2011年03月10日

海外の反応 - 東京マラソンのコスプレが面白い -

本日はあっさりと。
こちらこちらから。


コメントに合わせて画像を貼っております。
すべての画像を大きなサイズでご覧になりたい場合は元記事サイトへどうぞ。


マラソンってのは、東京ではこういうものなんだなって僕は思った。

年に一度開催される東京マラソン。参加者は3万6000人。
この大会では、必須ではないが、参加者たちがコスチュームでドレスアップしてることが珍しくない。これぞ、まさにOnly in Japanだ。

■記事のタイトルを見て、セクシーな感じのコスプレを期待したのに、これかよ!!↓

tokyomarathon18.jpg

■(こういうのを見ると)ときどき日本に住みたいなあって思うよ。あっちには本物のポケモンもいるって聞いたし。

■↑いるにはいるけど、あれはめっちゃ見つけづらいんだ。

■よっぽど珍妙なコスチュームなのかと思ったら、なんのこたーない、いつもの日本の日常風景だった。

■↑うん、(普通すぎて)このマラソン大会、誰も見てもいなかったぐらいだからね(笑。

■このキャプテン・アメリカは日本でいったい何をやってんだ?↓

tokyo-marathon-costumes-8.jpg

■↑見りゃわかんだろ。布教中だ。

■↑見りゃわかんだろ。日本で走ってんだ。

■↑キャプテン・アメリカとして米国を代表したこの男に、勲章かなにかくれてやるべき!

■↑古典だな!

■↑おいおい、アメリカ人じゃないかよ!

■↑アメリカ人!

なんでアメリカにはこういう楽しいマラソンがないんだろ。……あまりにもマラソンを真面目に考えすぎなんだよ、オレたちは。

■↑キャプテン・アメリカ。…最高だな、おい!
みんなめちゃめちゃ楽しそうじゃん。

■おー、日本といえば、触手モンスター……↓。

tokyo-marathon-costumes-17.jpg

■↑どうして、僕はこういうのを見てすぐ触手ポルノを思い出しちゃうんだろう…?

■これは認めないとならん。この男がこの格好で、半分の距離でもいい、走ったのなら、こいつが優勝だ↓。

tokyo-marathon-costumes-12.jpg

■↑こういう格好で走ってるやつの半分は、暑すぎて死んでるだろ、これ。

■別に日本独特のもんでもなくない?サンフランシスコのベイ・トゥ・ブレーカーズ・マラソンでも毎年、こんな感じでやってるよ。

■↑パース(オーストラリア)のシティ・トゥ・サーフ・ランもドレスアップするね。

思うに、ただ一つの違いは、日本のコスチュームのほうが出来が良いんだよ。

■↑(この調子じゃ、)日本のハロウィンって絶対、ものすっごい面白いと思う。

■↓ねえ、これって、『チェブラーシカ』?東京なのに?

tokyo-marathon-costumes-7.jpg

■↑『チェブラーシカ』って日本ですっごく人気があるんだ。日本にいた頃、『チェブラーシカ』グッズを1山買ったよ。ロープイヤーの犬用の玩具とかね。たぶん、ロシアから権利を買った日本の会社が何社かあるんだと思う。

■だから、日本に住んでるのが大好きなんだ!

■誰か、『キン肉マン』の玩具をもってた人、オレ以外にいない?これ、それなんだよ。あああ、懐かしい…↓。

tokyo-marathon-costumes-26.jpg

■「どうやって前列に出てけっていうんだよ?オレの前に『9000』超えの人がいるってのに!」↓

tokyo-marathon-costumes-5.jpg

■↑これとフリーザ↓は、素晴らしい『ドラゴンボールZ』のコスプレ。クール!マラソンには向かない格好だとは思うけどさ……。

tokyo-marathon-costumes-23.jpg

■↑フリーーーーーーザーーーーーー!!!!!!

■↓小さい頃遊んだアジアの玩具の思い出が、たくさん浮かんでくる。おかしな気分だ。

tokyo-marathon-costumes-3.jpg

■カッコいい↓。

tokyo-marathon-costumes-21.jpg

■この人たち、ただゼッケンの番号をつけただけで走るんじゃ、つまんないんだろうなあ。クレイジーな日本人たちだわ!

■なあ、こいつ、走ってる方向がみんなとちがくないか?

tokyo-marathon-costumes-22.jpg

■これ自体は日本的ってわけじゃない。マラソンにはよくある。世界中どこでもね。

ただし、日本ほど珍妙じゃないんだな、どこも。

■↑オレ、マラソン出てるけどさ、こんなことやってるやつ見たことないぜ。……オレ的にはこれはやっぱ日本的だね。

■↓僕はこれが、ただただ怖いよ…。

tokyo-marathon-costumes-24.jpg

■日本の人たちってのは、その昔はもっとコワモテの人たちだったんだがなあ。……なにが起こって、こうなっちゃったんだか…。

■日本って大好きだ。なんていうの、「カンケーねえよ。好きにするし」って感じなんだよ、彼ら。

■いろんな画像に、一言キャプションをつけたい気分。圧倒される。ONLY IN JAPAN。

■確かにな。Only in Japanだ。なんちゅうアホ。

■アンパンマン!↓

tokyo-marathon-costumes-2.jpg

■日本。……ここでは人の目を気にしないことが、国民的気晴らしとなっています。

■友達がね、ロスアンゼルス・マラソンでデカい鳥のコスプレをしたの。羽根がついてて、走るたびにゆれるんだ。

…奇しくも、その彼も日本人だった。

■ああ、こりゃもう完璧にハチャメチャなお祭りだわ。見に行ってみたい。楽しそうだなあ。

■(爆笑)キリストかよ↓。

tokyo_marathon_26.jpg

■東京マラソンに必要なもの。走る距離は少なく、ビールを多めに。

■日本って、なんてシュールな国なんだろう。行ってみたいよ。



楽しそうでいいですなあ…。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

   

posted by gyanko at 21:45 | Comment(114) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。