2010年06月11日

海外の反応 - 堺正章と夏目雅子の『西遊記』-

本日は、1978〜80年に日本テレビで放映されたドラマ、『西遊記』でございます。

『西遊記』は、ゴダイゴのテーマソングとともに、短気だが明るく人情味あふれる悟空(堺正章)、心美しく3人の弟子の良き指南役である三蔵(夏目雅子)、ニヒルで飄々とした悟浄(岸部シロー)、大喰いで女性に滅法弱いが愛嬌のある八戒(西田敏行)などの演者の個性に合わせたキャラクター設定と、軽妙な掛け合いで人気を博しました。国民的人気を誇っていたNHK大河ドラマの裏番組だったにもかかわらず、最終回は27.8%を記録(Wikipedia)。

海外では、英国BBCが『Monkey』という番組名で、吹き替え版を制作。1979年の英国を皮切りに、オーストラリア、ニュージーランド等で放送されて、70年代のカルトクラシックと呼ばれるほどの大人気となりました。当時、海外から日本までファンレターが届いたとか。特に、オーストラリアでは日本、英国を凌ぐ人気だったようです(英Wikipedia)。

ちなみに、BBC版では悟空がモンキー(Monkey)、八戒がピグシー(Pigsy)、悟淨がサンディ(Sandy)、三蔵はトリピタカ(Tripitaka)。
後年、岸部が外国でインタビューされている時、途中で相手から「あなたはサンディでは?」と尋ねられ、「そうだ」と答えると相手の目の色が変わり、同僚らに「サンディがいるぞ!」と呼びかけ、彼らが駆け寄ってきたそうです。


Monkey Magic Intro


再生回数、556,660回。コメント数、610件。この動画の人気が最も高い地域はこちら↓。

参考までに、日本版はこちらです↓。

Godiego - Monkey Magic (saiyuuki OP)



■これは大笑いしたなあ。見てたのはガキの頃なんだけど、大好きだ!懐かしい思い出話を語ろうよ!

■僧が女性に見えるのはどうして?(笑 男性のはずだが。(+2)

■コメントの少なさが信じられないよ(訳注:2007年当時)。……『西遊記』は僕の時代の大ヒット作。…80年代なんだが、学校のみんながこの番組を愛してた。少なくとも、男はほんんど全員、女の子も何人かは。悟空のまねをして、ホウキを振り回して、指を折ったりなんて話ももちろん、あったしさ…。(+7)

■80年代の初めに見て以来、見てなかった。大人の目で見てみようと思う、まだ大好きになれるかな!絶対、なれると思う!!!

■古代伝説についての本を注文したのを覚えてるよ。高かったなあ。でも、おかげで学校の図書週間(School Book Week)に悟空のコスプレができたんだよね(1985年)。

■日本のテレビ番組の良作だよね。

■ハハ……思い出が蘇るわ!!! 大好きだった!!!

■テレビの画面に輝きをくれた最高の番組だ。これに比べたら、最近の『ラグラッツ』(訳注:米国のアニメシリーズ)みたいなクソ番組のショボさったらないよ。

■あああ、DVDが待ちきれない。もうすぐオーストラリアで発売されるんだ。

■出演者の一人が、こんな若さでなくなったんだよね。本当に悲しいことだ。彼女が死んだ日に僕は生まれたんだよ。

■↑Natsume Masakoでググれば、わりと簡単に出てくるよ。白血病で亡くなった。27歳だった。

■最高の番組。DVDで全シリーズが出てるよ。Borders Book Shops(少なくともホーンズビィ・ウエストフィールド店)で売ってる。JB Hi Fiのもある。何年か前に出てたよ。…いずれ買うつもり。三蔵が亡くなってたなんて知らなかったよ、悲しいニュースだ……。

それと、オレの体験だけど、中国人はこの日本版をクソだって口を揃えるんだよな。彼らはみんな、日本版がリアルなところを実にちゃんと捕らえていることを見逃してる。どうしてこういうことを言うかって言うと、実は中国人と結婚したんだ。で、日本版についていろんな中国人に話した。中国人は、日本人から学ぶべきものが多いと思うね。

■大好きだよ。毎週土曜日の朝に3時間ぶっ続けで見たもんだ。すべてのシーンを愛してる!

■この番組を見る機会がなかったんだ。生まれた国を間違えたよ(ブラジル)。でも、オリジナルのストーリーが大好きなんだ。キミたち、ラッキーだったな…。

■思い出が……。こんな番組を彼らはもう作ってくれないのかな。

■『西遊記』は映画にすべきだよ。素晴らしいものになるって。ハリウッド、気づけ。

■↑やめろ!これはたぶん、ハリウッドのリメイクで台無しにされてない数少ないカルト番組の1つなんだから。

■この番組、オレのじいちゃんが大笑いして見てたなあ。

■枕で山を作って中にもぐってさ、悟空が岩の卵から出てくるときみたいに、ババーン!って飛び出してた。この番組を見ながら育ったんだよね。(+2)

■僕、BBCレコーズから出たオリジナルの7インチ・シングルもってるよ。この番組のテーマソングね。(訳注:『モンキーマジック』を含むシングルやLPが英国でリリースされ、数枚がチャートインしたようです(Wikipedia))

■↑オレも。B面なんだっけ。もっとゆっくりな曲だよな?

■↑思い出した。『ガンダーラ』だ。

■これこれ……この番組を見るために、バス停から必死で全力疾走だったわ。あの頃に戻りたいよ。当時は気づかなかったけど、(オープニングで)みんな、わざとらしい笑い方してたんだなあ(笑。アホっぽさ満開、芝居はくさいが、史上最高の番組だ。

■この番組がどれほど素晴らしい番組だったかをちゃんと評価できてるのはオーストラリア人だけだぜ。『西遊記』は、オーストラリア人の一番のお気に入りのABC番組。また再放送してほしいよ。BORN FROM AN EGG ON A MOUNTAIN TOP(訳注:テーマ曲『Monkey Magic』ので出だし)、ハハハ。

■2006年に日本でテレビシリーズがリメイクされて、テーマソングをMonkey Majikっていうバンドが歌ったんだよな。カナダ人の兄弟がボーカルとギター、日本人の2人がドラムとベースのバンド。『Around The World』って曲。映画も出来るよ。

■あああああああ、はっかーーーーい!

■いつかオレが有名になったら、ステージでギターを弾くよ。約束する。この曲をみんなのために演奏する(笑。

■英国だけど、木曜の夜だったね。幸せな思い出がたくさんある。紅茶とビスケット、兄弟たちとこの番組を見る日だけは遅くまで起きてていいって言われてた。あの頃、世界はもっと素朴な場所だったように思うよ。(+2)

■おー、信じられない。この曲を聴いた頃からずいぶん経った。……小学校で歌ってたもんだ。そう、紅茶とビスケットだよね。八戒、最高だったよな!

