2011年04月05日

海外の反応 - 気仙沼沖で漂流していた犬が救助される -

本日はこちらから。

このニュースは、Washington PostWall Street JournalBBCなどでも報道されました。


Dog rescued after quake going back to its owner



救助された犬、飼い主の元へ。

t1larg.japan.dog.rescue.jpg

月曜、沿岸に流された家屋の上で漂っていた1匹の犬が救助され、飼い主の元へ戻った。

再び暖かい家族の元へ戻れると約束してくれる迎えがきて、この犬は、地元メディアが飼い主の身内と伝える女性に尻尾を振りながら飛びついた。

この幸運な犬の名前をバンと言う。3月11日の地震、津波、そしてそれに引き続いた火災が沿岸の町を押し流し、主人と離れ離れになってしまう前は、元々は気仙沼で暮らしていた。

この2歳の雑種犬、バンが主人と離れ離れになってしまった経緯はわかっていない。だが、気仙沼は宮城県にあり、3週間前の災害によって事実上、壊滅した。

宮城県動物愛護センターのスタッフはCNNの電話取材に、飼い主は気仙沼から避難し、仙台の避難所にいる語った。

伝えられるところによれば、飼い主は50歳の男性。金曜日のニュースで、塩釜湾の船から救助隊員によって抱きかかえられ、おろされた茶と黒の犬を見て、バンだとわかったという。

バンを発見したのは、海上保安庁のチームだった。ヘリコプターでの巡回中に、浜から2キロの地点で瓦礫に乗ったバンを見つけた。

巡視船が、空腹で震える犬を救助したとき、茶色の首輪以外に身元がわかるものは何もなかった。

県動物愛護センターの話では、この数週間で12匹以上の犬や猫が見つかり、保護されているという。このバンのように救助され、幸せな結末を迎えるペットたちがいることを願っているとセンターは語っている。●



コメントはこの記事についたものと、こちらから。


■素晴らしいニュースだ。

■話題をさらったね。この終わりのない悲劇の中に、1つの救いをもたらしたように思う。よかったな、わんこ。

■幸運な犬だ。生きる意志に驚く。夜のニュースで見て、子供みたいに泣いてしまったよ。みんな、自分ちの犬や猫を抱きしめて、どれだけ愛してるか伝えてあげようよ。

■とても心温まるニュースだった。僕がデュークと離れ離れになったら、狂乱状態になるよ!

■信じられない。ずっと海で生き抜いてたのか……。

■犬って、いつも驚かされる。この犬の顔を見て。この子が体験したことを想像してみて。犬の生き抜く意志の素晴らしさ。本当に、人間にとって最高の友達だよね。

■可愛い顔した犬だなあ!飼い主との再会シーンもニュースにしてほしいんだが。この酷い悲劇の中の数少ない良いニュースだもの。

■怖がってはいるけど、ほっとしているようにも見える。もう寒さや空腹に震えることはないものね。

■日本人は強くて、復興力のある人たち。犬だって強いんだ。日本の未来を僕は心配してない。

■災害が日本を襲う。人々は前に進もうと固く決心する。強さと復興力をもって。
災害がアメリカの沿岸を襲う。人々は、補償金をよこせと怒って叫び狂う。
アメリカの子供たちが、なんにでも権利を主張して、親たちをまったく尊敬しない理由がわかるよね。もっと他国から学ぶべきだろう。

■この犬が見つかってよかったよ!飼い主がこれから先ずっと、愛をもってこの犬を労わってほしいと思う。僕も、再会のニュースが見たい!

