2009年09月15日

海外ゲーマーの反応 - 宝塚の『逆転裁判』-

今年の春に上演され、ヒット作となった宝塚宙組の『逆転裁判 - 蘇る真実 - 』。好評に応えて、8月から行なわれていた第2弾『宝塚歌劇 宙組公演 バウ・ロマン 逆転裁判2 −蘇る真実、再び…−』もチケット即日完売、大好評のうちに幕を閉じました(カプコン特設公式サイト)。

この宝塚版『逆転裁判』、主人公は日本版の成歩堂龍一ではなく、海外版のフェニックス・ライト。脚本も宝塚オリジナルだったようですが、カプコンの制作協力を受け、『逆転裁判』らしさを要所要所にちりばめた演目として、ゲーム版のファンからも評判が良かった模様です。


本筋のゲーム、『逆転裁判』のシリーズは、皆様ご存知のシリーズ累計300万本突破の人気作。DSで新作が出るたびに私も買っておりますが、「……ちょっと無理あるんじゃ」ってな謎解きも含めて、いっそ楽しめるカジュアル・ゲームの佳作です。

海外でもなかなか評判が良く、北米での初作『逆転裁判 蘇る逆転』は予想外の需要に供給が追いつかず、店舗から製品が消えてしまい、慌ててカプコンが10万本を増産するという一幕もありました。初作は37万本、去年2月に出た『逆転裁判4』は21万本を売り上げています。(VGChartz


逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000 逆転裁判2 NEW Best Price!2000 逆転裁判3 NEW Best Price!2000 逆転裁判4 NEW Best Price!2000


さて、前置きが長くなりましたが、本日は海外ゲームサイトが伝える宝塚版『逆転裁判』の記事です。記事には30枚以上の宝塚の画像も添えられています。
女だけの劇団によるミュージカルを海外ゲーマーはどう見るのかが興味深いところでございますが、まずは参考までに、前回の宝塚の『逆転裁判』の記事と反応を。今年2月の記事です。


全員女性による『逆転裁判』ミュージカルを観よう。

今月、全員女性の宝塚歌劇団による『逆転裁判』の舞台が始まる。舞台の様子を動画でちょっと覗き見よう。
宝塚は、舞台化に伴い、登場人物名を英語版の名称にすることに決定した。日本版のオリジナルの名前、成歩堂龍一の代わりに、フェニックス・ライトだ。主人公は蘭寿とむによって演じられる。●





参考までに、今回の配役と登場人物名。

成歩堂 龍一→フェニックス・ライト   綾里 真宵→マヤ・フェイ

naruhodo.gif → tom.jpg   mayoi.gif → maya.jpg

御剣 怜侍→マイルズ・エッジワース   狩魔 冥→フランジスカ・ヴォン・カルマ

mitsurugi.gif → edgeworth.jpg  karuma.jpg → karma.jpg

真宵……というか、マヤ・フェイ…。プリンセス・テンコーかと思いました…。

この記事についたコメントです。

■この劇、英語にして米国にもってきてほしいわ。このミュージカル、大成功よ。大成功すぎ。そのうちに、ファン・サブがつけばいいんだけどなあ。

■異議あり!!! 字幕ほしいよ。>_<

■ヨーロッパにもこんなクールなショウがあればいいのに。いつもは劇場にはさほど興味ないんだけど。ミュージカルなんていったらよけいね。でも、これはすごい!フェニックス・ライト?全員女性の配役?私的には二重でステキ!

■エッジワースが凄いな……

■マヤが……あんまりらしくない。言いたいことわかる? とは言っても、これは凄い。動画のまま見ると(明らかに、これ用に作られてる)、DVDにする予定なんじゃないかなあ。字幕付きだったら、最高。

■女性に囲まれた、女性が演じるフェニックス・ライト……いつも夢見ていたことが現実になった!

■全員女性の『ファイナルファンタジー』の劇が見たい。あの中の男は、みんな本当に女の子みたいに見えるもん(笑

■ウー!宝塚!これ、リハーサルを写したテレビのスポットから取ったみたいに見える。東京だと、毎週、今、宝塚劇場で何をやってるか見せてくれる番組があるの。先月、劇を見に行ったんだけど、昔の劇もDVDで売ってたよ。字幕はなかったけど。

■これほどクールなものを見たことがないよ。この舞台がぜんぶ翻訳されたら必ず知らせてくれ、ブライアン(訳注:この記事のライター)。

■これ見てるの、大好き。……日本に友達といっしょに行かなくちゃ…。

■フェニックスの髪がぜんぜんちがうのが良い……てか、やだ。

■字幕版とかって論外の話?

