2011年09月23日

海外ゲーマーの反応 - 買ってみたら、前に盗まれた自分のゲーム!キャラの名前が一致 -

本日はこちらから。


ゲーム泥棒の捕まえ方

今年の春の終わり頃、京都のスーパーマーケットで、8歳の子どもが自分のゲームが入ったポーチを洗面所に置き忘れた。ポーチには、携帯ゲーム機とゲームが何本か入っていたが、子どもが両親と探しに行ったときにはすでに、ポーチは持ち去られていた。

こんな話は、それこそ百万回は語れてきた、どこにでもある話だ。誰かが何かを置き忘れる。どこかの馬鹿がそれを持ち去る。
だが、この話にはハッピーエンドが待っていた(まあ、それでも(訳注:盗難である以上)完璧に良い話というわけではないが)。運命の奇異なることに感謝しよう。

スポニチによると、今年の夏の終わり、この少年と父親はたまたま中古ゲーム屋へ入り、盗まれてしまったゲームの中の1本を買い直した。

スポニチの記事には、盗まれたゲーム機種は書かれていないが、日本のネット・ユーザーたちは、これが当然、任天堂の携帯ゲーム機であるとしている。

小学校2年生のこの少年が、買いなおしたゲームを起動したところ、キャラクターの一人が、以前、少年がつけたものとまったく同じ名前であることに気づいた。

つまり、少年と父親が購入したのは、盗まれたゲームのうちの1本だったのだ。泥棒はセーブ・データを消去していなかった。

(舞台となった)中古ゲーム屋は、盗難場所のスーパーマーケットから道を下った場所にある。

親子は、元は自分のものだったゲームを購入したことを悟り、翌日、警察に届け出た。結果、警察は、盗難品を売却した犯人を突き止め、50歳の無職の男が逮捕された。

日本の犯罪率は低い。このおかげで、ショッピング・モールのフードコートで、テーブルに自分のバッグを置いて場所取りをする人々も珍しくない。
物を紛失しても、戻ってくる。僕も地下鉄に何本も傘を忘れたが、これまですべて取り戻すことができている。
日本の人々はしばしば、誰かの忘れものを見つけると、届け出たり、なくした人が見つけやすい場所に置いたままにしたりする(木の枝にぶらさげたり、椅子に置いておいたり)。

今年の東京ゲーム・ショーでも、僕はMacBookのプラグを置き忘れたのだが、翌日、取り戻すことができた。

とはいえ、馬鹿はどこにでもいるものだ。悪いやつらのたまり場で性根が腐ってしまう人たちもいる。そんな人たちの1人が、1本のゲームのセーブ・データなんていうシンプルなものがきっかけで裁きを受けることになるなんて、良い話じゃあるよね。●



この記事についたコメントです↓。


■オレたちが、ターゲットとかウォルマートでゲーム製品を見たいとき、(ショーケースの)鍵を開けてくれって頼まないといけないはめになってるのは、これが理由。

 ■↑ターゲットのあれはやだよねえ。特に、僕がよく行く店舗は、携帯電話コーナーの販売員以外に、近くに誰もスタッフがいないんだ。だから、みんなが彼に頼む。で、彼はそのたびに客についてく。

やっぱり、(訳注:盗難防止用の)プラスティック・ケースとかに入ってるほうが何倍も好きだ。少なくとも、触って、見て、自分でレジにもっていけるもんね。

■バッグでテーブルの場所取りをするのって嫌い。違和感があるってだけじゃないの。マクドナルドなんかで列に並んでて、「ここにすわろ」って目をつけてた場所を自分より後から来た人にとられたりすると、もうこれ以上腹立たしいことはないってぐらい腹立つから。

 ■↑わかる。席取りって最低だよね。そんなことしてる人たちの荷物はテーブルからのけて、近くの観葉植物にでも引っ掛けておけばいい。もし「なんでそんなことするの?」なんて、相手に聞かれたら、声を大きくして、理由をはっきりと言ってやるんだ。周囲の人たちにもちゃんと聞こえるようにね。

