2011年04月09日

海外記事 - コパ・アメリカ:「アルゼンチンと南米の愛と支援を、日本にどうしても見せたい」 -

本日は、サッカー日本代表とコパ・アメリカ(世界で最も古い、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権。南米サッカー連盟(CONMEBOL)が主催)のニュースを。

一度は、辞退を申し入れたもの、ホストを務めるアルゼンチンサッカー協会に「コパ・アメリカを日本の復興支援の大会と位置付けたい」と説得され、現在、日本サッカー協会が出場を再考中でございます。


まずは、こちらから。


日本、コパ・アメリカを辞退。

3月11日の地震と津波の影響から、アジア・チャンピオン、日本がコパ・アメリカを辞退すると、南米サッカー協会のスポークスマン、ネストル・ベニテスが月曜、語った。

日本サッカー協会の小倉会長は、パラグアイの南米サッカー連盟本部を訪ね、地震と津波により国内Jリーグが動きを止めており、試合が7月にずれこむ予定になってしまったことを連盟に伝えた。

「今、優先しなければならないのは、人命の救助と国家の復興です。コパ・アメリカに出場できないのは残念に思っています」。
小倉会長はこの後、7月1〜24日に開催される今年のコパのホスト国、アルゼンチンに出向き、日本の決定をアルゼンチンのサッカー協会にも伝達する予定だ。

小倉会長が南米サッカー連盟のニコラス・レオス会長に伝えたところによると、大災害が国内情勢を不安定にしており、「日本のサッカーは、かつてない危機に直面している」という。
また、日本サッカー協会は、コパ・アメリカの開催期間の間、国内リーグを一時中断する予定だったが、「2014年のワールドカップや2012年のロンドン・オリンピックのアジア予選が近いので、(順延された)国内リーグの試合をコパ・アメリカ開催期間中に終えてしまわなければならない」とも付け加えた。

今回のコパ・アメリカは、日本とメキシコをゲストに迎え、12チームが参加する予定だった。メキシコはこれまで何度も出場してきたが、日本は1999年にゲストとして出場したのみ、このときはグループリーグで敗退している。また、過去には、米国もゲストとして招待されたことがある。

「なにより、コパ・アメリカには私たちのほうから招待してほしいとお願いしました。なので、一方的に辞退を決定することは私たちにはできません」と小倉会長は述べた。小倉会長が南米まで出向き、南米サッカー連盟とコパの事務局に直接、伺いを立てたのは、これが理由だった。

マグニチュード9.0の地震と津波は、日本の沿岸を壊滅させ、1万2000人の人々が亡くなった。原発にも被害が出ていて、このため広範囲で停電が起こり、サッカー、野球などのスポーツ・イベントに深刻な混乱を引き起こしている。Jリーグは、夜間の試合で使用する電力を節約するため、4月23日まで5ラウンドにわたってレギュラー・シーズンを延期している。●



この記事についたコメントです↓。


■日本がとった行動は正しいよ。コパは、アメリカ大陸の国で集まってがんばれ。(インド)

■日本がプレイできないのは本当に悲しい。応援してたのに。でも、日本の現状は理解できる。日本に最高の幸運を祈ってるよ。(インド)

■日本が来ないのは、残念だよな。(米国)

■日本が出場してたら、すっごく面白いことになったろうに。だって、日本のプレイ・スタイルってユニークだからね。メキシコの試合が見れるのはうれしいけど。(韓国)

■悔しい。俺は、アジア・チャンピオンがどのぐらいやるのかをアルゼンチンで見たかったんだよ。またの機会になっちゃったな。(コロンビア)

■サッカー番組でここ数日伝えられてたけど、スペインが招待されるみたいだ。今、スペイン側は受けるかどうか思案中。

■日本、幸運を祈る。(中国)

■こんな偉大な国家が壊滅的打撃を受けるなんて、悲しいことだ。幸運を祈ってる。この悲劇から立ち直るために闘ってくれ。(南アフリカ)

■まず、日本の人たちに心からお見舞い申し上げる。日本にとっては酷い災害だった。次に、アジア・チャンピオンをコパに出せないなら、準優勝国はどうだ。つまり、オーストラリアのことなんだが。日本がアジア・カップを獲る前までは、2006年からずっとアジアで最高ランキングだったんだ。(オーストラリア)

■アジアの国がコパ・アメリカに出場してたなんてびっくりしたよ。日本の人たちは、コパでいろいろ学んだろうなあ。パキスタンが代わりに出るのは?そうじゃなかったら、アジアの小国。勉強できるし、サッカーの普及にも繋がる。(パキスタン)

