2011年06月02日

海外の反応 - 退職した日本人技術者200人以上が参加:「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」-

本日はこちらから。

「退職技術者団」は、退職した技能者、技術者を中心に構成された会。
「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」のサイトはこちら

このニュースは、BBC米Yahoo英TelegraphABC Newsなどでも報道されました。


高齢者たちが列をなして、日本の原発事故処理に志願する

人の心を動かす話をしよう。ある高齢の日本人の人々が、事故を起こした福島原発の処理をさせてくれるよう願い出ている。

200人以上の退職者たちからなるこのグループは、高レベルの放射能にさらされている若い日本人たちの代わりになろうと自発的に立ち上がった。
彼らは、もう余生も20年以下となって、放射能がガンを誘発する前に寿命は尽きるからと考えている人々である。

3ヶ月間、この戦闘地域で戦い、年齢とともに発ガンする高いリスクにさらされている若者たちの話はまた別の話。

放射能汚染防護スーツを着ようとしている彼らを止めているのは、残念ながらお役所的に仕事がはかどらない日本政府だ。●



この記事についたコメントです↓。


■日本の老人たちが若者を大切にしようとする気持ちの大きさ。これが、米国だったらどうなると思う?

■老いた世代が、具体的な手段で若い世代を助けようとしている。本当に感動的。まるで魚をとろうとしている子熊を助ける母熊のようだよ。

■ブラボー。今日聞いた最高のニュースだった。世界とはどういうものかを理解している人々が団結したんだ。人は年をとれば死に、若者は生きて働くっていう…。素晴らしすぎる。

■老人たちがスゴすぎるわ!

■本気か?許可を出し渋ってる政府のお役所仕事っぷりを批判しようってのか?70〜80歳の老人たちが原発処理に出かけていくのを止めようとしてる政府を批判するってことか?……これがなにか間違ってるって思うのはオレだけなのか?

年齢に関係なく、完全防護スーツをきちんと着て、作業すべきだろう。……そうすれば、20〜25歳の若者たちが問題なくできるはず。……肉体的に彼らは能力があるんだから……。

■↑ここで問題になるのは、100%安全な防護服というものが存在するのかどうかってことだと思う。原発事故処理にこういう防護服を使うようになってから、まだ日が浅い。
もし少しでも漏れがあるとするなら、論理的に言えばだが、……余生の長くない人々のほうがいいってことだ。ほとんどが洗浄作業になるんだもの…。

■↑記事で最高齢が73歳って読んだよ。ってことは、他の人たちはもう少し若い。おそらく60代だ。

■これについて日本政府が判断を急がないのは、あながち間違いじゃないだろ。純粋に論理的観点から言っても、大きな意味があることだ。

先行きに危険なものもある。これが数歩進めば、企業が、危険な仕事のために老年層や末期患者を雇うことでインセンティブをもらうなんてことになるぞ。

■この人たちが申し出た「個人の犠牲」に深く感動したよ。でも、底意地が悪いことをちょっと言わせてくれ。

たとえば、僕の家が壊れる。誰かプロにガレキを片付けてほしいと僕は思うだろう。この場合、やってくるのはほとんどが、若く、強靭で、崩壊した家のガレキ処理の経験がある人たちだ。

福島のような放射能汚染されたデリケートな状況の場合、僕はさらにきちんとわかっている、経験がある人たちを望む。手助けしようという意欲だけの虚弱な老人たちにやってほしくない。

彼らの申し出には、身の引き締まる思いがするよ。でも、この作業はプロに任せておいたほうがいいと思う。

■↑この退職者たちはほとんどがエンジニアなんだってば。

■↑コメントする前にリンク先の記事をちゃんと読めってことだ。

まあ、それでも、僕もやっぱり、若い専門家のほうが作業も速いし、仕事の出来もいいんじゃないかと思いはしてる。たとえ、彼らが昔、専門家だったとしてもさ。

■オレがこの記事を読んで最初に思ったこと。これは、米国だったら絶対に起きない出来事。……でも、ユナイテッド航空93便テロ事件のアメリカ人や、ワールドトレードセンターの消防士を思い出したよ。

■↑うん。自己犠牲っていうのは、国民性とは関係ないと思う。

■↑いや、まったく別問題だね。9.11の場合、彼らはやらなければならなかった。この人たちはボランティアなんだぞ。まったく状況がちがう。

僕だって、飛行機に乗ってて、「僕は死ぬ。しかも、僕以外にも犠牲がでる」ってわかったら、ただ待ってるだけなんてことはないよ。なにかする。
消防士に関しては、仕事だぞ。

93便や消防士の人たちをおとしめようとしてるんじゃないんだよ。言いたいのは、この老人たちは、健康に害があるかもしれないのに、自分たちの経験を生かせるならと自発的に立ち上がったってことなんだ。

■はあ…。オレの国のじいさんたちなんて、地下鉄でオレをシートから蹴りだすような人たちなのになあ。

■↑まさにアメリカンだな、お前。

■↑蹴りだされるべきじゃあないな、確かに。お前が自分から譲るべきなんだよ。それが礼儀ってもんだ。

■↑老人が、もう立ってられないんですってふりするのイラっとくるけどね、オレも。65歳以上の人たちたくさん知ってるけど、乗り物でずっと立つぐらいなんてことない人たちだよ。

■↑オレのばあちゃんなんて、オレより歩くの早いぜ。尻にジェットエンジンでもついてんじゃないの?っていっつも冗談言ってる。

■まさにOnly in Japan。品格がある。

■『楢山節考』って映画、おぼえてる?こっちじゃ、老人たちが他の人たちといっしょになって(権利を主張して)、政府や施設や他人を裁判で訴えてるってのに。

■日本文化のパーフェクトな一例。論理>世の中のほとんどのこと。

■原発エンジニアリングの教育を受けた健康な技術者より、訓練を受けてない一般の老人たちのほうが望ましい選択だっていうの?

