2010年05月14日

米国ウィキはそれをどう説明しているのか - ポッキーとヤクルト -

米国Wikipedia特集第5回でございます。
このたびは、ポッキーとヤクルト。どちらもわたくしが子どもの頃からある、もはや古典的といっていい食品。ほとんどのかたが一度は口にされたことがあるではなかろうかと思います。


ヤクルト

ヤクルトは、乳酸菌を使った牛乳のような日本の製品。スキムミルクにラクトバチルス・カゼイ・シロタ株を混ぜたものを発酵させて作る。

ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株を開発した代田稔は1930年に京都大学を卒業後、1935年にヤクルトの製造販売を開始した。
公式発表によれば、ヤクルトの名前は、エスペラント語でヨーグルトに当たる「jogurto」の古い形である「jahurto」から派生している。
ヤクルトによって、ビフィズス菌を含む一連の飲料が日本市場に導入され、また、ヤクルトにおけるラクトバシルの研究は化粧品の開発にも使われている。

最近、ヤクルト本社は、化学療法剤、イリノテカン(訳注:抗がん剤)の開発で大きな役割を果たした(カンプト、CPT-11)。


日本と台湾に導入された後、西欧世界でいち早くヤクルトが販売されたのは、1966年、ブラジルである。他国に先駆けて導入された理由は、ブラジルに多数の日本人移民がいたことである。
製造地がどこであれ、ヤクルトのバクテリアの培養は日本の母株から提供はされているが、こんにち、ヤクルトは31カ国で販売されている。

販売サイズは国によって異なる。オーストラリア、欧州、インド、インドネシでは、65 mlのボトル。北米、南米、日本、フィリピン、韓国(야쿠르트という)では、80 mlのボトルで売られている。ヤクルトの最大販売市場の1つであるメキシコや、タイ(ยาคูลท์という)、シンガポール(北京語で益多、英語ではYakult)、台湾、中国(養樂多)、米国も同様。香港(益力多)では、100 mlのボトルである。

ヤクルトは株式会社ヤクルト本社の製品である。同社はまた、日本のメジャーな野球団の1つ、東京ヤクルトスワローズも所有している。

↓左→右下へ、シンガポール、オーストラリア、ブラジル、中国。
220px-SG_Yakult_singapore.JPG 220px-Yakult_australia.jpg 220px-Yakult_brazil.jpg 220px-Yakult_china.jpg


成分(ヤクルトLightのような製品は別)

・砂糖(サッカロース、グルコース。酸味を甘味で調整するため)
・スキムミルク粉
・天然香味料
・65 mlのボトルに、生きたラクトバチルス・カゼイ・シロタ株が65億個
・水


科学的根拠

ヤクルトのサイトによると、ヤクルトの効用は一連の科学的研究によって裏付けられている。腸管内菌叢の維持、免疫系の調節、排便習慣や便秘の調整に良いというだけでなく、胃腸感染症のいくつかにも効用があるという。

学術論文の量は確かに膨大で、ほとんどが管内および生体内実験を元にしたものではあるが、日々、体内で消費されているラクトバチルス・カゼイ・シロタ株の数は、1本のヤクルトに入っている65億個をはるかに凌ぐ、400〜1000億個であるという臨床実験もある。

栄養成分

スタンダードなヤクルトは、ヤクルト100グラムに対して18グラムの砂糖が入っている(ヤクルトのボトルは65 mlではあるが)。この濃度は、英国フード・スタンダーズ・エージェンシーが定義する「高い」レベル(100グラムに対して砂糖15グラム以上)より上のものだ。

コカコーラやオレンジジュースは100グラムに対して砂糖10グラム程度だが、提供サイズが250 ml以上のものが通常であり、合計の砂糖含有量はヤクルトよりはるかに高い。

乳タンパク質の含有量に基づけば(100 mlに1.4グラム)、これは国際食品規格委員会が定める味付き発酵乳には入らない。が、世界市場にはヤクルトのような製品が多く存在することから、現在、発酵乳の食品規格に新しいカテゴリが生まれようとしてるところである。

栄養素分析のガイドラインに従い、EUの現在の栄養機能表示に関する規則では、栄養的にバランスが取れていない食品に栄養機能表示をつけることが許可されてはいない。が、乳製品や乳酸菌飲料は、悪いところもあるが好ましいものとして考えることができそうである。というのは、健康への効能が、不健康な成分の量を上回っているからだ。●



↓米国のヤクルトのCM。さわやかなアメリカ人家庭の朝ーって感じが出ております。
Yakult USA Commercial


↓こちらは、……国名はわかりませんが、日本人の博士が出てまいります。
Yakult



さて、お次はポッキーでございます。


ポッキー

ポッキーは日本のスナック食品。日本の江崎グリコが製造している。

歴史

ポッキーが最初に販売されたのは1966年である。チョコレートでコーティングしたプレッツェルであり、名前は、ポッキーをかじるときの音、ポッキンという擬声語にちなんでいる。

オリジナルが発売されたあと、1971年にアーモンドでコーティングしたアーモンド・ポッキーが、1977年にはストロベリー・ポッキーが続いて発売されている。
今日、製造ラインには、ミルク、ムース、緑茶、バナナ、ココナッツなどのフレーバーをコーティングしたバリエーションがある。
ポッキー・デコレのようなテーマをもった製品もあり、カラフルでデコラティブなストライプのコーティングになっている。メンズ・ポッキーはダークチョコレート(ビタースィート)を使った大人バージョンだ。


日本および海外での人気

ポッキーは10代の間であっという間にヒットし、(現在も)日本で大変な人気がある。バー等では、氷水の入ったグラスで提供されることもある。また、中国や韓国(ペペロという類似商品は韓国ロッテによるコピー製品であり、ポッキーの現地名ではない)といった東アジアでも、存在感の大きい商品となっている。