■80年代っぽいなあ(笑

■チケットとろうと必死に努力したけど、だめだった。5日から始まったけど、ずっと欲求不満。DVDになってくれれば、ありがたい!

■なんつー変な…… このジャップたちは何を考えてんだ?

■↑お前が死ぬまで見れないような金を稼ぐことを考えてるんだよ。マジな話、宝塚は、毎日、すべての演目が完売なんだよ。

■フェニックスのバッジを忘れてるよ!あれはフェニックスのすごく重要な持ち物なんだよ。

■Wow。すごくすごく興味がある。面白そう。米国でDVDで出してほしい。字幕つきで。そうじゃなかったら、少なくともオンラインでダウンロードできるようにしてくれるか。フェニックス・ライト、大好き。この舞台はすごそう。

■宝塚の動画を見てるといつも笑っちゃうのよね。これは特にクスクスが止まらなかった。演技が大袈裟でドラマチックすぎるの。そこが凄いの!

■Wow!(良い意味のWowじゃないよ)。さすが日本って感じ。

■異議あり!! なんだって日本の女の子は男装しててもホットなんだよ?

■実際、宝塚にはちゃんとした歴史がある。20世紀の初頭に始まってる。前学期に宝塚について教わったんだ。興味があるなら、ここを読んでみて(訳注:宝塚の英語版Wikipedia)Wikipediaはリンク先として最良ってわけじゃないけど、ちょっとは歴史を知ることができるよ。宝塚は本当に魅力的な劇団。

■見栄えも声もとっても良い。アルトの声の女の子たちが凄いね。プロの批評家がどういうかは知らないけど。

■Wow……素晴らしい!歌がかなりクール。一番好きなのは、ピットのオーケストラがゲーム音楽を奏でるのを聴けること。あと、この記事の見出しを最初に読んだとき、小劇団の何かかと思った。でも、これは実際にちゃんと制作されたものなんだね。通しで全部見るのを待ちきれないよ。

■これって、…フェニックスもマイルスも両方女なんだよね。…どっちもゲイってことが凄いの? ちがうの? それと、英語名はフェニックス・ライトだけ?キャラクター全部英語名?

■記事で読むと、確実に奇妙なコンセプトのものの1つだな。でも、実際にやると、凄いね。

■本当に素晴らしい。日本ってクールなものぜんぶもってるんだな。

■オリジナルの裁判所の音楽を使ってるのが嬉しいの一言。

■オレだけ? それとも、女性のマイルズがホットなのか?

■↑これを見て、僕もマイルズに対する感情が混乱したよ。

■言うべき言葉がない。

■非常に面白い。マヤの格好をした人を見れるなんてクール。

■神よ。僕は日本がときどき大好きになる。こういうのがそのとき。

■僕は日本語を一言も話せないんだけど、正直言って、これを日本人が喜劇として扱ってるのか、それとももっと劇的なアプローチをしてるのか、見分けがつかないよ(歌の何曲かはかなりムードがあるし)。客が笑う声は聞こえないから(この動画はリハーサルを撮ったものだろうから)、なんともわからん。

はっきり言うと、最後にたくさんの拍手が入ってるのはわかる。でも、最後のところは別のリハーサルからとったのかもしれないって思ったんだ。オレが舞台の仕事をしたとき、宣伝用動画を作るのに、リハーサルと実際の公演の両方からとってきて繋ぎ合わせてたからさ。

■↑このことを覚えておけ。それがマジで良い場合、日本人の客っていうのは完璧に静まり返って観るんだよ。それが大笑いの喜劇であっても、みんな完璧に静か。誰も笑わない。だから、こうも考えられる。客はあまりの素晴らしさに沈黙している。これを「尊敬」と日本人は呼ぶ。

チキショー、日本!お前はクレイジーだよ!