■↑だから。引退したエンジニアや専門家の集団なの。Skilled Veterans Corps(退職技術者団)って呼ばれてる人たちなんだ。
それに、原発事故処理の現場で、そこまで高いレベルのスキルや即断が要求されてるとは僕は思わない。

この人たちの貢献度を見くびらないことだね。

■これが動き出したら、西欧人が少なくとも1本はドキュメンタリーを作って、世界に伝える。日本でも、実話をもとにドラマが1本は出来ると思う。どっちも賞賛されるだろうね。死と人生がテーマだもの。ただ、悲劇的な落ち込む作品になりそうだ…。

■最高齢73歳の退職者たちだろ。若者に比べれば、動きも遅いし、邪魔にはなっても益にはならないんじゃないかな。

■↑日本に行って、日本の老人がどんなもんか見てこい。お前が考えてるよりよっぽど強い。80歳代の人が会社でまだ働いてたりするからな……。

■↑ま、ファーストフードばっか食ってるアメリカ人には、たぶん無理だろうね。でも、日本人はちがう。人生を通して働き、かなり健康。

それに、老人たちの作業に倍の時間かかったとして、なんだっていうんだ?

大事なのは、彼らが長く幸せな人生を送り、若者たちを早く死なせるよりは安らかな気持ちで自分たちが死のうっていう考えで、自ら進んで申し出てるってことだよ。その意志は、僕たちの尊敬を十分に受けるに値するだろ。

■↑今日聞いた中で一番アホらしい話だったね。アジアの老人のタフさはハンパねえぞ。自分の店に逃げ込んできた猫を、オレなんかより簡単に捕まえるんだから。

■人間というものを信じようって気持ちになったよ(涙。

■↑僕もだ。どんな国にも、こんな老人たちがいるんだって信じたい。米国の「偉大なる世代」(訳注:世界大恐慌、第二次世界大戦を経験した世代)だって、勇敢で愛国心に満ちた、そういう人たちなんだって。

■日本人ってのは、地球に住んでるバルカン人だ(訳注:バルカン人=『スタートレック』のスポックの父。感情ではなく理性と論理によって行動するヒューマノイド)。

もしこれが実現してしまうなら、日本政府には老人たちの残りの日々が安楽なものになるよう配慮してほしい。

■↑バルカン人というのは、言いすぎだと思う。他の国の老人たちは、健康を犠牲にしてまで国家を守ろうなんてしないってことを言いたいんだよね?

■↑いや、米国の老人たちだってやるよ。ただ、戻ってきたら、訴訟を起こすのさ(笑。

■なんていうスゴイ人たちなんだ。

■なんか日本の退職者全員が自発的にこういうことをしてるって思ってない?200人以上であって、500人まではいかないぐらいの人数だよ。

どうして、こんなことできるのは日本人だけだなんて結論にしたがるの?日本人に対してポジティブな考え方ではあるけど、なんか偏見っぽいよ。

■痛々しい。……日本には愛国主義はないって言われてるけど、祖国をきれいにするために喜んで死のうっていうんだろ……。

僕は、この申し出が却下されることを願う。そうじゃなかったら、せめて彼らが安全に作業できるように全力を尽くしてくれ。ちゃんとした設備と防護を頼む。

■↑日本人だって、愛国心ぐらいもってるだろ。なんで、日本人に愛国心がないことにしたいんだよ?

■感動した。でもさ、………こういうもののためにこそ、ロボットを作ってくれって。素早い作業、クールな道具、自己認識ができる、巨大メカを作ってくれよ。

■一方、アメリカ。共和党は、高齢者向け医療保険制度は終わるって見積もってる。受益できるのは今現在の老年世代だけ。今の若者が老齢になるころには、医療保険はもうまかなえない。

これが、すべての国民が良識を大事にする国家と、「自分のものだけあればいい」っていう欲張りで自分勝手な国家の差だよ。

■↑そうだな。アメリカほど最悪な国はないんだから、ロシアにでも引っ越せば?

■我々は、日本人から学ぶべきだろ。この記事をちゃんと読め。日本の人々がどれだけちゃんとしてるか。この凄さを見ろよ。

■この日本の退職したエンジニア、専門家たちを尊敬する。

良い人生を歩み、そうして若い人々を危険にさらすよりは自分たちがさらされることを選ぶ。
確かに、動きはゆっくりだろうし、元気にバリバリってわけにはいかないかもしれない。でも、20で働き始めたとして、40年間エンジニアをやってきた人たちだ。40年間x200日で8000だ!これだけの経験があるんだ、若い世代が集まって8000日分に相当する仕事をするよりいいに決まってる!

日本の表彰制度は知らない。でも、絶対にこの人たちの家系に名誉を与えてほしい。

■チキショー………なんかオレたち若者がダメダメみたいじゃないかよ……。

■日本文化は常に、無私だ。そして、彼らの行動は、完璧に論理的。

■↑アメリカの文化にとっては、学べるものがあるよね。

■ワオ!



「福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト」には、6月2日現在で、行動隊274人、賛同・応援者1,027人、カンパ 2,588,820円が集まっているようです。海外報道についての情報や海外からサイトに送られてきたメールなども公開されていますので、ごらんになってみてください。


posted by gyanko at 21:24 | Comment(139) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。