運が良けりゃ、相手は恥じ入って去っていってくれるだろ。できたら、子ども連れだとナイスだね(でもって、相手が子ども連れじゃないといい)。みんなが同情してるから。

 ■↑日本を褒めるついでに、「無意識に行儀が悪いことをする人たち」まで褒めてるみたいでちょっとおかしいなあって僕も思ったよ。ああいう席取りって、品がないし、社会性がないよね。僕の国、シンガポールでも、場所取りはダメなこと。

けど、シンガポールのランチタイム時は、フードコートは行列になる。で、テーブルの半分が、ポケット・ティッシュとかで席取りされてるわけ。座るに座れない人たちが怒りながら、冷めた食事をもったままぐるぐる歩き回ってるよ。

ラッシュアワーのときに、テーブルにビッグマックの包装紙やエビの殻なんかを散らかしっぱなしにする人たちがいるじゃない?あれって、席取りする人たちと同じタイプの人たちだと思う。

あの人たちは、まだ自分の食事も手にしてないのに、30分も前から席を取るんだよね。食べる時間の3倍〜4倍の時間、テーブルを占拠してる。その間、テーブルは誰もすわれず空いたまんま。

唯一の解決法は、自分もやっぱり他の人と同じように席取りすることだけなんだ。馬鹿なことやってるなあって思うけど、1時間以内でランチを終わらせるにはこれしかない…。

■日本で一度、自転車を盗まれたことがあるんだ。一ヶ月ぐらい後、駅の近くで見つけたんだけど、泥棒のやつ、自分で鍵をつけてやがった。
地元の警察の人がハワイアン・シャツに着替えて、泥棒を待ち伏せしてくれたんだけど、結局、現れなくて、しかたなくボルトカッターを切ったよ。

■文化の差ってやつだなあ。こんなふうだから、日本じゃ、なんでも自動販売機で売れるんだよ。お酒からタバコ、コンドームまで。北米でこんなまねしたら、ティーンエイジャーの格好の標的だけど、あっちじゃそんなこと心配しなくていいからね。

 ■↑うん。自販機で現金(電車用のカードでも!)で酒が買えるってことにびっくりしたもんだ。

  ■↑高校を出た後、日本を離れたんだけど、そのあたりから登録カードがないと自販機でタバコを買えないっていうシステムが導入されてたよ。カードを読み取らせないと、タバコが買えないんだ。ビールの自販機がどうなのかはわかんないけど…。

■ライブ・ストリームに映ってる日本の人たちを見たことある。通りにノートパソコンを何台も置きっぱなしにして、銀行に入って、10分後に出てきたりするんだよ。荷物の横を人が何人も歩き去ってくんだけど、みんな素通り。すごかったよ。あんなのって日本だけだ。

■僕、大学のパーティで財布なくしたんだけど、翌日戻ってきた。中身はなかったけどな。

■日本について確実に言えることが1つある。少なくとも、(訳注:落し物とか忘れ物とか)日本人はそういうことに気配りするよね。
中国、香港、台湾に住んでたことあるけど、あっちじゃ常に持ち物には気をつけてないとだめだった。僕の持ち物を盗もうとしたやつと口論になったこともあったな。悲しかったし、腹も立った。

■基本的に、彼は見つけたんでしょ?どうして泥棒なの?まあ、それで利益は得たわけだけど、誰かから奪ったわけじゃない。彼は「見つけた」んだ。

 ■↑それでも、泥棒なんだよ。自分のものではないものを着服したり、売ったりしようと思ったら、それはもう盗んだことになる。通常の思考回路をもってたらわかる話だ。法律もそうなってる。「拾ったものは自分のもの」(訳注:ことわざ)なんて通用しないっての。

 ■↑「見つける」ってことがもう法律になってる。日本ではどうなってるのかは知らないけど、こっちじゃ、たとえばその物品の価値や放置されてた時間で規定されてる。

1万ユーロ以上の価値のあるものを見つけた場合(金の詰まったスーツケースとかね)、警察に届け出なきゃいけない。これをしないと、泥棒になる。

僕的には、価値に関わらず、「拾ったから自分のものだ」と主張する前に、持ち主を探さなきゃならないとは思うけどね。警察に届け出ても、持ち主が一年以上現れなかった場合に、見つけた人のものになるわけで。

日本も似たような法律だと思うよ。

 ■↑米国も似てる。落とし主に返そうという努力をしなかった場合は、泥棒だよね。

■完全に同意!日本の人たちは、落し物に対しては素晴らしいよ。……バッグ、財布、携帯電話、その他いろいろなくしたことがあるんだ(酔っ払ってるせいで)。でも、どれもいつも無事に戻ってきた。……世界で一番人の多い都市の1つだってのに!こんなことが起こるんだよ!!!!