■↑パキスタン……パキスタン????!!!! 本気で言ってるの?せめてアジアカップに出てから言ってくれ。それに、キミらだって、今、それどころじゃないだろ。オレが思うに、韓国が良いと思う。(韓国)

■↑ないね。コパ・アメリカにパキスタンが出るなら、スリナムやフランス領ギアナのほうがまだ可能性あるってもんだ(だって、南米の国だからね)。(オーストラリア)

■↑ないから!!!!! パキスタンのチームを見てみろ。僕は今、パキスタンに住んでるから、わかってんだよ。パキスタンなんかコパじゃ闘えない。申し訳ないが、事実だ。オーストラリアか韓国ならいいけどさ。(ポーランド)

■日本にとっては、これ以上ないぐらい不運な話だよ。…エルサルバドルはどうだろう、実現すればコパ・初参戦になる。(米国)

■スペインに代わりをやってもらえ。(米国)

■スペインが代わりをやるって言ってるやつ。ない。まだ米国やホンジュラスならいい。スペインはない。(ウルグアイ)

■日本が出場できなくなったのは、残念すぎる。

南米サッカー連盟は、次のうちのどっちかをやるべきだな。1、南米から2チーム招待。普通にコパ・アメリカを開催。2、出場国のうち2カ国のチームを2つに分ける。ブラジル1とブラジル2みたいに。

それと、スペインを招待したら、スペインが勝つだろ。ラテンのトロフィーをヨーロッパのチームが獲るのを想像してみろ。ナンセンスだ。(アラブ首長国連邦)

■チキショー。日本って、アジア最高のチームの1つじゃないか。日本がだめなら、韓国かオーストラリア、あとはアフリカあたりから招待すべきだろうな。
南アメリカのチームがわくわくしながら待てるチームにしてやれよ。だって、南米じゃない招待国って、ずっとメキシコばっかりだったじゃん。南米以外のチームを見たいよ。たとえ、選手がU-23だけしか来ないとしても。(米国)

■日本、辞退しちゃったの?悲しいニュースだ。日本の人々には心からお見舞い申し上げたい。日本が出られないなら、日本の代わりを務められるアジアのチームを希望!(英国)

■ひどいよ。日本がコパ・アメリカに出ないとか。えーって思った。これって、僕にとっては、日本とコロンビアの対戦が見れないってことだから。
でも、彼らの決断を尊重するのが一番いいことなんだろう。祖国の復興に集中したいっていうのは、理解できるもんな……。(米国)

■悲しいニュースだった。日本の人々に世界中の幸運をあげたいよ。スペインが穴埋めするって噂されてるね。面白いとは思うけど……。(米国)

■ものすっごく悲しいニュースだった。日本がコパ・アメリカで戦うのを楽しみにしてたからさ。もちろん、辞退の理由は理解できる。日本の代わりにどこのチームが出るんだろうな。(メキシコ)

■世界で最も重要なスポーツよりもさらに重大なことがあるってことだ。日本、がんばれ!(フランス)

■ギアナ、スリナム、フランス領ギアナってあたりか。南米だしな。あのへんのサッカーを育てるためにも、南米サッカー連盟に再加盟させるべきだろうし。(ブラジル)

■↑同意はするけど、秒殺でしょ。………日本、がんばれよ。(インド)

■最初に記事の見出しを見たときは、日本がアルゼンチンやブラジルに怖気づいて辞退したのかなって思っちゃった。でも、ちがった。地震か。…本当に、気の毒に思う。日本、キミらがこれないのが残念だよ。(米国)

■日本のために祈ってるよ。日本の代わりが見つからないなら、いっそもう(南米以外の)メキシコを締め出せ。どうせ、にぎやかしだし、出ても勝てねえ。(プエルトリコ)

■↑まるでプエルトリコが招待されるみたいな言い方!! プエルトリコなんか一生、招待されませんから!やっかんじゃって、もー!(メキシコ)

■元々、オレはコパ・アメリカに海外からチームを招待するっていうのが理解できないんだよな。意味ないでしょ。やっぱ、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)から呼ぶべき。

とはいえ、日本の決断は理解できるよ。連盟も支持すると思う。

■米国を呼んでもらうには、もう時期的に遅すぎるかな?(米国)

■オランダはどうかな?お願いします。呼んで。

■コスタリカで!ほんの一週間前、親善試合したばかりだし…。(コスタリカ)

■コロンビアで問題ない。またチャンピオンに輝くのを待ってるところだから。(コロンビア)

■↑朝だぞ、目を覚ませ。(米国)