■八戒が考えてることは、女と食べ物だけなんだもんなあ(笑。最高のやつだよ。

■ケーブルのMen and Motorsで今、放映中だぞ。夜の7時から。みんな、楽しめ。

■子ども時代の最愛の番組!

■この曲、着メロにしちゃった。(+2)

■子どもの頃、凄い人気だった。…これ見て、子供はみんなカンフーで闘ってたよなあ……。

■素晴らしい。DVDボックスセット買った!

■イギリスで4チャンネル、朝の3時からやってたときに全部見たよ(笑。中毒だったね、もう。

■良すぎる!!! 最近の番組は、これに適わないよ。(+2)

■80年代終わり〜90年代初めの子ども時代に見てたんだ。数年前にDVDを買った。そしたら、M+15(訳注:15歳以上)だった(笑。すごく良い番組だよ。このシリーズ、大好き。八戒と玉竜(訳注:三蔵の愛馬の化身)が最高!!!

■どうしてこの番組を良いなんて思うんだ?馬鹿らしい番組だ。中国版を見ろよ。もっと良いから。(非表示)

■吹き替えが成功してるよなあ。演技同様に面白いものになってる。


↓吹き替え版。
Monkey #15 Monkey Meets the Demon Digger (1/4)


■『西遊記』のもの凄い人気は、英語版の吹き替えの役者によるところもあるからね。

■三蔵が、悟空に言うことを聞かせるために頭にデカいリングをはめるってとこがお気に入り。(+3)

■登場人物はぜんぶ中国の神話からきてる。だから、この番組は中国製。

■↑爆笑。日本だよ。だから、日本人キャストだしね。

■これって神話が元なの?知らなかったわ。なんて神話?

■↑孫悟空の伝説。日本だと何バージョンかあるね。『ドラゴンボールZ』や『西遊記』の2つは有名だろうな。

■子どもだったから、この番組は怖かったなあ。

■大好き。ノリの良い音楽も。80年代の必見番組だったよね。僕は子どもだったけど。

■これはあの時代、最高の番組だった!この番組を見て、はしゃぎすぎちゃって、ラウンジルームの窓を割っちゃったんだよなあ!(笑

■ガキだったから、三蔵に注目なんかしてなかったけど、今見ると、わお……えっらいホットだ!

■見てた、見てた。今、30歳。すごいショウだったし、良い思い出だ。

■この番組の台詞を、自分の子どもの前でまねして見せてる。どうしちゃったの?どっか悪いの?みたいな変な顔して、僕を見てくるんだよね。僕の時代は、ホウキの柄で悟空になるのが大流行だったんだよなあ。(+2)

■凄い番組だったよね。これって終わりはどうだっけ?結局、辿り着かなかったと思うんだけど。

■キン斗雲が最高にイカしてた。マジ、ほしかった。

■英国のサテライトチャンネルで何度も再放送してるよ。『Doodlebop』(訳注:カナダの子ども向けテレビ番組)より、『ハイスクール・ミュージカル』(訳注:米国のテレビ映画)より、はるかに上。この傑作の再放送を!(+4)

■もうどれだけ熱い思いで次の放送を待ってたか。TVの娯楽のバイブルだよ。悟空の台詞からはいろんなことが学べたしね。……悟淨は品があるけど、オレは八戒派。

■Andrew Sachs(訳注:玉竜)の吹き替えの声が面白いんだよなあ。

■中国人が日本版を嫌うのは、まがいモノを作られたって感じるからなんだろうなあ。オレは大好きなんだよね、指でヒュヒュヒュってやって雲を呼ぼうとしたり、しょっちゅうやってたわ。

■僕たち、みんなじゃない!僕は中国の河南省に住んでる。『西遊記』の地元。だから、中国版も見なきゃならなかった。僕はみんなに、日本版には適わないよって言うけど、みんな怒り狂うんだよ。日本人が、自分たちのクソなイミテーションよりはるかに素晴らしいものを作ったから。(+3)

■最近、オーストラリアに戻ってた。友達がシーズン全部をDVDでもっててさ、別の友達に貸したんだ。もう夢中になってたね。今は、中国にいる。中国版が見れるけど、キャラクターにも効果にも、日本版ほどの深みがないんだよ。オレは日本版で育ったから、断言はしにくいけどね。

■最高だった。学校から走って帰って、この番組を見て、あとは友達と裏庭で格闘だよ。80年代のオーストラリアの大ヒット作さ。そうして、明らかに最近の武術の祖だよな。『ドラゴンボール』シリーズも大元はこれ。

■絵の具で顔を悟空にしたことがあるなあ。……懐かしい。

■『押忍! 闘え! 応援団2』に入ってるこの曲、すっごい好き。オリジナルとそんなに違わないのもうれしい。

■1988年のオーストラリア。ジェームズ・バランタインのアフタヌーン・ショウ、『西遊記』!これ以上の番組はないよな。

■最初に見たのは1979年頃だったと思う。あの頃、見たときは、異世界って感じだった。15年後にもう一度見た。大人のユーモアに気づかされたね。まさに良作シリーズ。『水滸伝』、覚えてる人いるかな?(訳注:1973 〜1974年。日本テレビ。77年、BBCで放映され、ゴダイゴの英語版テーマ曲『水滸伝のテーマ』がヒット)。



↓『水滸伝のテーマ』
The Water Margin: Intro & Credits 70s TV



■彼らが三蔵を天使みたいな顔の女性に演じさせたのは、三蔵の純粋さと慎み深さを表現するためだろうね。演劇だと、かなり普通の手法だよ。ロビンフッドを少女に演じさせる慣習がイギリスにはあるし。

■25年前だ。イントロが素晴らしいよね。エンディングもよかった。神秘的な中国の寺院が出てくるんだ……。(+3)

■素晴らしい革新的な番組だった。BBCで見たんだ。キャラクターも格闘シーンも大好きだったし、仏教についてちょっとだけ学んだよ。校庭で『西遊記』ごっこしたのは良い思い出。

■三蔵に魅力を感じてたもんだけど、間違ってるし、…道徳に反してるのはわかってたよ。

■オーマイガ。オレ、4歳か5歳だよ。番組名が思い出せなかったんだけど、そう、『西遊記』!午後になると、椅子から椅子に飛び回って、友達と遊んでたよ。魔法が使えたらなあって思ってた。ハハハ。

■ハリウッドの馬鹿どもはこれを映画化しろ。数百万ドルを稼ぐ大ヒットになることは間違いないと思う。興行成績を塗り替えることもありうる。(+3)

■まさに真の古典。(+2)

■He knows every magic under the sun. (訳注:『モンキーマジック』の歌詞)。ヴォルデモート(訳注:『ハリーポッター』に登場する魔法使い)に勝機はないね。(+11)