■グレートな、グレートなニュース。この災害の惨状の中で、ほんの少しだが慰めになる。バンが生き残るための屋根があってよかった。

■犬は偉大だよ。日本人と同様に。こういう幸せな結末はいいね。

■↑確かに!少しだが、良いニュースだ。

■先週、瓦礫の上で漂流するこの犬のニュースは見てた。飼い主の人が生きてて本当に良かった。これで再会できる。ちょっと気持ちが明るくなるニュースだった。

■もっとこういうハッピーなニュースが日本から来てくれることを祈るよ!この犬が家族といっしょに、幸せで健康に暮らしていけますように。これだけ辛い目にあったんだ、この犬にはそれだけの権利がある。

■傷ついているだろうし、ストレスだらけだと思う。早く飼い主のところに返してあげて。

■素晴らしいニュースをありがとう。

■凄いよ、……たた一言、凄い。

■かなり精神的に参ってるように見える。災害が起こってからこっち、知能がある動物にとっては、混乱の日々だったにちがいないよね。なにが起こっているか、わからないんだもの。
一分前までの素晴らしい生活が、次の瞬間には、家ごと流されて海の上だ。どんなに怖かったろう。救助されて良かった。怪我もなく無事で、飼い主のところに戻れるんだな。

■老犬だけど、優しそうな犬だ。飼い主に愛されて、世話されてきたことは明らか。救助隊員に対しても暴れたりしないし。この犬が救助されて、また家族の元に戻れるなんて、心温まるなんて言葉じゃ追いつかないよ。このニュースは、みんなに希望をくれた。

■↑この犬、2歳だよ。記事読んでる?

■今このときに最も弱い子供や動物をどう気遣えるか。どんな国、どんな人にとっても、人間性を究極に試されることだよ。日本人は仲間である動物を愛してる。愛と品位をもってケアしてる。

■自然災害に傷ついた国から、こんな良いニュースがくるなんて。うれしいよ。

■神は犬を愛してる。犬を世話させるために、人類を作られた。

■圧倒的な絶望の中にいるとき、はぐれてしまった愛するペットと再会するっていうのは、本当に前向きな一歩になりえると思うよ。

■バンって日本語でどういう意味なの?

■↑日本語っていうのは表意文字だからね、文脈がないとバンだけでは訳せないんだ。1万って意味にも取れるけど、使う文字によってもちがうからね。

■すっごく良いニュースだから、自分のFaceBookに載せた。素晴らしいって思ったのは、たくさんの報道カメラマンがこの犬の周りで写真を撮ってるところ。アメリカだったら、誰かが1枚撮ったのを説明もなくメジャーな新聞に載っけて終わりだよね。

-------------------------------------

■日本の人々が、この犬のところまでロープで降りて、安心させて、毛布で包んで撫で、餌を与えてる。この光景を見て、なにも感じないやつがいるのか?過去に本当に可愛がられていた犬にちがいないよ。
奇跡が起こって、こういう犬の飼い主たちがみな生きてて、犬たちと再会できることを願う。救助隊員にとっても励みになると思うから。

■戦闘機だの何億ドルもの金だの、他国の内戦に注ぎ込むのはやめろ。日本に注ぎ込め。西側の重要な同盟国だぞ。混乱の中でも、品位を保ち、謙虚で、ルールを大事にするこれほどの人々を私は見たことがない。人類の歴史の中でも最悪の苦しみに直面してるっていうのに!西欧諸国にとって、なにを優先するべきなのかをちゃんと話し合え!

■この犬に祝福あれ。なんという生存本能。愛する家族が見つかりますように。

■小さな勝利だが、心が温まるよ。

■僕だったら、水も食料もなしにこんなに長いこと、生き抜けるだろうか。無事でよかった。本当に。これで飼い主のところへ戻れる。もし飼い主が近くにもういないのなら、愛情を注いでくれる新しい飼い主をすぐに見つけてほしい。

■実に良いニュース。多くの人や動物たちが生きて救助されるよう祈ってる。お願いしますよ、神様。

■日本人って動物には残酷なんだって思い込んでたよ。こういう話は本当に、人間に対する信頼を回復させてくれる。

■こんな小さなニュースですら、良いニュースになってしまう今……。

■この小さな犬は、日本の人々の生き抜く力の象徴だと思う。
あの家に住んでた人が無事だといい。どこか屋内で無事に生きていてくれるといい。そうして、この勇敢な小さなペットと再会してほしいんだ。
それから、福島の原発で休むことなくがんばってる人たち、祖国の同胞のために自らの命を投げ打って働いている人たちも、日本がどういう国なのかってことを世界に示してる。神が日本を救ってくれるよう祈ってるよ。