■クールだ。オレが一番好きなDS(GBA)のゲームシリーズの1つのミュージカルだもんな。すべての登場人物が女性って思うと……そうだな……判決は胸でって感じか。確かに見た目じゃわからないけど、……ついてるのは確かだ。あるんだよ…。

■↑それを思い出さなかったことに、正直びっくりした。

■↑ぜんぜん忘れてた。笑いと奮えをありがとう。

■男装天国にいるってことを実感。

■日本はこうだろう。

■日本にならある。

■面白いけど、同時にくだらない感じもするっていつも思ってた。こういうの批評家はなんて言うのか知りたいもんだ。

■オレはどうして日本語が話せないんだろう。誰かこのフェニックス・ライトのミュージカルを翻訳してくれないか。ゲームのローカライズをやった連中がこれもやってくれなくちゃ。DSではあれほど素晴らしい仕事をしたんだし。フェニックス・ライトのミュージカル、見たいよ(泣

■実際、悪くないよね。英語だったらわかるのになあ。タイホくんがいないのががっかり。

■↑マンフレッド(訳注:狩魔豪)がいないのががっかりってことだよね。

■↑個人的には、マンフレッドよりゴドーがいい。でも、全体的には、マンフレッドのほうが見てる分にはクールだったろうなあ。

■↑ヘア・スタイルがちゃんとしてないのが、がっかりだったなあ。それでも観るけど。……日本語話せたらな、……じゃなかったら、ミュージカルが好きだったら。

■死ぬほどすげえ。日本人ってのはクールなショウはぜんぶ独り占めだな。おいおい、フェニックス・ライトだって?すげえよ!オレたちには何がある?ライオン・キングか?確かにな、衣装は神々しいし、歌は感動的で涙が出てくる。アフリカのビートが多文化について、あらゆる種類の人生のレッスンをしてくれる。でも、それはフェニックス・ライトじゃあないんだよ!!!!

■彼ら自身が英語版があってもいいってちょっと認めてすらいるのに。英語の名前を使ってるんだから。お願い!私たちはフェニックスを要求するわ!

■西欧世界の僕たちは、みんな『レ・ミゼラブル』みたいなくだらない舞台でどん詰まってるってのに。不公平を感じるよ。

■ブロードウェイ・ミュージカルの『死霊のはらわた』を見に行け。それから、オレたちには何もないって言うなら言え。

■オレたちにはスパイダーマンのミュージカルがあるさ!それに『アベニューQ』(訳注:ブロードウェイのパペット・ミュージカル)も!日本人は、「性病に蝕まれたマペット」なんてもってないだろ?そうだろ、もってないよ!



もちろん否定的意見もあるのですが(否定的な意見はほぼすべて訳しました)、あまりに好評でびっくりいたしました。これは、『逆転裁判』コスプレな見方も入ってるのかもわかりません。

ちなみにYoutubeのコメントも流し読んでまいりましたが、ありがちな西欧的倫理に基づく意見もちらほらとあるものの、総じてかなり好評でした。

……拍子抜けしつつ、今日の本題の記事です。


全員女性の『逆転裁判』ミュージカルの続編を画像でレポート。

あの「くらえ!!」が再びだ。宝塚歌劇団は全員が女性で、男役女役ともに女性が演じるミュージカルで名高い。古典(『野郎どもと女たち』や『オクラホマ!』)から始まり、何から何まで(オリバー・ストーンの『JFK』や『華麗なるギャッツビー』)を演目にして見せてくれる。

『宝塚歌劇 宙組公演 バウ・ロマン 逆転裁判2 −蘇る真実、再び…−』でもまた、宝塚のスター、蘭寿とむがフェニックス・ライトを演じる。今回、とむは新しいヘア・スタイルに挑戦している。また、新キャラクター、カリフォルニア生まれのルーチェ・アレイアも登場、フェニックスに助けを求めてくる。

「続編制作は、ゲーム版のファンの皆さんからの好意的な反応を得て、決定したものです」とは、去る3月にカプコン側が語ったことだ。「誤って告発された人々を守る若い情熱的な弁護士というカプコンのゲーム・ストーリーと、宝塚が提供する愛とロマンスの要素のコンビネーションのおかげで、初日でチケットが完売しました」。