■たぶん、この曲、YMOだよね??? 彼らだと思うんだが。

■三蔵って女性でしょ。悪夢の国の回、見てる?あれで三蔵が長い黒髪の美女に変身するんだ。彼女、美しかったよ。あれを見て、東アジアの女性に恋するようになったんだよな。

■はっきり言って、『西遊記』って18歳以下の馬鹿で、カンフー好きな子たちに受けたんだろ……。(非表示)

■↑僕は自分が楽しむものを楽しむよ。人はみな同じではないんだよ。たとえば、僕はキミのお母さんとはやれないし、君の半分も楽しめないと思うんだ。

(訳注:この後、上記二人が大喧嘩)

■これは中国の伝説を日本がテレビドラマにしたもの。だから素晴らしいし、同時に混沌としてる。

■このオープニング、かつてこれほど最高のものはなかったよな!(+10)

■子どもの頃は、鬱陶しかった。実は、アジア人って一般に僕にとって怖いものだったんだよ。でも、曲を聴くと、ついついモンキーマジック・ダンスを踊ちゃってた。…モンキーマージック、モンキーマージック、モンキーマージック……(非表示)

■番組は好きじゃなかったけど、…曲は最高だったよなあ。

■史上最も下らない番組だよ、たぶん。なのに、どこか輝いてて、説得力があるんだ。大好きだった。(+4)

■いろんな国で放映されてたんだな。びっくりしたよ。昔の『ナルト』って感じ?

■7歳だった。悟空と結婚したかった。いまだにあの頃と同じぐらい好きだよ。

■久しぶりに見たよ。1979年のBBC2、金曜日の夜。8歳だった。大好きだったねえ。耳の後ろに如意棒を隠して、雲に乗って飛ぶ悟空。悪さをするたびに、三蔵に呪文で頭の輪っかを締め付けられて、ぎゃああああああああああ!っていう。面白かった。古き良き時代の素晴らしい思い出。

■『ドラゴンボールZ』の初期バージョン。『ナルト』とはまるで別物。

■テーマソング、日本語版も英語版ももってたよ。『ガンダーラ』が好きだった。あとになってエンディングを見てみたけど、素晴らしかった。ストーリーがすべて蘇ってきたもの。なんだか、このキャラクターたちが知り合いのように思うんだよ。家族みたいな。長いこと行方不明になってた家族と再会したような気分だよ、今!(+3)

■大問題なのは、シリーズのサウンドトラックが見つからないってこと。格闘シーンの曲とかね。アルバムがあるはずなんだけど、日本だけなんだよな。インスト曲が入っているのかも確かめられない。すごいサウンドトラックの古典的番組。日本人は、日本の番組大好きだろうなあ。

■学校から戻って『西遊記』を見る。80年代の暮らしは良かった。真面目な話、僕の心にある日本の素晴らしいもの3つ。ホラー映画、テクノロジー、そして『西遊記』!

■こんな番組が西欧で放送されてたとは知らなかった。中国共産党が70〜80年代に中国で映画を撮ることを許可したとは信じられない。1978年に友好条約が締結されてなかったら、ありえない映画だ。

■↑日本の番組と中国共産党が何か関係あるのか?

■少なくとも、この番組には仏教の哲学と、真実の探求、そうして啓発があった。(+13)

■ここには、たくさんの人の心をずっと捉えて放さないすべてがあったよな。喜劇であり、悲劇であり、哲学であり、素晴らしい演技と素晴らしいサウンドトラックがあった。

■10時になると、たいていの親は子どもをベッドに寝かしつける。これに疑問をもったことはなかった。でも、なにが問題なのかを、この番組が始まったときに理解したよ。

■今の子どもたちはクソみたいな世界で育ってるって思う。『ボブとはたらくブーブーズ』なんかじゃなくて、親たちの世代の曲を聴かせて育てないと。……おとぎ話はどんどん発禁になってくしなあ。…テレビはセックスとドラッグ、馬鹿騒ぎに関したものばっかり。僕の子どもは大丈夫だと思ってる。僕が昔見たものを見せてるから。(+6)

■創世記のキリスト教徒たちより、ある種、意味深かったよ。(+10)

■オーマイガ!(駆け出して、階下からDVDを取ってきて見始める)。

■次の『ロード オブ ザ リング』に簡単になりうる作品。日本にも英国にも、中国にもオーストラリアにも視聴者がいるんだから。作ろう!(+2)

■弟とオレ、この番組を見るのを禁止されたことがある。子どものとき。どうしてかっていうと、いつもエンドロールとエンディングの曲が始まると、お互いにモンキーマジックを繰り出して蹴りあってて、そのせいで、あるとき両親のリビングルームの家具を半分、ぶっ壊しちゃったから。(+3)

■手製の如意棒をもって庭中、駆け回ってたわ。口のところで指を振って雲を呼び出したりさ!!! 雲なんかきやしないんだけど、やめられんかった。

■ボルネオに住んでた頃、大好きだったよ。いろんな思い出が蘇ってくる。

■子ども時代、僧侶役の少年にうっとりしてた。女性に演じさせてたなんて、わけわかんない、ひどいわ。(+4)

■南アフリカでも地元のコーサ語で放映されてたよ。英語版はそれより落ちる。でも、歌と映像はいまだに魔法のようだね。……懐かしい、お母さんに会いたい…。

■学校で、これと『水滸伝』どっちがいいか議論したの思い出した。ほとんどが『水滸伝』。でも、オレは『西遊記』だった。だって、カッコいいし、面白いもの。クレイジーでもあるしさ。

■兄貴と二人でBBC2で見てた。もう宗教じみてたね。たぶん1980年以来、久しぶりに見たよ。これさえ見れば、週末はご機嫌っていう番組だったなあ。

■悟空が、ここが世界の終わりって勘違いして、そこに立ってた5本の柱におしっこをかけちゃったんだけど、実はそれがブッタの指だったっていう回が大好きだよ。(+3)

■80年代のイギリスの子どもにとって、絶対に見なきゃいけないテレビドラマだった。(+14)

■↑オーストラリアもだよ。

■↑オレもオージー。

■子どものとき、最初に買ったレコード。思い出すよ。最初に手に入れたカッコいいレコードだったんだ。

■米国では放映されなったんだよ。見逃しちゃった…。

■今、日本に住んでるんだ。去年、悟空(堺正章)に会ったよ。彼、料理番組やってて、まだテレビに出てるよ!(+3)

■僕が住む英国では、この番組は70年代に放映された。ほとんどがまだ赤ちゃんで、地元の幼稚園に行ってた。僕たちにとって、この番組は奇妙な日本の番組だったけど、今、これを自己発見への旅として見てる人が多いんだ。何年もかけて考え抜かれたプランなんだと僕は思ってる。



