07(国内未発売)
9. コール オブ デューティ World at War(国内未発売)
10. ナムコミュージアム

Wiiフィット プラス(ソフト単品) マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱) コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

このランキングで驚いた人いる?1995年からどれだけの凄いゲームがリリースされてきたことか。なのに、それがトップ10に入ってないんだものねえ。●



相変わらずの任天堂の勢いも凄いですが、過去15年間で最も売れたゲームのうち、2作も日本で発売されていないことにも、ちょっとびっくりでございます。(『マッデン07』は出ております。毎度、申し訳ありません(2010/2/6))
もっとも、どちらも日本ではニーズの出にくいテーマなので(第二次世界大戦とアメリカン・フットボール)、いたしかたないとは思いますが。


この記事についたコメントです↓。

■全然驚かない。『サンアンドレアス』が、GTAのシリーズ最高作だし。

■驚かないけど、『ヘイロー2』と『ヘイロー3』はどこ?

■Wow、『モダンウォーフェア2』がもう入ってる。リリースして、3ヶ月ぐらいだろ?

■『ナムコミュージアム』(訳注:ナムコのレトロ・アーケードゲームを複数収録。現在に至るまで、新旧さまざまなコンソールで発売されている)はわかるなあ。だって、GBAでも64でもWiiでもPSPでもPSでもDCでも、オレ、買ったもん。この記事を読んで気づいたよ。『ディグダグ』みたいなシンプルな楽しみがいいんだってことね。

■そりゃ、『はじめてのWii』が一位だろうなあ。わかってたよ。

■『サンアンドレアス』は凄いゲームだったよ。今世代のゲームで忙しくなかったら、飛んで戻れるぐらい。

■『はじめてのWii』が1位はないだろうよ……。悲しい話だ。

■驚いたかって?いや。………がっかりしたかって?かなり。

■どうして?RPGが1作もない(泣。

■『はじめてのWii』がこれほど売れる理由はわかるよ。大衆市場にアピールしてるし、…ハードコア・ゲーマーなんてマーケットとしては小さいもんだしね。
でも、任天堂の方向性には疑問がある。任天堂は、頭の足りないカジュアル・ゲーマーだらけの市場のほうが金を多く稼げるってわかってるってだけだろ?オレに言わせれば、これは、……そう、裏切りだ。
もう任天堂とWiiへのリスペクトはない。もう、任天堂のクソゲーは買わない。

■『フェイブル』が入ってないのにびっくり。それと、『STAR WARS: Knights of the Old Republic』は?『ファイナル・ファンタジー』も『ドラゴンクエスト』もなし?『ゼルダ』は?

はあ…。みんなして、同じような、一本道じゃない、競争しあってなんぼの、シューティングが好きなんだな。仲良いオレの友達も、『STAR WARS』の台詞はぜんぶスキップするって言ってたもんなあ。文章、文章、文章!ライトセーバーで突き刺したくなる!ってさ。

■わかんないけどさ……このリスト、ちょっとバイアスかかってるよね。『ナムコ・ミュージアム』がリストに入ったのは、シリーズが繰り返されてきたからだし。それと、PCゲームがランクインしてないのはどうして?

■『ナムコ・ミュージアム』がくるとは思わなかったわ。それと、『サンアンドレアス』が1位かと思ってた。まあ、任天堂はクズをどう売るかをわかってるってこった。

■ゲームにコントローラーを同梱すると、売れるってことだよ。……マイクロソフト、勉強しろ!!!!!! オレはお前を愛してるよ、でも、ちょっと考えろよ……Wiiができるのに、どうしてお前と…あとPS3にはできないんだよ…。まあ、オレはPS3は愛してないけど…。