日本じゃ、店の外に商品を並べたりするんだぜ!!! しかも、監視カメラもなし!!! 最初、頭おかしいんじゃないかと思ったもんだ。オレを訪ねて日本に来る友達たちも、みんな同じように感じてる。……けど、日本の人たちってのは、史上、最も信頼のおける、信じる価値のある国民の1つだからね!(そりゃ、例外もいるけどね。でも、一般にみんなそう)。

■2003年に日本に行った。絶対ほしいものがあって買い物に出かけた(オモチャ、ゲームやアニメのサントラ)。それで、自分の荷物を床に降ろして、CDを見てた。で、レジに行って支払い。店を出た。5分ぐらい通りを歩いたところで、荷物を忘れてきたことに気づいた。ものすごい勢いで店に戻ってみると、置いた場所にオレの荷物があったんだよ。あのときは、マジでほっとしたよ!

 ■↑僕、ガールフレンド、彼女の小さい弟の3人で、靖国神社の近くで花見パーティに参加したんだ。たぶん、1万〜2万人の人がいた。みんなビールや酒を飲んだり、旬の味を味わいつつ、桜の花を愛でてた。僕たちも楽しい時間を過ごして、六本木近くの自宅に帰るときには、最終電車になっちゃってた。

ところが、電車の中で、彼女の弟が、買ったばっかりのバックパックを公園に忘れたことに気づいたんだ(日本旅行のために買ったもの)。中には、カメラ、財布、飲み物、衣類がちょっと入ってた。
パーティにいた友達たちはとっくに帰っちゃってたし、その晩は戻れなくて、もうしかたなく寝るしかなかった。

次の朝、公園に戻ってみた。あれだけいた人たちがみんな去って、公園はがらんとしてて、妙な感じだったよ。そしたら、遠目で、木になにかぶらさがってるのが見えたんだ。彼女の弟のバックパックだった。中身も全部無事。

誰かが木にぶら下げてくれたんだね。地面に置いたままだったら、朝露で濡れちゃうから。

日本の人たちの、こういう優しさ、高潔さが大好き。彼女の弟にとっては、忘れ物をするなって教訓のためにも、せめてバックパックに入ってたドリンクぐらい盗まれて痛い目を見てもよかったろうけど(笑。

 ■↑すごい人もいるんもんだ。イギリスだったら、空のバッグすら戻ってこないよ。で、数時間内に全部、ネットオークションに出されてるね。

 ■↑なんて親切な人なんだろう……。

 ■↑叔父さんの一人が、日本に「出稼ぎ」に行ってたんだ。出稼ぎってのは、まあ、海外労働者みたいな意味ね(訳注:ブラジルでは「出稼ぎ」が「Dekassegui」としてほぼ同じ意味で使われているようです)。

ときどき、日本の公衆電話から子どもたちに電話をかけてきて、おしゃべりしてたよ。「お金を送ったよ」とかね。だいたい、月に1〜2回ぐらいかな。

あるとき、叔父さんは、給料をもらった後に電話をして、ちょっと話してから家に帰ったんだ。そしたら、財布を電話ボックスに忘れてきたことに気づいた。最初はパニックになったって言ってたな。でも、すぐ「なくした」ってことを心で受け入れた。

「明日になったら電話して、今回はお金は送れないよ」って言うつもりだった」って言ってた。

ところが、さて電話をかけようと電話ボックスに行ってみたら、驚いたことに、財布が手付かずのままそこにあったんだ。叔父さんは、子どもたちに電話をして、その話をした。

数年後、叔父さんはまだ日本で働いてて、その頃にはもう、そういうことに慣れっこになっちゃってた。「ちょっと買い物するぐらいなら、車にロックはかけないね」とか言っちゃうぐらい。

