2009年10月26日

海外の大笑い -『ズームイン!!投稿ビデオ大賞』-

本日は『ズームイン!!SUPER投稿ビデオ大賞』からです。初めて見たときは、あまりの可愛さに大笑いいたしました。


Funny Japanese Kid


再生回数67万回、コメント件数1043件。この動画の人気が最も高い地域はこちら↓。

pianokidchart.gif


■この男の子が10代になったとき、同じことになりそうだな。

■↑あの女の子も10代になったら、同じことをするんだよ。間違いなくね。なんというビッチ(笑。

■あんな小さな子供に、なんという悲劇的結末。トラウマになったと思う。

■↑彼がこれからの人生で受けるであろう拒絶の、これが始まりなんだろう。

■ハハハハハハハ。もうただただ気が変になりそうなぐらいにおかしいよ。笑うのやめられない。

■人生の厳しさを勉強したね。……女の子は、日本でだって、メキシコでだって意地が悪いもんなんだよ。(+1)

■拒絶された後に、フリーズするところがもう、床に倒れて悲鳴あげそうなぐらいに大笑いだったよ。彼には同情する。先週の僕を思い出しそうになった……(+3)

■オーマイガ。ちょーーー可愛い。彼はリスクを冒し、そうしてそれを完全に拒まれた。日本の子供ってすっごい面白い。大好き。おかげで良い一日になったよ。

■こんな小さいな年で打ちのめされたか。…大人になれば慣れるよ。

■「なんでええええええ!!!!」こんな悲痛な叫びを僕はかつて聞いたことかない。本当に一度も。(+1)

■面白いけど、「なんで」って「What」だよ。「どうして」が「Why」。(-7)

■↑ちがう。「なんで」も「Why」の意味だって。(+2)

■↑「なんで」は「Why」だよ。僕、日本人だから。(+8)

■彼女こそがまさにビッチだな!かわいそうな子供だよ。あんな幼さで捨てられたんだ。彼の心痛は哀しいほどにわかるよ…(+1)

■ロック・リー(訳注:『NARUTO』)の人生そのものだな。(+4)

■この脚本はこれからの彼の人生で何度も何度も繰り返されるだろうが、できれば、そのたびに同じリアクションをとってほしいもんだね。(+1)

■小さきものよ、この世界へようこそ。(+7)

■人生とはこういうもの……(爆笑)。(+2)

■かわいそうに。でも、明るい面も見よう。この心の痛手のおかげで素晴らしい芸術家になるかもしれないじゃないか。(+1)

■いつか偉大な俳優になるだろうね!(+1)

■あの2番目の少女はなんという思い上がった愚か者なんだ!!! あの男の子を抱きしめてあげたいよ。(+5)

■0:44の「チラッ」はあの男の子をちらっと見たって意味。0:48の「無視」は無視されたって意味。それで、彼は花束をもったままフリーズ。あの小さな子には語彙が少なくて、倒れながら「なんでーーー」って言う他なかったんだ。たぶん、彼女に本当はこう言いたかったんだよ。「キミは僕に気づいてた。気づいてたでしょ。なのに、なんでなの?」って。(+5)

■(爆笑)。誰か彼に教えてあげないと。2人のちがう女性に花を贈ることはできないんだってことをさ!(+2)

■女性嫌いになっちゃうよ。(+1)

■爆笑したよ。もう。あの男の子の脳に刷り込まれたろうな。大人になって、また花を女性に贈るとき、トラウマになるよ。

■ハハハ!フラれたんだな。笑うのは申し訳ない気持ちになるが、これはもうしょうがないよね。(+1)

■人生の事実だよ。女の子はときに心の痛みをくれる。僕には彼の痛みがわかる…。

■女の子ってのは邪悪なもんなんだよ。(+1)

■信じられないぐらいに可笑しいよ。アニメ見てるみたいだった。(+1)

■素晴らしくおかしい。そのうえ、女というものが人生と愛において、我々を不幸にするってことが立証されたな。(+3)

■おろかなビッチだよ……あの小さな男の子をあんなに泣かせてさ。(+3)

■↑ま、そうだけど、彼女がいなかったら、こんなに笑えてなかったろうからね。(+2)

■かわいいけど、哀しいよ。(+5)

■かわいそうに。わかった、私がその花をもらうから、もう彼女のことは忘れなさい…(+3)

■拒絶の古典的一例。(+5)

■あんな年齢で失恋だよ。かわいそうに、大勢の人の前で倒れ込むほどのショック。見直したけど、彼女はあの子を断ったんじゃないんだよ。もっと悪い。存在すら認めないかのように歩き去ったんだ。これは痛え!(+4)

■あのドラマティックな倒れ方が大好き。「なんで!!!!」。かわいそうな子!(+6)

■彼が大人になったとき、このビデオを見たら楽しめると思うよ。はははは。(+3)

■女とはこういうものだよ。オレは知ってる。氷のように冷たいんだ。(+16)

■この可哀想な子供の名前わかる?

