2010年09月08日

海外の反応 - 天野尚のネイチャー・アクアリウム -

ようやく一雨くるようですが。9月というのに、お暑うございます。

本日は短めに。少しでも涼しいものをということで、以前もご紹介した天野尚のアクアリウムでございます。

amanotakashi.jpg

天野尚:ネイチャー・アクアリウムを提唱(詳細はこちらのエントリで)。
高品質な製品作りと『世界水草レイアウトコンテスト』の主催で知られる、アクアリウム製品会社、ADA(アクアデザインアマノ)の創業者。
『世界水草レイアウトコンテスト』:2010年は55カ国から1819作品が応募。歴代の受賞作品はこちらの動画で。


コメントは2本の動画をまたいでお送りいたします。(最初の動画の2:23の水槽だけ、天野尚ではなく、James Hoftiezerというアクアリストのもののようです)

ACUARIOS - Takashi Amano


再生回数、209,062回。コメント数、件。この動画の人気分布マップはございませんでした。

もう1本はこちらから(再生回数、123,965回。コメント数、144件。この動画の人気分布マップはございませんでした)。


評価の高いコメント

■ほとんどの人たちは、こんなふうな水景を維持して、かつ水槽をこれほど美しく澄んだ状態に保つのにどれだけの手間がかかるかわからないだろうと思うよ。(+19)

■こんな美しい水景を見てると、電気代が大問題だってことを忘れちゃうよ。ともかく、僕にとって大事なことは、ここを訪れて、彼らに敬意を表したいってこと。


■達人に敬礼。

■天野尚って、熱帯魚雑誌のライターなんだよ(訳注:Tropical Fish Hobbyistという米国の雑誌)。彼のコーナー、大好きなんだよね。

■こんなふうな流木をどこで見つけてくるんだろう。山とかで見つけたものを水槽に入れていいものなの?

■↑だめ。拾ってきた流木にそれなりの処理をするなら、入れてもいいけど。

■↑かなり長いこと水の中に沈めておかないとだめだな。流木ってのは腐食してるから、そのまま水槽に入れると問題が出てくる。池かどこかの水域に沈めておいてからだ。

■良いのは認めるけど、自然そのものには見えないなあ。嫌味じゃないんだよ、ただ、これを川や湖、池に見立てろって言われても僕には難しいってこと。

■↑庭みたいな自然と考えるんだよ。庭は正確には自然そのままではないけれど、植物から出来てるだろ。

■↑あのな。川や池のように見えるように作ってるってことじゃないんだよ。「自然な」水景って意味。小さい本物の池を作ったりするような、風景に見えるアクアリウムは、ビオトープって言うの。

■私たちの歴史において、あなたは偉大なアーティストだ、マエストロよ。ありがとう、芸術は前に前進しているんだな(訳注:ロシア語→英語の機械翻訳)。

■ただもう一言、美しい水槽!!!(訳注:スペイン語)

■眺めてると、魂が体から抜け出てくような感じがする。

■素晴らしい仕事だ。……こんな芸術作品を作りえる創造的能力と技術的な知識が羨ましい。(訳注:スペイン語)

■感動的。(訳注:スペイン語)

■こんな素晴らしい芸術作品のコレクションをありがとう。(訳注:イタリア語)

■凄い淡水アクアリウムだわ。こういうビバリウム(訳注:生体の生息環境を再現した飼育施設。アクアリウムもその1つ)をやろうと思ってるんだ。エビ、アフリカガエル、ベタを入れてね。淡水水槽のほうが、海水水槽より僕には楽しいから。(+3)

■言葉がない!!!! すごいわ!(訳注:イタリア語)

■素晴らしいよね。こういう水槽を使って地球のことを考えてる人が一握りだがいる。美しいってこと以上に、こうした植物が地球環境を作ってるんだってことをみんなたぶん気づいてないんだろうな。動画で見たかったよ、生きている魚が動いているところを見れたらもっとよかったと思うから。至高のハーモニー!(訳注:アラビア語)

■これまで見た中で最も美しい動画の1つ。

■この地球をこれほど美しいものにしてくれているものは緑だよね。……

■凄い動画だ!AquariaSpot.comに動画の一部を上げてもいいかな。そうしたら、AquariaSpot.comのメンバーが楽しめる。

■ADA、最高。

■これを表現する言葉が見つからないわ。……グレート。夢のよう。

■天野は達人だよ。もしオレが金持ちで400ガロンの水槽をもってたら、彼に水槽のデザインを注文するもん。

■こんなに美しい水槽、見たことないわ!!

■ADAの水槽があんなに高価じゃなかったらなあ!良い水槽なんだけどさ。ああいう製品ってぜんぶ天野がデザインしてるの?