欧州では、Mikadoという類似商品がLU Biscuitsから販売されている。Mikadoは、多くのインターナショナル・フード・ストアはもちろんのこと、ほとんどのスーパーマーケットに並んでいる(訳注:類似商品となっていますが、ポッキーのようです。「痘痕(あばた)のある」という語や男性器の隠語と同綴異義語のため名称変更)。

マレーシアでは、ポッキーはロッキーと名称を変更された。おそらく、マレー語の下品な言葉と響きが似ていたため、避けたのであろう。が、オリジナル・バージョンのポッキーは、通常、マレーシアのショッピングセンター内にある輸入店で簡単に入手できる。

米国、カナダでは、ポッキーは、アジアン・スーパーマーケットや、ワールド・マーケット、HEB、ウェグマンズといったほとんどの大きなスーパーマーケットのインターナショナル・コーナーで見つけることができる。f.y.e、ウォルマート(アジアン・フード・アイル)、書店のボーダーズのほかにも、ターゲット、ウォルグリーンズにも置いている店舗はあるし、アニメのコンベンションの販売ブースで売られることもある。
米国でのポッキーの販売展開はLU(チョコレートとピーナツバターの2種)と米国江崎グリコのアメリカ部門(チョコレートとストロベリーの2種)が担当している。


オーストラリアでは通常、他のアジア食品や製品とともに、アジアン・コンビニエンス・マーケットで売られている。

2008年9月30日、香港当局が、中国で生産されたコーヒー・クリームをコーティングしたメンズ・ポッキーからメラミンが検出されたと発表した。江崎グリコはこの汚染に関してすぐにコメントは出さなかった。メラミン含有量のレベルは43 ppm(合法限度は2.5 ppm)だった。


ポッキーの味

ポッキーには、チョコレート、ストロベリー、アーモンドといった数々のバラエティがある。変わったフレーバーとしては、四季折々の味、蜂蜜(春)、キウイ・マンゴー(夏)などもある。チョコレートのビタースイート・バージョンはメンズ・ポッキーとして知られている。

ご当地味としては、ぶどう(長野)、夕張メロン(北海道)、夏ミカン(九州で売られている)、抹茶あずき(京都)、神戸ワイン(神戸)、5種類のベリーを混ぜたもの(五果)などがある。

また、バナナ、コーヒー、キャラメル、マーブル・ロイヤル・ミルクティ、メロン、ミルク、チョコバナナ、クリームチーズ、ベリー、サツマイモ、ココナッツ、クラッシュ(砕いたクラッカーがチョコレートに入っている)、パイン、カボチャ、ヘーゼルナッツ、黒ゴマ、キナコ、栗、ブラジル・プリン、ミカン、ブルーベリー、リンゴヨーグルト、緑茶なども揃っている。

ポッキーの特製バリエーションには、ポッキー・デコレ(よりデコラティブにアイシングを凝らしたものやムース・ポッキー(より厚みのあるクリーミィなムース状のアイシングが施され、値段も高い)がある。他のポッキーのバリエーションとは違って、ムース・ポッキーは、通常のポッキーより内容量が少ない。1パックあたりたった9本だ。

他には、マイ カロリー ポッキーという普通のチョコレート・ポッキーの4分の1しかカロリーがないものもある。

関連商品はプリッツ。ポッキーの素焼きバージョン。フレンチ・トーストのような甘いものはもちろん、トマト、ピザ、サラダ味などがある。


発音

英語圏では、ポッキーの発音のしかたに混乱がある。日本語のポッキーは[pokːiː]と発音する。この発音とローマ字の綴りが、英語の「rocky」と似ているため、rokkīという日本語をわざとpɒki/と発音していると受け取られた。


大衆文化

・アメリカのインディ・ロックバンド、Superchunkが、アルバム名に『No Pocky for Kitty』とつけた。
・『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ』の主人公、洋子は店に立ち寄ると、必ずポッキーを買う。


グリコ・森永事件

グリコのお菓子に毒を入れるという怪人21面相の脅迫により、店の棚からグリコの製品が大挙して消えるという事件が起こった。巨人の野球帽をかぶった男が、店の棚にグリコのチョコレートを置こうとしているところがセキュリティ・カメラで撮影されている。この男が、怪人21面相の黒幕と考えられている。セキュリティ・カメラの画像は、事件後、一般公開された。



ちなみに、米国アマゾンのポッキーのカスタマー・レビュー↓。

評価:★★★★★ 素晴らしい買い物
これの凄いところは、食べ始めるとやめられないところなんだ。最安値のところで次はもっとたくさん買うよ。

評価:★★★★ 凄い
ポッキー、だーーーい好きなんだ。Lucky'sで一度買ってから、止まらなくなっちゃった。チョコレートにコカインでも入ってるんじゃないの。良い商品だよ。悲しいのは、熱い場所で運搬されたか保管されてたかで、チョコレートがちょっと溶けてくっついっちゃってたこと。でも、まあ、引き剥がすのにたいした労力がいったわけじゃないからいいけどさ。

評価:★★★★★ 良品
バケーションのときにポッキーを買ったんだ。美味しかったんだけど、アジアン・ストアのない場所に住んでるから、インターネットで通販するしかなかった。

評価:★★★★★ おいしー
ポッキーは信じられないぐらいに良いスナック。いや、それ以上かな。Very Asiaの包装には感動したよ。馬鹿なことに、夏のクソ暑いときに、チョコレートみたいな溶けやすい商品を注文したことがあるんだ。僕が注文したデザート・ポッキーは100度の熱にさらされて、液体になっちゃってた。だから、今回も10箱ぜんぶ溶けちゃってるかなって思ってたけど、彼らは「熱にさらさないで」ってちゃんと箱に書いてくれてて、オレのポッキーは完璧な状態で到着!(まあ、ちょっとくっついてはいたけど)。Very Asia、今はどこよりも愛してるよ。