■↑桃太郎。(-2)(訳注:桜太郎の読み違い)

■↑どうしてわかるの?

■↑0:20の画面に出てるし、ナレーションが彼の名前を言ってるから。(+1)

■↑そうなのか。僕が日本語わかってたら、難しいことじゃないんだろうけど。

■↑そうだね。僕には簡単。日本人だから。ハハハ。(+1)

■↑今、勉強中なんだよ。一番の優先事項が日本語。僕はものすっごい日本オタクなんだ。だから、日本語ぐらいわかってないとだめだろ?(+4)

■↑一番の優先事項?こんな小さな国に興味をもってくれてうれしいよ。キミに幸運を。日本語はそんなに難しくないよ。(+2)

■↑大きさは問題じゃないんだよ。日本は素晴らしい国だ。日本語を習うのは大事なことだと思ってる。励ましてくれてありがとう!(+3)

■この日を境にゲイになろうと決心したろうね。……あのビッチのせいで(笑。(+3)

■(爆笑)。慣れろ。女はこの手のことをよくやる。(+2)

■どんな人にも起こることだよ。どんな人にもね。(+7)

■注意して聴いてればわかるんだけど、最初はなんかのCDなんだけど、皆が笑い始める直前で音楽が止まって、音楽がドラマティックで哀しげなものに変わるんだよ。爆笑。(+3)

■倒れたときの音楽のせいで、1000倍面白いんだよな。(+11)

■かわいそうな友よ。これほど若くして女を理解するとは(笑。(+9)

■若いときに学べる幸運な人々もいるってことだな!(+17)

■彼は大人になって、女のヒモになるんだよ。そうして、女は彼に惚れ、彼は彼女たちを捨て去る。ビッチな女へ借りを返すってわけだ。……男がなんだってこんなにクズなのかって思ってるよな。キミたち女性がオレたちをこうしたんだ……ハハハ。(+2)

■この子は、心のない男に育つかもしれないよ。ほしいと思う女を手当たり次第に全部手に入れるようなさ。だって、これはこの子から女の子に対する尊敬を奪い去った人生を変える出来事だったはずだもん。(+17)

■可愛いものっていうのは、おうおうにしてビッチ。(+11)

■女の子が花束を拒んだのはね、彼が他の2人の女の子にも花をあげるのを見ていたからよ!(+4)

■そう、あの男の子は女たらしだ。3人のうち2人はうまくいってるじゃないかよ!(+6)

■18年後。……この子は成人男性になる。そうして、女性ピアニストばかりをねらう連続殺人犯になって、死体のそばに必ず花束を添える。………ってなったら、全然おかしくないだろ!(+12)

■↑想像力あるなあ。映画作れよ。ハハハ。

■気にするな。あの少女はお前に合わなかったんだ!Youtubeにはたくさんの女の子がいる。しかも、彼女たちは間違いなくエッチなうえに嫉妬もしないぞ!(+13)



爆笑しつつも同情する声しきり。
動画内の男の子は、かわいい、かわいいの連呼とともに、『Naruto』のロック・リーに似てると何度も言われていました。サクラに振り向いてもらえないところとか、あのマッシュルームカットのせいでしょうな。

「なんで」が「What」と意味だと主張する声も何度か上がっていました。そのたびに日本人のかたが訂正、落着という流れ。難しいもんですなあ、日本語。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ

<御礼>コメントの件数等、心配してくださったかたがおられるようで、ありがとうございます。このままでいいと言ってくださったかたがたにも、感謝いたしております。こんなブログのことをあれやこれや思ってくださるだけで、ありがたいなあと感じます。

多くの人に読んでいただけるのはもちろんとても嬉しいですし、ブログをやってる醍醐味の1つだろうとも思いますが、……それは時の運といいますか、そんなこともときにはあるということでございます。気楽にまいりたいと思っております。


↓『大神』Wii版、メディアクリエイト・売上ランキング初登場6位です。『アンチャーテッド2』が5位。1位は当然、『ポケモン』。『真・女神転生』、やっと供給が追いついてきたようです。

   
posted by gyanko at 21:00 | Comment(41) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. 有名だね、この動画。
    あの字幕は台湾あたりのテレビで紹介されたものなのかな?
    字幕なしのものを見たこと無いけど。
    Posted by at 2009年10月26日 21:25
  2. あの少年は俺だ!!!