オレからしたら、もう非現実的な話だよ。知らない誰かから聞いた話だとか、読んだ話だったら、絶対信じないね。

■同じこと、僕もあった。10万(だいたい1200ドルね)入った財布を店に忘れて、深夜2時まで気づいてなかった。酔っ払ってたんだ。
翌日、店に行ったら、マネージャーが「財布を忘れて帰られましたよね。心配してました。預かってますよ」って言うんだ。もうびっくりしすぎて、アゴが落ちそうだった。でもって、心底、ほっとしたよ。

別のときは、バーバリーの傘(100ドルするの)を置き忘れた。翌日なにげなく寄ったら、ウエイトレスがビッグ・スマイルで迎えてくれて、ちょっと待っててくださいって奥に走ってった。戻ってきた彼女の手には僕の傘。うやうやしく僕に手渡してくれたよ。それで、僕に謝るんだ。まるで彼女が悪かったみたいに。こういうのって、日本の最強の特質の1つだよね。

たださ。奥さんがセブン・イレブンに買い物に行ったら、フェンスのところに小さい熊のストラップがあったっていうの。彼女、誰かが捨てたんだと思って、かわいいなあって家にもって帰ってきちゃった。
僕が「それどこで買ったの?」って聞いたら、その話をしたから、僕は言ったよ。「うわぁ……それって、誰かが地面に落としたんだよ。それを誰かが、踏まれたりしないようにってフェンスに掛けておいたんだって」って。
彼女は悲しそうにしてたけど、自分のものにしちゃったよね。ハハハ…。

  ■↑まず、これはどっちがどうって話じゃない。ただ、オレだったら、正反対のことをするだろうな。

財布、現金、携帯電話なんかを見つけたら、もらっちゃうよ、ほぼ。それか、たぶん、現金は抜いて財布はそのままそこに置いとくか。

うん、オレは地獄行きだわ。

ただし、オレは熊のストラップ程度のものだったら、逆に拾わないね。
オレ的には、現金は現金なんだ。でも、携帯ストラップとかはたいした価値がないものだし、誰かからのプレゼントだったかもしれないじゃないか。ガールフレンドとか奥さんとか、娘息子からの。
オレは、誰かにとって気持ち的な価値があるものを着服することには罪悪感を覚える。

   ■↑平均的日本人とキミの、そこが差なんだろうよ。

■日本には、見つけた人が謝礼をもらえるって言う法律があるからだよ。物品の価値や現金の額によって、直接的な謝礼があるんだ。物が戻ってくることが多いのは、たぶんだからだよ。

 ■↑それって、天才だわ。

■僕、カッコいい新品の傘を大阪ホテルで取られたよ。後に残ってたのは、穴だらけのボロ傘。
友達は、東京で夜に出歩いてたら、キャッシュカードで3000ドル使われてた。そんなに使った覚えもないのに。ただ、公正を期して言えば、警察は、「こういうのは外国のギャングスターの犯罪ですよ」って言ってた。

■日本ならではのナイスな話。

■この記事のエンディングがいいなあ。
ただし、オレは、席取りのために荷物を置いて、そのせいで荷物を盗まれたような人には同情しないけどね。
母親にも言うんだけど、愚かにも荷物を置いてったってことは、盗まれてもしょうがないってことなんだからねって(もちろん、盗みは、愚かであることより悪いことだけどさ)。

■ スウェーデンに住んでる。犯罪はさほど多くはないけど、………テーブルに財布を置いたままにしておくなんて無理。

■新品ピカピカの第2世代iPodを何年か前、仕事中に見つけたことがある。クソな曲ばっかり詰まってた。落としたやつがアホってことで、ちょうだいした。数年、使ったよ。

