2011年06月08日

海外の反応 - 日本のナンパ学校 -

本日はこちらから。2〜3年前の記事ですが、反応が興味深かったので。


日本のナンパ・スクールの奇妙な内側

藤田サトシは、ハンサムな男ではない。脂性の肌、ビーズのような小さな丸い目、短い足、そしてハゲを隠すための男性アイドル風カツラ。が、それでも、彼は日本で最も人気のある、オタクの人々のためのデート・コーチだ。

藤田の「モテない男のナンパ塾」は、あらゆる年代の、自信のないオタク系男性に「自信をもち、デートを成功させ、セックスする」方法を伝授している。彼が言うには、これはすべて、10年にわたる入念な調査で発見した「彼しか知らない科学」なのだという。

「僕はいつも生徒たちに「まずセックスありき」であると教えています」と彼は言う。「その女性が結婚相手としてふさわしいかどうかは、あとになってわかることなのです」。

彼の塾は、日本にある多くのビジネスマン向けの変わった講座の1つだ。こうした塾には、単純な算数の問題を教えるものから記憶術まで、ありとあらゆるものがある。デートを成功させるためのメールの学校さえ存在する。

そもそも、夜間授業を受けることは、日本文化に深く根付いている。これは子供時代にはじまりいて、親たちは子供を塾や予備校に入れる。

ナンパ術は比較的新しいものの1つだが、塾の分野としては人気が出てきている。東京だけでも、少なくとも5〜6つのナンパ塾が開かれているのだ。

藤田のクラスでは教室でやる場合もあるが、こうしたナンパ術講座のほとんどは街角で実際のナンパの状況をシミュレートして行われている。
藤田の見積もりでは、彼の生徒は1ヶ月に100人以上。これは、人気者になるためのマジック講座や女性の誘い方といった複数のクラスの合計数。それぞれ数十人の生徒を惹きつけている。各講座の受講料は3万円(280ドル)。

彼の生徒たちは、電機メーカー重役、オンラインのポルノ以外に女性とほとんど交流をもったことのないエンジニア、平均的容姿だけれどもう少し魅力的になりたい大学生といった人々だが、みなこの塾で学んだことに満足しているようだ。

「藤田さんの塾に入ってから、5回ほどうまく行きました」と話すのは、2004年から受講している27歳の公務員、八王子ロボコップ。「講座に入って6ヶ月で童貞を失いました。今は女性とコミュニケーションをとることができます。すごく感謝してます」。

藤田が初めてナンパ講座を開講したのは2002年のことだ。今では、モテない男性のために3冊の自己啓発書を書き、藤田のテクニックは雑誌やTVでも取り上げられている。

20代を通じて、藤田は内向的で女性がまったくわからない人間だった。「髪が抜け始めたときは本当にショックでした」と藤田。「鏡を見るのが怖くて、女性に話しかけるたびに固まっていましたね」。
何年もの間、彼は、後退していく生え際のために影に隠れ、社交的なイベントを避け、女性と仲良くなるってどういう感じなんだろうと思い続けていた。

が、1990年代半ば、藤田は自身のナンパ術を鍛えようと、ナンパの達人やカリスマ有名人のテクニックを研究しはじめる。
紹介所にも登録して、デートをセットアップしてもらうようにはなったのだが、34歳で初めてカツラを購入したとき事態は急変する。

彼の本、『ヅラが彼女にバレたとき』の中で彼は、外見がわずかに変わっただけでどれだけ自信が出たかを描いている。まるで豊胸手術を受けた女性のような気持ちだったという。

彼はまた、シンプルなトリックを2〜3使うだけで大きな効果が出ることも学んだ。女性は笑いが好きだ。ほめ言葉や手品が好きだ。こういうアイディアをもとに、藤田は、信号やタイミングを読むように物事を考えるという、独自のナンパの「科学」を編み出した。