八戒、夏目雅子、ゴダイゴの主題歌が大人気。女性が僧侶役を演じたことを不思議がる声もひとしきり。あとは懐かしい、最高だったのオンパレードでございました。

中国のかたから中国版のほうが良いというコメントが数件ありましたが、オリジナルの国の自負がございましょうから、そりゃそう思うだろうということで。



↓励みになりますので、よろしければ、ひとつ。

人気ブログランキングへ


   
posted by gyanko at 18:00 | Comment(128) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
  1. まあ中国人の気持ちもわかるわ
    やっぱ原作国の目でみれば色々変な部分はあるよな
    外国が時代劇作ったら俺らも突っ込みどころ満載だろうし
    Posted by   at 2010年06月11日 18:30
  2. 今の三国志アニメゲーム量産の流れは向こうではどう写ってるのだろうか

    ともあれ堺西遊記は俺も欠かさず見てました
    Posted by   at 2010年06月11日 18:34
  3. どっちがクールかっつったら俺も水滸伝のほうに一票入れるかも知れん。そこにいけばどんな夢も叶うという誰も皆行きたがる遥かな世界にたどり着いたら考え直す。
    Posted by 猿魔術 at 2010年06月11日 18:38
  4. この西遊記って、中国との共同制作で、当時は中国で大人気だったんだけど、今じゃ批判の対象か。
    Posted by at 2010年06月11日 18:48
  5. 昔の西遊記すっごく大好きだった。
    なんか心からワクワクするんだよね…
    音楽も素敵だった
    悪ふざけしたり懲らしめられたりとても懐かしい。
    Posted by at 2010年06月11日 18:53
  6. この後、上記2人が大喧嘩のやり取りが凄く気になる

    それと、八戒といえば西田敏行
    Posted by at 2010年06月11日 19:02
  7. 強烈に印象に残ってるけど
    二年間しか放送されてなかったんだなあ
    Posted by at 2010年06月11日 19:06
  8. 中国の西遊記は悟空が主役の武侠ものだから日本人の認識とは大幅にすれると思う
    Posted by at 2010年06月11日 19:11
  9. OP曲が神すぎる
    Posted by at 2010年06月11日 19:13
  10. この当時、海外のテレビに初めて撮影が許可された
    中国の寺院や風景が所々に出てくる、
    映像記録としても非常に重要な作品。
    Posted by at 2010年06月11日 19:16
  11. ここの管理人は立ち位置がブレなくて好き
    Posted by at 2010年06月11日 19:59
  12. 出演者を見ればわかるとおりコメディドラマだもの
    そりゃ色々と違う部分はあるさ
    Posted by at 2010年06月11日 20:09
  13. 左とん平派か西田敏行派か。
    俺は後者のイメージしかないんだが

    昔はこういう番組夕方ぐらいに再放送してくれたんだけど最近は全くないなぁ
    映像が古くても往年の名作を再放送してくれるとあり難いんだけどなぁ
    Posted by dd at 2010年06月11日 20:15
  14. チベットへの旅だしな
    Posted by at 2010年06月11日 20:16
  15. 馬役の藤村俊二が面白かったな〜。
    マチャアキのキン斗雲を呼ぶしぐさは、自分もよく真似した。
    もう一度、全部見たい。
    Posted by at 2010年06月11日 20:19
  16. どこの製作か分からないが、中国版の方がリアルで古典的で好きだった。
    でも日本版も何から何まで好きになれる。
    Posted by at 2010年06月11日 20:20
  17. マーティー・フリードマンが「チュ―ボーですよ」に出た回がようつべにあって、最初コメントは「あのマーティーが料理番組に出てるよ!」「なんてこったw」みたいな感じなんだけど、途中で「このホスト役、悟空じゃね?」みたいなコメがあって「mjd!?」「おおおお大好きだ」という流になっててマチャアキSUGEEEと思った。
    Posted by   at 2010年06月11日 20:21
  18. ゴダイゴの曲は今になってもまったく色あせない。凄いことだと思うわ。
    俺も当時悟空の真似して金斗雲呼ぶ真似してたわ。
    ちょっとエロが入ってたのが子供心にドキドキだった。八戒を誘惑しようとするエロい妖怪とかww
    Posted by at 2010年06月11日 20:35
  19. ん…?この記事、つい最近他所のブログで見たような…?
    Posted by at 2010年06月11日 20:35
  20. 西遊記を世界各国で受け入れられるエンターテイメントに仕上げたのが日本、というのが気に入らないんだろうね。(しょうがないじゃん見事に面白いんだもん)
    西遊記といえばこれ、という認識は日本人が思っている以上に、世界各国の人たちにはあるのかな。

    傍若無人で恐いものなしの悟空、強く気高い三蔵、へっぽこな他2名、が教訓的な嫌みなしに絆を深めていって時に子供みたいに泣いたり意固地になったり涙流しながら抱き合ったり。面白かったわー。挿入歌のTHANK YOU BABYが流れると泣けるんだなこれがまた。
    西遊記や探偵物語…日テレのドラマってセンスあったんだよねえ。
    Posted by at 2010年06月11日 20:38
  21. 意外にらきすたネタには触れられてないね。
    アニメのコミュニティではないからかな。
    Posted by at 2010年06月11日 20:40
  22. >>■↑僕は自分が楽しむものを楽しむよ。人はみな同じではないんだよ。たとえば、僕はキミのお母さんとはやれないし、君の半分も楽しめないと思うんだ。

    ・・・・外人の罵倒は凄いな
    日本人には思いも付かない発想だ

    Posted by at 2010年06月11日 20:45
  23. これと、DBの他に日本製西遊記なのが珍遊記だ。
    Posted by at 2010年06月11日 20:51
  24. 子供を1時間引き付ける力が素晴らしいね。しかも国境を越えて。

    しかし、中国人の感覚にはついていけない。
    中国版を持ち上げるのはいいんだけど、なんで日本版をけなさなきゃそれが出来ないんだろう。
    Posted by at 2010年06月11日 21:01
  25. 今でもガンダーラを聞くと何故か無性に切なくて泣けるなぁ
    Posted by      at 2010年06月11日 21:14
  26. 俺は本木雅弘&宮沢りえ版しか見た事ないや・・・。
    B'zが主題歌歌ってたやつ。
    地上波で再放送しないかなぁ
    Posted by at 2010年06月11日 21:15
  27. >>しかし、中国人の感覚にはついていけない。