宝塚のミュージカル版では、成歩堂龍一の代わりにフェニックス・ライトという、本作の英語版の登場人物名を採用している。兵庫県での公演は終了し、次は9月15日まで東京で公演が行なわれる。●


■DVDがまだ出てない…。

■レズビアンだな。夫いないし。

■カルマがホットだ。

■フランジスカ・ヴォン・カルマがマジで良い。

■フランジスカが凄い。彼女になら鞭打たれてもいい。ああ、お願い、お願い、お願い、『逆転裁判』のアニメを見せてくれ。そうなってほしい、マジで。

■これは、ひどいよ。

■マヤ・フェイがホット………

■わかんないけど、彼らなら『押忍! 闘え! 応援団』のミュージカルだって作れるんじゃないのか。筋が通ってるし、すっごくクールな出来になると思うな、実際。
それにしても、全員女のフェニックス・ライトのミュージカル? なんていうか……全然関係ないもの2つ適当にくっつけた感じだ。『ゴッド・オブ・ウォー』のロマンティック・コメディ映画をストップ・モーションで作ったみたいな。

■この人たち、大好きだ。才能に満ちてるよ。いつか会いたいなあ。これを知れたのがすっごく嬉しい。AAがないのは、たぶん見つけてないだけだろうな。

■こういう女性たちの夫になるって奇妙なことにちがいない。

■おそらく彼女たちの夫の役は、他の女性が演じてるんだ。

■いや、女のふりをした男を演じてる女の子だろう。

■やめろ、やめろ!混乱する!

■彼女はたぶん家では、男装もしないし、男のようには振る舞わないよ。演技だもん。夫は、スターの彼女を誇りに思うんじゃないのかな。そうじゃなきゃ、独身のキャリアウーマンだろうね。

■間違ってなきゃ、今の日本の首相夫人は4〜6年、宝塚で訓練を受けてたと思ったなあ。

■周りの人がさ「え、キミの奥さん!彼が?服が男性なんだが!」って混乱したら、夫はすごくゲイな気分になるにちがいないよ。最近、世の中は見たまんまでしか考えられない連中であふれてるから、そんなことが始終、起こるだろうね。可哀想に。

■こういうのをもうちょっとやってくれ。そしたら、新しいシェイクスピア喜劇が生まれるだろうから。

■申し訳ないが、……こりゃいったいなんだ?

■↑僕も戸惑ったところがある。……全員女性かフェニックス・ライトかって言うと、告白するけど、フェニックス・ライトのほう。全員女性の劇団のほうは昔からあるもんだからね。



こちらはさほどコメントが集まっていなかったのですが、記事のアップから日が浅いことや、さすがに2度目ということでインパクトが前回より小さかったのかもしれません。

読んでいて面白かったので、そのうちにまた『逆転裁判』関連で記事になったら取り上げようと思います。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

   
posted by gyanko at 23:34 | Comment(21) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 「逆転裁判」がウケるなら、「采配のゆくえ」もイイ線いくんじゃないか。
    逆転裁判よりも派手な舞台になるはず
    Posted by 犬彦うがや at 2009年09月16日 01:14
  2. 宝塚は日本でもファンとそうでない人間の温度差が激しいからなあ
    女性だけの劇団て海外では珍しいんだろうか
    Posted by at 2009年09月16日 03:17
  3. 男だらけのバレリーナ集団なら海外で見たことあるけどな
    Posted by at 2009年09月16日 03:35
  4. 宝塚って派手でキラキラしてて、演技も大げさだし
    女の自分でもずっと宝塚(笑)って感じだったんだけど
    実際に見ると結構感動するんだよなー。

    しかし、男装=レズ・女装=ゲイの思考はどこから出て来るんだろう…。
    Posted by at 2009年09月16日 04:08
  5. 宝塚は実際に劇場で見るとすごいよ。
    ミュージカルに興味なくても楽しめる。
    Posted by at 2009年09月16日 04:40
  6. 頑張ってきた結果なんだろうが、宝塚はなにやっても受けそうだなぁ。遊園地はTD以外は地盤沈下してきてるというが、宝塚を園内に誘致すればうけそうな気もする。
    Posted by at 2009年09月16日 10:19
  7. >>全員女性の『ファイナルファンタジー』の劇が見たい。あの中の男は、みんな本当に女の子みたいに見えるもん(笑