↓こちらは台湾のポッキーCM。出ている女の子が大変にかわいいです。
王心凌−格力高「Pocky」CM



ポッキーのバリエーションは言うに及ばず、昨今はヤクルトも種類が豊富なようでございます。Wikiepdiaに指摘があった、糖分の多さや乳酸菌の数はすでにクリアしている模様。

・ヤクルト カロリーハーフ:甘さ、カロリー50%カット。
・ヤクルト400:400億個の乳酸菌シロタ株。
・ヤクルトSHEs:コラーゲン配合
・ヤクルト400LT:ヤクルト400からカロリー30%カット
・ヤクルト・300V:300億の乳酸菌シロタ株。+ビタミンC、E配合。
・食べるヤクルトSHEs:ヤクルトSHEsを固めた、食べるタイプ。

食べるヤクルト、おいしそうですなあ。


<追記>ヤクルトの画像を貼るのを忘れてました。


↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ


   
posted by gyanko at 18:00 | Comment(44) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

海外ゲーマーの反応 - 『龍が如く3』レビューと反応 -

本日は、3月に北米でやっとリリースされた『龍が如く3』でございます。

売上のほうは、Wikipediaには海外では12万本という記載があり、Vgchartzは米国10万という数字を挙げていました。話題性という意味では発売前の騒動が多少は功を奏したのかもわかりません。前作の5万本よりはだいぶ上回った模様です。

まずはIGNのレビュー要約から。


『龍が如く3』レビュー:8.5/10

・『グランドセフトオート』とJRPGの間に出来た子どもと表現したい。日本の怪しげな暗部を描いた緊張感のあるストーリー。あらゆる種類のサイドクエストができるオープン・ワールドな設定。敵の顔にバールを叩きつけたかと思うと、次の瞬間には、ブログに載せる写真を撮っているという、この2つの世界の繊細なバランス。格闘、ストーリー、クレイジーな奇妙さという3つの強みが効いてる。

・このゲームには、素晴らしく奇妙なものが散りばめられている。このおかげで、ゲーム内の探索もサイドミッションも実にエキサイティングなものになっている。

・『龍が如く3』は素晴らしいゲーム体験になる。ストーリーはクール、戦闘は楽しい、やることは山のよう。荒削りで、ゲームのペースや同じことの繰り返しという点では問題があるし、日本語音声のみということで離れる人もいるだろう。こんなゲームあったよなという気もするゲームでもある。
だが、こうした問題は、わくわくしながら日本の街を歩き回り、敵をぶちのめす楽しい旅の中で、ときには道が荒れるところもあるという程度の話だ。

プレゼンテーション:7.5
メニューがテキスト偏重で、直感ではほとんど理解できない。ムービーからムービーに繋がるのはやめてほしかった。

グラフィック:8.0
ゲーム内の背景はまあまあ。NPCはもう少し細部を描けたのではないか。が、戦闘はグレート。ムービーは驚異的。

サウンド:7.5
登場人物たちが何を言っているのかはわからないが、非常に響きが良く、音楽も僕的には好き。ゲーム内での英語はひどい。

ゲームプレイ:8.5
日本の街で敵を容赦なく叩きのめす。ここが凄いところ(ただ、新鮮に感じられないときもあるかもしれないが)。これに、サイドクエストとミニゲームが山のように入っているとくれば、納得の出来。

やり込み度:9.0
ストーリーを20時間プレイしたが、ステータス・スクリーンを見たら、僕はまだ全体のたった11%しかやっていなかった。アドベンチャー・モード、プレミアムニューゲーム、カラオケバー…こういったすべてが探索を待ってる。



他海外ゲームサイトのスコアはこちらから。なかなかの好評価でございます。

ユーザーの評価も、IGNのユーザーレビュー平均が8.8。GAMESPOTのユーザーレビュー平均が8.6と、こちらも不足はございません。


このレビューについたコメントです↓。


■『ゴッド・オブ・ウォー III』と『Just Cause 2』の後に買う予定。今は、もう少し戦場にいるときだからね。3月はすごすぎたわ!

■↑この凄いゲーム、『龍が如く3』を買う前に、その2作を買うって決めるなんてしくじったね、キミは。

■ローカライズで削除されたコンテンツをすべて復元したのをダウンロードで買えるようにしてくれるなら、このゲーム、買う。それまでは嫌。まあ、実際は年内に中古を買うよ、セガにはF*ck!だ。(訳注:海外発売にあたって、ミニゲームやサブクエストが一部削除されました。記事はこちら

■おー…これはクールそうなゲームだわ。いずれ買うだろうな。

■スイート。デモをプレイしたんだよ。買うつもり。

■すげえゲームだぞ!! レビュー、ありがとう!『龍が如く4 伝説を継ぐもの』もこっちに来ますように!

■このゲームが『ファイナルファンタジーXIII』の影に隠れてしまったことが残念だよね。

■ちょっと考えたんだけどさ……英語の台詞がないことを嘆くのって意味がないんじゃないかな。だって、テキストを読むっていうことなら、『ゼルダの伝説』だって台詞は話さないし、いっしょだろ。普通は、ただ次の行を読むためにボタンを押す必要がないってだけのこと。

■このゲームを買って、『龍が如く4』の米国リリースを支援するつもり。しばらく前から、このゲームはオレのレーダーに引っかかってたんだ。『ゴッド・オブ・ウォーIII』のあとに買うよ。

■最近、『龍が如く』の一作目をクリアした。その後、『龍が如く2』が出たと思ってたら、その後、いろんなゲームが出まくった。たぶん買う。2010年、なんていう素晴らしい年だよ。

■みんな、お願いだ、このゲームをサポートしてくれ!買ってくれ!!!!! そうすれば、『龍が如く見参!』も『龍が如く4』も来てもらえるかもしれないんだよ…

■えらい面白そうだよなあ。『龍が如く』のシリーズはプレイしたことないんだけど、デモをやってみたら、これがすっごいクールでさ。買うよ。『龍が如く3』、『FF XIII』、『ゴッド・オブ・ウォーIII』、『HEAVY RAIN』、『エンド オブ エタニティ』、『バトルフィールド:バッドカンパニー2』………おいおい、だよ。どうしてこうも同じ月に良いゲームが発売になるんだよ!!! 全部買ったら400ドルだぜ?!!!