    でもSAYURIは批判するんでしょ?
    作品云々じゃなく、生理的に無理なんじゃない?
    Posted by at 2010年06月11日 21:22
  28. 中国人にとって三蔵法師が女性というのはありえないらしいですねぇ
    Posted by at 2010年06月11日 21:23
  29. どうか、香取慎吾版の西遊記のことが外人さんにバレ無いように。(-人-;)
    Posted by at 2010年06月11日 21:26
  30. 中国人の気持ちも分からんではないな。
    黒澤映画を、アメリカがSAMURAIソードとNINJAの世界感でリメイクして、
    しかも主人公がグラマスなお姉ちゃん…
    それが世界中でヒットして喝采を浴びている…
    となったら、日本人は「オリジナルがいいよ!」と言わずにはいられないと思う。

    まあこの例えは、黒澤映画が事実素晴らしいので中国人の嫉妬とはちょっと違うか。
    中国版はほんとに酷いしな…。
    Posted by at 2010年06月11日 21:32
  31. >■今、日本に住んでるんだ。去年、悟空(堺正章)に会ったよ。彼、料理番組やってて、まだテレビに出てるよ!(+3)

    こいつ、まさかマーティーじゃねえだろうなw
    Posted by at 2010年06月11日 21:50
  32. ドリフがやってた人形劇の方が好きだな。
    Posted by at 2010年06月11日 21:54
  33. イギリス(他の英連邦諸国もか)で日本のテレビ番組が話題になってたってのが面白いね。アニメにしても、他のヨーロッパ諸国と比べるとかなり温度差がある国だし、まして西遊記は東洋の人種が出てくる実写ドラマだ。ハリウッドでさえ、今も東洋人なんてたいした役ないのに、当時のイギリスがなんでこれだけには強烈に反応したんだろうか。
    Posted by at 2010年06月11日 21:56
  34. おれはガンダーラよりも2期のホーリーアンドブライトのほうが好きだな。
    あれ聞くとなぜか目から水が・・
    Posted by at 2010年06月11日 22:30
  35. モンキーマジックのイントロはまだシーケンサーが無い時代だったと聞いて驚いた
    Posted by at 2010年06月11日 22:33
  36. ラストサムライだって不満言う日本人多いもんなあ・・・
    Posted by at 2010年06月11日 22:35
  37. この頃の作品ってすごかったんだね。
    今のアレなテレビ業界からは想像つかない。
    Posted by    at 2010年06月11日 22:38
  38. 西遊記って面白い話も多かったけど後味の悪い話も多かったよね。
    Posted by at 2010年06月11日 23:00
  39. ドラゴンボールZを西遊記が原作といわれるが違うでしょうに
    名前だけ拝借しているだけで・・・
    Posted by at 2010年06月11日 23:14
  40. 中国と共同制作したのは
    2部からだったような気がするんだけど
    オープニングで堺正章が万里の長城で
    戦っていたし
    Posted by at 2010年06月11日 23:18
  41. なんだろう水戸黄門を中国で作ったらやっぱり
    反感を持つのかしら。
    まぁこれに関しては中国人の気持ちも分かる。
    Posted by at 2010年06月11日 23:25
  42. >しかし、中国人の感覚にはついていけない。
    >中国版を持ち上げるのはいいんだけど、なんで日本版をけなさなきゃそれが出来ないんだろう。
    そのうち中国で忠臣蔵か何かがドラマ化される日が来るかもな
    それをニコニコと見てられる日本人がどれだけいるだろう?
    Posted by at 2010年06月11日 23:26
  43. 懐かしいなぁ・・・好きで見てたけど、内容は殆ど忘れちゃったな。
    それにしても、アフリカでも放送してたのか。
    Posted by at 2010年06月11日 23:33
  44. 誤訳御免とカブッたなぁ。
    Posted by at 2010年06月11日 23:39
  45. アーマードコアのスタッフが作った、マクロスやガンダムなどのアニメのロボット達が空中戦を繰り広げるゲームソフト
    アナザーセンチュリーズエピソードの最新作
    『アナザーセンチュリーズエピソードR』の海外反応の翻訳をお願いします。

    http://www.youtube.com/watch?v=NzDizJijn-g
    Posted by A.C.E at 2010年06月11日 23:41
  46. 中国人がどうとか言ってる奴ら
    お前らだってハリウッドゴジラやハリウッドアトムやハリウッドドラゴンボールは嫌いだろ?
    Posted by あ at 2010年06月11日 23:44
  47. 国内外のオッサンのコメ見れて勉強になりましたw
    Posted by at 2010年06月11日 23:45
  48. >お前らだってハリウッドゴジラやハリウッドアトムやハリウッドドラゴンボールは嫌いだろ?

    それは古典やないやろ、例えるなら↑のコメにある忠臣蔵とかやな…確かに違和感あるw
    Posted by at 2010年06月11日 23:58
  49. >ラストサムライだって不満言う日本人多いもんなあ・・・

    不満というか、SAMURAIとかNINJAとかドリーム詰め込まれてすぎてて、なんか恥ずかしくて最後まで見れなかった…。
    Posted by at 2010年06月12日 00:13
  50. ニンニキニキニキ

    ニンニキニキニキ

    ニニンガサンシ♪

    西へ向かうぞ 

    ニンニキニキニキ ニンニキニン♪
    Posted by at 2010年06月12日 00:14
  51. 西遊記は、実際は日本が発祥の物語。
    ゴクウやヤムチャが日本語でしゃべってるのが
    何よりの証明。
    Posted by at 2010年06月12日 00:21
  52. 日本で言ったらキョンシーみたいな存在なのかな。
    Posted by at 2010年06月12日 00:26
  53. 夏目雅子はほんとに綺麗だったな
    坊主でも美人って本物だわ
    Posted by at 2010年06月12日 00:32
  54. >■三蔵に魅力を感じてたもんだけど、間違ってるし、…道徳に反してるのはわかってたよ。

    ワロタw俺も子供の頃、男性のはずの三蔵を女性が演じてるのに混乱したな。
    でも一度好きになるとこの配役以外考えられなくなる。
    僧侶っていう役は本当に夏目雅子の魅力を引き出してた。
    Posted by at 2010年06月12日 00:35
  55. なまかとか一体なんだったのか
    Posted by at 2010年06月12日 00:52
  56. 忠臣蔵、ハリウッドで作るんじゃなかったっけ
    大石内蔵助がキアヌで
    Posted by at 2010年06月12日 00:57
  57. >おとぎ話はどんどん発禁になってくしなあ。
    海外も一緒か。
    Posted by at 2010年06月12日 01:24
  58. ■今、日本に住んでるんだ。去年、悟空(堺正章)に会ったよ。彼、料理番組やってて、まだテレビに出てるよ!(+3)