一年前、今度はiPadを見つけて、これはドラッグと交換した。

過去に3台、携帯電話をなくしてるけど、探そうとも思わなかったね。電源も切れるだろうし、解除するには個人ショップに持ち込むしかないだろうってわかってたから。

今までで一番だったのは、新品のアディダス・スーパースターズ。箱入り。フットロッカー(訳注:米国の靴屋)の袋に入ってた。街から戻る途中のバスの中で見つけたんだ。サイズがデカすぎたが、たいしたことじゃねえ、いまだに履いてる。

拾ったものは自分のもの、なんだよ、馬鹿め。

それとな。数年前、オレのママが働いてる店からベーコンを盗んだヘロイン常用者がいて、そいつをとっ捕まえたことがある。タックルして、ベーコンを取り戻した。やつは逮捕されたよ。徳も積んでるんだ、オレは。(訳注:イギリス人のかたのようです)。

 ■↑お前の話を聞いてると、人間に対する信頼で心がいっぱいになるよ(棒読み。

 ■↑米国産のベーコンなんてたいしたもんじゃない。お前のやったことは、その程度では相殺されないな、たぶん。カナダ産なら、……いや、日本の神戸牛ぐらいじゃないと相殺にはならんね。

  ■↑はっきりさせとくか。オレの意見は、見つけたものと盗んだものはちがうということだ。

なにかを見つけて、愚か者のオレのようにそれを自分のものにしたからと言って、落とし主がひどい経験をしたことにはならない。ただ、やつらは馬鹿なミスをしたのさ。で、それ相応の結果になっただけのこと。

子どものDSだとか、クレジットカードやキャッシュカードが全部入った誰かの財布を見つけたってんなら、落とし主に返すためにオレだってがんばるさ。実際、仕事関連で、こういうことを何度もやったことがある。

けど、オレが拾ったiPodは、ハッピーハードコアの曲がいっぱい入ってた。オレは思ったね、こんな曲聴いてるやつに、iPodはもったいねえって。ハッピーハードコアなんて、最悪。最低の音楽だ。

盗みは、誰かの暮らしを台無しにする。老人にナイフをつきつけて、財布を奪ったら、もう老人は怖くて家から出られなくなってしまう。オレはそんなことは容認しないし、する気もない。

家に押し入られたら、家にいることも怖くなるが、iPadをなくしたところで、自分を馬鹿だと思って終わりだよ。

   ■↑同意だ。……ただし、返す方法がない場合な。それなら、フェアだ。つまり、ホームセンターで100ドルが落ちてるのを見つけた。僕はもらう。なぜなら、返す方法がないから。店に届けたとしても、突っ返されるのがオチ。

前に強盗にあったことがあるんだ。だから、どんな気持ちになるかわかってる。
それに、すっごい貧乏だったこともある。だから、食べ物を盗むのは、食べたかったんだな…ぐらいに思う。だって、飢えるってどういうことが知ってるからさ。

誰かに金をたかられてもあげないけど、食べものならあげるよ。今は食べ物があるからね。あげようって思える。

 ■↑ワオ……キミって、………なんか興味深い道徳観を持ってるんだね。

 ■↑道徳心がないだけだろ。かといって、強盗するような、完璧な悪党になる勇気もない、と。一線を越えかけてるけど、超えてない。刑務所に行って、堅苦しい時間をすごすのが怖いんだろう。せいぜいコンビニ強盗が関の山だな。…まあ、いい。お前の好きにしろ。

■米国だったら、こんな事件、警察から一笑に付されるわ。じゃなかったら、完全に無視されるか、丁重に話しだけ聞くふりして、あとですべての情報をゴミ箱に入れておしまい。

当然のことだが、わが国には「ポケモン盗難事件」よりもっと気がかりな事件がたくさんあるんでね。

 ■↑そんなことはない。警察は、報告書ぐらいは書くよ。それで、盗難事件が続いているようなら、捜査に乗り出すんだ。

たとえば、フードコートで盗難事件が多発する。警察はその地区を見張るようになるってことね。報告書を出さないことには、犯罪の解決しようがないでしょ?