■レビューを見て、それから自分の空の財布を見て、まず『FF XIII』。それから、『ゴッド・オブ・ウォーIII』の予約。チキショー、2010年、きっついわ!!!! プレイするゲームが多すぎて、ぜんぶやる金も時間もない……

■買ってくれ。こういう素晴らしいゲームをサポートするんだ!オレは今日買った!

■オレは知ってる。このゲームはグレートだって。『FF』と『龍が如く3』なら、オレは『龍が如く3』のほうがはるかに良いと思ってる。
それと、日本のPSNで『龍が如く4』のデモをプレイしてる人がいるなら、このゲームのクオリティとグラのアップグレード(信じられないぐらいだよ)が、もう、「米国と欧州で発売された即買い」ってぐらいエキサイティングだってことはわかってると思う。オレは、『龍が如く4』は欧州版のプレミアムバージョンを買うよ。だって、『龍が如く4』のDLCはブルーレイだからね。

■素晴らしいゲーム。ゲームプレイ部分だけでも、購入を勧めたいね。エクセレントな設定、複雑だけれどエンターテイメントなストーリー……。『FF XIII』と『ゴッド・オブ・ウォーIII』の影になったのがまずったな。

■Gamestopに行ったら、今日は置いてないって言うんだよ。あそこはダメだわ!後でBestBuyに行って、あるかどうか見てこようと思ってる……

■デモやったけど、個人的にはクソだわ。Xbox360のオーナーはくよくよするな。なにも損しちゃいない。
このゲームはくだらないクソゲーだってだけじゃなく、『シェンムー』のパクリだ。死んでほしいわ、マジで。…典型的なIGNらしいレビューだよ。パンチ、撃つ、で、ゲームスコアは8点以上。はいはい、けっこうなレビューでした。

■『龍が如く』は、『シェンムー』の魂の継承者だよ。本当にグレートな仕事。…オレは『龍が如く2』のほうが『シェンムー』より断然、楽しめた。グラは時代遅れだけど、それでもなおゲームプレイが大好き。……『龍が如く3』も当然買う!!!

■あの素晴らしい『シェンムー』の魂の継承者だとか聞いちゃうと、涙目になっちゃうよ!

■このゲームが日本で出たのって2008年だろ。それで、まだこんな凄いスコアを引き出せるのか(デモはすごく良かったよ。特に、カラオケのところ、面白かった)。このぶんだと、『龍が如く4』も早めにこっちにきそうだな。まあ、このゲームの売上いかんにかかってるだろうけど。良いレビューだったよ。

■デモはダメだったなあ。がっかりした、本当に。オレ、日本版の『グランド セフト オート』ができるって楽しみにしてたんだよ。でも、このゲームには『GTA』ほどの器に近いものはない(デモをやった限りね)。Wiiのゲームっぽいと思った。

声が当てられてなくて、ただ字幕だけがゆっくり流れてく箇所もあるし、戦闘の見栄えがマジでしょぼい。環境もインタラクティブじゃ全然ないし。このゲーム買うとか、ゲームにどれぐらい疎いやつなんだろ。買わないだろ、『ノー モア ヒーローズ2』ってタイトルに変えでもしない限り。

■↑>「戦闘はマジで見栄えが陳腐。環境もインタラクティブじゃ全然ないし。このゲーム買うとか、ゲームにどれぐらい疎いやつなんだろ」

僕は『龍が如く』についてはわからないけど(正直、興味ない)、キミが書いてるのを読んでると、それって『GTA IV』のことじゃないの?って思っちゃった。どうして僕が『GTA』が今世代最大の過大評価作品かって考えてるかっていうと、キミの言葉そのものなんだよね。

■思ってた以上に良いレビューだったけど、『ゴッド・オブ・ウォーIII』と同じ週のリリースってのがなあ!

■デモをプレイしたけど、すべてが完全にダメ。理由は、日本のゲームは自由に道を選べない、これに尽きる。ビジュアルは貧相だし、なにかっていうと退屈でつまらない不自然なムービーがでてくる。音も酷い。台詞は、許せないぐらいに説得力がなくて、愛想がない。文字通り、このゲームに好きなものを見つけられなかったよ。

■戦闘が古めかしいんだよ。グラも時代遅れ。キャラクターもフルボイスじゃない。字幕をスクロールして、自分で読まないといけない。これじゃ、良い物語の体験ができないよ。

『龍が如く4』はもう日本で出てる。もう彼らは、米国で出てる『龍が如く3』のことなんか忘れてるって。『龍が如く4』をこっちで同時リリースすることに注力すべきだったんじゃないか。
よく知らないけど、日本人は、このゲームで1998年あたりのなにかを感じるっていう体験をしてるんだろうなあって思う。

■『龍が如く2』はオレの一番好きなPS2のゲーム。戦闘のメカニックが古めかしいって言うけどさ、いまどきのアクション・ゲームの大半を見てみろよ。さして変わらないって。…このゲームの戦闘メカニックは、キミらが考えてるより深いんだよ。ボタンのロックをずぅっと押し続けてるだけ、その先もぜんぶ同じやり方っていうようなゲームじゃないからね、これは。

字幕を読むことに文句を言ってる人は、前世代のゲームは何もできないな。悲しいことだ。声優が声を当ててなくたって、ゲームに没頭することはできるんだよ。今、みんなが引き合いに出すRPGのほとんどは、声なんかついてない時代に生まれたんだ!