    このコメント、マーティがしたんじゃないかと思ったw
    上のコメでもあるけど、マーティあの料理番組に出てたし。
    Posted by @ at 2010年06月12日 01:37
  59. CSで再放送やってたが、今みても面白くてあの時代の日本のドラマは面白かったんだなあって思ったよ。
    主題歌もエンディング曲も名曲。
    Posted by   at 2010年06月12日 01:37
  60. 何か見た事あるネタだなと思ったら誤訳○免か
    ドラマ自体は俺の生まれる前だから見た事ないんだけど、この歌は大好き
    Posted by at 2010年06月12日 01:41
  61. 左とん平は大人になった今は好きだけど
    西遊記で西田敏行と変わった時はショックだったなあ
    一番面白いキャラが変更って!ってね
    確か西田敏行のスケジュールの関係だったと思うけど

    あと第一部と第二部じゃ圧倒的に一部が好き
    二部はギャグにせよ何にせよ空回りした印象が強かったな
    自分だけじゃなく一緒に見てた家族の反応見てもそうだった
    Posted by at 2010年06月12日 01:57
  62. 日本のドラマを外国の人が懐かしんでるのは
    嬉しくも不思議な感じだ…って思ってたけど

    よく考えたら俺らがフルハウスやビバリーヒルズ青春白書で
    盛り上がってるのと同じかw
    Posted by at 2010年06月12日 02:31
  63. 正直世代じゃないからわからないわ
    自分が子供のころの西遊記は「あいのままにわがままに〜」が主題歌のやつだったんで

    西遊記は物語としていい素材だね
    Posted by at 2010年06月12日 02:42
  64. 他の人も書いてるけど、中国の人にとっては、まず三蔵が女性ってのでものすごく違和感があるらしい
    入口から違和感感じさせてるから、ダメだしされても仕方ないっちゃ仕方ない
    日本人が外国の日本人像に違和感感じつのと同じ
    最近のよく訓練された日本(アニメ等文化)好きは、日本なら(そういう突拍子の無いものを作っても)よくあることと認められてるらしいがw
    Posted by at 2010年06月12日 03:07
  65. 西田が降板したのは、子どもが「お前の父ちゃんブタ、ブタ!」と苛められたからじゃなかったかな?
    どこかのパクリ知識ですけどW

    上の方の「マーティー・フリードマンが「チュ―ボーですよ」に出た回がようつべにあって」も某所と同じようなコメントですね

    他所の翻訳サイトと交互に同じ話題を取り上げて頂けると比較できてうれしいです
    ありがとうございました
    Posted by at 2010年06月12日 03:08
  66. たしかにマーティかもしれん。


    違うかもしれん。

    Posted by てれびしょっぴ at 2010年06月12日 03:19
  67. >(訳注:この後、上記二人が大喧嘩)
    気になる
    「かーちゃんは関係ねーだろ!」
    って流れなのかなあw
    Posted by at 2010年06月12日 03:21
  68. 三蔵を演じてるのが女性なだけで三蔵を女性にしてるわけじゃないんだけどな
    Posted by at 2010年06月12日 04:15
  69. 管理人さんの翻訳好きです
    わかりやすくて、丁寧で、コメント欄以外の補足もあって
    罵倒のコメントも、訳されたものだと若干品が感じられるようなwww
    管理人さん人柄が翻訳に反映されるんでしょうねー
    次の更新も楽しみにしてます
    Posted by at 2010年06月12日 05:06
  70. ベルリン忠臣蔵ってのがあって
    Posted by at 2010年06月12日 06:01
  71. 中国版てなんのことかな、日本版がオリジナルだろう?

    日本人はちゃんと「西遊記」と表題にしてるのだし、
    こうして中国文化をカッコよく世界に宣伝してくれてるのだから
    怒る要素は何もないと思うが。
    感謝されてもいいくらいだ。
    Posted by   at 2010年06月12日 06:33
  72. >指でヒュヒュヒュってやって雲を呼ぼうとしたり
    はいはい俺もやりましたよ
    Posted by at 2010年06月12日 06:40
  73. 香取の西遊記なら怒られても仕方ないと思える
    Posted by あ at 2010年06月12日 06:51
  74. >>06/12 06:33
    こういう反日のやり方もあるんだね
    「日本人は」「宣伝してくれてる」

    「感謝されてもいい」
    の距離感がおわかりでないようだ
    母国語は英語だね
    Posted by at 2010年06月12日 07:56
  75. wiki見たけど、夏目雅子って人の撮影分は日本だったんだな。
    前に白血病は被爆が原因〜ってのどこかで見た気がしたけど。
    Posted by at 2010年06月12日 09:02
  76. これと、ドリフの西遊記は大好きだった
    Posted by at 2010年06月12日 09:55
  77. まんまジャンプやコロコロのノリを月9に持ち込んだ香取西遊記結構好きだけどな
    子ども視聴率が40%超えてフジの記録塗り替えたらしいw
    Posted by at 2010年06月12日 11:23
  78. 堺正章さんが、中国に行った時に、とても大歓迎&国賓級の扱いを受けたそうです。
    京劇では、悟空はスターが演じるからだとある番組で仰ってました。
    中国人の友達も、日本版西遊記がとても大好きだったそうです。
    中国でも結構ファンは多いみたいですね。
    その子は女性で、三蔵法師の大ファンで女性と分かって少しガッカリしたそうでが、この作品が大好きなことには変わりないと言ってました。

    日本版許せないとか仰っている方もいるみたいですが、実際に意見を聞くとそんなものです。


    Posted by at 2010年06月12日 11:23
  79. 中国では元々、西遊記よりも西遊記のキャラクターの前世(神界)での話しの方が有名で親しまれ
    て居たらしく、日本で有名な西遊記の話しは、それ程有名でも一般的でも無かったらし。
    中国でも西遊記が有名に成ったのはこの西遊記が発端らしい。

    西遊記に付いて中国のユーザーがギャーギャー喚くのは、翻訳コメントの中にも有るが、彼等の中華思想から来る日本に対しての嫉妬から来てるんじゃなかな?

    大体、中国の西遊記と日本の西遊記を比べる事自体、両作品が撮影された時代と中共政府の政府治的背景を考えるとかなりナンセンスだと思いますがね。
    Posted by at 2010年06月12日 11:40
  80. >06月12日 07:56
    >こういう反日のやり方もあるんだね

    何故それが反日になるのかわけがわからない
    お前こそ無理に日本語できるふりしなくていいよw
    Posted by   at 2010年06月12日 11:41
  81. 実は沙悟浄ってカッパじゃないと知った時は衝撃だったが、
    カッパって日本の妖怪だし、中国の話に出てくるほうがおかしい
    んだゆな
    Posted by at 2010年06月12日 12:27
  82. 中国人の言い分も分かるっちゃ分かるが
    俺は台湾版桃太郎好きだったぜ
    Posted by   at 2010年06月12日 13:11
  83. ま、アメリカの話じゃないのをハリウッドが映画やドラマにしたのなんて腐るほどあるしねw
    Posted by at 2010年06月12日 13:13
  84. ゴダイゴの偉大さと夏目雅子の美しさが
    海外でもきちんと評価されていることに
    胸が熱くなりました