笑い飛ばすとか無視するとか、そういうのは事実じゃないよ。

 ■↑そうでもないぜ。住んでるところにもよるけど。

昨日、オレの兄弟が逮捕されたばっかりよ。駐車禁止で切符を切られたのに、裁判所に行かなかったから。
警察官が一人、兄貴を45分かけて刑務所に連行した。刑務所に着いたら、そこの担当警察官が、兄貴を連行してきた警官を見て、笑ってたよ。「そんなことのために45分もかけてきたのかよ?オレだったら、見逃すけどな」って感じで。

すべての警官が、ちゃんと気にしてるわけじゃないってこと。

■どうしてそんなことになったのかわからないけど、僕も特装版の『ゼルダの伝説 風のタクト』を数年前になくした。で、ひょんなことで、地元のゲームストップで同じやつを見かけたんだ。特装版をもってた人は他にもいるのはわかってるけど、オレの名前入りのやつは他にないもん。
でも、残念ながら、店にマネージャーには言い出せなかったよ。

■世界がこんなふうに犯罪率が低かったらなあ…。日本の移民政策を見習うべきだと思うよ。社会に貢献できる人しか移民を許さないっていうやり方。仕事もすでにもってて、税金を払える人たちね。

 ■↑ここイギリスでも、移民は大問題になってる。それだけの価値がある、社会に恩返しをする気がある人なら問題ないけど、来るやつの多くは、オレたちの人の良さを利用して、働きもしないし、できるだけ金を搾り取ってやろうってやつらだ。

とはいえ、一方で、まったく同じことをしてる生粋のイギリス人もいるけどな。………わからん。複雑な問題だよ。

  ■↑多くの移民が犯罪者やギャングスターになる。多くは社会になにももたらさない。社会のために最善のことは、やつらを送り返すことって場合だってあるんだ。もちろん、送り返す場合は丁重に、だが。

■浅草でバックパックを置き忘れたんだ。日本語も話せなかったけど、とにかく遺失物取扱所に行ってみたら、ものすっごく親切でさ。通訳代わりの英語を話せる人に電話してくれたの。

30分後、幸せなことに「バックパックが渋谷で見つかりました」って言われた(路線の真逆方向の駅。浅草から9マイル)。「そこで待ってますから」って。

あああああ、……日本、キミが大好きになったんだ、僕は。

 ■↑わざわざ英語を話せる人に電話してくれたの?ありえないわ。すごすぎ。

  ■↑これだけじゃないんだよ。あるオモチャ屋を探してたんだけど、住所の場所が見つからなくて、地元の交番で聞いた。彼らは英語を話せなかったけど、やっぱり別の交番に電話してくれて、電話越しに通訳してくれた。

いい子でいれれば、日本は住むにはステキな場所。ただし、「出る杭は打たれる」ってコトワザは常に頭に置いてるように。

■た、逮捕?! 見つけただけでしょ?盗んでないのに。

 ■↑見つけた後に、盗んだんだよ。

 ■↑そして、彼の所有物でもないのに売った。

■これって、マジで日本だよなあ。だって、逮捕だぜ!逮捕!それほどのことか?!

 ■↑盗難品を売るのは日本的ではないね、まったく。落し物は日本では非常によくあることだ。そして、落し物が元の持ち主に返ってくるというのも、日本ではめちゃめちゃよくあることだ。

■単純なことをわかってない人がいるね。誰かが落とし物をする。その場所にキミが居合わせる。どう思う?そう、撒かれた種を収穫するだけのことだ。

■人間を信用できない。………今、日本に引っ越したいっていう衝動にいきなりかられてるところだよ!

■>僕はMacBookのプラグを置き忘れたのだが、翌日、取り戻すことができた。

米国やその他の西欧の国家に比べたら、日本がどれだけ安全かって話だよなあ。他の国だったら、MacBookごと盗まれて、そこからいろんなパスワードを抜かれて、その情報を売却されて、そのうえでMacBook本体を売却……ってな話になっちゃうもの。

■>僕も地下鉄に何本も傘を忘れたが、これまですべて取り戻すことができている。

昔、ニューヨークへ向かう電車に乗っていてね、あくびをしたんだ。特大のあくびを。そしたら、アゴが元に戻らなくなっちゃって、大パニック。なんとかアゴを元に戻そうとしてる間にだね、……傘を盗まれた。

これがアメリカン・ライフってやつさ!