彼は言う。10年と10個のカツラを経た頃、彼は女性にとてもモテる男になり、会社を辞め、デート術を職業にしようと決意したのだと。

その他の技術として、彼の方法論には、「精神分析」も含まれている。これは、「これまで、どんな女の子ならナンパできてきたか」という見極めに役立つ。

また、彼は、炎の出る財布、話すフェレット、動くマリモが入ったバッグももっている。藤田は、しっかりガードしてきた企業秘密が漏れるのを防ぐため、当サイトにこれ以上の詳細は書かないようにと注文をつけた。

「くだらないかもしれませんが、ある特定の方程式に従えば、本当に効くんですよ」と藤田。

藤田が自ら進んで明かしてくれたアドバイスは、オンライン・デートに関するものだった。あれはうまくいきませんと彼は言う。

「背が高いわけでも、ハンサムでもなく、一流企業に勤めてもいないなら、出会い系でデートに成功するなんてありませんよ」。

「奇跡がほしいなら、街で女性をナンパするのが一番良い方法です」と。●



コメントはこの記事についたものと、転載先からいくつか拾ってまいりました。


■不細工でも女の子とセックスできるって証明だよなあ。ほっとしたよ、オレ。

■テクノロジー・オタクにはまだ希望があるってことか。サイトをチェックしてみたけど、藤田の確実な魔法の方法がどういうものなのか、手がかりを得られるような画像も絵もなかった。僕、日本語読めないし。

だから、あとで機械翻訳にかけてみるよ。で、それを僕のブログに貼っておくから。技術オタクのみんなは、もう少しこの「恋愛講座」の情報を得られるよ。


Hacker News

■こういうタイプのナンパ講座を「クレイジーな日本のもの」みたいに紹介するなんて、Wiredの記事としては珍しい。だって、現実を言えば、この手のものって、ここ10〜15年にアメリカで出てきたものじゃん。

■ナンパ・スクールの先生が生徒たちに「女性にアプローチする勇気」を与えてくれるっていうんなら(たとえそれが、あらかじめ用意されたフレンドリーな女性であっても)、僕的には大きな一歩だと思う。

前に一歩進んで、出会いがムダではないことを自覚するってことだよ。人生でそういうことはよくあるように、このスクールは1つの始まりにすぎないんだ。そこから、率先して行動したり、経験を積んだりして、学んでいけるかどうかは生徒次第。

魅力的な異性にアプローチする勇気って、恐怖とかストレス交じりの状況においては、話術より先立つものだと思うんだ。

■『The Game』っていうナンパの名人を描いた本があるんだけど、それと似てる(訳注:『The Game』(邦題『ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル』)=ニール・ストラウス著。米国のベストセラー。主にネットを中心に活動するナンパ師を書いた実録小説。著者自身の経験に基づく)。

この本の中でも、ナンパの名人がロス地区で生徒をもって教えてるんだよね。生徒たちは、先生のベストのやり口をそのまんまマネすることになるんだけど、その定石が結局は役に立たないっていう。日本でも同じことになるんじゃないかなあ。

女性が笑わせてくれる人に反応するっていうんなら、コメディアンみたいに笑いの独創的な人がぜんぶ良いとこどりじゃないの?


↓Neil Strauss。
neil.jpeg


■「まずセックスありき」って。…女の子とつきあいたくて、最初にオレが一生懸命やってたことはぜんぶムダだったのかよ?!?

■ちょっと話が逸れるけどさ、nampa(ナンパ)って女性をひっかける意味ではあるけど、難破するって意味でもある。ダジャレってのは、こういうときも豊かな意味をもつもんさ。

■そういや、TravelocityOrbitzにお知らせが出てたなあ。急に日本への旅費が高騰しはじめたって(笑。


Fighting44s

■オンラインのポルノ以外に女性とほとんど交流をもったことのないエンジニアか。アハハハ。確かに!