■↑ずっと夢見てろ!! いつかコパがコロンビアで開催されるときがくれば、2001年にやったみたいに金で優勝を買えるさ!(メキシコ)

■がっかりだよ。日本チームは調子良かったのに。(米国)

■本当に日本は気の毒だよ。

代わりのチームは、カナダ、米国、ホンジュラス、コスタリカあたりのアメリカ大陸のチームがいいと僕は思う。(メキシコ)



次はこちらから。

日本、コパ・アメリカ出場辞退を再考中。

2011年コパ・アメリカ組織委員会が日本に対して、悲劇的災害によるトーナメントへの出場辞退を考え直すように要請した。


日本サッカー協会が公式サイトで発表したところによると、コパ側からの暖かい言葉が、2011年のコパ
アメリカを辞退するという決定を日本に再考させることになった。日本の最終決断は4月15日に発表される。

2011年のコパ・アメリカの組織委員会は、日本サッカー協会にトーナメント辞退の決断を再考するように要請した。

委員長のホセ・ルイス・メイスネルは記者会見で、日本に4月15日までに最終決定を出すように伝えたと語った。

「アルゼンチンサッカー協会のグロンドーナ会長が、日本サッカー協会の小倉会長と面談し、現在の日本の難局について話し合った」とメイスネル。

「組織委員会を代表してグロンドーナ会長は、「今回、リスペクトをこめて日本の人たちにコパ・アメリカを捧げたいと考えており、それは我々にとって光栄なことである」と小倉会長に話した。
日本の辞退の決断は十分に理解している。だが、それでも我々は日本に再考を要請した。なぜなら、アルゼンチンと南米の愛と支援を、日本にどうしても見せたいからだ。日本はその愛と支援にふさわしい国。

2011年のコパ・アメリカに日本が出場することに我々はまだ期待をかけている。考え直すための10日間を日本に与えた」。

小倉会長は今週早くに、ブルー・サムライたちがトーナメントに参加できないことを確認済みで、「今、優先しなければならないのは、人命の救助と国家の復興です。コパ・アメリカに出場できないのは残念に思っています」と語っていた。●



コメントはこの記事についたものとこちらこちらから。


■日本が招待されたのは、親善試合でアルゼンチンを1-0で下したからだよ。もし日本が本当に辞退するなら、スペインなんかじゃなくて、アジアカップの2位か3位を呼ばないとだめだ。(ハワイ)

■日本にお悔やみ申し上げます。……日本がコパ・アメリカでプレイするなんて、本当にグッドなこと。日本のファンが、大事な気持ちを取り戻せる。
それに、コパに出場すれば、世界中のどれだけの人たちが被災した人たちに心を寄せてるか、辛いときにいる日本と心を繋いでいるか、日本の人たちに伝わると思うんだ。(インド)

■お願いだよ!小倉san!招待を受けて!(フランス)

■ミスター小倉。日本は再建できる。でも、再建には、元気と幸福感が必要なんだ。コパに日本が参加することがどうして大事かっていうと、そこなんだよ。
正直言って、日本は2002年のワールドカップ以来、本当に成長したし、強くなった。僕は代表チームと祖国を誇りに思ってる。コパ・アメリカで友人たちとこの気持ちを分かち合いたい。そうして、この暗い日々の中で、日本の人々に微笑めるなにかを与えてほしいんだ。(日本)

■お金の問題もプライドの問題もあるだろう。わかる。でも、コパ・アメリカみたいなトーナメントは、受けないとだめだ。日本のトップ・プレイヤーすべてが行くべき!(トロント)

■プレイしてほしい。本田や香川、長友みたいな凄いプレイヤーがたくさんいるんだから。(フィンランド)

■ヨーロッパのクラブが、選手をコパに貸し出すことを了承してくれて、反対しなけりゃいいけど。最終的には、Jリーグのプレイヤーより、海外を拠点にしている日本選手に頼らないと、良い結果が出ないってことなんだよな。

■ためらっちゃだめだ。アルゼンチンに行くんだ!世界最強のサッカー・チャンピオンシップの1つでプレイするチャンスなんだぞ。南米サッカー連盟は、チャリティ・マッチも準備してるだろう。みんなにとって良い動きになる。

■Jリーグの小さいチームには、経営がぎりぎりで、試合のチケットの売上でなんとかしのいでるところがほとんど。コパに選手を出したら、観客がJリーグの試合を観にくると思うか?大きな脅威なんだよ、そういうことが。特に鹿島。彼らのホームグラウンドは地震で壊滅してしまったからね。

■生き残った人々で前に進むんだ。津波や地震を言い訳にしちゃだめだ。前に進め。プレイするんだ。キミたちの国の人々を沈み込ませちゃだめだ。Viva el futbol!!