■日本に住んでる。誰かが、アパートの駐車場に置いておいたオレの自転車からサドルを盗んだんだよ。正直言ってさ、サドルなんてどうして盗むのよ?それも、食料品を入れるバスケットがついてる、おばあちゃんが乗るやつみたいな自転車なんだよ?まわりにはもっとステキな自転車がいっぱいあったのに。

たまたま、クリーニング店に寄って、ちょっと買い物してた15分の間にやられてた。

ま、あとはだいたい平和だけどね。暴力的犯罪なんて、あるとしたら、(訳注:天井が低いので)額をすりむくぐらいだから。

■逮捕するようなことだったとは思わないなあ。捨てられてたものを見つけるのと、泥棒は同じことじゃないもん。

■なんてこった!マジか?! そこに置いてあったものを自分のものにしたせいで逮捕だって?! これは強奪じゃないんだぞ!そりゃ、持ち主が誰なのかわかっていた(今回の場合はセーブデータで)んだから正直ではないさ、でも、カモーン!たとえ名前が入ってたにしたって、自分だったら届け出るか?

わけがわからん。個人的には、忘れ物を見つけたことは何度もあるし、そのたびに落とし主に届くように努力はする派だ。
でも、この男がやったことは強盗じゃない。置いてあったものを自分のものにしただけだ。

たとえば、20ドルを街で見つけたとしよう。誰の?って聞いたら、10人は手をあげるぜ。だったら、無駄口叩かず、恩恵に浴すればいい。

たぶん、この男はセーブデータを見てないんだ(訳注:持ち主がわからなかった)。悪いのは親だろう。子どもの持ち物の確認もしなかったんだから。そのうえ、警察まで呼びやがって。警察だって、逮捕なんて間違ってる。馬鹿すぎるよ。マジで。

 ■↑まず、子どもはうっかり置き忘れたんだ。わざと置いてったわけじゃないし、ポーチはこの男のものではない。自分のものではないものを売っ払ったわけだから、泥棒だ。

次に、日本はこっちとは完璧に文化がちがう。人々はちょっとの間、ものをそのへんに置いておくのに慣れている。この場合、そこに置いてあるからといって盗るのは、窃盗だ。

この子はたぶん、トイレに入っている間、ポーチを置いておいたんだろう。で、子どもだから、それを忘れた。

この男の行動の背後の動機は、不当なものだ。泥棒だ。泥棒は処罰されねばならない。

筋の通らない、「拾ったものは自分のもの理論」はやめろ。

  ■↑そこにポーチを置いたのは子どもだ。そして、忘れた。子どものミスだ。この子はこれで学ぶんだ。もうゲーム機はない。次からは、忘れないように気をつけるだろう。

そこに置かれてあるものは、所有者が不明のものだ。日本の文化がちがうのはわかるが、同意はできない。自分の所有物には気をつける責任が各自あるんだ。キミも他人を責める前に、盗みの定義を知るべきだ。

車にキーをかけないで置いておいて盗まれたら、保険会社だって新車代は払ってくれないぞ。なぜなら、それは所有者の責任だからだ!たとえそれがミスであってもな!

■犯罪率の低い国だと、50歳の無職の男が、忘れ物のゲームを見つけて、それを売っていくばくかの金にしたってだけで、警察が来て逮捕しちゃうのか。

正味な話、子どももかわいそうだけど、この犯人にも同情を感じる。このお父さんは子どものゲームを買いなおそうとしてたみたいだから、お金に困ってたわけじゃないだろ。でも、かたや犯人、……困ってたのかもな。

■劇場にDSを忘れて、劇場の遺失物取扱所に行ってみたけど、出てこなかったな。オレはこの国の犯罪率が憎い。



「拾ったものは、盗んだものとはちがう」、「この程度で逮捕とは!」……という考え方のかたが少なくありませんでした。
長文の議論になっているコメントもいくつかあったのですが、ほぼ理屈はいっしょだったので、適宜、割愛しております。

……なんと言いますか、久々に軽くカルチャー・ショックを受けました。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ


   
posted by gyanko at 14:37 | Comment(236) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。