■Wiiはオレには最大の期待ハズレの一つだった。最初は大騒ぎだったけど、今となっては意味ないよな。

■↑だなあ。このランキングは酷いわ。でも、実際、オレはかなり驚いたよ。…だって、良いゲームが一本もない。
『はじめてのWii』は驚かない。別売のリモコンと同梱で買った人がほとんどだろうから。『ギターヒーロー』も別に。1本は入ると思ってた。『グランドセフトオート』と『コール オブ デューティ』も妥当だよ。
でも、『マッデン』って、なにさ?『ナムコ・ミュージアム』って?みんなそんなにこのゲームが好きだったの?このランキングは、オレのばあちゃんのダイエットより役に立たねえ。

■最高売上が最高傑作じゃないだろ。……つまりだ、バカのほとんどが、どんなゲームを素晴らしいと思ってるかっていうリストなわけで(当てはまるのは、2作だけだけど)。ま、別に驚くことでもないよな。

■つまらんランキングだ。『ヘイロー』、『レフト4デッド』、『アサシン クリード』みたいな古典派をもっとみんなプレイすべき。

Wiiをディスってはいない。でも、Wiiが売れてるのは、親たちがWiiは家族向けってわかってるからだよ。逆に、Xbox360は成人向タイトルがたくさんあるからね。

■きちんとマーケティングをしてゲームを作ってる開発者が報われるってこと。知ったかぶりで良いゲームを作ろうなんて連中よりね。うん、このリスト、トップ100まで見たら、ちょっと満足したよ。

■『ヘイロー』と『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』がないのが驚き。

■『ゼルダの伝説 時のオカリナ』がないのもマジでマジでビックリだよ。

■お金の節約のために、ゲームが中古に降りるのを待ってる僕みたいなゲーマーもたくさんいるってことを計算に入れないと。ランクインしたゲームは新品で買われたんだよ。ハードウェアとバンドルで。中古のゲームを入れたトップ10がわかったら、面白い統計になるだろうなあ。

■『Wii スポーツ』がないなんて信じられない。いや、別に最高のゲームだとか言うつもりはないけどさ、Wiiのコントローラ全部にバンドルされたじゃん?『はじめてのWii』とかトップ10の他のタイトルより売れてないなんてある?

■驚かないけど、この中の何本かは見るのも嫌なぐらい。ときどき、ゲーマーが毎度毎度同じようなコンセプトのゲームを繰り返すのが好きなんだって思ってうんざりするよ。

■『はじめてのWii』みたいなゲームがトップに躍り出たのは、コントローラーのおかげ。良いゲームじゃないとは言わないけど、コントローラが品薄のときに、バンドルで出たゲームだもん。親たちにすれば、価格、手に入りやすさ、オマケ、時期からして、買うって。だから、トップになったんだよ。

■このランキング中7本買ったな。

■『ナムコ・ミュージアム』ってなに?RPGは?『ゼルダ』は?このリスト、いくない。
2010年に素晴らしいゲームが出てくれることを願うよ。凄いランキングになるはず。だって、『マスエフェクト2』だろ、『ファイナル・ファンタジーXIII』だろ、Wii版『ゼルダ』だろ。

■Wiiにバンドルだったから、『はじめてのWii』がくるのは基本的には理解できるけど、1位なの?そんななの?
64の『ゴールデンアイ007』と『ファイナルファンタジーX』だって売れただろ。

■GBA版とPS版で『ナムコ・ミュージアム』もってるけど、そんなに売れてたとは。

■『グランド・セフト・オートIV』がないのも驚いたし、『大乱闘スマッシュブラザーズX』と『Rock Band』(日本未発売)がないのも驚いたよ。ランキングにもっとバラエティがあってもいいなあ、確かに。

■任天堂を本当に愛してる。彼らは最高のマーケティングをしてるよ。ソニーとマイクロソフトは、任天堂の例に学ぶべき。PS3の黒のコントローラーを『RISE FROM LAIR(日本未発売)とバンドルで10ドルプラスで、Xbox360の黒のコントローラーは『Too Human』とバンドルで。どっちのゲームもすぐにベストセラー入りだ!

