2010年02月26日

海外ゲーマーの疑問 - どうしてマイクロソフトは、そんなに日本のことを気にするの?その1-

本日のトピックはGameTrailersのフォーラムから。

なかなか面白くて、ほぼ全訳になりました。今日と明日の全2回でお送りいたします。

以前に2006年のXbox360と日本の記事をご紹介したことがありましたが、この数年での違いを読み比べるのも一興かもわかりません。

いつもように、返信の遠いものは順番を入れ替えてあります。


■どうして、マイクロソフトはそんなに日本のことを気にするの?つまりさ、真面目な話、Xboxは日本では売れてないし、Xbox360の未来は破壊されてるようなものだろ。RPGだって連発したのに、それでもマイクロソフトは勝てない。なにがダメなのか。

僕が言いたいのは、日本より国が100倍デカい国での売上を心配したほうがいいんじゃないかってこと。FPSだってもっとほしいしさ!イェイ!

■↑はい?

■↑お前、いくつだよ?13歳か?

■↑やだよ。…もっとRPGほしい。オレがハッピーになれるから。

■なぜならば、だ。マイクロソフトは米国市場を取ったし、欧州の多くの地域もカバーした。残るは日本だけなんだよ。

■↑残るは日本だけだって(笑?欧州は、PS3が半分を取ってるか、そうじゃなきゃ、リードしてるぐらいだよ。日本はマイクロソフトが絶対に勝てない領域。

■どうしてかっていうと、日本にはゲーマーが山のようにいるから。ゲームでは、かなり大きな市場なんだよ。人はこれをビジネスと呼ぶ。

■日本人はアメリカ製品は嫌いなんだよ。マイクロソフト、日本はソニーに任せておけって。

■↑1945年(終戦の年)以来、日本人はアメリカ的な生活を基準に文化全体を作ってきたってのに?バカだな、お前。

■↑まったくね。なんだって急に、日本が自分のとこだけで回ってる、自己中心的な文化の国ってことになってんのよ。コカコーラを思い出せよ。

■↑オレは日本製品が嫌いだ。だから、ソニーは米国と欧州はマイクロソフトに任せるべきだな(笑。

■↑アップルやアメリカのテレビ番組は日本じゃえらい勢いで成功してる。マイクロソフトは、日本でソニーと任天堂に負けたことはわかってる。でも、目標は、足場を作っておくことなんだよ。次世代はもっとうまくやる。

■↑3度目の正直ってやつだな。

■↑ワパニーズっていっつもこうだよな。ソニーが米国のゲーマーをとりこもうとするのはいいのに、マイクロソフトが日本のゲーマーを獲得したいって思っちゃだめなの?

■↑アニメやマンガ以外でもワパニーズ的なものって広がってるんだなあ。興味深い。

■↑ワパニーズは、日本のものなら何でも愛してるっていう連中。で、基本的には西欧のものはぜんぶ嫌い。アニメが好きな人たちだけのことじゃない。どっちにしろ、信じられないぐらいにウザい。このサイトにやまほどいるよ。

■日本でXboxのファン層を作るってことは、次世代コンソールの土壌を今から作っておくってことなんだよ。

PS3だって、最初の数年は、実際のゲームうんぬんより、日本でファン層を作るためにものすっごい努力をした。

もし『ブルードラゴン』、『ロストオデッセイ』、『エースコンバット6』、『テイルズ』、そして、今なら『スターオーシャン4』とかがPS3で出ていたら、PS3のオーナーたちは大喜びだったろうね。でも、実際はXbox360で出た。ああ、失敗したって後で思うんだろう。

■人口。日本は世界で最も人口の多い国の一つ。テクノロジーとゲームの市場の中で、かなり大きな存在なのは言うまでもない。
たとえば、日本人はいまだにアーケードが大好きだし、…コンソールは一大商品。
今までだって、ずっとオレたちは、コンソールとゲームの最初の独占権をもっていたのは日本なんだって考えてきたろ。日本は、ゲーム産業の巨人が生まれた国の一つなんだからさ。

■マイクロソフトは、日本のゲーマーや開発会社とお近づきになりたいって思ってるわけよ。Xbox360が日本でポピュラーなコンソールになれば、開発だって乗ってくる。そしたら、マイクロソフトは日本のゲームを海外にもってこれるんだもの。