■この講師は自信に溢れた良い顔してるよ。たぶんすごくモテるんだろ。楽しくやってるんだな。

彼が若い頃に一人も女の子をゲットできなかったなんて、僕には信じられないや。だって、顔、悪くないもん。たぶん自信がないか、顔があまりにキュートか童顔だったかなんじゃない?(そういうのが好きな女の子もいるけど)。でも、そんなの2〜3年で成長して変わるもんだからね。(藤田氏の画像は元記事サイトへ)。


TokyoMango

■一日中ナンパしてたら、そりゃいつかはうまいこといくだろ。1000人の女性に声をかけたら、中には1人ぐらいホテルに行ってくれるさ。そういうことが、記事に出てくる男性が言うところの「うまくいく」ってことなのか疑問だよ。

■Wiredの記事って面白い、ホントに。記事になって有名になることが、この講師にとっていいことなのか、悪いことなのかはわからんけど。

■良い記事だったが。手品に感動するような女性とデートしたいかって言われれば微妙。

■オレの女性の好みなんてどうでもいい問題なんだってのは、いつもわかってはいたよ。

…女性側が僕をいいなって思ってくれたら、合図を送ってくれる。オレに理解できるのは、それぐらいだもんな。

まあでも、目で合図を送ったり、誘ったりするのは楽しいことだよね。それに微笑がくわわれば、もしかしたら会話が始まるかもしれないし。


Thephora

■米国にもこういうのあるだろ。ナンパ師(Pick Up Artist=PUA)って呼ばれてる。……イタイというか、ちょっと太り気味でヤボったい、普通のサラリーマンって感じの連中だよね、だいたい。


Unreal Playground

■面白そうだって思って、この手のナンパ・セミナーをチェックしてみたことがあるんだ。『Annihilation Method』のやつだと思う(訳注:『Annihilation Method』:前述のニール・ストラウスのナンパ術の商材…のようです)。不道徳なやり方だけど多少、影響は受けたな。


NeoGAF(ゲーマーの反応)

■チキショー、オレはこの学校に行く必要があるわ!(笑

■この人は、「コミュニケーション次第で女の子とセックスできますよ」ってことを教えてるんだろ。これって、本当に日本で「技術」とされてることなの?

あ、待て待て、手品も教えてるのか。……そうか。なら、オレだって日本でモテたかもしれないなあ。残念ながら、前に東京行ったときには、すでに嫁がいたけど。

■ニール・ストラウスが講座で教えてるナンパ術とそんなに変わりないんじゃないの?

■↑思ったね。面白い服装とか、手品とかさ。

■日本に数日滞在して、観察したうえでの印象。……日本の人々を見てると、一人一人がぽつんとしてる感じがした。別々なの。
西欧に比べると、その場で適当にまわりの人と日常的な会話をするってことがない。全体的に、携帯でコミュニケーションをとってる感じ。だから、携帯の出会い系サービスに人が集まるし。

個人的な交際のしかたを人から学ぶってのも、なんか寂しいことだよね。

■>今は女性とコミュニケーションをとることができます。
本気で言ってんの?

■↑学校で男子や女子が、お互いに話しかけ合ってるのを見るなんてめったにないよ。ほとんどの場合、男子なんて、話もしないでレスリングばっか。僕のところへ来て話しかけてくるのはだいたい女子。

でも、セクハラの教育講義を子供の頃に受けたから、女子に対する強い恐怖が僕の脳には刷り込まれてる。間違ったことを言ったり、やったりしたら、刑務所行きだ!みたいな。いまだにささいなことを気にもする。

バカみたいだけど、知らない女子に話しかけられると、真っ白になるよ…。

■↑>学校で男子や女子が、お互いに話しかけ合ってるのを見るなんてめったにないよ。

わかる。でも、20代になれば、平気になるよ。

残りの文については、若い子に「女の子とセックスしたら、裁判になって刑務所行きよ」なんて言うやつらが情けないね。
そういう人たちってのは、大人の力で子供に言うことを聞かせることに酔ってるんだよ。だから、無垢な子供にくだらないウソを吹き込む。