    管理人さんは記事の厚みで他の類似のブログを圧倒しています。
    関心の幅も広いし、この更新速度、いったい何者?w
    Posted by at 2009年10月26日 21:31
  3. ちなみにこのネタどうでしょう
    ttp://www.cinematoday.jp/page/N0020129
    ttp://www.youtube.com/watch?v=BNWFHGT8Iq8
    Posted by d at 2009年10月26日 21:36
  4. >そうだね。僕には簡単。日本人だから。ハハハ
    簡単じゃなかったみたいだwww
    Posted by at 2009年10月26日 21:36
  5. いつも翻訳お疲れ様です。

    子供にも笑えたけど、
    「僕は日本語わかるんだ、ハハハ」みたいな人の
    日本語指摘が間違っていたことが一番笑えた
    Posted by at 2009年10月26日 21:41
  6. 「7:3で勝てるときだけ動け」が私の持論ですが、
    彼には7割以上の勝算があったはず。なのにあの結末。
    あまりにも無情すぎて大笑いしました。
    Posted by ヌルカン at 2009年10月26日 21:56
  7. ネタを仕込んだわけじゃなく、
    素でフリーズ→倒れるってやるもんなんだなぁw
    ていうか先生が付いてたんだから、予め花を受け取る事を教えてあげればよかったのに。

    他の翻訳ブログでもいるんだけど、
    コメ欄で感想も書かずリクだけする奴ってどんだけ厚かましいんだろ。
    そもそもリク自体が厚かましく感じるが。
    Posted by at 2009年10月26日 22:05
  8. >そうだね。僕には簡単。日本人だから。ハハハ
    動画よりもこっちに笑ったwww
    桜と桃間違えるなよ日本人ならwww
    Posted by   at 2009年10月26日 22:09
  9. 絶対トラウマになるよなぁ
    俺も幼稚園の時好きな子にキス断られて中学まで女恐怖症だったもんww
    Posted by at 2009年10月26日 22:37
  10. 好きでもない子にキスを迫られたその子も男性恐怖症になったんだよ
    Posted by at 2009年10月26日 22:45
  11. 確かにこれは自分ならトラウマものだな・・・
    しかしアナウンサーのわざとらしい笑いは邪魔だなぁ
    Posted by at 2009年10月26日 22:56
  12. バードの笑い声うざいww
    この女の子はきっとツンデレになる
    Posted by at 2009年10月26日 23:06
  13. ネタは覚えてなかったけどこの子の「なんでぇ〜!」は何故か覚えてたw
    Posted by at 2009年10月26日 23:10
  14. 小さい子はかわいいね。

    管理人さん、翻訳お疲れ様です。いつも楽しく拝見してます。
    Posted by at 2009年10月26日 23:11
  15. 面白過ぎるだろこれ
    Posted by at 2009年10月26日 23:39
  16. 完璧トラウマw
    しかしなんであの女の子無視したんだろ?
    恥ずかしかったんかな
    Posted by at 2009年10月27日 00:03
  17. 女の子も恥ずかしかったんだろうなあ
    自分も子供の頃似たような経験(女の子側)があったけど、
    後悔したし緊張やらなんやらで相手を慮れないんだよ
    Posted by at 2009年10月27日 00:42
  18. 将来はイケメンになりそうだな
    Posted by at 2009年10月27日 00:53
  19. 立ち尽くす姿が見事だな
    こりゃ誰が見ても笑うだろw
    Posted by at 2009年10月27日 01:54
  20. おいおい、画面が曇ってまともにみれねぇじゃねか・・・・
    Posted by at 2009年10月27日 01:55
  21. くそう、外国人コメント見てたらモロ楽しそうで動画見たくてたまんねーじゃねーかw
    たまのモバイル非対応なんてな。何とか見る方法はないものか…。
    Posted by at 2009年10月27日 02:11
  22. 「なんでい」なら江戸っ子っぽくなる。
    Posted by   at 2009年10月27日 02:56
  23. こうして日本男児は虹に走る・・・
    Posted by at 2009年10月27日 04:00
  24. 外人がすぐゲイゲイ言うのはなんで?
    Posted by at 2009年10月27日 05:46
  25. 外人の言うゲイは日本語でいうとクソとかハゲって感じ。
    クソヤロー、クソオヤジ、クソオンナ、クソババア・・・意味じゃなくてね、お手軽な侮蔑語としての使われ方がね。
    とりあえず相手をなじるときに使う。