■今日聞いたすべてのニュースの中で一番だった。

■国を襲った悲劇の中、多くの人が苦難を耐えている。日本の人たちが、この犬に希望を見出してくれればいいと思う。
今回のことがあって、僕は日本を新しい面から尊敬するようになった。悲劇に見舞われながらも、変わらぬ価値観。一体となって教育や家族の大事さに献身する心。彼らの信念と価値基準がよくわかる。

■ずっと海に浮かんでたんだろ。この犬を見たとたん、涙が溢れたよ。なんというニュースだ。それに比べて、昨今のイギリスのニュースのどうしようもなさ。こういう記事をもっと読みたいよな。

■犬が、救助隊員の顔を舐めてるでしょ。飼い主に可愛がられてた証拠なんだよ。犬は愛情について多くのことを教えてくれる。

■鳥肌が立って、涙がこぼれた。飼えなくなったからって動物を殺す人がいるけど、恥ずべきことだよ!この犬の飼い主が見つかりますように。

■酷い地震だったが、世界はこれで、日本人が着物を着てる人たちってだけじゃなくて、本当はどういう人たちなのかを見たよね。

■今朝は、落ち込むニュースばっかりだったから、良いニュースでよかったよ。素晴らしい人たちじゃないか、日本の人たちは。

■これ、秋田犬じゃないかな。英国では悪名が立ってしまったけれど(訳注:去年、英国で8歳の少女が秋田犬に噛まれ顔面に175 針を縫う大怪我をした事件)、ダメな飼い主に甘やかされなければ、本当にラブリーで優しい犬なんだよ。

■まさに奇跡。この小さな犬は、私たちに「決して希望を捨てるな、信じるんだ」って教えてくれてる。
親愛なる日本よ、辛い目に遭ってるよな。でも、キミたちは本当に勇気があり、断固とした人たちだ。世界を今、啓発してくれてる人たちだ。
必ず良い日がくる。……キミたちとこの小さな犬は、人間というものの一番素晴らしい善を象徴してる。無償の愛だ。きっと平和がくる。悲しみが癒える日が来る。

誰か、この犬にうまいステーキを食わせてやってくれよ!大好きだ、この犬を助けてくれてありがとう!

■悲しいニュースばっかりの新聞。でも、世界には希望がまだあるんだって、この犬が証明してくれたよな。この悲惨なときに、私たちが日本に見ているものは品位と人間らしさだけだ。神が日本に恵みを与えてくれますよう。

■動画を見たよ。これは、人にとっても動物にとっても、生き抜く本能の証明だよ。本当に感動した。犬が隊員の顔を舐めて、尻尾を振ってる。そこに言葉以上のものがある。今この瞬間、世界で起こっているすべてのことに、わずかではあっても幸福と希望の光を見せてくれるものだ。

■希望がある。この世の中には希望があるんだ。信じるに足る希望が。勝率がどれほど低くても、この犬は生き抜いたんだから。

■2本足でも4本足でも、生きてるものすべてを救おうと努力するこの隊員たちに拍手を送りたい。まさにキミらは守護天使だよ。

■ヒーラー犬みたいに見える。最も賢い種の1つなんだよ。あきらかに、現在の米国大統領より頭が良いね。

■3週間、新鮮な水なしで犬が生きぬけるとは信じがたいよ。この犬には、守護天使がついてるね。

■↑この犬がどうやって生き抜いたかは、神のみぞ知るだ。

■日本犬っていうのは素晴らしいんだよ。献身的で忠誠心がある。お行儀も、他に類を見ないほど良い。日本人といっしょだね。まさにユニーク。



さまざまなところで紹介されている動画でございますが、こちらも↓。


【地震】じいさん「また再建しましょう」



募金先一覧

赤十字はこちら



posted by gyanko at 11:00 | Comment(108) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。