■>「僕はいつも生徒たちに「まずセックスありき」であると教えています」と彼は言う。「その女性が結婚相手としてふさわしいかどうかは、あとになってわかることなのです」。

現実的すぎだろ、おい。

■こういうのって効くのかどうかはわからないけど、面白いよな。


Jezebel(女性向けファッション、セレブ、ニュースサイト。ここが一番、コメントが多かったです)。

■ワオ。ホットな男ね。

■アジア版のクズでしょ。

■今すぐシャワーを浴びないと。………彼がたぶんガイジンなんかに興味がないことを神に感謝すべきね…。

■ねえ、親だって子供に、ゲームやマンガはやめて、社交スキルを学びなさいって教えていいんじゃない?年をとってハゲちゃって、女の子をナンパするのにカツラをかぶらなきゃいけなくなる前に!

■ねえ、この講師の写真。カツラなの?彼みたいな人と街角ですれ違ったら、私のゲイ・センサーがピーピー鳴るわ!

■↑日本の男って、メイクもするし、パーマもかけるのよ。西欧製のゲイセンサーは、日本では使えません。

■こんな嫌なやつらとやるぐらいなら、いつだってオタクの人を選ばせていただくわ!

■オタク。クズ。共和党員。どれって言われたら、オタクよ。共和党員だけは嫌。

■私は、オタク男性が大好きなの!私から彼らを取り上げないで!日本に住んでるわけじゃないけど、これは嫌な流れだわ!

■あぁ、なんてキュート。つきあったことはないけど、こういう人って可愛い。

■アイディアがクールだと思う。自信のない人たちが多少でも自信を得られる助けになるなら。幸運を祈ってるわ。

■ねえ、考えてみたんだけど、私、自信マンマンの嫌味な男より、シャイなオタクのほうが好き…。

■↑……そこで話は、そういう可愛い男たちがみんなこの学校に行くようになっちゃったら、私たちはいったいどこでそのシャイなオタクと出会えるのかってことになるわけよ。

■日本に独身女性が多いのは、このせいなのね!

■こんな痛々しいスキルを身につけたところで、女の子とホテルになんか行けやしないでしょ。だいたい、はっきり言って、手品ができるからって理由で男と寝る女がどこの世界にいるのよ?

でも、まあ、女性をゲームのキャラクターみたいに考えるっていう潮流を作るものではないからね。

■女の子に話しかけるのは「科学」であるみたいなクソ理論、マジで大嫌い。なんでもかんでも、「やつらはこうすればこうなる生き物」みたいな。ロボットじゃないっつうの。

■ネギングを採用してないってあたりで、この人の講座はだいぶキモさが薄れてるっていう事実。
(訳注:ネギング=ニール・ストラウスのナンパ術の1つ。女性に自信をなくさせるため、けなしたり、興味がなさげに振舞ったり、ほめるときは遠まわしにしたり…という教えのようです。)

■ちがうでしょ。トリックや自分の形を整えることで、生徒たちにうまくことを運ばせようっていうんじゃないんだよ。この講師は、女性と交流をもつことを内気な生徒たちに強制することで教えてる。
十分にコミュニケーションをとったね。もう怖くないはずだ。こんなふうに、女性とまたどこかで話してみればいいんだよって。

教会みたいなもの。教義も勧誘も儀式もたいした意味はないの。そこには人々がいて、新しい人たちと出会えるってことが大事なのよ。



男性の反応は、全般的に好意的。
女性には、全般的に不評。
ただ、男女ともに、講師の男性の容姿がなかなか評判が良かったです。




↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

『ICO』と『ワンダと巨像』、PS3へ!↓

   
タグ:ナンパ
posted by gyanko at 01:42 | Comment(36) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。