本日のニュースで、かなり前向きな検討がなされていることが伝えられました。

「招待参加のため、欧州組を強制的に拘束できないことも影を落としていたが、開催国アルゼンチン協会のグロンドーナ会長に「南米連盟が責任を持って交渉する。国際サッカー連盟にも、例外規定を認めるように働きかける」と約束されたという。要請に応じ、既に14カ国28人のリストを渡したという」。

本当に、何から何まで…。ありがたいことでございます。


<訂正>2001年→2011年。訂正いたしました。毎度、すみません。

posted by gyanko at 05:00 | Comment(148) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

海外の反応 - 気仙沼沖で漂流していた犬が救助される -

本日はこちらから。

このニュースは、Washington PostWall Street JournalBBCなどでも報道されました。


Dog rescued after quake going back to its owner



救助された犬、飼い主の元へ。

t1larg.japan.dog.rescue.jpg

月曜、沿岸に流された家屋の上で漂っていた1匹の犬が救助され、飼い主の元へ戻った。

再び暖かい家族の元へ戻れると約束してくれる迎えがきて、この犬は、地元メディアが飼い主の身内と伝える女性に尻尾を振りながら飛びついた。

この幸運な犬の名前をバンと言う。3月11日の地震、津波、そしてそれに引き続いた火災が沿岸の町を押し流し、主人と離れ離れになってしまう前は、元々は気仙沼で暮らしていた。

この2歳の雑種犬、バンが主人と離れ離れになってしまった経緯はわかっていない。だが、気仙沼は宮城県にあり、3週間前の災害によって事実上、壊滅した。

宮城県動物愛護センターのスタッフはCNNの電話取材に、飼い主は気仙沼から避難し、仙台の避難所にいる語った。

伝えられるところによれば、飼い主は50歳の男性。金曜日のニュースで、塩釜湾の船から救助隊員によって抱きかかえられ、おろされた茶と黒の犬を見て、バンだとわかったという。

バンを発見したのは、海上保安庁のチームだった。ヘリコプターでの巡回中に、浜から2キロの地点で瓦礫に乗ったバンを見つけた。

巡視船が、空腹で震える犬を救助したとき、茶色の首輪以外に身元がわかるものは何もなかった。

県動物愛護センターの話では、この数週間で12匹以上の犬や猫が見つかり、保護されているという。このバンのように救助され、幸せな結末を迎えるペットたちがいることを願っているとセンターは語っている。●



コメントはこの記事についたものと、こちらから。


■素晴らしいニュースだ。

■話題をさらったね。この終わりのない悲劇の中に、1つの救いをもたらしたように思う。よかったな、わんこ。

■幸運な犬だ。生きる意志に驚く。夜のニュースで見て、子供みたいに泣いてしまったよ。みんな、自分ちの犬や猫を抱きしめて、どれだけ愛してるか伝えてあげようよ。

■とても心温まるニュースだった。僕がデュークと離れ離れになったら、狂乱状態になるよ!

■信じられない。ずっと海で生き抜いてたのか……。

■犬って、いつも驚かされる。この犬の顔を見て。この子が体験したことを想像してみて。犬の生き抜く意志の素晴らしさ。本当に、人間にとって最高の友達だよね。

■可愛い顔した犬だなあ!飼い主との再会シーンもニュースにしてほしいんだが。この酷い悲劇の中の数少ない良いニュースだもの。

■怖がってはいるけど、ほっとしているようにも見える。もう寒さや空腹に震えることはないものね。

■日本人は強くて、復興力のある人たち。犬だって強いんだ。日本の未来を僕は心配してない。

■災害が日本を襲う。人々は前に進もうと固く決心する。強さと復興力をもって。
災害がアメリカの沿岸を襲う。人々は、補償金をよこせと怒って叫び狂う。
アメリカの子供たちが、なんにでも権利を主張して、親たちをまったく尊敬しない理由がわかるよね。もっと他国から学ぶべきだろう。

■この犬が見つかってよかったよ!飼い主がこれから先ずっと、愛をもってこの犬を労わってほしいと思う。僕も、再会のニュースが見たい!