ナイスなレビューだったよ。買うよ。今世代で、格闘シーンが多い、こういうタイプのゲームが出るってのは、良い変化だよね。

■『龍が如く 龍が如く見参!』がほしいんだって。

■もう古いゲームだし、しかも全部日本語だろ。40ドルの価格設定にすべきだった。もう期限切れのゲームなのに、それなりの修正も入ってないんだから、正規の値段は払えないよ。売上が低迷して、数ヵ月後に値段が下がったら、たぶんチェックしてみる。

デモはプレイしたんだ。確かに面白かったし、これまでのとは変化をつけてきてた。まあ、ぶっ飛ぶってほどじゃあなかったけど。

■同意。ちょっと値段を下げるべきだったね。3月はすごいゲームが連発だったってのもあるし。40ドルになるまで、買ったゲームやりながらオレは待つわ。

■字幕だから減点だって?そういうやつは海外の映画は見れないな。だって、英語じゃないもの。

■今までそんなに『龍が如く』には興味がなかったんだけど、ちょっと惹かれてる。チェックするよ。ありがとう!

■このゲームは、今年の他のタイトル同様、素晴らしいよ。どうして値段や日本語音声に泣き言を言うのか理解できない。個人的には、ネイティブの言語でプレイするのがオレは好き。

オレの母親の母国語は英語じゃないんだ。だから、日本語より英語がいいやってこともないんだよね。それに、こっちじゃ声優なんて文化がないからね。ネイティブな英語圏の人間は、吹き替えをめったにうまくやってくれない。『FF XIII』が日本の声優じゃないって聞いたときは、がっかりしたもん。

字幕を読む訓練をしたほうがいいんじゃない?日本語のゲームに文句言ってないでさ。

値段に文句言うのもわからないな。10ドル高いか安いかって、そんなおおごと?しかも、こんなよく出来た独占ゲームなのにさ。

■『メタル ギア ソリッド』とか『龍が如く』とか。こういう日本のゲームの奇妙さが大好き。

ゲーム体験がずっと緊張感に満ちてるものにならないように、気楽な雰囲気のところもたまにあったりしてさ。まあ、結局のところは深刻な話にはなってはしまうんだけど。
バイオショック2』にしても『アサシンクリード』、『INFAMOUS』にしても『Demon's Souls』にしても、オレが最近やったゲームは、逃げ場のない海にどっぷりだったから、ちがうテイストを経験するのはナイスなこと。

■『龍が如く』は『グランドセフトオート』とはまったくちがうって。…日本版『GTA』とか比較するのを聞くとうんざりする(初作を見たときはオレもそう思ったけどさ…ちがう!)。グレートなシリーズだよ。日本文化が好きなら、…ストーリーは深いし、戦闘も良い。デモじゃ、ちゃんとわからないって。

■凄いゲームだよ。僕なら9点だ。『GTA』と『鉄拳』を混ぜた感じだと思うけどなあ。英語だったら9.5点あげちゃう。PS3オーナーはみんな買うように。

■このゲームが万人向けじゃないのはわかる。基本的に、愛憎劇なんだ。もしゲームに良い印象がないなら、それりゃそれでいい。でも、悪く言うことはないだろ。ゲームを最後までプレイもしてないくせに!デモじゃすべてはわからないよ。このゲームが本当にどれだけ深いかは。

■このゲームに、煽るやつらが付いてないっていう、ただこの1点だけで大好きだ。掲示板がファンボーイで埋まることもなく、レビュースコアに文句を言うのが仕事のやつらは言いたい放題。そういう意味で、『龍が如く3』=GOTYだ!

■わお!8.5か!ゲームの完全版はデモとはかなり違うってことだな。

■IGN読むのやめたくなった。……『龍が如く3』が7.5, 8.0, 7.5, 8.5, 9.0で8.5なんて…。『FF XIII』は、9.5, 9.0, 9.0, 8.5, 8.5で8.9だぞ?! しっかりしろ!!!
100時間以上やりこめる『FF XIII』がやりこみ度8.5なのに、……だったら、『FF XIII』は9.0とるべき。

■良いレビューだったよ。でも、スペルや文法のミスがいくつかある。戻って、さっさと修正するんだ。ヤクザは誤字は許さない。

■このレビューを読んだ人たちってほとんどが『龍が如く2』をプレイ済みの人たちなのは間違いないと思うんだ。みんな、このゲームがどんなゲームなのかわかってるし、大半は字幕のほうが好きでしょ。

それと、このゲームは日本を舞台にしてるってことが大事なところ。日本にいる日本のマフィアの話なんだから!

■日本版のホステスバーが削除になったことには、誰も何も言わないの?セガが削除したのはこれだけじゃないんだよ。……それでも、買う価値はあるけどさ。

どうしてこんなダメな子扱いされるんだろう、オレたち。(ホステスバーを削除されたのは)オレたちが、なんか上品ぶってるやつらって思われてるから?チキショー、セガめ。

あ、でも、吹き替えがないのはよかったわー。オリジナルの言語のほうが雰囲気でるもの。イタリア語の『アサシンクリード』も良かった。『シェンムー』なんて日本語じゃなかったらどうなってたんだろう?

■↑ホステスバーが大事なら、日本版を輸入して、翻訳ガイド付きでプレイしてろ。
オレは本当に失望してる。それは、このゲームを出してくれと頼みこんだあげく、ついに手に入れたっていうのに、今になって、CGの女とデートが出来ないから買わないなんて言ってるやつらにだ……。

このゲームが売れなかったらお前らのせいだ。売れ行きが悪ければ、『龍が如く4』のリリースは行き詰るんだぞ。

まあ、お前がそういう連中の1人だとは言ってない。だって、お前はとにかくも、買うとは言ってるからな。ただ、みんな、コンテンツの削除のことばっかり強調しすぎなんだ。そんな深刻な話じゃない。ストーリーにもゲーム自体にも話の流れ的にも、たいした影響はないんだから。

■↑落ち着け。オレはただ正直に言っただけ。ゲームのコンテンツを削除するってことは、絵画の一部を切り取るのと同じことだ。CGの女どもなんてどうでもいい。ただ、検閲されることが、どんな形であれ、許せないんだ。ゲームはオレたちみたいな人間にとってはアートだ。削除なんていう判断は苦痛でしかない。