■そうだな。多少の意味はある。でも、マジで、マイクロソフトは日本人に気に入られるのに必死になりすぎてると思う。

■日本は、キー・マーケット。日本市場を押さえられれば、市場のだいたい半分は取ったことになる(まあ、そんなこと起こらないだろうけど)。そうなれば、欧州の状況がどうあろうと、次世代ではソニーの行く手を阻むことができる。
ゲームの売上って意味では、日本は大きな価値がある国なんだよ。

この件に関しては、オレをソニーのファンボーイって呼んでくれていい。マイクロソフトの日本での利益水準が上がらなかったら、年末には世界規模でソニーがマイクロソフトを追い抜く。
ソニー、任天堂、マイクロソフトにしたら、金と売上チャートが戦いのすべて。マイクロソフトは、現状維持のためにできることはすべてやってくるだろうね。

■↑気は確かか????? 自分が何を言ったかわかってる?…現実問題、かなり不可能。
事実に目を向けろ。PS3がリリースされる前に、Xbox360はすでに600万台出てたんだ。今、800万台になろうかってところ。PS3が近いところまで盛り返してくるかどうかも微妙だって…。

■↑気は確かだよ。ファンボーイってのは、言うことはいつも真剣なもんだ。話をされるときも、相手が真剣じゃないと、納得しないしね。

■↑日本ってのは、マイクロソフトにとって、勝てる見込みのない国だ。今も、これからも永遠に。
でも、幸運なことに、日本のゲーム産業も衰えてきてる。だから、マイクロソフトの日本での立ち位置なんて、もうたいした問題じゃないよ。マイクロソフトは、米国と欧州だけに焦点を合わせるべき。

■↑今までみたいに、ソニーから独占タイトルを奪い続けられないって。『テイルズ オブ ヴェスペリア』や『スタオーシャン』がもしソニーから出ていたら、今ごろマイクロソフトはどのへんにいたと思う?毎度毎度、ソニーから奪い取っていけるっていうんなら、まあ、ソニーも日本で完勝ってわけにはいかなくなるだろうけど(笑。

■↑マイクロソフトは資金が豊富だからね。だから、しばらくの間は、やつらがソニーを愚弄したって気しないことにしてる。

■日本に強いファン層を作らないとなあ。次機、Xbox720が出るときに、それが助けになるんだから。

■マイクロソフトが日本を気にするのは、そこにもう一つの市場があるから。単純な経済学だよ、本当に。敵を排除する方法をみつけ、最終的にトップに立つっていう。

マイクロソフトがゲーム産業に参入した理由の1つには、ソニーがプレステをコンピューター・エンターテイメント・システムとして売り出したからってのもあるんだ。コンピューターはマイクロソフトのメインの戦場だろ。だから、ソニーにドアから入ってこさせるわけにはいかなかったのさ。
今のところ、オレはPS3もXbox360もどっちも楽しんでるよ。両方の世界のベストを手にしてるってこと。

■マイクロソフトがJRPGを連発したのは、哀れを誘ったよね。
海外市場を気にかけるのはマイクロソフトが好きでやってることだけど、アメリカの普及台数だけだってXboxを支えていけるはずだろうに、日本人と近づきになろうとして、明らかにクソなゲームを作ってる。

マイクロソフトはゲームをだめにしてるよ。買うなら、レア(訳注:イギリスのゲーム会社。『パーフェクトダーク ゼロ』や『あつまれ!ピニャータ』。任天堂のセカンドパーティだったが、2002年にマイクロソフトに売却された)かそのへんだな。

■↑なにをバカなことを。『ロストオデッセイ』がどれだけ売れたか知らないのか?なにもないのに、Xbox360のユーザーたちがあれだけ喜ぶわけがないだろ。

■日本って人口どのぐらいなのよ?今世代になってから、日本じゃゲームはほとんど売れてないだろ。ほとんどのゲームが100万本も売れない。

■ベーシックな戦略だ。マイクロソフトは、Xboxがどこで売れてるか(米国)、どこで売れてないか(日本)を知ってる。だから、日本の人たちを喜ばそうとしてる。まず、見る、それから勝つ、そして支配だ。

■マイクロソフトは日本のことはもう気に病むべきじゃないよ。……なんがなんだって、日本の人たちは、良いゲームをプレイすることにたいして興味ないもの。



明日は、この続きでございます。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

   
posted by gyanko at 18:00 | Comment(157) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。