■グレートな、グレートなニュース。この災害の惨状の中で、ほんの少しだが慰めになる。バンが生き残るための屋根があってよかった。

■犬は偉大だよ。日本人と同様に。こういう幸せな結末はいいね。

■↑確かに!少しだが、良いニュースだ。

■先週、瓦礫の上で漂流するこの犬のニュースは見てた。飼い主の人が生きてて本当に良かった。これで再会できる。ちょっと気持ちが明るくなるニュースだった。

■もっとこういうハッピーなニュースが日本から来てくれることを祈るよ!この犬が家族といっしょに、幸せで健康に暮らしていけますように。これだけ辛い目にあったんだ、この犬にはそれだけの権利がある。

■傷ついているだろうし、ストレスだらけだと思う。早く飼い主のところに返してあげて。

■素晴らしいニュースをありがとう。

■凄いよ、……たた一言、凄い。

■かなり精神的に参ってるように見える。災害が起こってからこっち、知能がある動物にとっては、混乱の日々だったにちがいないよね。なにが起こっているか、わからないんだもの。
一分前までの素晴らしい生活が、次の瞬間には、家ごと流されて海の上だ。どんなに怖かったろう。救助されて良かった。怪我もなく無事で、飼い主のところに戻れるんだな。

■老犬だけど、優しそうな犬だ。飼い主に愛されて、世話されてきたことは明らか。救助隊員に対しても暴れたりしないし。この犬が救助されて、また家族の元に戻れるなんて、心温まるなんて言葉じゃ追いつかないよ。このニュースは、みんなに希望をくれた。

■↑この犬、2歳だよ。記事読んでる?

■今このときに最も弱い子供や動物をどう気遣えるか。どんな国、どんな人にとっても、人間性を究極に試されることだよ。日本人は仲間である動物を愛してる。愛と品位をもってケアしてる。

■自然災害に傷ついた国から、こんな良いニュースがくるなんて。うれしいよ。

■神は犬を愛してる。犬を世話させるために、人類を作られた。

■圧倒的な絶望の中にいるとき、はぐれてしまった愛するペットと再会するっていうのは、本当に前向きな一歩になりえると思うよ。

■バンって日本語でどういう意味なの?

■↑日本語っていうのは表意文字だからね、文脈がないとバンだけでは訳せないんだ。1万って意味にも取れるけど、使う文字によってもちがうからね。

■すっごく良いニュースだから、自分のFaceBookに載せた。素晴らしいって思ったのは、たくさんの報道カメラマンがこの犬の周りで写真を撮ってるところ。アメリカだったら、誰かが1枚撮ったのを説明もなくメジャーな新聞に載っけて終わりだよね。

-------------------------------------

■日本の人々が、この犬のところまでロープで降りて、安心させて、毛布で包んで撫で、餌を与えてる。この光景を見て、なにも感じないやつがいるのか?過去に本当に可愛がられていた犬にちがいないよ。
奇跡が起こって、こういう犬の飼い主たちがみな生きてて、犬たちと再会できることを願う。救助隊員にとっても励みになると思うから。

■戦闘機だの何億ドルもの金だの、他国の内戦に注ぎ込むのはやめろ。日本に注ぎ込め。西側の重要な同盟国だぞ。混乱の中でも、品位を保ち、謙虚で、ルールを大事にするこれほどの人々を私は見たことがない。人類の歴史の中でも最悪の苦しみに直面してるっていうのに!西欧諸国にとって、なにを優先するべきなのかをちゃんと話し合え!

■この犬に祝福あれ。なんという生存本能。愛する家族が見つかりますように。

■小さな勝利だが、心が温まるよ。

■僕だったら、水も食料もなしにこんなに長いこと、生き抜けるだろうか。無事でよかった。本当に。これで飼い主のところへ戻れる。もし飼い主が近くにもういないのなら、愛情を注いでくれる新しい飼い主をすぐに見つけてほしい。

■実に良いニュース。多くの人や動物たちが生きて救助されるよう祈ってる。お願いしますよ、神様。

■日本人って動物には残酷なんだって思い込んでたよ。こういう話は本当に、人間に対する信頼を回復させてくれる。

■こんな小さなニュースですら、良いニュースになってしまう今……。

■この小さな犬は、日本の人々の生き抜く力の象徴だと思う。
あの家に住んでた人が無事だといい。どこか屋内で無事に生きていてくれるといい。そうして、この勇敢な小さなペットと再会してほしいんだ。
それから、福島の原発で休むことなくがんばってる人たち、祖国の同胞のために自らの命を投げ打って働いている人たちも、日本がどういう国なのかってことを世界に示してる。神が日本を救ってくれるよう祈ってるよ。

■今日聞いたすべてのニュースの中で一番だった。

■国を襲った悲劇の中、多くの人が苦難を耐えている。日本の人たちが、この犬に希望を見出してくれればいいと思う。
今回のことがあって、僕は日本を新しい面から尊敬するようになった。悲劇に見舞われながらも、変わらぬ価値観。一体となって教育や家族の大事さに献身する心。彼らの信念と価値基準がよくわかる。