事態の大小はとまれ、どこがどう違うのかはレビューで確かめたいと思ってる。『龍が如く4』はくるよ。『龍が如く3』はみんなの予想以上に売れるはず。見てろ。このゲームを抗議のために買わないやつらなんてどうでもいいわ。

■最初から最後までグレートなゲームでした。うん、クリアしたんだ。もっとも、メインのストーリーと一握りのサブクエストだけだけど。数ヶ月内に再プレイするよ。ぜんぶやりたいからね。

■格闘、箱庭、それにRPGを混ぜた感じ。

■日本版と西欧版のちがいね(訳注:違いがあるもののみ)。

日本版/西欧版
総数 633/619
キャバレー 10/0
ミニゲーム 20/16

サブシナリオ 123/121
ミッション 103/101

PSNトロフィー 50/45
ブロンズ 43/36
シルバー 3/5

■↑おー、ありがとう!

■誰か、力也のストリップ・クラブでのイベント見た人いる?

「気をつけろ。お前みたいなチンピラ、オレには朝食代わりだ」-一馬

笑った。なんという古典的なサイドクエスト!大好き!良いものをこっちにもってきてくれてうれしいわ。

■↑あそこはグレートな台詞だったよなあ。朝食って(笑。オレが好きなクエストはアクション映画をつくるやつ。17時間プレイしてて、メインストーリーがあんまり進んでないんだ。サイドクエストばっかりやってる。オレ的にはマジでクール。

■ついに買ったよ、昨日。…最高。面白い。上のほうで、ダメだって言ってた人、もったいないね。……みんな趣味はちがうってことか。オレはここまでのところすげえって思ってるよ。しばらくはネットはやんないよ。

■かなりウザったい。なにかっていうと、すぐにランダムで戦闘になるんだもん(楽しいっていうより面倒くさいよ)。孤児を追いかけますような、くだらないサイドミッションがしょっちゅう出てくるし。

ストーリーは、よく言っても2流(このシリーズのファンじゃない限り)。ゲームの流れも、すっごいだるい。最初の2時間は、本当に最悪だった。ショッピング、料理、小さい子どもの手助けとかやらされて。このゲームをやるんだったら、『GTA IV』をプレイするほうを薦めるよ。

■クリアした。良作。

頭にきたところは、『龍が如く2』ではクリアしたあとでプレミアム・モードをやると、すでにプレイしたクエストはやらなくてよかったんだ。だから、ゲームがすっごい速く進んでくし、やってなかったクエストに集中できた…でも、『龍が如く3』じゃ0%からの再スタートなんだよ!! また最初からかよ?って思ったわ。

このゲーム、NORMALモードのほうが簡単そうだったから、もう一度NORMALでやってから、その後、HARD、 EX-HARDに挑戦する予定。できるかどうかはわかんないけどね。

■西欧で10万。2週間の売上としてはかなり良いな。

■『GTA』はぜんぶプレイしてるけど、『GTA IV』は10時間で飽きちゃって、クリアしたのは数ヵ月後だった。退屈すぎて、一週間でクリアなんて無理だったよ。

『龍が如く3』の好きなとこは、RPG要素と街の人たちと交流できるところ。『GTA IV』より、入れる店も多い。ストーリーも『GTA IV』より深いね。もっとも、『龍が如く』は独自のジャンルだからね、『GTA IV』と比べるようなものではないけどさ。
日本語音声、英語字幕、これが最高のやり方だよ。

■『龍が如く』のものすっごいファン。『見参!』と『龍が如く4』だって輸入しちゃった。みんなよりお先にプレイするよー。

■わお。このゲームには驚かされたよ。…最初、「オレの拳で皆殺しにしてやる」ぐらいの態度でプレイしてたんだけどさ、……結局、13歳の女の子にアイスクリームをもってってあげたり、セガのUFOキャッチャーで猫を取るのに40分もかけたり、鬼ごっこしてみたり、…あ、あとカラオケも忘れちゃいけない。凄いゲームだったよ!(笑



コメント欄は、『龍が如く』にシェンムーを夢想しているファン、売上を心配してサポートを呼びかける人、『FF XIII』や『ゴッド・オブ・ウォーIII』と同時期の発売を惜しむ声とさまざま。


ただ、デモの評判があまり芳しくなく、ネガティブなコメントがちらほら。そこから、コメントが新しくなるにつれて、実際にゲームをプレイした人のインプレッションが増え、評価が好転していったという感じでございます。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ


   
タグ:龍が如く
posted by gyanko at 19:56 | Comment(59) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

海外の反応 - イギリス警察、スズキのハヤブサを採用 -

本日のトピックは、スズキのGSX1300Rハヤブサでございます。

Wikipediaによると。

「スズキが開発した海外輸出用の大型自動二輪車。その圧倒的な動力性能により、スポーツバイクの代名詞として広く知られている。米国MTT社のY2Kに破られるまでは、ギネス・ワールド・レコーズに「市販されている世界最速のバイク」として登録されていた。最高速、333.95km/h」

↓英国仕様がこちら(約140万円)。

hayabusauk.jpg

↓北米仕様がこちら。

hayabusausa.png

人気を実感したのは、YOUTUBEでの関連動画の再生回数の多さ。Hayabusaで検索すると、再生1,000万回超えのSuzuki Hayabusa with Turbo Vmax 390kmhGhost Rider 500Bhp Suzuki Hayabusa Turbo等を筆頭に、100万回超えがごろごろございます。
速さが知られているためか、ポルシェ911、スカイラインGTR、スープラ、コルベットZ06などなど、四輪車と速さを競う動画も数多いのが特徴的。

本日、ご紹介する動画は、英国で放映された番組かと思いますが、「英国警察が最高スピード190 mph(時速305.77 km)の日本のスーパーバイク、隼を採用、ビデオカメラを搭載して、ベテラン警察官が乗ります」という内容。カフェでバイカーたちの注目を浴びるさまも収録されています。