    Posted by at 2010年06月12日 14:04
  85. やっぱ真の良作は何処の国の人達が観ても良いものなんだなあ

    子供の頃しょっちゅう兄とTVのチャンネル争いしてたけど、これだけは争う事なく仲良く観れた
    Posted by at 2010年06月12日 14:25
  86. NINJAやSAMURAIに過剰反応して作品として楽しめない日本人も多いわけだから、中国人がどうのとは言いたくないし、純粋に楽しめない事が悪いとは思わないけど(そりゃ人によって原典のイメージやら、時代考証やらを重視する人もいるだろうよ)、人気があるのはこの日本版なのよね。
    Posted by   at 2010年06月12日 14:35
  87. 中国や朝鮮半島で過激な反日教育が始まりかけた頃の作品

    30年位前は朝鮮や中国に出張する親父についてくと
    いろんなところで「日本は凄い、しかも白人より強かった説きもある」とか
    朝鮮のお年寄りに日本語で「あの頃は良かった、ありがとう」なんて言われたもんだ
    台湾は今と変わらず日本人に新設だが

    いつから嘘の歴史にみんな踊らされるようになったんだろうね
    子供の頃は中国人も朝鮮人も嫌いじゃなかった
    この番組も昔は中国で大人気だったんだぜ
    Posted by at 2010年06月12日 15:09
  88. スタートレックみたいに特撮を全面的に
    作り直したら今でもウケル。3Dとか。
    Posted by at 2010年06月12日 17:56
  89. 子供の頃手塚アニメ「悟空の大冒険」を見てたので、悟空というとまずこちらの悟空が浮かんでしまう。中国人もこのアニメ見てほしいあるよ(^^)
    http://www.youtube.com/watch?v=Jc3fZSFUvSs&feature=related
    Posted by at 2010年06月12日 19:39
  90. 今どきの世代にとっての見どころは、シャア役の池田秀一さんが
    俳優として出演している事だな。
    第2期の4話ぐらいだったか?
    Posted by at 2010年06月12日 19:51
  91. 海外でも歴史ものとなるとローマの話をイギリス人が撮るとかは、よくあることだし、西洋文化圏の歴史ものを西洋人が映像化するのは割と普通に考えられてる気がする。だから西洋人にとっても、中国の話を日本人が撮るってのはあまり違和感なく受け入れられてるような気がする。
    その辺ハリウッドが日本の話を作るというのとはまた違った感覚になるんじゃないかなぁ。現に日本には古代中国部隊の小説とか山ほどあるわけだし。
    Posted by at 2010年06月12日 19:53
  92. >中国では元々、西遊記よりも西遊記のキャラクターの前世(神界)での話しの方が有名で親しまれ

    つーか中国人が西遊記を見るのは大抵京劇を通してで、京劇ではあの長大な西遊記を演じられるわけも無く、場面を部分的に抜いたダイジェスト版や、キャラクターだけ同じ外伝みたいな話をやっていたため、西遊記の本来の話を知らない人が多い。

    日本だと江戸時代に翻訳された西遊記の原本が庶民の間で読まれ続けていたため、ある意味日本の方が西遊記の読者は多かった。
    Posted by at 2010年06月12日 21:47
  93. 中国発祥とはいえ、文革以降の中国で古典がどう扱われてるのか疑問
    漢服さえまともに伝わってないそうだし
    日本が作ったものが気に食わないだけの憤青さんなんではという気もする
    Posted by at 2010年06月12日 22:16
  94. 内容は昔すぎて余り覚えていないが、マチャアキがおもしろかっこよかったのと夏目雅子が怖ろしいほど綺麗だったのと歌が抜群によかったのだけははっきり覚えてる。
    Posted by at 2010年06月12日 22:18
  95. あ、あと西田敏行が焼き豚にされそうになってた気がする。
    Posted by at 2010年06月12日 22:20
  96. >Posted by at 2010年06月12日 19:53
    言いたいことが分かるような分からんような。
    3行目までは「海外では違う国が違う国のドラマを撮影する事はあるよ」という内容だよね?
    4行目以降の「ハリウッドが日本の話を作るというのとはまた違った感覚になるんじゃないかなぁ。」というのは
    「海外では違う国が違う国のドラマを作るのは当たり前なので日本人ほど違和感は受けない」と言う意味だよね?
    とすると「現に日本には古代中国部隊の小説とか山ほどあるわけだし。」は何を意味するのか・・
    Posted by at 2010年06月12日 23:20
  97. 西洋文化圏の人が東洋文化圏の
    作品を作るのには違和感がある(逆も然り)
    って事じゃない?
    Posted by at 2010年06月12日 23:57
  98. >感謝されてもいい
    この恩着せがましさがすげー朝鮮人ぽいな
    中国の古典を題材にした作品について中国人の肯定も反発も黙って受け入れるのが普通の日本人の感性
    Posted by at 2010年06月13日 02:22
  99. リンク元のコメント欄見て来たが、例のマーティ発言疑惑の人は親日家のオーストラリア人だったよ。
    捕鯨について日本を擁護してた。
    Posted by at 2010年06月13日 04:46
  100. Posted by at 2010年06月13日 08:00
  101. 俺達でいう霊幻道士を懐かしむような感じなのかな
    Posted by at 2010年06月13日 08:03
  102. このドラマはアクションやプロットもだけど、
    とにかく3人の掛け合いが面白かった
    ちょっとイギリスのコメディにも通じるんだよね
    Posted by    at 2010年06月13日 15:49
  103. 西田→とん平だったっけ?
    逆だと思い込んでたよ。
    ま、西田八戒は子供ながらにイケメンに感じてたので、とん平八戒の方がしっくりくるなあ。
    Posted by at 2010年06月13日 20:47
  104. > どうか、香取慎吾版の西遊記のことが外人さんにバレ無いように。(-人-;)

    くっそワロタ。
    まさに『どうしてこうなった』
    Posted by at 2010年06月14日 02:57
  105. >リンク元のコメント欄見て来たが、例のマーティ発言疑惑の人は親日家のオーストラリア人だったよ。
    >捕鯨について日本を擁護してた。
    >Posted by at 2010年06月13日 04:46

    見てきました。桜肉も食べてましたね。
    こちらがその方。背景がw
    SamuraiPiesさんのチャンネル
    http://www.youtube.com/user/SamuraiPies

    で、カチカチしてたどり着いたのがこの方。
    背景、内容とも親日社会派。硬派です。
    shironbo7441さんのチャンネル
    http://www.youtube.com/user/shironbo7441
    Posted by at 2010年06月14日 02:58
  106. ここまで最遊記の話題なし
    Posted by ー at 2010年06月14日 06:03
  107. 夏目雅子が美しすぎるからビックリした
    Posted by at 2010年06月14日 09:42
  108. 何度か触れられている「悟空の大冒険」を最近衛星放送で見た気がしたので調べてみました。