■ずっと海に浮かんでたんだろ。この犬を見たとたん、涙が溢れたよ。なんというニュースだ。それに比べて、昨今のイギリスのニュースのどうしようもなさ。こういう記事をもっと読みたいよな。

■犬が、救助隊員の顔を舐めてるでしょ。飼い主に可愛がられてた証拠なんだよ。犬は愛情について多くのことを教えてくれる。

■鳥肌が立って、涙がこぼれた。飼えなくなったからって動物を殺す人がいるけど、恥ずべきことだよ!この犬の飼い主が見つかりますように。

■酷い地震だったが、世界はこれで、日本人が着物を着てる人たちってだけじゃなくて、本当はどういう人たちなのかを見たよね。

■今朝は、落ち込むニュースばっかりだったから、良いニュースでよかったよ。素晴らしい人たちじゃないか、日本の人たちは。

■これ、秋田犬じゃないかな。英国では悪名が立ってしまったけれど(訳注:去年、英国で8歳の少女が秋田犬に噛まれ顔面に175 針を縫う大怪我をした事件)、ダメな飼い主に甘やかされなければ、本当にラブリーで優しい犬なんだよ。

■まさに奇跡。この小さな犬は、私たちに「決して希望を捨てるな、信じるんだ」って教えてくれてる。
親愛なる日本よ、辛い目に遭ってるよな。でも、キミたちは本当に勇気があり、断固とした人たちだ。世界を今、啓発してくれてる人たちだ。
必ず良い日がくる。……キミたちとこの小さな犬は、人間というものの一番素晴らしい善を象徴してる。無償の愛だ。きっと平和がくる。悲しみが癒える日が来る。

誰か、この犬にうまいステーキを食わせてやってくれよ!大好きだ、この犬を助けてくれてありがとう!

■悲しいニュースばっかりの新聞。でも、世界には希望がまだあるんだって、この犬が証明してくれたよな。この悲惨なときに、私たちが日本に見ているものは品位と人間らしさだけだ。神が日本に恵みを与えてくれますよう。

■動画を見たよ。これは、人にとっても動物にとっても、生き抜く本能の証明だよ。本当に感動した。犬が隊員の顔を舐めて、尻尾を振ってる。そこに言葉以上のものがある。今この瞬間、世界で起こっているすべてのことに、わずかではあっても幸福と希望の光を見せてくれるものだ。

■希望がある。この世の中には希望があるんだ。信じるに足る希望が。勝率がどれほど低くても、この犬は生き抜いたんだから。

■2本足でも4本足でも、生きてるものすべてを救おうと努力するこの隊員たちに拍手を送りたい。まさにキミらは守護天使だよ。

■ヒーラー犬みたいに見える。最も賢い種の1つなんだよ。あきらかに、現在の米国大統領より頭が良いね。

■3週間、新鮮な水なしで犬が生きぬけるとは信じがたいよ。この犬には、守護天使がついてるね。

■↑この犬がどうやって生き抜いたかは、神のみぞ知るだ。

■日本犬っていうのは素晴らしいんだよ。献身的で忠誠心がある。お行儀も、他に類を見ないほど良い。日本人といっしょだね。まさにユニーク。



さまざまなところで紹介されている動画でございますが、こちらも↓。


【地震】じいさん「また再建しましょう」



募金先一覧

赤十字はこちら



posted by gyanko at 11:00 | Comment(108) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

海外の反応 - 福島第1原発の50人『Fukushima Fifty』-

原発関係をというリクエストをいただいたので、本日は『Fukushima 50(フクシマ・フィフティ)』を。


THE FUKUSHIMA 50 !



コメントはこの動画についたものと、こちらから。


評価の高いコメント

■Fukushima Fifty、日本のヒーローたちだ。(+24)

■日本には本物のヒーローがいる。ハリウッド映画のバカバカしいヒーローとはちがうぞ。(+8)


■日本の最高に素晴らしい男たち。

■こんな状態の施設の中で、命を危険に晒している50人の男たちに敬意を表する。まさに日本のヒーローたちだ。

■この人たちこそがヒーローってものだよな。

■究極の英雄だ。
ミスは許されないうえに、放射能で死ぬ人も出るだろう。昨日(3月16日)の放射能レベルは1時間当たり1000 mSv。骨髄を破壊するのに十分な量。ガンの発症率も確実に上がる。年間に人が浴びる自然な放射能は4 mSだからね。
人類のために作業している、この人たちの勇敢さには最大限の敬意を払われて当然。賞賛されてしかるべき。

■給水が終わったら、今度は鉛を入れて、コンクリートで固めるんだ。ロシア人と話し合ってくれ。チェルノブイリのときの処置を思い出すんだ!