■RPGプレイヤーであることに誇りをもたせてくれた。RPGゲーマーは、このリストにあるようなゲームをプレイする普通のゲーマーとはちがう。RPGこそ、本物のゲーマーのためのゲーム。

■『アンチャーテッド』、『アサシンクリード』、『ヘイロー』、『メタルギア ソリッド』のシリーズのどれか1本ぐらい入っててもいいと思うんだけど。『ゴッド オブ ウォー』や『バイオショック』は?なあ、頼むよ、みんな、もっといろんなゲームを楽しまないとだめだよ。

■『シムズ』、『ポケモン』、『ヘイロー』、『GTA IV』。このランキングは気に入らない。特に、『COD: World at War』が入ってるあたり。

■『はじめてのWii』は初心者には絶対なの!

■『はじめてのWii』はちゃんとしたゲームとは言えないだろ、だって。いっしょにするには、適格じゃないよ。

■こないだ『ファイナル・ファンタジーVII』の売上をチェックしたら、1000万本だった。『モダンウォーフェア2』がどうやってこの数字を上回れるって言うんだよ?疑わしいランキングだよな。

■↑『モダンウォーフェア2』は控えめに見積もっても6億ドル稼ぎ出してる。ここから、数字を割り出せる。PC版が49.99ドル、PS3とXbox360が59.99ドル、平均価格55ドル。6億ドルを55ドルで割ると、約1100万本。

■オレ、ハードコア・ゲーマーだけど、『ナムコ・ミュージアム』もってるよ。『ギャラガ』の楽しさったらねえ。

■疑問がある。「ベストセラー・ゲーム」ってどういうこと?ゲームの売れた本数のことか。それとも、稼いだ金額のことか?ゲームは、90年代に比べたらはるかに金がかかる。たとえば、1995年の新作ゲームは15ドルで100万本売った。今の新作ゲームは60ドルでたった50万本。昔のゲームは本数は出てるが、売上は今のほうが上だ。

僕はこのランキングを広義での「ベストセラー・ゲーム」としては信用してない。NPDがデータをどう集めて、どう公表してるのかちゃんと確かめる必要があるよ。なにかがずれてるから。



カジュアル・ゲームおよびカジュアル・ゲーマー叩きというのは、海外ゲームサイトでは珍しいことではございませんが、ほぼ90%以上が『はじめてのWii』の1位に「物申す」状態。
あまりに多すぎ、さすがに辟易いたしまして、大幅割愛させていただきました。


ふと思うところあって、検索してみた2009年の日本の本のベストセラー・ランキング(オリコン)↓。

1位 1Q84 BOOK1  (村上春樹)
2位 読めそうで読めない間違いやすい漢字  (出口宗和)
3位 1Q84 BOOK2  (村上春樹)
4位 「脳にいいこと」だけをやりなさい!  ((著)マーシー・シャイモフ/(訳)茂木健一郎)
5位 日本人の知らない日本語  (蛇蔵&海野凪子)
6位 告白  (湊かなえ)
7位 ドラゴンクエストIX 星空の守り人 NDS版 大冒険プレイヤーズガイド  (Vジャンプ編集部)
8位 Cher 09-10 AUTUMN/WINTER COLLECTION  
9位 バンド1本でやせる! 巻くだけダイエット  (山本千尋)
10位 オバマ演説集 生声CD付き  (『CNN English Express』編集部)

脳トレ風味、ダイエット、フィットネス、大物作家、ミステリー。ゲームというより、娯楽全体の傾向のような気もいたしてまいります。


<訂正>『Lair』→『RISE FROM LAIR』。ご指摘ありがとうございます。重ね重ね、すみません。


↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

↓アマゾンのゲーム売上ベストセラー1〜4位。
   
タグ:ゲーム売上
posted by gyanko at 00:24 | Comment(65) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。