米国でも地域によっては隼を採用している地元警察があるようですが、英国では初の試みだったようです(2008年)。

UK Police using a Suzuki Hayabusa


再生回数、484,978回。コメント数、739件。この動画の人気が最も高い地域はこちら↓。

hayabusapolice.png

コメント数が多いため、隼に関するものを中心に、最初から順番にお送りいたします。


評価の高いコメント

■つまりだ。この男の仕事は、GSX1300Rで他のバイクと一日中、レースをして、それで金をもらうことだというわけだ。オレの仕事のバカバカしさったらねえわ…(+10)

■爆笑。警察は嫌いだが、隼に乗った警察官ほど怖いものはないって言わざるをえないよ。でも、この男、マジですげえクールだ。アメリカにも、100万枚の違反チケットを切って、できうる限りすべての人間を執行猶予にして金を搾りとる以外にも能がある警官がいればいいのにな。(+9)


---------------------------------------

■この警官に神の恵みがありますよう!四輪のやつがバイカーにちょっかいを出して、切符を切られてビビるところがよかったわ。バイカーのほうが挑発したって四輪のやつは言い張ってたけど、事実は、ビデオに撮られてるからな。あの馬鹿が、無謀な運転をして、2人のバイカーを危険に晒したんだ。バイカーがウィリーしながらやつの車の窓におしっこをかけても、オレはいいと思うぞ。四輪のドライバーに、他人の命を危険にさらす権利なんかないからな。まあ、ラッキーにも起訴はされなかったが。

■そのターボはどこで手に入れたんだ?速そうだわ(笑。

■そんなに早くはないよ。ドゥカティ1098R(Sもそうだと思うが)同様、(訳注:最高速とは別に、リミッターで)速度が制限されてる。えらい長い直線でもない限り、そんなスピードを出す必要もないしね。必要なのは、加速が早いバイク。ブサ(訳注:ハヤブサの愛称のようです)にはそれができる。

■オレのブサ、ターボついてるよ。これはね、スピードに「気狂い沙汰に、稲妻のごとく速い、超間違いなく、最高の」っていう、ちょっとした形容詞をつけるためだったんだけどね。

■200 mph(訳注:時速320 km)以上を出すには相当なパワーがかかる。オレの知ってるステージ1キットのターボのブサだと、220 mphで270〜300 rwhp(後輪の馬力)ぐらい。400〜500馬力のモンスターもある、これだと230〜250 mph以上を簡単に出せる。たぶん、警察用としては実用的なバイクじゃないけどね。最近は、200 mphを出してもいいぐらい道がガラガラの場所も時間もそんなにないもんね。

■二代目(訳注:2007年発売)のブサをもってるやつが何人かいるけど、やつらが言うには、完全にモノが違う野獣だってさ!一回乗ってみたいわ。安全運転しような!

■英国バージョンは202 mphまで出せるよ。オレのみたいな2008年最新バージョンね。でも、EUが186 mphまでって制限してる。

■いや、実際は180〜190 mph(持続288〜304 km)あたりなはず…。僕はまったくスピードを出さないけど、タイヤが時速300キロで跳ね上がるまでどのぐらい時間がかかるのかな(長い直線でもない限り、ちょっと(運転中に)下を見ただけで死ぬぞ)。

■欧州の警察はもっと良い乗り物に乗ってるけどね。ランボルギーニ・ガヤルドとかポルシェ911ターボとか。(+2)

■オレ、亜酸化窒素をハヤブサに使ってるから、この警官だってオレには追いつけないよ。オレのほうが速い。

■↑…クールだろって?ガキが。

■190 mph以上出るって。リミッターがついてるんだろ、たぶん。

■メキシコにこういう警官が3000人ぐらいいたらなあ。ここの人たちはバイクに対してリスペクトがない。

■ハヤブサを使うとはグレートなアイディアだ。違反者を捕まえるってことじゃなくてさ、バイカーならほとんどが、ハヤブサより速く走るのはたやすくないってわかってるってことね。バイクに乗る訓練をしてるやつならとにかく。ただ、バイクに乗るやつが減るかもなあ。

■バイクに乗って楽しむのに、嫌なやつになる必要はない。四輪のやつみたいな馬鹿、大嫌い。どうして四輪のドライバーにはバイクに恨みをもつやつがいるんだろう。怖くてバイクに乗れないから?それとも、自分たちが車に閉じ込められてる横で、楽しそうにバイクに乗ってるから?こんなやつら絞首刑になればいいのに(笑。

■イェー!警察も賢いやり方をするもんだ。かりに違反者がヤマハR1とかスズキGSX-R1000に乗ってたとしてもだ、バックミラーにブサの姿が映ったら、もう諦めるしかないからな。

ポーランドの警察ももっとブサを使えばいいのに。こっちには、若くてアホなバイカーがたくさんいるからね。ここの警察がプライベートで乗ってるのは、ホンダのブラックバードやR1だな。

オレは、ハーレー。だから、スピードを出して車体が引っ張られたり、ウィリーするなんてことは心配しなくていい(笑。安全運転ドライバーだよ。(+2)

■警察はもっともっとバイクを取り入れるべき。スーパーバイクは200 mph近いのに、警察が使ってる四輪よりぜんぜん安い。

この動画のやつみたいな最新のスズキのハヤブサなんて、たった8999ポンド(約120万)だぞ。

■この警官、世界最高の仕事に就いたな。…ハヤブサに乗って、金を稼げるんだもん。(+3)

■クラークソン(訳注:英国の車番組、『トップギア』の司会者)は正しい!アウディに乗ってるやつは馬鹿ばっかりだ。四輪にしか乗らないやつってのはアホだよな。(+2)

■これこそが、良い仕事ってもの。(+2)

■今日、ナイスなブサを見て、音を聴いてきたよ。オレの友達の家にガソリンを取りにいったんだけど、そしたら彼の父親がふっといパイプのブサをガレージから出してきてくれた。ちょっとエンジンかけたら、もう超良い音なんだよ!