■この50人の英雄たちと日本の人々の幸運を祈る。

■実際には、50人以上いる。150〜180人だ。汚染されたゾーンは、放射能レベルが人体に即効で危険を及ぼすレベルになってる。だから、一度に15分以上は作業できないんだ。50人ずつのシフトで作業してるんだよ。

■日本のTwitterが紹介されてた。「お父さんが原発に行った。お母さんがあんなに泣くのを初めて聞いた。原発の人たちは頑張ってる。みんなを守るために自らを犠牲にして。お願い、お父さん、生きて戻ってきて」。読んだ人が「スーパーマンですら、福島の50人の人たちみたいな、あんな勇気がほしいって思うだろう」って書いてたよ。彼らのために祈ろう。

■↑日本のために、あなたのお父さんのために、あなたとあなたのお母さんのために僕は祈る。どうか泣かないでください。神があなたに恵みを与えてくださいますように。

■コントロールルームの技術者が同僚に、「僕は死んでも構わない」って言ったって。こんな現実が目の前になかったら、アクション映画の台詞みたいだって思ったろうな…。宇宙人の侵略とか人類に終焉をもたらす隕石が近づいてくる危機から世界を守る映画の主人公みたいなさ……。

■原発作業員、消防隊員、兵士。彼らは、自ら進んで大変な仕事をしている人たち。侍の武士道の規範を象徴してるよ。勇気、名誉、忠義…7つの美徳の体現者。失敗したら確実に死と向き合わなきゃいけないっていう、この破滅的状況の中で闘ってるんだ。

■国家が完膚なきまでのカオスに落ち込まないための日本社会の美徳、礼儀についてはいろんなところで書かれてるよね。でも、僕たちは今、さらに高貴な道義心と自己犠牲を目撃してる。『Fukushima Fifty』。原子炉のメルトダウンを防ぐために闘っている彼らに、世界が心を動かされてる。

■日本のヒーローじゃない。人類すべてのヒーローだよ。敬意を表する。キリスト教の人もイスラム教の人も、みんなで祈ろう。この真の英雄たちが生きて戻ってこれるように。万が一、たとえ傷つくことがあっても、その傷が軽いものであるように。

■↑世界のヒーローなのは間違いないと思う。もしセシウム137が広がったら、日本だけじゃない、海や他の国にも被害が出るんだから。

■神よ、この世界に恵みを与えてください。あなたは、ともに働き、助け合おうとしているこの世界の人々を愛しているはず。この原発の人々を守って。日本を助けようとしている彼らと日本を守ってください。

■日本を核の危機から守ろうと奮闘している勇気ある技術者たちが、家族に送った心が破れるようなメッセージ。「自分たちはこれが自滅的使命であることをわかっている」って。
昨日、国営放送で家族たちのインタビューが流されたんだ。ある勇敢な作業者は、この死刑宣告のような運命を静かに受け入れるとメッセージを書き送ってたよ。

■作業員の娘さんのメールだね。「父はまだ原発で働いてます。原発では食料が尽きてきていて、状況は大変に厳しいと思います。父は、自分は死刑宣告を受けたに等しい己の運命を受け入れたって言っています…」。

■勇気ある人々だ。私たちは彼らのことは何も知らないけれど、彼らを忘れることはないだろう。世界を救ってくれてるんだね、ありがとう。

■『Fukusima Fifty』の伝説。

■日本は、侍国家だってことを証明したね。騎士の国だ!!!! 日本よ、生き残れ!インドネシアはいつだってキミを支援してる!!

■真のヒーローであり、真の侍たち。日本を救うために闘っているんだから。もしかしたら体に悪影響がでる危険性もある。でも、無事に戻ってきてくれるよ、ヒーローとしてね。
日本は、このスピリットを失うことなく、強くなって戻ってくるだろう!