    宝塚には何の興味もないし死ぬまで観ることもないと思うが↑の案は音楽が植松信夫ならありかな。
    Posted by at 2009年09月16日 10:29
  8. 女性だけの劇団て宝塚だけだろ
    Posted by at 2009年09月16日 11:54
  9. 有名どころだとOSK日本歌劇団が女性だけです。
    松竹歌劇団もありましたが、解散してしまいました。
    Posted by at 2009年09月16日 13:01
  10. やっぱ 才能のある方々が磨きあげた芸だから ウケるんだろうな。
    Posted by at 2009年09月16日 14:34
  11. なんだかんだで少女歌劇団つー独自性の高いコンセプトで頂点にある芸能だから西洋舞台演劇を模倣しただけの四季やハリウッド猿真似TVレベルアイドルプロモ邦画に比べりゃレベルが違うだろ。趣向性の激しさを差し引いてもな。

    さらにヅカは高度な百合成分とBL成分も含んでてオタ文化と親和性も高いしなw かの手塚センセーも影響うけたくらいだしwwww
    Posted by at 2009年09月16日 20:32
  12. しかしミュージカルっていつ見ても何かが…何かが…
    「事件だ!事件だ!殺人じ〜けんだ!世間を!騒がす!…」
    ああ…日常生活でも突然歌い出してしまいそうに…
    Posted by at 2009年09月16日 21:14
  13. >>しかしミュージカルっていつ見ても何かが…何かが…


    そら「ミュージカル」シアター=歌曲演劇つーくらいだから唄って踊らにゃいかんだろw
    Posted by at 2009年09月16日 21:34
  14. まさか皮肉なの分かるよな?
    Posted by at 2009年09月16日 23:58
  15. 芸能文化においてなんでも男女でなきゃ変って方が変。キリスト教圏にはひっくりかえる文化が世界にはたくさんあるのにさ。
    女だけより男だけの役者文化の方が日本ではメジャーだが、キリスト教圏の価値観に影響されて、塚にしろ同性だけで作られる文化を揶揄する連中は増えたが、多分教養のない奴もそれだけ多くなったってことだろうね。歌舞伎、宝塚、こういうものが大昔からあって廃れそうになりながらも文化の面でちゃんと残っているのは、なくなるよりずっと嬉しいよ。
    何だかんだいって社会の懐が深くないとすぐ消滅しちゃうし。高尚か否か、感動かジョークかなんていつでも言いたい人は言うが、ちゃんと残っているだけでいいな。
    Posted by at 2009年09月17日 00:06
  16. ていうかキリスト教の聖歌隊って昔は女人禁制で男だけだったような・・・
    何でも女はエロくて悪い存在だから神に歌をささげるべきじゃないとかで
    女声のパートは声変わりする前の少年のチンコ切り落として二次性徴止めてやらせてたはず
    Posted by at 2009年09月17日 02:40
  17. >宝塚を園内に誘致すればうけそうな気もする
    宝塚ファミリーランドという遊園地がありましてだな。
    宝塚劇場は園内にあったわけじゃなく、併設だったけど今は閉園してる。
    Posted by mm at 2009年09月17日 08:57
  18. 宝塚は宝塚でしか味わえない世界がある
    その世界を感じるにはやっぱり劇場で直接みるのが一番なんだが
    興味ない人はまず行く機会がないもんな

    自衛隊訓練に参加したりして基礎体力もつけてるし、
    歌も踊りもちゃんと練習してるだけあって
    演舞も揃ってるし、クオリティは高いはず
    (もちろんハズレ回もあるけど)
    Posted by at 2009年09月17日 10:29
  19. >>全員女性の『ファイナルファンタジー』の劇が見たい

    もちろんラスボスは小林幸子です
    Posted by _ at 2009年09月17日 15:15
  20. 見る直前まで「宝塚とかwwww(笑)」みたいな態度の初見さん(大体ヅカファンの彼女とかに連られて来る)も結構いるけど
    実際に舞台を見た後で「つまらない」と言ってる人を見たことがない
    Posted by at 2012年07月22日 04:37
  21. ある意味ハーバードより難関の超絶エリートだからな
    Posted by at 2015年03月12日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。