■良いバイクを警官に与えるんじゃない!!!!……警官は最低だ。こんなクールなバイクを運転するには値しないやつらなんだから。

■僕の国にもバイクの警官はいるんだけど、良いバイクじゃないんだよね。最高で120 mph(時速192キロ)がせいぜい。……旅行用のバイクみたいな感じ。

■オレは警察に税金を払ってる。彼がバイクを乗ることに問題はなにもない。でも、ブサはねえだろう。オレには買う金がない。なのに、やつらは乗れるだ?結論を言えば、警察がそれほど早く飛び出す必要があるのか?200 mphのバイクが必要か?警察ってのは、安全運転の模範をしめして指導する側であるべき!!

■「模範をしめして指導する」か。動画の中で、警官が、直線でほどんどすべての製造バイクを捕まえられるバイクを自分たちは使ってるんだって見せびらかしてるところ。あれが、それかもな。イタリアの警察はランボルギーニに乗ってる。似たようなアホらしい話よ。

■ブサはねえよな。税金の無駄遣いだよ。

■ランボルギーニやらブサやら、購入価格はもちろん、こういうのを維持する経費が高すぎて、正当化できないってことだよな(有罪判決を受けた犯罪者から押収したものだってんならとにかく)。路上の車やバイクの98%は、普通の警察の車をカーチェイスで負かすほど早くないって。警察にはヘリだってあるんだし、カーチェイスのときは増援だってくるわけだし。

■同じ性能の40000ポンドの車よりいいだろ。

■↑同意。オレは嫉妬してるんだな。無料のハヤブサ、無料のタイヤ、無料のガソリン、チェーン、スプロケット、保険、修理、車検。無料のハヤブサだぜ、だって!!!!

■140キロを超えるとオーストラリアじゃとっ捕まる。だから、平和なもんよ。

■ほとんどのスーパーバイクのオーナーは、自分たちが、いともたやすく警察なんか振り切れるのをわかってる。だから、警察も力をつけたってことさ。世界最速のスーパーバイクの1つでね。バイカーは、スピード違反について考えなきゃだめだよ。

■警察の目論見は、どんなライダーでもブサで追いかけてやるってことではないんじゃないかな。抑止力だよ。その地区でスピードを上げる前に、バイカーにちょっと待てよって思わせるための。

■パトロール・カーをゴミみたいに思って面白がってる多くのライダーたちを捕まえるには、速いバイクが必要だってことなんだろう。オレもバイカーだから、バイカーに思うところがあるってわけじゃないけど、まあ、良いアイディアだとは思うね。

■ブサがもうスピードキングじゃないのが残念だよ。カワサキのZX-10ならブサを追い越せるもんな。

■ワシントンDCにもハヤブサの警官がいるよ。カッコいいよ。おっそろしいほど早いし!

■オレのとこ、テキサス、それからアーカンソーにもいるって聞いた。押収品のバイクなんだろうけど。ラッキーなやつらだよ。

■ハヤブサって、マジでマジで不細工だし、太い。…ま、イギリス人もデブだからな。

■↑キミはどれだけクールなやつに乗ってるわけ?そのまま、趣味の悪いままいてくれよ。キミがどんなちっちゃなバイクに乗ってたとしても、オレは、オレのデカいブサに乗りつづけるつもり。

■イギリス人がブサに乗るのが気に喰わないアメリカ人がたくさんいるのが面白いね。

■エセックスの鉄道警察がエボに乗ってるのは見たことある?バイクはホンダ、クールだって思うよ。

■地元警察がスーパーバイクに乗り始めたりしたら、ちゃんと法規を守ろうって確実に思うだろうな。

■情けない。……四輪に乗ってるのにバイクが怖いって思うか?なにがしたいんだ、やつらは。中指でも立ててからかうとか?もっと速く走ってみせるとか?オーノー!ハハハ、軟弱モノが。

■↑お前がガス欠になるまで追いかけてくるだけさ。

■ハヤブサはたぶん210〜220出せるよ。問題なのは、190 mphを超えると、ライダーの背中が羽がわりになって、バイクが地面から浮き始めるってこと。グリップ、安定性、コントロールがなくなる。バイクは200 mph以上を出すだけの十分なパワーを持ってるけど、空気力学的に安全じゃないんだよね。

■空気力学的にも安全です!そういうふうにブサは設計されてるんだから、スピードのために!走っている状態のライダーに空力がかかるようにデザインされてるの。
それに、速いほうがバイクは安定するんだよ。ホイールがジャイロスコープの役割を果たしてて、車体は上向くけど、ブサの重さのせいで、地面から浮くのはかなり難しいんだ。

■リミッターなしで204。ターボに窒素で220だな。EUだとトップスピードが186っていう制限があるけど、5速でなら出せる。でも、そんなスピード、オレのバイクで出す勇気はないわ。血に飢えたブサが、オレの腕をもぐだろうから。

■ブサのトップスピードが190なんてなあ?220以上いくのに。

■ちがーーーう!!!…GSX R300みたいなハヤブサは時速320〜340キロいく。実際は290キロまでっていう限度はないからね。290でリミッターがかかるなら、それはGSX1000のブサ。

■確かなことは、ヤマハのサンダーキャット600に乗ってる友達が一年、乗りこなしても、オレのブサには追いつけなかったってこと!

■ハヤブサは、Falconの日本語。

■ハヤブサって日本にいるのか。

■イギリスは終わりだ。ハヤブサ+警察=自分たちの首を絞めてる。



バイクのシャシーの「隼」という漢字がカッコいいですなあ。…小学生みたいな感想でございますが、これはもうHayabusaより隼のほうがあきらかにクールなのではないか、と。
よく海外のかたが漢字をクールと言いますが、ちょっとわかったような気になった動画でした。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ


   
posted by gyanko at 18:14 | Comment(103) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。