    ていうか、日本人はゲイって言う代わりにホモって言うじゃん。
    平井堅や多田野が出てきたら某掲示板ではホモホモ大合唱だよw
    外人も日本人も程度の低いとこでは、悪い意味であんま変わらんとオモタ。
    Posted by 偏在するカマいたち at 2009年10月27日 08:12
  26. たぶんネタにするのにも、差別するのにも あまりにもゲイが社会的にインパクト
    が有るので言葉にするのだろうね。若しくはゲイだろ!って言葉自体が、日本人の感覚で言うところの
    馬鹿じゃないの!位のポピュラーな言葉で、日本人からしたらゲイって人を差別するのに使わない
    から目立つんじゃないかな。
    Posted by 私 釜井と申します at 2009年10月27日 09:57
  27. 桃太郎なんて名前つけるかよwwww
    Posted by at 2009年10月27日 11:36
  28. あの女の子の気持ちちょっとわかるわ
    ものすごくシャイで自意識過剰だとああなる
    同じようにピアノの発表会で受け取るこれ見よがしなああいう花束に拒絶感持ってた
    ニコニコ嬉しそうに受け取る子を横目に
    「私はこんなの別に嬉しくないもん。どうせ仕込みでしょ。」
    という反発する気持ちが渦巻いて、どうしてもブスッと受け取ってしまってた
    なんてひねくれた子供だったんだろう・・・
    Posted by at 2009年10月27日 13:57
  29. 女って何で残酷なことを平気でできるのだろう。
    Posted by いそぎばたらき at 2009年10月27日 15:14
  30. 多分演奏が終わってホッとしてて何も考えられない状態だったんじゃないかな
    極度の緊張が解けると放心状態になるから…。
    Posted by   at 2009年10月27日 15:35
  31. 主演男優賞
    Posted by at 2009年10月27日 18:49
  32. 「ももたろう」と「おうたろう」確かに字も音も似てるし、
    間違えてもしょうがないかと思うけど…
    でもやっぱり、「僕には簡単。日本人だから」なんて自信満々に言って間違えてるのはちょっと…恥ずかしいなあw
    Posted by at 2009年10月27日 19:52
  33. 携帯でもぐるっぽってサイトを使えば見れるよ
    Posted by at 2009年10月27日 19:58
  34. まさに人生の縮図のような動画
    Posted by   at 2009年10月27日 20:34
  35. でもまあたとえ子供でも、女の子は動画の彼女のように可愛いければ、ツンでもデレでもドラマとして良くも悪くもネタになるわな。
    「女って残酷」とかほざくヤツのいう女は、つまりそういう女だけだ。それ以外は、ただその辺の生きモノみたいなもんだから、男も大概残酷だよな。
    Posted by at 2009年10月28日 00:31
  36. 何度でも言ってやるが日本は狭くないぞ
    Posted by at 2009年10月30日 17:21
  37. 男の方が残酷だよ
    女の方がいっぱい酷い目にあってる
    Posted by at 2009年10月31日 20:04
  38. >男の方が残酷だよ
     女の方がいっぱい酷い目にあってる

    お前は神か何かかwwww
    Posted by at 2009年11月07日 01:40
  39. この動画は、最初に花束をもらう女の子2人ともらわずに去ってしまう子がいれかわっています。最初の子は初めての演奏会で緊張していたので演奏が終わると早く席に戻ろうとしてしまいああいう結果になりました。事前に花束をもらうことは知らされていなかったので、無視する結果に成りました。2人組の女の子は姉妹ですが、最初の大爆笑を見ていたのでしっかりもらいました。この女の子たちと、男の子は、従兄弟なのでなんの問題もありませんよ。
    Posted by at 2012年06月16日 15:36
  40. すべては運命です
    すべての人に幸福を祈ります
    Posted by at 2013年12月11日 20:08
  41. すべては運命です
    すべての人に幸福を祈ります
    Posted by 名無し at 2013年12月11日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。