■この原発危機が起こる前は、作業員は800人いたんだ。4号機の爆発の後、50人に減って、今は300〜500人に戻ってる。原発を動かしている東電の人たちもいれば、東電工業のようなグループ会社からきてる人たちもいる。
消防隊員も交代制だ。放水をした最初の隊は、東京ハイパーレスキューのチーム。川崎や横浜の隊も駆けつけて懸命に頑張ってる。

■危険に立ち向かってる名も知れぬ英雄たちだけれど、日本の人たちから賞賛されてるよ。300人のエンジニアが、福島原発の原子炉を安定させようと24時間体制で作業してる。

3人の作業員が3号機でケーブルを敷設していて、放射能に汚染された水の中に立ってしまい、高いレベルの放射能に晒されてしまった。火曜日の話だ。2人が病院に運び込まれた。

■50人じゃないよ。180(eighteen hundreds)人か800(eighty hundreds)のどっちか。日本の人たちの中には、原発に喜んで行こうって人がきっとたくさんいるだろうって思う。文化的なプレッシャーがあるんだよ。日本人は、武士道に似た規範に従って、意義のある人生を送ろうとする。日本人は、あらゆることに厳格な規律をもつっていう、独特の特別な文化をもってるから。

----------------------------------

■勇敢で無私の心をもつ福島第1原発の作業員の皆さんへ。私の最大の賛辞と敬意を送る。この自己犠牲こそ、世界のヒーローたる理由。皆さんの、止むことのない努力を尊敬してる。

■人生とはかくも辛いものなのか。日本はそれを世界に見せた。僕みたいなフィリピン人は、この果敢な福島の50人に畏敬の念を抱くよ。主よ、放射能の暗い部屋にいる私たちの仲間を守ってください。そうして、彼らをまつ家族のもとに無事に帰してやってください。

■計り知れないほどの勇気、そして言葉にできないほどの感謝だ。

■人間の勇気と覚悟をもってして超えられない災厄はない。日本は必ず復活する。

■本当に素晴らしいと思う。共通の目的をもって、独特な1つの大きな家族として日本人は闘ってる。なのに、悲しいことに、一方では多くの国家がチームになってリビアを爆撃だ。

■私たちは同じ言葉は話せないかもしれない。同じ文化も、もっていないかもしれない。けれど、このページにコメント書いている人たちすべてに共通していることがある。自己を犠牲にしながら、他者のために果敢に戦う福島の50人への尊敬だ。皆さんのために、私たちは祈っています。

■バルセロナから、僕のすべてのリスペクトを福島の英雄たちへ。うまくいくって信じてる。ありがとう。

■ヒーローって言葉は昨今、ずいぶん敷居が下がってしまっていたけれど、この人たちこそがまさにヒーローってものだよ。みんなのために自らを犠牲にしてるんだから。素晴らしい。

■彼らの行動を表現するのに、勇気なんて言葉じゃ足りない。献身以上のなにか。命を捧げてるんだ。24時間の間に3つも災厄が重なった。十分すぎるよ…。それなのに、あなたがたは、この危機から脱出するただ1つの道を貫こうとしてる。それを世界に見せてくれる。あなたがたの愛する人はもちろん、私たちを助けてくれようとしているあなたがたに感謝します。

■この危機的状況をなんとかするために、退職した従業員たちも呼び戻されてるって。これほどの人間性に溢れた行動が他にあるのか!

■家族を顧みず、愛する人を顧みず、自らの命や安全すら顧みない。全人類にとって、これこそが英雄だろう。

■(日本のかたから)今朝、ホーチミンでベトナム人のスタッフたちとミーティングがあった。『Fukushima Fifty』の話になったよ。日本と世界のために行動してる50人の人たちに深く感動してた。敬意を表するために、募金活動をはじめるんだって言ってた。オレは泣きそうになったよ…。

■ヒーロー?そんな言葉じゃ済まないよ!あなたたちこそが真の戦士。私たち人類みんなが感謝する。地球だって、あなたたちに感謝していると思うね。

■福島で起こったすべて。これは途方もない悲劇だけれども、この悲しい出来事で日本という国とその人々の大変に魅力的な特徴を理解できた。これは、日本のソフトパワーを後押しすることになるかもしれない。日本に心を寄せる気持ちが人々の中に生まれたし、災害に備えてるがゆえに、危機の中でも崩れることのない、マナーの良い社会を世界に見せつけた。冷静で秩序だった人々の反応もね。よくやったよ、日本の人々は。まさに世界のヒーロー。

■他者のために命を投げ出す。これ以上の愛はない。



冷却システムの一部が復旧するめどがたったようですが、なんとかうまくいってくれるように祈るばかりでございます。


<追記>
『スパロボ』最新作のリクエストをいただいたのですが、『スパロボ』は海外での版権が複雑すぎて『OGシリーズ』以外はリリースされていないようです。さすがのNeoGafも現在のところコメントがまとめられるほど数がなく、もう少しコメントが集まるようでしたら、ご紹介させていただきたいと思います。



posted by gyanko at 15:00 | Comment(128) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。