    ■悟空の大冒険(Monky King)
    7/24(土)まで土・日5:00〜5:30
    日本語版声優
    悟空: 右手和子
    竜子: 増山江威子
    三蔵: 野沢那智
    八戒: 滝口順平
    沙悟浄: 愛川欽也
    http://www.cartoon.co.jp/cn_programs/view/00178
    アニメ専門チャンネル
    Cartoon Network

    英名あるんですね!さすが虫プロ!!
    声優も凄いです。不二子ちゃんがいます。
    Posted by at 2010年06月15日 02:11
  109. キャンディーズの番組でカバ大将と呼ばれ人気者だった西田。
    「西遊記」が始まった年、キャンディーズのさよなら特番でよけいなことして会場激怒させてしまった^^;
    http://www.youtube.com/watch?v=kWbXffYc4TM

    「悟空の大冒険」をネタに何かやってる台湾の番組。とりあえず台湾で放送されてることはわかった。
    http://www.youtube.com/watch?v=dNo13BEidCQ&feature=related
    Posted by at 2010年06月15日 11:29
  110. 俺も思ったよ。マーティでしょ。彼も西遊記観ていたのかなぁ?
    Posted by かさばり at 2010年06月15日 23:44
  111. 西遊記の原型はインドのラーマーヤナだった気がします。
    悪鬼神さらわれた婚約者(シータ姫)を取り返す為に旅に出る王子に、サル(ハヌマーン)その他2柱の動物を模った神が助力するとかそんなんだったと思う。
    Posted by at 2010年06月22日 21:18
  112. 香取慎吾のアイタタ西遊記をばらしてやるぞ〜
    Posted by at 2010年06月22日 23:49
  113. 西遊記のアニメは
    バーテンダーがカクテル作るのでシャカシャカやってたのだけ印象に残ってる
    Posted by at 2010年06月23日 07:25
  114. 妖怪の出てこない、一行が雪山で遭難する話が好きだった。

    三蔵一行、猛吹雪に襲われ洞窟へ避難→外に出られずみんな飢餓状態

    八戒「こいつらに付き合ってたら死ぬ」→食糧調達を志願し、脱走を図る→視界が効かず断崖から転落

    偶然、洞窟の前で大猪が凍死→悟空&悟浄「八戒が『俺を食え』って猪に化けてくれたんだ!」

    洞窟内で猪を解体&調理→意識朦朧となってた三蔵と共にむさぼり食う

    吹雪が止んで下山→「私は八戒を食べてしまった!」と気付いた三蔵、精神に変調を来す

    宿屋に三蔵を残し「弱ったなあ」と街中を歩いてた悟空&悟浄、八戒とばったり出くわす

    悟空&悟浄(おれらは死んだこいつを食ったはず→つまりこいつは幽霊)
    八戒(おれが逃げたせいでみんな凍死したはず→つまりこいつらは幽霊)

    互いに「成仏しやがれえええ!」と叫びながら空中大決戦。

    そのうち互いに誤解がとけ、茶店で一休み

    悟空「お前よぅ、洞窟出てから何してたんだよ」
    八戒「それがすっごい吹雪で前ぜんぜん見えなくってさぁ、でもって崖から真っ逆さまに」
    悟空「そうか…お前も、苦労してたんだな…」
    八戒「そしったら崖の下が温泉でぇ、いやぁーもぉいい湯だったの何の」
    悟空&悟浄(がくん、とずっこける)

    帰ってきた猪八戒を見て三蔵法師も復調し、また一行は旅を続けるのですた END
    Posted by at 2010年06月27日 12:28
  115. 西遊記はすごいな
    この頃ちょっとしたブームだった気がする
    ドリフの人形劇版も面白かったし、漫画も多数
    東映のアニメ西遊記、悟空の大冒険、SF西遊記スタージンガーetc...
    Posted by   at 2010年06月29日 19:13
  116. 完全にこのドラマのイメージしかなかったから
    原作読んだら三蔵が情けなさすぎてスゲー面白かった
    超有能で超強くて超頼りになる悟空が、
    妖怪に襲われてはギャーギャー泣き喚く三蔵を助けてなだめすかして
    乳母日傘で天竺まで護送してる感じなんだよなw
    Posted by at 2011年11月28日 15:51
  117. 西田→左とん平→西田
    確か左とん平が事件起こして降板してたような記憶が
    Posted by at 2012年06月10日 15:45

  118. 夏目雅子は本当に透き通る美しさが有ったな

    外人のコメで誰か書いてたが、三蔵の清廉さや素直な内面を、一目でわかりやすくしたものだって考えには激しく同意だわ
    Posted by at 2012年07月10日 01:02
  119. おれは93年の本木雅弘がやった西遊記が一番かっこよくて好き
    Posted by 名無し at 2013年03月06日 21:08
  120. 悟空 市原隼人
    三蔵 剛力
    ブタ 塚地
    カッパ アンガールズ山根
    Posted by 新作実写化するなら at 2013年03月06日 21:12
  121. 悟空 岡村隆史
     
    三蔵 武井咲

    ブタ 塚地

    カッパ 岸部四郎

    Posted by 名無し at 2013年05月23日 05:50
  122. 本当にありがとうございます。世界でこの番組を愛してやまない方々がいて私と同じ気持ちを大切に心に抱いてる人達がいたことに感動してます。
    Posted by ゆう at 2013年06月05日 21:18
  123. ゴダイゴは主題歌から劇伴までトータルに手がけてたんだよね
    ドラマ自体も素晴らしかったけど、この西遊記ほど
    音楽の果たした役割が大きかったドラマって他にない気がする
    Posted by at 2013年06月09日 06:12
  124. 最近気づいたんですが、イギリスのSFコメディのレッドドワーフはこの番組に触発された作品ですね、断言します。
    制作時期、内容の共通点テーマ曲の類似性から間違いない
    改めて、イギリスは凄いと感じてしまう、、、
    ニュートンと産業革命とサンダーバードの国だ
    持ち前の想像力を悟空がちょいと刺激すれば、レッドドワーフになる
    あっそうそうアメリカもイギリスの作品だったわ、もう、乗っ取られて久しいが、、、

    Posted by うふ at 2015年01月28日 20:23
  125. >>アメリカもイギリスの作品

    その発想はなかった。
    Posted by at 2015年04月04日 09:01
  126. 70~80年代の中国は親日国だったから撮影に全面協力してたよ
    Posted by at 2015年06月05日 19:13
  127. 夏目雅子と松田勇作は永遠の憧れです
    Posted by at 2015年11月21日 04:24
  128. 幼少の頃夢中になってみたこの番組を俺は一生忘れることは無いだろう・・・
    Posted by at 2016年06月17日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。