■サンフランシスコの日本街にアクアフォレスト・アクアリウムズ(訳注:米国初のネイチャー・アクアリウム専門店)っていう店があるんだ。そこで、天野尚スタイルのアクアリウムを販売してるよ。近くに行ったら、寄ってみる価値はあり。

■これは、日本のどこにあるの?

■↑新潟。

■初心者向けの21.5ガロンの水槽を注文したばっかり。ユニークなものになるといいなあって思ってワクワクしてるところ。

■天野尚は僕にとって神様。

■天野尚にちなんで、「Takashi」って名づけた水槽を始めたんだ。模倣は最大の賛辞だからね。

■どれも美しくて、どれが一番お気に入りか決められないよ。(+2)

■(訳注:2本目の動画の)1:11の水草はなに?

■↑コブラグラス。

■このビルごと全部の水槽を買えるぐらい、いつか金持ちになりたい。幸せだろうなあ。(+3)

■すべての水槽が凄い。知りたいのは、一年後も同じ状態を維持できてるのかってことだけ。

■家に天野の著作を何冊かもってる。確実にインスピレーションを受けたよ。……あとは、オレの水槽がこんなふうだったらいいのになあってだけ。

■彼の本は、もう長い間、魚と水草の水槽っていうのはこうあるべきっていう、ほとんどの人が支持してる基準だよね。

■眺めてると、泣きたくなってくるんだ。(+2)

■この水槽を作るために、アクアデザイン天野は世界中から金をかき集めてるんだよ!!!!

■ここに行ってみたい。……でもって、どれか1つほしい!真のインスピレーションの賜物だよな。

■彼は神だよ……(+3)

■彼はどこにいるの?そっちの方向にむかってお辞儀するから!(+4)

■ディスカスを群泳させてるのが、ラブリー。

■偉大なる巨匠!天野とメタリカ!(+4)

■言えるのはワーオ!これだけ。すごすぎ!(+3)

■歓喜の涙が流れたよ。あまりにも美しい。

■見てる間中、ワーオワーオワーオ言い続けだった。

■天野尚、最高だわ!!!

■素晴らしい!呆然とする。彼はこの水槽にどれだけのお金と手間をかけたんだろう。大勢の人がかかわってるんだろうね。(+2)

■どうしたらこの男と連絡をつけられる?こういう水槽がほしいんだ!

■↑何を言ってるんだか(笑。……彼の名前でググれ。水槽デザインというアートにおいて、あらゆる面で申し分のない才能をもったこの男のことが何でもわかるよ。

■天国じゃねえか……(+2)

■ホントに天国だよね…t(+3)

■ワオ。凄いわ。どんだけ大変だったろう、この水槽を作るの……(+3)

■ゴージャスとしか言いようがない。他にどう言えばいいのか。

■こういう水槽をやってるんだけど、本当に作るのにも維持するのにもお金がかかるんだよね。だから、1個でいい。増やしたくない。

■ノット(訳注:オリバー・ノット。ドイツ人アクアリウム・デザイナー)>天野

■↑マジで言ってんのかよ?? ノット<<<<<<天野だよ。

■ビューティフル。これはどこ?間違っても、このビルの電気代は払いたくないもんだ。

■↑ネイチャー・アクアリウム・ギャラリーは日本の新潟にある。天野尚はこの程度のビルぐらいは維持できる金持ちだと僕は思うけど。水草水槽とアクアリウム・デザインの世界では神様みたいに考えられてる人だもの。

■6:32の魚は何?知ってる人いる?

■↑レッドテトラって呼ばれてるやつだね。……もっと赤くなるんだよ。

■照明は何を使ってるんだろ。メタルハライドランプのように思うんだが。スペックが知りたい。

■あの水の澄みよう!どうやってるのよ?

■ADAは僕の人生を変えたよ……

■プライスレス。この男は宇宙人だよ。

■信じられない!ヒーターやら照明やらで、電気代は天井知らずだろうけどなあ。

■金があったらなあって思うねえ……。

■死んだ魚をどうやって取り除いてるんだろ。だって、こんなに水草を植えてたら、死骸を見つけるの大変だと思うんだよ。

■藻が繁殖しないようにどうやってコントロールしてるのよー??????

■まず良い水。それから、細かいところも管理して、こまめに気を遣ってる。実に美しいね。

■天野尚+メタリカ。オレは死んだ。天国に行ったわ。



週間天気予報では、東京は来週も30度を越す日が続くようです。埼玉は、土曜日が36度の予報。
ほんとにまあ、どうなっちゃってるんでしょうか。街を歩いてるだけで、ピラミッド作ったエジプトの奴隷ってこんなんだったんだろうなあ……って気分になりますです。


『FF XIV』の記事を、と考えていたのですが、記事本文の長さにくわえて、コメント1000件超え。こちらは週末にでも。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

   
タグ:天野尚 YouTube
posted by gyanko at 18:00 | Comment(58) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。